Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
運営管理 by Mind Map: 運営管理

1. 在庫高予算

1.1. 商品回転率=〜6回(低回転率の買回り品)

1.1.1. 基準在庫法

1.1.1.1. 月初適正在庫高(売価)

1.1.1.2. =当月売上高予算+基準在庫高

1.1.1.3. =当月在庫高予算+(年間売上高予算/年間予定商品回転率) - (年間売上高予算/12)

1.1.1.4. =当月売上高予算+年間平均在庫高-月平均売上高予算

1.2. 商品回転率=6〜回(高回転率の最寄品)

1.2.1. 百分率変異法

1.2.1.1. 月初適正在庫高(売価)

1.2.1.2. =(年間売上高予算/年間予定商品回転率)x(1/2)x[1+(当月売上高予算/年間売上高予算/12)]

1.2.1.3. =年間平均在庫高x(1/2)x[1+(当月売上高予算/月平均売上高予算)]

2. IE

2.1. 方法研究 ほっ

2.1.1. 工程分析 こ

2.1.1.1. 工程分析(製造工程)

2.1.1.1.1. 単純工程分析

2.1.1.1.2. 詳細工程分析

2.1.1.1.3. 配置、流れ分析(SLP)

2.1.1.2. 工程図記号

2.1.1.2.1. 加工、運搬、貯蔵、滞留、数量検査、品質検査

2.1.1.2.2. 作業、移動、手待ち、検査

2.1.1.2.3. 運搬工程分析

2.1.2. 動作研究 どう

2.1.2.1. 作業系列

2.1.2.1.1. 人・機械分析

2.1.2.1.2. 組作業分析

2.1.2.2. 動作研究

2.1.2.2.1. 分析手法

2.1.2.2.2. 観測方法

2.2. 作業測定 さ

2.2.1. 稼働分析 か

2.2.1.1. ワークサンプリング ワークリ短

2.2.1.1.1. 繰り返し 短サイクル

2.2.1.1.2. 作業分類

2.2.1.2. 連続観測法 連非クリ長

2.2.1.2.1. 非繰り返し 長サイクル

2.2.1.3. 稼働率

2.2.2. 時間研究 じ

2.2.2.1. 標準時間設定法

2.2.2.1.1. ストップウォッチ法 ストックリ連レイ

2.2.2.1.2. 標準時間の構成要素

2.2.2.1.3. レイティング

2.2.2.2. 実績資料法

2.2.2.2.1. 繰り返し少ない 個別生産 精度悪い

2.2.2.3. 経験的見積もり法

2.2.2.3.1. 繰り返し少ない 主観的

2.2.2.4. 標準時間資料法

2.2.2.4.1. 資料をまとめるのが大変

2.2.2.5. PTS法

2.2.2.5.1. 繰り返し 短サイクル レイティング要らない サーブリック

2.2.2.5.2. WF法

2.2.2.5.3. MTM法

3. 事例Ⅲ切り口ネタ

3.1. 生産管理

3.1.1. 生産活動(機能)

3.1.1.1. 4M1Iを運用して行う

3.1.1.1.1. Material,Machine,Mac,Method,Infomation

3.1.1.2. 合理化・改善のために

3.1.1.2.1. 3S

3.1.1.2.2. 5S

3.1.1.2.3. ECRS

3.1.1.2.4. 5W1H

3.1.1.2.5. 小集団活動(自主管理活動)

3.1.2. 管理項目

3.1.2.1. 第1次管理

3.1.2.1.1. 品質管理

3.1.2.1.2. 原価管理

3.1.2.1.3. 工程管理

3.1.2.1.4. PQCDSME

3.1.2.2. 第2次管理→基本機能

3.1.2.2.1. 設計管理

3.1.2.2.2. 調達管理(購買・外注)

3.1.2.2.3. 作業管理

3.1.2.3. 第2次管理→構成要素

3.1.2.3.1. 作業者管理

3.1.2.3.2. 設備管理

3.1.2.3.3. 在庫・倉庫・物流管理

3.1.3. 新しいノード

3.1.4. 目的:CSと自社の満足との調和しつつ高まること

3.2. 生産計画

3.2.1. 基本計画

3.2.2. 管理←生産統制←生産計画

3.2.2.1. 日程計画

3.2.2.1.1. 工数:工数計画に対する統制

3.2.2.2. 材料・部品計画

3.2.2.2.1. 物:材料・部品計画に対する統制

3.2.2.3. 工数計画

3.2.2.3.1. 日程(時間):日程計画に対する統制

3.3. 生産形態

3.3.1. 注文と生産のタイミングで分類

3.3.1.1. 受注生産

3.3.1.1.1. 課題

3.3.1.1.2. 受注↓

3.3.1.1.3. 設計↓

3.3.1.1.4. 調達↓

3.3.1.1.5. 生産↓

3.3.1.1.6. 納品

3.3.1.2. 見込生産

3.3.1.2.1. 課題

3.3.1.2.2. 需要予測↓

3.3.1.2.3. 生産計画↓

3.3.1.2.4. 生産↓

3.3.1.2.5. 販売

3.3.2. 仕事の流し方で分類

3.3.2.1. 個別生産

3.3.2.2. ロット生産

3.3.2.2.1. ロットサイジング

3.3.2.2.2. 段取り替え

3.3.2.3. 連続生産

3.3.3. まとめ:レイアウト←仕事の流し方←生産量と品種←注文時期

3.3.3.1. 受注生産

3.3.3.1.1. 多種少量生産

3.3.3.2. 中間的生産

3.3.3.2.1. 中種中量生産

3.3.3.3. 見込み生産

3.3.3.3.1. 少種多量生産

3.3.3.3.2. 定義

3.4. JITの用語

3.4.1. 同期化

3.4.1.1. 生産において分業化した各工程(作業)の生産速度(作業時間や移動時間など)や、それに対する材料の供給時刻などをすべて一致させ、仕掛品の滞留、工程の遊休などが生じないようにする行為。JITと同義語として用いられることがある。

3.4.2. 平準化

3.4.2.1. 作業負荷を平均化させ、かつ、前工程から引き取る部品の種類と量が平均化されるように生産すること。

3.4.3. 統合化

3.4.4. プッシュシステム

3.4.5. プルシステム

3.4.6. 可用率(可動率)

3.4.7. 流れ化

3.4.8. 段取り改善

3.4.9. 小ロット化

3.4.10. 多能工化

3.4.10.1. 生産の弾力化

3.4.11. 自働化

3.4.12. 品質改善

3.4.12.1. TQM/TQC

3.4.13. 保全活動

3.4.13.1. TPM

3.5. ライン生産方式の形態

3.5.1. 単一品種ライン

3.5.2. 多品種ライン

3.5.2.1. ライン切り替え方式

3.5.2.2. 混合品種ライン

3.5.2.2.1. 固定サイクル投入方式

3.5.2.2.2. 可変サイクル投入方式

3.6. 購買計画

3.6.1. JIS定義

3.6.1.1. 購買方針、生産計画に基づいて、購入する品目、数量、納期、予算などを決める活動。

3.6.2. 購買管理

3.6.2.1. JIS定義

3.6.2.1.1. 生産活動にあたって、外部から適正な品質の材料を必要量だけ、必要な時期までに経済的に調達するための手段の体系。

3.6.2.2. 5原則を適正に実施する

3.6.2.2.1. ①取引先の選定と確保

3.6.2.2.2. ②Q(品質)の確認と確保

3.6.2.2.3. ③C(費用)購入先からの購入価格の決定

3.6.2.2.4. ④D(数量)数量の把握と確保

3.6.2.2.5. ⑤D(納期)納期の設定と確保

3.6.3. キーワードネタ

3.6.3.1. 入手が容易な資材・部材を選定し

3.6.3.2. 長期契約方式から

3.6.3.3. 当用買方式(都度方式)にして

3.6.3.4. 過剰在庫防止、運転資金負担軽減へ

3.7. 卸売業の方向性

3.7.1. 物流の効率化と物流サービスの向上を実現するシステムの開発には巨額の投資が必要

3.7.2. 中小には困難。物流改善一方向は非現実的。

3.7.3. 特定市場をターゲットとし、卸売業の機能のうちリテールサポートや特定の機能を強化。

3.7.4. さらに、同業や異業種との連携を強化するのが望ましい。

4. ISM

4.1. ISP:インストアプロモーション

4.1.1. 非価格主導型

4.1.1.1. CMD、ノベルティ、サンプリング、デモンストレーション、マス広告との連動

4.1.2. 価格主導型

4.1.2.1. 定番商品の特売や値引き、エンド陳列、POP、チラシ、クーポン、FSP

4.2. スペースマネジメント

4.2.1. スペースアロケーション

4.2.1.1. 商品群のくくり仮説の設定、商品群の適切な構成比率、レイアウト設計

4.2.2. プラノグラム

4.2.2.1. 商品特性別品揃え、グルーピングとゾーニングの活用、フェイシング決定

4.3. 売上高規定要因

4.3.1. 売上

4.3.1.1. 客単価

4.3.1.1.1. 商品単価

4.3.1.1.2. 買上点数

4.3.1.2. 来店客数

4.3.1.2.1. 顧客数

4.3.1.2.2. 来店回数

5. 発注方式

5.1. 定量発注方式

5.1.1. 発注点=調達リードタイムx調達リードタイム中の1日あたりの平均需要量+安全在庫

5.1.2. 発注点=○day x △個/day + □個

5.2. 定期発注方式

5.2.1. 発注点=在庫調整期間における予想消費量-(現在の在庫量+発注残)+安全在庫

5.2.2. *在庫調整期間=発注サイクル+リードタイム

5.2.3. *引当量が存在する場合は、現在の在庫量から差し引く

5.3. MRPの正味所要量(似てる)

5.3.1. 正味所要量=総所要量-(手持在庫+発注残)

5.3.2. *引当量があれば有効在庫から差し引く

6. 需要予測

6.1. 単純指数平滑法

6.1.1. 来月売上高予測値=今月売上高予想値+α(今月売上高実績値-今月売上高予想値)

6.1.2. *需要が不安定ならαを1に近づける

6.2. 線形計画法

6.2.1. 数学的に解を求める手段

6.2.2. シンプレックス法

7. 商圏分析

7.1. ライリーの法則

7.1.1. 2つの都市がその間にある都市から販売額を吸引する割合は、その2つの都市の人口に比例し、距離の2乗に反比例する。

7.1.2. A ←X→B

7.1.3. Ba/Bb=(Pa/Pb)x(Db/Da)2

7.1.4. ライリー バ パ かけ どぶ に

7.2. コンバースの法則

7.2.1. 大都市とその近くの小都市における購買力吸引力に関するモデル

7.2.2. A ←←Hb

7.2.3. Ba/Bb=(Pa/HB)x(4/d)2

7.2.4. コンバン バ パ シドニー

7.3. ライリー&コンバースの法則

7.3.1. 2つの都市の商圏分岐点を算出する

7.3.2. A | B

7.3.3. Db=Dab/(1+√Pa/Pb)

7.3.4. ラッコ デブ ダブに イタル