Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
ADNW運用 by Mind Map: ADNW運用

1. 媒体IMPを取るためには

1.1. CPC向上

1.1.1. 既定CPCもしくは媒体固定CPCにて単価UPさせる

1.2. CTR向上

1.2.1. 効果がいい人のクリエイティブを真似る

1.2.2. 広告クリエイティブテストを繰り返す

2. CTR

2.1. CT(広告クリック数)÷IMP(表示回数)

2.1.1. 広告クリック数をあげるためには

2.1.1.1. ①広告クリエイティブテスト(画像/見出し/テキスト)を繰り返す

2.1.1.2. ②ターゲット拡張:記事LP修正(異性にも最適化)

2.1.1.3. ③最強の記事をつくる

2.1.2. 獲得IMP数(絶対数)を増やすためには

2.1.2.1. ①オークション評価UP:CTR増加//CPC増加

2.1.2.2. ②配信情報を広げる:配信時間/配信年齢を広げる

2.1.2.3. ③広告配信先を広げる:媒体/枠の追加

2.1.2.3.1. 固定CPCの数字をあげることで獲得枠増加

3. CPC

3.1. 広告予算(消費金額)÷CT(広告クリック数)

3.2. CPC(クリック単価)を抑えるためには

3.2.1. 獲得IMP数からの広告クリック数をあげる

3.2.1.1. ①広告クリエイティブテスト(画像/見出し/テキスト)を繰り返す

3.2.2. デフォルト既定CPC/固定CPCとして低く設定する

4. CPA

4.1. 広告予算(消費金額)÷CV数/MCV数

4.2. CPA=広告費用÷CV数、MCPA=広告費用÷MCV数

4.2.1. 広告費用

4.2.1.1. CT(クリック数)×CPC(クリック単価)

4.2.2. CV数

4.2.2.1. CT(クリック単価)×MCVR×CVR

4.3. CPC÷CVR

4.3.1. CPC(クリック単価)を抑えるためには

4.3.1.1. 獲得IMP数からの広告クリック数をあげる

4.3.1.1.1. ①広告クリエイティブテスト(画像/見出し/テキスト)を繰り返す

4.3.1.2. デフォルト既定CPC/固定CPCとして低く設定する

4.3.2. CVR/MCVRを増やすためには

4.3.2.1. ①記事LPにてニーズを高めることでCVRも連動し上がる

4.3.2.2. ②MCVボリュームが向上することで商品LPへの遷移総数が増えるためCVが上がる

4.4. MCPAを抑え獲得数を増やすためには

4.4.1. CT(クリック数)をのばす

4.4.2. CPC(クリック単価)を下げる

4.4.3. MCV数をのばす

4.4.3.1. 記事LPの修正(導入/リチェンジ/改修)

4.4.4. 計算式:CT×CPC÷MCV=MCPA

5. MCVR/CVR

5.1. MCVR:商品LPへのクリック数÷記事LPへのクリック数

5.1.1. MCVRを増やすためには

5.1.1.1. 記事LP/クリエイティブ修正:①クリエイティブから記事LPに入った際の乖離をなくす

5.1.1.2. 記事LP修正:②ヒートマップにて離脱ポイントを徹底的に修正

5.1.1.2.1. 記事LPの導入の興味付けは弱くないか?

5.2. CVR:CV数÷商品LPへのクリック数

5.2.1. CVRを増やすためには

5.2.1.1. 記事LP修正:①記事LPにてニーズを高めることでCVRも連動し上がる

5.2.1.2. 記事LP修正:②MCVボリュームが向上することで商品LPへの遷移総数が増えるためCVが上がる

6. アイモバイル

6.1. ADNW変数とは

6.1.1. CTR/CPC/MCVR/CVR/媒体/枠

6.1.1.1. 重要なキー:MCVR/媒体

6.1.1.1.1. MCVR①:記事LPにてニーズを高めることでCVRも連動し上がる

6.1.1.1.2. MCVR②:MCVボリュームが向上することで商品LPへの遷移総数が増えるためCVが上がる

6.1.1.1.3. 媒体①:媒体親和性が高ければCTRは上がりCPCは下がりIMPが確保できる=よって低いMCPAが生まれやすい

6.1.1.2. 重要キー基準:MCVR18%〜30% × CVR6%〜10%

6.2. 媒体精査基準(フィルタ)

6.2.1. CTR基準①:配信先媒体CTR0.05%以下はアウト ※「IMP5000」以上が前提

6.2.1.1. クリエイティヴが悪い、媒体IMP獲得評価が低くなる傾向がありCPCが上がってしまうため

6.2.2. CTR基準②:キャンペーンCTR0.1%以下は厳しい/アウト ※「消化金額各クリエイティブ1000円」以上

6.2.2.1. クリエイティブが悪い、もしくは効果が良いとされる媒体/枠を見つけられてない可能性が高い(何日/どれくらい消化するかにもよる)

6.2.3. MCVR基準①:キャンペーンMCVR3%以下なら厳しめ ※「広告クリック数」50以上が前提

6.2.3.1. 記事LPが悪い、効果が良いとされる媒体/枠を見つけられてない可能性が高い(何日/どれくらい消化するかにもよる)

6.2.4. 記事LPまでのCPA基準①:MCVが0で広告消化予算が1000円〜2000円以上ならストップ ※「広告クリック数」50以上が前提