Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
GTD by Mind Map: GTD

1. Getting Things Done

1.1. 実践できる人

1.1.1. 興味、関心のある人

1.1.2. 向上心のある人

1.2. 効用

1.2.1. 自分の人生の舵を握る

1.2.1.1. コントロールできる

1.2.1.2. 人生に酔わなくなる

1.3. GTDの生産性

1.3.1. 20%アップ

1.3.1.1. 凄く良い気分

1.3.1.2. GTDによって生み出す

1.3.2. 20%ダウン

1.3.2.1. 凄く駄目な気分

2. lifehacks

3. Ready For Anythinkg

3.1. 物事を片付ける

3.1.1. Todo

3.1.1.1. 一箇所にまとめる

3.1.1.2. GTD

3.1.1.3. 頭の中のものを全て吐き出す

3.1.1.3.1. 経営者のつもりで分析

3.1.1.3.2. 心のメモリを解放する

3.1.1.3.3. 効用

3.1.2. バランス

3.1.2.1. 自由と規律

3.1.2.1.1. 夢想家と実行家

3.1.2.2. 束縛の加減

3.1.2.3. 両方必要

3.1.2.3.1. 集中

3.1.2.3.2. 俯瞰

3.1.2.3.3. 委員会

3.1.3. 全体像の把握

3.1.3.1. タスク

3.1.3.2. プロジェクト

3.1.3.2.1. 何のプロジェクトか

3.1.3.3. 分野

3.1.3.4. 展望

3.1.3.4.1. プロジェクト

3.1.3.4.2. 人生

3.1.3.4.3. 分野

3.1.3.5. 達成したいこと

3.1.4. 先送りしない

3.1.4.1. ボトムアップ

3.1.4.2. すぐやる癖をつける

3.1.4.3. 一番したくないこと

3.1.4.3.1. しなくてはいけないこと

3.1.4.3.2. 先延ばししがち

3.1.4.3.3. 変えてみよう

3.1.5. 整理と創造

3.1.5.1. 整理

3.1.5.1.1. 無意識に

3.1.5.1.2. 創造の準備

3.1.5.2. 表裏一体

3.1.5.3. 自由と枠組み

3.1.5.3.1. アイデア

3.1.5.3.2. 処理

3.1.5.3.3. 自由>枠組み>自由・・・

3.2. 集中する

3.2.1. 上のレベルから見る

3.2.1.1. 今やっていること

3.2.1.1.1. 何をしているか

3.2.1.1.2. 惰性で行動していないか

3.2.1.1.3. 何に繋がっているか

3.2.1.2. どんなゲームをしているか

3.2.1.2.1. ルールは何か?

3.2.1.2.2. 変化に適応する

3.2.1.3. 惰性で行動しない

3.2.1.3.1. 意識して行動

3.2.2. 想像力

3.2.2.1. realに感じ取る力

3.2.2.2. 妄想を現実に変える

3.2.2.3. 理想の人生設計図を想像してみよう

3.2.2.4. 鍛えるべき

3.2.3. がんばる事は必須ではない

3.2.3.1. 意識して選択する

3.2.3.1.1. 頭の中を空に

3.2.3.1.2. 「がんばらない」選択も

3.2.3.2. 無意識に働きかけるもの

3.2.3.2.1. 整理

3.2.3.2.2. メールを空に

3.2.3.2.3. 気になることを書き出す

3.2.4. 全力を尽くす

3.2.4.1. よくやっているではない

3.2.4.1.1. ×ベター

3.2.4.1.2. ○ベスト

3.2.4.2. 今、何をすることが自分にとってのベストか?

3.2.4.3. ためらわない

3.2.4.4. ひるまない

3.2.5. より良い自分をいつでも使えるように

3.2.5.1. 良いアイデアは書き留める

3.2.5.2. 必ずメモする

3.2.5.3. 冴えたときのアイデアを大切に

3.2.5.4. 紙とペンはどこでも持ち歩く

3.2.6. 生産性を高めるために必要な3つのこと

3.2.6.1. なぜ、今この仕事をしているのか

3.2.6.1.1. 仕事の全体を把握

3.2.6.1.2. 目的を把握

3.2.6.1.3. 具体的な手順を書き出す

3.2.6.2. やるべき事、達成するとどうなるか?

3.2.6.2.1. 具体的に想像する

3.2.6.2.2. どんなメリットがある?

3.2.6.2.3. 達成するためのアクションは?

3.2.6.3. リマインダーを設定する

3.2.6.3.1. 達成すると次にやることを示す

3.2.6.3.2. 日付がくるとやることを示す

3.2.6.3.3. アクションを気付かせるために

3.2.6.3.4. 状況別に分ける

3.2.7. 頭の中の気になること、何故書き出す?

3.2.7.1. ”やりかけの仕事”を把握するため

3.2.7.2. 無意識から引っ張り出す

3.2.7.3. 自由な心を得るため

3.2.7.4. 全部やらなきゃならない!

3.2.7.4.1. 考えなくて良い

3.2.7.4.2. 頭の中を解放できる

3.2.8. 何故、GTDを実践するか

3.2.8.1. 自分の人生から逃げていないか

3.2.8.2. 心の声に耳を傾ける

3.2.8.3. 物質的な豊かさだけのため?

3.2.8.4. あなたの幸せは?

3.2.9. 無我の境地

3.2.9.1. 没頭状態

3.2.9.1.1. 他に考えることが無い状態

3.2.9.1.2. 邪魔するものが無い状態

3.2.9.2. 常に、が理想

3.2.9.2.1. 必要なものは?

3.2.9.2.2. 何が邪魔してる?

3.2.10. 未来に目標を設定するのは何故?

3.2.10.1. 現在と関係しているから

3.2.10.2. 大きな目標をたてよ

3.2.10.3. ゲシュタルト

3.2.10.4. 現実を変えるため

3.2.11. 集中力を養う最善の方法

3.2.11.1. やりかけの仕事をする

3.2.11.2. 優先度付けは逃げである

3.2.11.3. 心のエネルギーの浪費を防ぐ

3.3. 枠組みを活用する

3.3.1. やりかけの仕事

3.3.1.1. 仕事の薬

3.3.1.1.1. 中毒作用

3.3.1.1.2. 鈍くする

3.3.1.2. GTDで一掃

3.3.2. 滞りがちなコミュニケーション

3.3.2.1. 高圧的

3.3.2.2. いらだち

3.3.2.3. 場当たり的

3.3.2.4. 麻痺

3.3.2.5. てきぱきこなす

3.3.2.5.1. レベルが上がる

3.3.2.5.2. スムーズになる

3.3.2.5.3. やりかけの仕事が減る

3.3.3. 意識されないシステム

3.3.3.1. 存在に気づかない

3.3.3.2. 良く機能している

3.3.3.3. 意識されるシステム

3.3.3.3.1. 思考の分断

3.3.3.3.2. 創造性の半減

3.3.3.4. 見直してみる

3.3.4. 仕事を定義すること

3.3.4.1. なぜその仕事をするのか

3.3.4.2. どのような行動を起こすか

3.3.4.3. プロジェクトリスト

3.3.4.3.1. 全体を把握

3.3.4.3.2. 行動を分割

3.3.4.3.3. 具体的にリストアップ

3.3.4.3.4. 週次レビュー

3.3.5. あなたのベストは?

3.3.5.1. 理想

3.3.5.1.1. 価値観

3.3.5.1.2. 思想

3.3.5.1.3. 理念

3.3.5.1.4. etc

3.3.5.2. リストアップ

3.3.5.2.1. 人に見せる

3.3.5.2.2. 効果的な質問

3.3.6. 型とは

3.3.6.1. 様式化

3.3.6.2. 一連の動き

3.3.6.3. 効用

3.3.6.3.1. 型を超えた動き

3.3.6.3.2. 守・離・破

3.3.6.3.3. 型を超える

3.3.6.3.4. 意識せずに使いこなせる

3.3.6.4. 習得

3.3.6.4.1. 訓練

3.3.6.4.2. 集中

3.3.6.4.3. 困難

3.3.6.5. 例

3.3.6.5.1. GTD

3.3.6.5.2. 空手

3.3.7. システムの使い方

3.3.7.1. 長所

3.3.7.1.1. システム

3.3.7.1.2. あなた

3.3.7.2. 整理しすぎに注意

3.3.7.3. 優先度を付けない

3.3.7.3.1. タスク全て把握する必要性

3.3.7.3.2. すぐやる/あとでやる

3.3.8. 週次レビュー

3.3.8.1. システムを常に最新の状態に

3.3.8.1.1. 常に更新

3.3.8.1.2. 高次の集中力

3.3.8.2. 人生の鍋を焦げ付かせない

3.3.8.2.1. 週次レビュー

3.3.8.2.2. シチューのようなもの

3.4. 行動を起こす

3.4.1. 何をすべきか

3.4.1.1. 最高を夢見る

3.4.1.1.1. フォーカス

3.4.1.2. 間を行く

3.4.1.2.1. 行動する

3.4.1.2.2. 意識する

3.4.1.3. 最悪に備える

3.4.1.3.1. 把握

3.4.1.3.2. 意識的

3.4.1.4. 直感を信じる

3.4.1.5. ヒント

3.4.1.5.1. 状況

3.4.1.5.2. できる仕事の種類

3.4.1.5.3. レベル

3.4.2. 変化を受け入れる

3.4.2.1. 形式化した習慣

3.4.2.1.1. 変える

3.4.2.2. 居心地の悪さ

3.4.2.2.1. 受け入れる

3.4.3. 成長を信じる

3.4.3.1. 見えないこともある

3.4.3.2. 無意識に身を任せる

3.4.3.3. リラックスする

3.4.4. 長期的という隠れ蓑

3.4.4.1. 長期的

3.4.4.1.1. 敬遠していないか

3.4.4.1.2. 「次にやること」の多いプロジェクト

3.4.4.2. いつかやる

3.4.4.2.1. 「今はやらない」事を選択

3.4.5. 行動するために必要なもの

3.4.5.1. やるべき物を目に付くところに置く

3.4.5.1.1. ドアの前

3.4.5.1.2. リマインダー

3.4.5.2. 気が付くところに置く

3.4.5.2.1. 考えを放りっぱなしにしない

3.4.5.2.2. 自動的に気付くように

3.5. Ready fot Anything

3.5.1. リラックスする

3.5.2. 視点を変える

3.5.3. 次に備える

3.5.4. 想定外にも余裕をもって対処

3.5.5. 最悪の事態に備える

3.5.5.1. 避けない

3.5.5.2. 考える

3.5.5.2.1. どんな事態が起こるか

3.5.5.2.2. どういう対処をするか

3.5.5.3. リストアップする

3.5.6. 知的労働者に必要な資質

3.5.6.1. 大量の仕事

3.5.6.1.1. リラックス

3.5.6.1.2. コントロール

3.5.6.2. 曖昧な案件

3.5.6.2.1. 計画立案

3.5.6.2.2. 具体的

3.5.6.2.3. 実現可能

3.5.6.3. 仕事が発生したとき

3.5.6.3.1. テキパキやる

3.5.6.3.2. その場で

3.5.6.3.3. 緊急事態ではなく

3.5.6.4. 想定外

3.5.6.4.1. 迅速に

3.5.6.4.2. 再構成

3.5.6.4.3. 再分析

3.5.6.5. 人間関係

3.5.6.5.1. 協力

3.5.6.5.2. 和して同せず

3.5.6.6. 取り決め

3.5.6.6.1. 調整

3.5.6.6.2. 状況

3.5.6.6.3. 変化

3.5.6.7. アイデア

3.5.6.7.1. 発表

3.5.6.7.2. 評価

3.5.6.8. 大障害

3.5.6.8.1. 集中

3.5.6.9. レビュー

3.5.6.9.1. 最高の状態で仕事

3.5.6.9.2. 定期的

3.5.7. 準備

3.5.7.1. 毎週やる

3.5.7.2. ストレスが軽減

3.5.7.3. 空き時間

3.5.7.4. メモ

3.5.7.4.1. いつでも

3.5.7.4.2. どこでも

3.5.7.4.3. アイディアを記録

3.5.7.4.4. やることを記録

3.5.7.5. いざというとき

3.5.7.5.1. パニックにならない

3.5.7.5.2. 冷静

3.6. 習慣

3.6.1. 失敗を気にしない

3.6.1.1. 賢い選択について意識しよう

3.6.1.2. すぐに諦めない

3.6.2. 慣習に囚われていないか?

3.6.2.1. その慣習は効率的か

3.6.2.2. 惰性じゃないのか

3.6.2.3. 慣習を書き出す

3.6.2.3.1. 合理的か検討する

3.6.2.3.2. なぜその慣習があるのか