ステム

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
ステム by Mind Map: ステム

1. ~ニブ

1.1. イマチニブ

1.2. ゲフェチニブ

1.3. エルロチニブ

1.3.1. EGFRチロシンキナーゼ阻害

1.3.1.1. 膵がん

1.3.1.1.1. ゲムシタビンと併用すると

1.3.1.2. 複写王

1.3.1.2.1. 皮膚障害

1.3.1.2.2. 間質性肺炎

1.4. アファチニブ

1.4.1. HERファミリーも阻害する

1.4.1.1. 相互作用

1.4.1.1.1. P糖たんぱく阻害

1.5. オシメルチニブ

1.5.1. 内服

1.6. スニチニブ

1.6.1. VEGFRチロシンキナーゼ阻害

1.6.1.1. 膵神経内分泌腫瘍

1.6.1.2. GIST

1.6.1.2.1. KIT阻害あり

1.6.1.2.2. 多彩なキナーゼ阻害

1.6.1.3. 腎がん

1.6.1.4. 副作用

1.6.1.4.1. 骨髄抑制

1.7. アキシチニブ

1.8. レンバチニブ

1.9. ダサチニブ

1.9.1. BCR-ABL阻害

1.9.1.1. 第二世代

1.9.1.2. KITも阻害

1.9.1.3. CYP3A4で相互作用

1.9.1.4. 他には?

1.9.1.4.1. ボスチニブ

1.9.1.4.2. ポナチニブ

1.9.1.5. BCR-ABL

1.9.1.5.1. 9番と22番

1.10. ニロチニブ

1.11. ラパチニブ

1.11.1. HER2チロシンキナーゼ阻害薬

1.11.1.1. 乳がん

1.11.1.2. CYP3A4相互作用

1.12. クリゾチニブ

1.12.1. ALKチロシンキナーゼ阻害

1.12.1.1. 非小細胞肺がん

1.13. アレクチニブ

1.13.1. 内服

1.14. セリチニブ

1.14.1. クリゾチニブ抵抗性に使用

2. メチニブ

2.1. トラメチニブ

2.2. MEK阻害

3. ~パリブ

3.1. オラパリブ

3.1.1. PARP阻害

3.1.1.1. BRCA遺伝子変異を有するがん細胞の生存に必要な

3.1.1.1.1. がん抑制遺伝子

3.1.1.2. アポトーシス誘導

3.1.2. 白金系抗悪性腫瘍薬感受性の再発卵巣がんにおける維持療法

3.1.3. BRCA遺伝子変異陽性の卵巣がんにおける初回化学療法後の維持療法

4. ラフェニブ

4.1. Rafキナーゼ阻害あり

4.1.1. ソラフェニブ

4.1.1.1. VEGFRチロシンキナーゼ阻害

4.1.2. レゴラフェニブ

4.1.2.1. 内服

4.1.3. ベムラフェニブ

4.1.3.1. セリンスレオニンキナーゼであるRafファミリー阻害

4.1.3.1.1. BRAF変異の悪性黒色腫

4.1.4. ダブラフェニブ

5. ~シクリブ

5.1. パルボシクリブ

5.1.1. CDK阻害

5.1.1.1. サイクリン依存性キナーゼ阻害

5.1.1.2. CDK4/6阻害

5.1.1.2.1. 細胞周期停止

5.1.2. 間質性肺炎に注意

5.1.2.1. 警告

5.2. アジマシクリブ

6. ~シチニブ

6.1. トファチニブ

6.1.1. JAK阻害

6.1.1.1. ヤヌスキナーゼ阻害

6.1.2. 内服

6.1.3. 関節リウマチ

6.1.4. 副作用

6.1.4.1. 重篤な感染施用

6.1.4.1.1. 活動性結核

6.1.5. 適応

6.1.5.1. メトトレキサート8㎎週を超える容量を3か月投与してもコントロール不良

6.1.5.2. βDグルカン院生

6.1.5.3. 白血球数4000以上

6.1.5.4. リンパ球数

6.1.5.4.1. 1000以上

6.2. バリシチニブ