『リーンスタートアップ』 エリック・リース 著

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
『リーンスタートアップ』 エリック・リース 著 by Mind Map: 『リーンスタートアップ』 エリック・リース 著

1. この本を読む目的

1.1. 顧客の求めないものを作ってしまう失敗を避け、顧客にとって価値のあるアウトプットを産み出す術を学ぶ

2. トリガーワード

2.1. リーンスタートアップ

2.2. ビジョン

2.3. 舵取り

2.4. スピードアップ

2.5. アントレプレナー

2.6. 学び

2.7. 実験

2.8. 構築・検証

2.9. 計測

2.10. 方向転換

2.11. ピボット

2.12. バッチサイズ

2.13. 成長

2.14. 3種の成長エンジン

2.15. 順応

2.16. イノベーション

2.17. 5回のなぜ

2.18. MVP

2.19. デザイン

2.20. かんばん

2.21. プル

3. この本に対する質問

3.1. リーンスタートアップって何?

3.1.1. サイクルタイムが極端に短い、顧客の望みを中心とする、意思決定を科学的におこなう手法

3.1.2. サイクルタイムの短縮と顧客に対する洞察、大いなるビジョン、大望とさまざまなポイントに等しく気を配りながら、「検証による学び」を通して画期的な新製品を開発する手法

3.1.3. 構築-計測-学習のフィードバックループをもとに継続的に調整をおこない、方向転換(ピボット)すべきか辛抱すべきかの判断を的確に行っていく手法

3.1.4. スタートアップの成功確率を高めるための方策を集めたもの

3.1.4.1. スタートアップ

3.1.4.1.1. とてつもなく不確実な状態で新しい製品やサービスを創り出さなければならない人的組織

3.1.5. トヨタのリーン生産方式の考え方を起業に応用したもの

3.1.5.1. リーン生産方式

3.1.5.1.1. 作業員の持つ個人的な知識や創造性の活用

3.1.5.1.2. バッチサイズの縮小

3.1.5.1.3. ジャストインタイムの製造と在庫管理

3.1.5.1.4. サイクルタイムの短縮

3.1.6. リーン・スタートアップの5原則

3.1.6.1. 1. 不確実な状態で新しいものを産み出さないといけない環境にいる人はみなアントレプレナーであると理解すること

3.1.6.2. 2. スタートアップする主体は製品ではなく組織なので経営(マネジメント)が必要

3.1.6.3. 3 どうすれば持続可能な事業が構築できるかを検証して学ぶことが重要

3.1.6.4. 4. 構築-計測-学習のフィードバックループを短期サイクルでまわし、方向転換(ピボット)するか辛抱するかを柔軟に判断していくことが重要

3.1.6.5. 5. 成果を高めるために革新会計(効率的にスタートアップの状態を計測する手法)を確立することが重要

3.1.7. リーン・スタートアップの3ステップ

3.1.7.1. ビジョン

3.1.7.1.1. 起業に適したマネジメント手法を知る

3.1.7.2. 舵取り

3.1.7.2.1. 構築-計測-学習フィードバックループ → ピボット or 辛抱 を判断する

3.1.7.3. スピードアップ

3.1.7.3.1. 構築-計測-学習フィードバックループをいかに速く回すか

3.2. 何故顧客にとって必要の無いものを作ってしまうの? = 何故プロジェクトは失敗するの?

3.2.1. 不確実性が大きく、顧客のこともどういう製品を作るべきかもわからないのがスタートアップ

3.2.2. 方法論を諦めて「とにかくやってみよう」という人々

3.2.3. データをもとに複雑に作り上げた計画をきっちり遂行した結果、失敗

3.2.4. スタートアップは不確実性が大きいものなのに、最初に決めた「データに基づく信頼出来る計画」の幻想にとらわれて、計測・学習・構築フィードバックを回さないまま完成させてしまうから

3.3. 顧客が必要とするものをはきちがえない(= プロジェクトが失敗しない)ために気をつけなければいけないことは何?

3.3.1. 実験をし、検証による学びからまず最初にMVP(最小限のコストで作る最小の成果物)を作る

3.3.2. 構築-計測-学習のフィードバックループを短期間でまわし、方向転換(ピボット) or 辛抱の判断を都度行う

3.3.3. フィードバクループを高速にまわし、ロスの少ない舵取りを心がける