アイアンガーヨガ

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
アイアンガーヨガ by Mind Map: アイアンガーヨガ

1. 特徴

1.1. 道具を使うことで、体力や経験にかかわらず誰もがポーズにアクセスできるアプローチ

1.2. プロップスを活用(ベルト、ブロック、ブランケット、壁、チェア 他)

1.3. 軽減法

1.4. アライメント重視

1.5. 一つのポーズを長くホールドする

2. 指導者

2.1. 創始者

2.1.1. B.K.S.アイアンガー

2.1.1.1. 著書「ハタヨガの真髄(Light on Yoga)」

2.2. 柳生直子先生

3. プロップスの役割

3.1. 軽減する

3.2. 強度を上げる

3.3. 体にスペースと長さをつくる

3.4. ポーズにアクセスしやすくする

3.5. サポート(支え)として使う

3.6. 快適さを保つため、長くホールドできるようにする

3.6.1. リストラティブヨガ

4. 効果

4.1. 内面・外面のバランスを整える(身体感覚に意識を向け、自己の内面への気づきを深める)

4.2. リラクゼーション

4.3. 自分に合ったポーズの強度をカスタマイズ可能。時間をかけて柔軟性を高めていくことができる。