Get Started. It's Free
or sign up with your email address
laravel by Mind Map: laravel

1. route

1.1. 情報量を多くしたくない

1.2. Rout::

1.2.1. get

1.2.1.1. 読み取り

1.2.2. post

1.2.2.1. 新規

1.2.3. patch

1.2.3.1. 一部新規

1.2.3.1.1. 修正

2. controller

2.1. sail artisan make:PostController

2.2. getの意味

2.2.1. laravelのもの

2.2.1.1. 引数2つ

2.2.1.1.1. url,''

2.2.2. Route::get('{}')

2.2.2.1. パラメーターで可変できる

2.3. ::classの意味

2.3.1. クラスの場所の名前

2.4. useの意味

2.4.1. エイリアス

2.4.2. namespace

2.4.2.1. 名前空間について

2.5. URLが変わったら

2.5.1. 変更が面倒

2.5.1.1. リンク先

2.5.1.1.1. リンク先に先に名前をつける

3. view

3.1. blade

3.1.1. とても便利

3.1.1.1. {{ }}

3.1.1.1.1. echo

3.1.1.1.2. route

3.1.1.2. @forech

3.1.1.3. @forelse

3.1.1.3.1. @empty

3.1.1.3.2. @endforelse

3.1.2. リンク先引用時

3.1.2.1. {{ route名 }}

3.1.2.1.1. リンク先が変わるとめんどい

3.1.2.2. {{ url(' ') }}

3.1.2.2.1. 変更が内絶対パスみたいなもの

3.1.3. 入力がらく

3.1.4. 出力時にクロスサイトスクリプティング

3.1.4.1. htmlspecialcharas()

3.1.5. 配列のみに

3.1.5.1. foreachで連想配列として呼ぶと

3.1.5.1.1. キーがインデックス番号になる

3.2. web表示

3.2.1. component

4. public

4.1. css

5. DB連携

5.1. maigration

5.2. models

6. CRUD

6.1. Create

6.1.1. route

6.1.1.1. controller

6.1.1.1.1. view

6.1.1.2. 修正

6.1.1.2.1. パラメータの修正

6.1.1.2.2. 順番変え

6.1.1.3. store

6.1.1.3.1. controller

6.1.1.3.2. 空文字対策

6.1.1.3.3. 改行

6.1.2. CSRF

6.1.2.1. フォーム内

6.1.2.1.1. @csrf

6.1.2.1.2. クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)とは、Webアプリケーションに存在する脆弱性、もしくはその脆弱性を利用した攻撃方法のことです。掲示板や問い合わせフォームなどを処理するWebアプリケーションが、本来拒否すべき他サイトからのリクエストを受信し処理してしまいます。

6.2. Read

6.2.1. @endforeach

6.3. Update

6.4. Delete

7. Request

7.1. sail up artisan make:request PostRequest

7.1.1. サブトピック 1

7.2. controller内の決まった文

7.2.1. public function rures

7.2.2. public function messages

7.3. サブトピック 3

8. リレーション

8.1. 一気に作成

8.1.1. sail artisan make:model Comment -cm

9. SQL

9.1. テーブル確認

9.1.1. show tables

9.2. テーブル削除

9.2.1. drop table テーブル名

9.3. 一度migrateでテーブルができると再migrateできない。

9.4. テーブル修正方法

9.4.1. kinter使用

9.4.2. phpmyadmineにつなげる

9.4.3. テーブルを削除してもう一度migrateするか