Get Started. It's Free
or sign up with your email address
SIY by Mind Map: SIY

1. Session4

1.1. リンク

1.1.1. スライド

1.1.2. 講義動画(前半)

1.1.3. 講義動画(後半)

1.2. ワーク

1.2.1. はじまりの瞑想(全体)

1.3. 宿題の振り返り

1.3.1. Jamboardの画面共有

1.3.2. コメントの読み上げ

1.4. 講義

1.4.1. 共感について

1.4.1.1. ワーク

1.4.1.1.1. 共感のリスニング

1.4.1.2. 共感まとめ

1.4.1.2.1. 自己認識力と共感力を司る脳の部位は一緒

1.4.1.2.2. 共感は心理分析や困難の回避ではない

1.4.1.2.3. 共感は、相手の共通点を見つけたり優しさを送ることで訓練できる

1.4.1.3. 実習まとめ

1.4.1.3.1. 私と同じ&優しさを送る

1.4.1.3.2. 繋がりにシフト ミニ実践

1.4.1.3.3. 共感のリスニング

1.4.2. マインドフルネスウォーキング

1.4.2.1. 基本的なマインドフルネスのトレーニング

1.4.2.2. 通勤などで実践することが可能

1.4.2.3. 手順

1.4.2.3.1. 歩幅の説明

1.4.2.3.2. 瞑想誘導⑬

1.4.2.4. 感想、Q&A

1.4.2.4.1. Q

1.4.2.4.2. Q

1.4.3. リーダーシップについて

1.4.3.1. リーダーシップ&インテグレーション

1.4.3.1.1. リーダーシップはここまで学んだ全ての内容を活用する

1.4.3.2. EQに関わる重要なポイント

1.4.3.2.1. ①洞察あるコミュニーケーション

1.4.3.2.2. ➁コンパッションを持ってリード

1.4.3.3. ①洞察あるコミュニーケーション

1.4.3.3.1. 使う内容

1.4.3.3.2. 自分への3つの質問

1.4.3.3.3. ワーク

1.4.3.3.4. ミニ実践法

1.4.3.4. コンパッションを持ってリード

1.4.3.4.1. 困難な状況にある誰かを勇気づけるとき

1.4.3.4.2. コンパッションの定義

1.4.3.4.3. 共感の落とし穴

1.4.3.4.4. 人間関係における恩恵

1.4.3.4.5. コンパッションは勇気の源

1.4.3.4.6. ワーク

1.4.3.5. ミニ実践法

1.4.3.5.1. 「何をしてあげられるか?」と直接尋ねる

1.4.3.6. リーダーシップのまとめ

1.4.3.6.1. EQ(エモーショナルインテリジェン ス)は優れたリーダーシップに不可欠

1.4.3.6.2. 2つの主要なリーダーシップスキル

1.4.3.6.3. 困難な会話のモデルは、重要な会話に 相手の立場からの洞察も加味して話す のに役立つ

1.4.3.6.4. コンパッションの実践は、他社とのよ り良いつながり、助ける勇気、燃え尽 きを防ぐレジリエンスをくれる

1.4.3.7. 実習まとめ

1.4.3.7.1. マインドフルウォーキング

1.4.3.7.2. 困難な会話の準備

1.4.3.7.3. 「実際のインパクトと意図は別」

1.4.3.7.4. コンパッション

1.4.3.7.5. 「何が役立つのか?」尋ねる

1.4.4. ワーク

1.4.4.1. 卒業試験

1.4.4.2. ジャーナリング

1.4.4.2.1. 時間

1.4.4.2.2. テーマ

1.4.4.3. 振り返り

1.4.4.3.1. マインドリスニング

1.4.4.3.2. 4人グループ

1.4.4.3.3. 時間

1.4.4.3.4. 手順

1.4.4.3.5. テーマ

1.4.5. SIYまとめ

1.4.5.1. Session1&2

1.4.5.1.1. 講義

1.4.5.1.2. ワーク

1.4.5.2. Session3&4

1.4.5.2.1. 講義

1.4.5.2.2. ワーク

1.4.5.3. 振り返り

1.4.5.3.1. 4人グループ

1.4.5.3.2. 時間

1.4.5.3.3. テーマ

1.4.5.4. 感想、Q&A

1.4.6. アナウンス

1.4.6.1. ネクストステップ

1.4.6.1.1. 28日間チャレンジ

1.4.6.1.2. 終了ウェビナー&終了後サーベイ

1.4.6.2. my.siyli.org

1.4.6.2.1. 専用ウェブサイトの紹介

1.4.6.3. バディについて

1.4.6.3.1. バディミーティング

1.4.6.3.2. バディ同士の会話

1.4.6.4. アンケートのご協力

1.4.7. ワーク

1.4.7.1. 終わりの瞑想

1.4.7.1.1. 瞑想誘導⑭

1.4.7.2. 紙に自分の想いを書く

1.4.7.2.1. SIYから何を持ち帰りますか?

1.4.7.2.2. 紙にワンワードで書く

1.4.7.2.3. ギャラリービュー全体でシェアする

2. Session3

2.1. リンク

2.1.1. スライド

2.1.2. 講義動画

2.2. ワーク

2.2.1. はじまりの瞑想(全体)

2.3. ワーク

2.3.1. 3人組で会話

2.3.2. テーマ

2.3.2.1. あれからどうだった?

2.3.2.2. Session3をどの様に過ごしたい?

2.4. 宿題の振り返り

2.4.1. Jamboardの画面共有

2.4.2. コメントの読み上げ

2.5. 講義

2.5.1. モチベーションについて)

2.5.1.1. モチベーションとは

2.5.1.1.1. 目標や目的に対して向かっていく心的状態

2.5.1.1.2. モチベーションの源泉はすでに持っている

2.5.1.2. モチベーションの構成

2.5.1.2.1. 価値観との一致

2.5.1.2.2. ビジョン

2.5.1.2.3. 回復力

2.5.1.3. 価値観との一致

2.5.1.3.1. PERMA(パーマ)

2.5.1.3.2. フロー状態

2.5.1.3.3. マインドフルネス ▶自己認識 ▶価値観の一致

2.5.1.3.4. ワーク

2.5.1.4. ビジョン

2.5.1.4.1. 3年後や10年後の具現化

2.5.1.4.2. 「ある意味、私たちは過去から学んだことに基づいて未来を予測し、それから自分が予期する未来を生きているのだ。」

2.5.1.4.3. より明確に、意識的にビジョンを思い描くことが大切

2.5.1.4.4. ワーク

2.5.1.5. ワーク

2.5.1.5.1. ミニ実践法(アンカリング)

2.5.1.6. 休憩

2.5.1.6.1. 15分間

2.5.1.7. 回復力(レジリエンス)

2.5.1.7.1. 回復力とは

2.5.1.7.2. 回復力の3ステップ

2.5.1.7.3. 認知的回復力

2.5.1.8. モチベーションまとめ

2.5.1.8.1. モチベーションの3つのシンプルなステップ

2.5.1.8.2. 自分の価値観と一致していることがモチベーションを生む

2.5.1.8.3. 幸福につながる動機 PERMA

2.5.1.8.4. 期待が結果を予言する

2.5.1.8.5. レジリエンスは訓練できる

2.5.2. 共感

2.5.2.1. このパートからEQを「他者との関わり」に広げていく

2.5.2.2. 共感とは何か

2.5.2.2.1. 共感とは相手の目線で物事を捉える能力

2.5.2.2.2. 動画

2.5.2.3. 組織には「共感」が必要

2.5.2.3.1. プロジェクトアリストテレス

2.5.2.4. 必要な要素

2.5.2.4.1. (a)他の人の気持ちを経験したり理解する能力

2.5.2.4.2. (b)自分と他の人の気持ちや立場について、明確な区別を維持する

2.5.2.4.3. 共感ではないこと

2.5.2.4.4. 共感力はすでに身につけている

2.5.2.4.5. 影響するポイント

2.5.2.4.6. 実践の基盤

2.5.2.5. ワーク

2.5.2.5.1. 私と同じ&優しさ

2.5.2.5.2. ミニ実践法

2.5.3. Session3の振り返り

2.5.3.1. 3人組で刺さったこと・気づき

2.5.3.1.1. 7分間

2.5.4. 宿題

2.5.4.1. 1, 価値観・ビジョンの再確認

2.5.4.2. 2. マインドフルイーティング 3口

2.5.4.3. 3. 気前の良いリスニング

2.5.5. ワーク

2.5.5.1. 瞑想誘導⑫

2.5.6. 終了後のQ&A

3. Session2

3.1. リンク

3.1.1. スライド

3.1.2. 講義動画

3.1.2.1. 講義動画

3.2. zoomセミナーの注意点

3.2.1. 名前の変更

3.2.1.1. 名前@今の場所

3.3. ワーク

3.3.1. はじまりの瞑想(全体)

3.3.1.1. 瞑想誘導⑤

3.4. 宿題の振り返り

3.4.1. Jamboardの画面共有

3.4.2. コメントの読み上げ

3.5. 講義

3.5.1. 「自己管理」について

3.5.1.1. 目的

3.5.1.1.1. 「衝動」から「選択」へ

3.5.1.1.2. Session1までは

3.5.1.2. ビクターフランクルの教え

3.5.1.2.1. 刺激と反応の間には隙間がある。

3.5.1.2.2. この隙間に、反応を選ぶ私達の自由と力がある。

3.5.1.2.3. 私達の反応の中には成長と幸せがある。

3.5.1.3. 自己理解とは

3.5.1.3.1. 自己の内面の状態、衝動、リソースを管理するプロセス

3.5.1.3.2. 考え方

3.5.1.4. 感情の引き金にどう対処するのか?

3.5.1.4.1. 原因

3.5.1.4.2. 情動を管理する

3.5.1.4.3. SBNRR

3.5.1.5. 休憩

3.5.1.5.1. 20分

3.5.1.6. 感情を管理する戦略

3.5.1.6.1. トリガーが発生して時間が経つ間に3ステップを行う

3.5.1.7. セルフコンパッションについて

3.5.1.7.1. 受容をする手段

3.5.1.7.2. 参考

3.5.1.7.3. 重要な3つの要素

3.5.1.7.4. ワーク

3.5.1.7.5. 調査結果

3.5.1.7.6. ミニ実践法

3.5.1.8. 自己管理まとめ

3.5.1.8.1. 自己管理とは

3.5.1.8.2. 自己管理ではないこと

3.5.1.8.3. SBNRRの実践はトリガーの対処に有効な方法

3.5.1.8.4. 受容とセルフコンパッションは

3.5.1.9. Q&A

3.5.1.9.1. Q.

3.6. 実習のまとめ

3.6.1. マインドフルイーティング

3.6.2. SBNRR

3.6.3. マインドフルな会話

3.6.4. セルフコンパッション 受け入れる ミニ実践

3.7. Session1&2まとめ

3.7.1. EQは訓練できる

3.7.1.1. VUCAの時代ではEQの向上が幸福・パフォーマンス・リーダーシップにつながる

3.7.2. マインドフルネスは自動操縦状態から気づいている状態へ移行させてくれる

3.7.2.1. EQ向上にはマインドフルネスが最も有効

3.7.3. 自己認識はEQの基盤

3.7.3.1. まずは全てのベースとなる自己認識を訓練していく

3.7.3.2. 自分に起こっていることを認知する

3.7.4. 自己管理は衝動から選択へのシフトを可能にする

3.7.4.1. 認知した上で適切な選択をする

3.8. ワーク

3.8.1. Session2 振り返り

3.8.1.1. 4人組 一人2分で気づき、活かしたいことを話し、聴く側はマインドフルリスニング

3.8.1.2. 記録担当を一人決め、シェア内容や質問事項を記入

3.8.1.3. ジャーナリング

3.8.1.3.1. テーマ

3.8.1.4. 四人一組でシェア(ブレイクアウト)

3.8.1.4.1. テーマ

3.8.1.4.2. 基本

3.8.1.5. 感想(全体)

3.8.1.5.1. グループワークのシェア

3.8.1.5.2. Session1&2の共有

3.9. バディについて

3.9.1. 今後のRoadmap

3.9.1.1. 身につけ活かすために

3.9.1.2. 4-Session

3.9.1.2.1. 28日間チャレンジ(バディミーティング)

3.9.2. バディミーティング

3.9.2.1. 2週間に1回、二人一組で課題の実践・共有する

3.9.2.2. 毎回の流れ

3.9.2.2.1. トータル約15分

3.9.2.2.2. マインドフルな3呼吸を一緒に行う

3.9.2.2.3. 実践の状況がどうか、どんなチャレンジがあるかなどシェア

3.9.2.2.4. シェアしてどうだったかを自由に会話

3.9.2.2.5. これから一週間何を意図していくかをシェア

3.9.2.2.6. 1分間マインドフルネス瞑想

3.9.2.3. 会話の内容はすべてコンフィデンシャル、守秘義務を遵守願います

3.9.2.4. 組み合わせの決め方

3.9.2.4.1. ZOOMでランダムに決定

3.9.2.4.2. 1人でやりたい方は除く

3.9.3. バディ同士の会話

3.9.3.1. やってもらうこと

3.9.3.1.1. どんな意図を持って行いたいか、シェア

3.9.3.1.2. 連絡先を交換する

3.9.3.1.3. 第一回目のミーティングの時間を決める

3.10. 宿題

3.10.1. Jamboardに感想をアップ

3.10.2. 内容

3.10.2.1. 3分間、マインドフルネス瞑想またはオープンな集中

3.10.2.1.1. ボディスキャンなど毎日やる

3.10.2.1.2. 忙しいときは三呼吸だけでもOK

3.10.2.2. SBNRRを日常でやってみる

3.10.2.2.1. 情動が沸き起こるシーンでやる

3.10.2.3. セルフコンパッションが必要な瞬間に気づく

3.10.2.3.1. 自己批判、自己判断をやったとき

3.10.2.4. マインドフルネスリスニングまたはマインドフルな会話をやってみる

3.10.2.4.1. 身近な家族や会社の方に

3.11. ワーク

3.11.1. 瞑想誘導⑧

3.11.1.1. 終わりの瞑想

3.12. 終了後のQ&A

3.12.1. Q.

3.12.1.1. 宗教臭い「慈悲の瞑想」を広めるにはどうしたらいいか?

3.12.1.1.1. A

3.12.2. Q.

3.12.2.1. 言葉の最後は「~である」か「~できる」どちらが良いのか?

3.12.2.1.1. A

3.12.3. Q.

3.12.3.1. 仏教的な「執着を手放す」とマインドフルネスは違うのではないか?

3.12.3.1.1. A

4. Session1

4.1. リンク

4.1.1. スライド

4.1.2. 講義動画

4.2. zoomセミナーの注意点

4.2.1. 名前の変更

4.2.2. ミュートの設定

4.2.2.1. 講義中

4.2.2.1.1. OFF

4.2.2.2. ワーク中

4.2.2.2.1. ON

4.2.3. ビデオ設定

4.2.3.1. 休み時間以外はON

4.3. ワーク

4.3.1. 二人組で対話(ブレイクアウト)

4.3.1.1. 二人組で対話

4.3.1.1.1. 仕事でどんなことが好き?

4.3.1.1.2. どんな大きなチャレンジがあるか?

4.3.2. 軽い瞑想(全体)8:20

4.3.2.1. 8:20

4.3.2.2. 背筋を伸ばしリラックス

4.3.2.3. 5回深呼吸

4.3.2.4. 呼吸を感じる

4.3.3. マインドフルリスニング(ブレイクアウト)

4.3.3.1. 2分(A:話, B:聞)

4.3.3.1.1. 2分(B:話, A:聞)

4.3.3.2. 役割分担

4.3.3.2.1. 話し手(A)

4.3.3.2.2. 聞き手(B)

4.3.3.3. テーマ

4.3.3.3.1. 瞑想の実習をやってみてどうだったか?

4.3.3.3.2. 今日を良き1日とするために何を心がける?

4.4. 自己紹介(チャット)

4.4.1. 名前

4.4.2. なぜ来ましたか?

4.4.3. 本当はなぜ来ましたか?

4.5. ルール説明

4.5.1. 守秘義務

4.5.1.1. ベガスルール

4.5.2. コミットする

4.5.2.1. 不必要なガジェット操作はしない

4.5.3. 自己管理

4.5.4. ビデオ基本オン、休憩中オフ

4.5.5. その他

4.5.5.1. [email protected]まで

4.6. 講義

4.6.1. なぜSIYを受講する必要があるのか?

4.6.1.1. 現代人の悩み

4.6.1.1.1. 日々たくさんのタスクや時間に追われている

4.6.1.1.2. 集中できない

4.6.1.1.3. 自分をキープできていない

4.6.1.2. VUCAの時代

4.6.1.2.1. Volatile

4.6.1.2.2. Uncertain

4.6.1.2.3. Complex

4.6.1.2.4. Ambiguous

4.6.1.2.5. 答えのない時代になっている

4.6.1.3. 現代人の状態

4.6.1.3.1. ぼんやり過ごしてしまう時間

4.6.1.3.2. しょっちゅうミーティングに集中できないと感じているリーダー

4.6.1.3.3. 自分の生産性を上げるための時間を定期的に持つ

4.6.2. どうすればいいのか?

4.6.2.1. エモーショナルインテリジェンス(EQ)を身につける

4.6.2.1.1. 自分自身と他人の気持ちや情動をモニターし、見分ける

4.6.2.1.2. その情報を使って自分の思考や行動を導く能力

4.6.2.2. 4つの領域で構成される

4.6.2.2.1. 自己認識

4.6.2.2.2. 社会的認識

4.6.2.2.3. 自己管理

4.6.2.2.4. 関係性の管理

4.6.2.2.5. 参照

4.6.2.3. EQが大切な3つの理由

4.6.2.3.1. ①抜群のリーダーシップ

4.6.2.3.2. ➁優れたパフォーマンス

4.6.2.3.3. ③幸福

4.6.2.4. EQを高める方法

4.6.2.4.1. エモーショナルインテリジェンス(EQ)

4.6.2.4.2. 神経科学を学ぶ

4.6.2.4.3. マインドフルネスの習得

4.6.2.4.4. 上記を行うのがサーチインサイドユアセルフ

4.6.3. SIYのプログラムについて

4.6.3.1. ロードマップ

4.6.3.1.1. 学習内容

4.6.3.1.2. Session1

4.6.3.1.3. Session2

4.6.3.1.4. Session3

4.6.3.1.5. Session4

4.6.3.2. 複合的な学習プログラム

4.6.3.2.1. 4セッション

4.6.3.2.2. 28日間チャレンジ

4.6.3.2.3. 終了ウェビナー&終了後サーベイ

4.6.3.3. 専用サイト(my.siyli.org)

4.6.3.3.1. 資料・スライド

4.6.3.3.2. アンケート

4.6.3.3.3. ビデオ

4.6.3.3.4. リサーチ(英語)

4.6.3.3.5. 書籍等

4.6.3.3.6. 28日間チャレンジ

4.6.3.3.7. ビジョニング

4.6.4. どうやってEQを高めていくか

4.6.4.1. オートパイロットモードについて

4.6.4.1.1. EQを高めると

4.6.4.1.2. 特徴

4.6.4.1.3. ビクターフランクルの教え

4.6.4.2. どうやってオートパイロットから目覚められるのか?

4.6.4.2.1. 答え

4.6.4.2.2. ミニ実践

4.6.4.2.3. マインドフルネスの例え

4.6.4.2.4. ただゆったりと呼吸に意識を向けて、自分をその場に置いてあげる

4.6.4.3. 何に意識を向けるべきか

4.6.4.3.1. 感じる・気付く

4.6.4.3.2. 態度

4.6.5. 「マインドフルネス」について

4.6.5.1. マインドフルネスとは

4.6.5.1.1. 心、身体、そして周囲で今の瞬間に起こっていることに好奇心と優しさを持って注意を向けること

4.6.5.1.2. ビデオ

4.6.5.1.3. 実践方法

4.6.5.1.4. 根拠

4.6.5.1.5. 鍛えられる能力

4.6.5.1.6. 瞑想について

4.6.5.1.7. ミニ実践法

4.6.5.2. 集中について

4.6.5.2.1. 2つの集中状態

4.6.5.2.2. ビデオ

4.6.5.2.3. オープンな集中について

4.6.5.2.4. ミニ実践法

4.6.5.3. マインドフルネスのまとめ

4.6.5.3.1. EQの開発は複雑な世界をナビゲーションするのに役立つ

4.6.5.3.2. EQは次のことを高める

4.6.5.3.3. マインドフルネスは

4.6.5.3.4. 実践のまとめ

4.6.6. 「自己認識」について

4.6.6.1. 自己認識とは

4.6.6.1.1. マインドフルネスを活用して今の「自分の状態」に気づいていく

4.6.6.1.2. 「自分の内面の状態、好み、資質、直感を知ること」

4.6.6.1.3. SIYの自己認識は何をするのか?

4.6.6.1.4. 感情は身体に宿る

4.6.6.1.5. 感情を認識する利点

4.6.6.1.6. 感情に関わる脳の部位

4.6.6.1.7. 感情の認識について

4.6.6.2. 自己認識をする方法

4.6.6.2.1. 感情を認識する

4.6.6.2.2. ジャーナリング

4.6.6.3. 自己認識のまとめ

4.6.6.3.1. 自己認識はEQの基盤となる

4.6.6.3.2. 自己認識とは、自分の内的状態、好み、リソース、直観などを知っていることを意味する

4.6.6.3.3. 感情は身体の中に表現される

4.6.6.3.4. 感情は情報を含み、意思決定の手助けとなり、観点のシフトも可能にしてくれる

4.6.6.3.5. 観点のシフト

4.6.6.3.6. 実習まとめ

4.7. ワーク

4.7.1. Session1 振り返り(ブレイクアウト)

4.7.1.1. 4人組 一人2分で気づき、活かしたいことを話し、聴く側はマインドフルリスニング

4.7.1.2. 記録担当を一人決め、シェア内容や質問事項を記入

4.8. 今日の持ち帰ることを1フレーズでシェア

4.9. アナウンス

4.9.1. 宿題

4.9.1.1. 内容

4.9.1.1.1. マインドフルイーティング

4.9.1.1.2. マインドフルリスニング

4.9.1.1.3. マインドフルネス瞑想

4.9.1.2. シェア方法

4.9.1.2.1. Jamboard

4.10. ワーク

4.10.1. 瞑想誘導④

4.10.1.1. 終わりのメディテーション

4.10.1.2. 3:26:50

4.11. 終了後のQ&A

4.11.1. Q.

4.11.1.1. 泡のような思考をオープンにただ観察して手放す瞑想と、記録し続けるジャーナリングはやってることが真逆なのか?

4.11.1.1.1. A.

4.11.2. Q.

4.11.2.1. 瞑想はいつやるのがいいのか?

4.11.2.1.1. A

4.11.3. Q.

4.11.3.1. 瞑想はあぐらか椅子どちらがいいのか?

4.11.3.1.1. A

4.11.4. Q.

4.11.4.1. ボディスキャンとは自分の身体を見て、今の感情や経験を知るということなのか?

4.11.4.1.1. A

4.11.5. Q.

4.11.5.1. マインドフルイーティングやマインドフルネスリスニングは決まったやり方があるのか?

4.11.5.1.1. A.

4.11.6. Q.

4.11.6.1. 評価・判断を手放したいが、仕事では判断することばかりで実践できない。どうすればいいのか?

4.11.6.1.1. A

4.11.7. Q.

4.11.7.1. 「優しくそっと意識を向ける」とはどういう感覚なのか?

4.11.7.1.1. A

4.11.8. Q.

4.11.8.1. 相手の話を聞きながら、話を組み立てているのでマインドフルリスニングができないかも

4.11.8.1.1. A

4.11.9. Q.

4.11.9.1. モンキーマインドになった際に「一旦保留する」または「思考の歪みを掘り下げる」どっちがいいのか?

4.11.9.1.1. A.

4.11.10. Q.

4.11.10.1. 経営者の方などマインドフルネスを怪しく思う人はどうやって説得すればいいのか?

4.11.10.1.1. A