活性化

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
活性化 by Mind Map: 活性化

1. サンユ情報システム

1.1. 第二開発部

1.1.1. グループ

2. 人

2.1. 非従業員

2.1.1. 就活生

2.1.2. 社員の家族

2.2. 組織

2.2.1. 部長

2.2.1.1. SM

2.2.1.1.1. PM

2.2.2. 役員

2.2.2.1. 社長

2.2.3. 帰属意識

2.3. 高齢化

2.3.1. 老後の心配

2.3.2. 今後、どのようにしていくべきか?

3. 事業

3.1. コンサル

3.1.1. 要件定義

3.2. 開発

3.2.1. 設計

3.2.2. 製造

3.2.3. 試験

3.3. 運用

3.4. プロジェクト

3.4.1. 完了報告

3.4.1.1. 共有

3.4.2. 受注判定

3.4.3. ナレッジ

3.4.3.1. 有効利用

3.5. 営業

3.5.1. 受注量をあげる

3.5.1.1. どうすればよい?

3.5.1.2. 受注体制

3.5.2. スキル

3.5.2.1. プレゼン・話し方

3.5.3. きっかけ

3.6. 戦略

3.7. パートナー事業

3.7.1. 海外企業からの受注

3.7.1.1. 英語力

3.7.2. オフショア

3.7.3. オンショア

3.7.4. ニアショア

3.7.4.1. 沖縄とか

3.7.5. パートナー会社

3.7.5.1. PM間情報交換

3.7.5.2. 定期的な情報交流

3.7.5.3. PMメーリングリスト

4. 顧客

4.1. SIer

4.2. EndUser

5. コミュニケーション

5.1. 方法

5.1.1. ミィーティング

5.1.2. メール

5.1.3. スケジュール

5.1.4. イベント・飲み会

5.1.4.1. 若手が来ない

5.1.4.1.1. 興味がない?

5.1.4.2. 部全体のイベント

5.1.4.3. 飲み会が嫌い・飲めない人もいる

5.1.5. メッセージ

5.1.6. 会話

5.1.6.1. 会話下手な人もいる

5.1.7. つぶやき

5.2. 場所

5.2.1. 業務ベースなので調整が難しい

5.3. 時間

5.3.1. 業務ベースなので調整が難しい

5.4. 社内SNS

5.4.1. google apps engine

5.4.1.1. 時間を選ばす色々な手段で共有ができる

5.4.2. google+

5.4.2.1. 企業ページなど社外への発信

5.4.3. 費用がかかる

6. 資格

6.1. 情報処理試験

6.1.1. 勉強会

6.1.1.1. 午後問題が弱い

6.1.1.2. 熱意は高い

6.1.1.3. ナウレッジ

6.1.2. 合格

6.1.3. 不合格

6.1.3.1. 試験後のフォローアップ

6.1.3.2. 次回の春に向けた勉強会

6.2. 他の資格

6.3. メリット

6.3.1. 一時金

6.3.2. 継続的なメリット

6.3.3. 自分の今後のためになる

6.3.4. 昇格につながる

6.4. オープン化

6.4.1. 誰が何の資格を保有している

6.4.2. 合格者の全社通知・張り出し

7. 社内業務

7.1. 稼動管理

7.1.1. 自動化

7.2. 部会

7.2.1. オープン化

7.3. 社内標準化

8. 古き良き習慣

8.1. 表彰制度

8.2. モットー

9. ビジョン

9.1. クレド