プロジェクト

Just an initial demo map, so that you don't start with an empty map list ...

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
プロジェクト by Mind Map: プロジェクト

1. 創業形態

1.1. 媒体

1.1.1. 合同会社

1.1.1.1. 株式会社より設立費用が安いのがメリット5万円くらい?、認知度がが低いのがデメリット(スーパーとか)

1.1.2. 株式会社

1.1.3. 社団法人

1.1.3.1. NPO法人

1.1.3.1.1. デメリット:設立までの期間が長い、報告書が多い、税金に監視は株式と変わらない。

1.1.3.1.2. 社員=会員

1.1.3.1.3. 従業員

2. プロジェクト内容

2.1. 設立

2.1.1. 申請書類

2.1.1.1. 会計収支予算書

2.1.1.2. 確認書

2.1.1.3. 社員のうち10人以上の者の名簿

2.1.1.4. 就任承諾及び契約書

2.1.1.5. 設立趣旨書

2.1.1.6. 設立総会議事録

2.1.1.7. 設立認証申請書

2.1.1.8. 定款

2.1.1.9. 役員名簿

2.2. 活動内容

2.2.1. 耕作放棄地の開拓

2.2.2. 市場情報の送受信地

2.2.3. 馬鈴薯の新規販路開拓事業

2.2.3.1. 加工

2.2.3.2. 提携

2.2.3.3. 小売

2.2.3.3.1. 店

2.2.3.3.2. イベント

2.2.4. 地域の特産品ブランド確率事業

2.2.5. 人材派遣事業

2.2.6. 農機具の集約、レンタル事業

3. プロジェクトの目的

3.1. 存在意義

3.1.1. 理念

3.2. 経緯

4. メモ

4.1. その事業が好き

4.1.1. 儲けるためだと続かない

4.2. 営業と人にお金をかけない

4.3. 情報収集

4.3.1. 同業者だけでなく異業種の成功事例も

4.3.2. 起業前はもちろん、起業後も市場調査・ライバル調査を継続

4.4. WEBマーケティングに精通する

4.5. 人材育成を怠っていないところ

4.6. 理念がしっかりしているところ

4.7. 社会的使命、想い、業界を知る、好きなこと、出来ること、売り先、情報収集

5. 資金・資産

5.1. 決算書

5.1.1. 決算書の目的

5.1.1.1. 自社を倒産させないため

5.1.1.1.1. 経営状況を理解する

5.1.1.1.2. コスト削減に役立てる

5.1.1.1.3. 利益を出すための気づきを見つける

5.1.1.2. 経営理念や企業理念を達成させるため

5.1.2. 経済指標

5.1.2.1. 損益計算書

5.1.2.1.1. 粗利益

5.1.2.1.2. 労働分配率

5.1.2.1.3. 必要売上

5.1.2.1.4. 債務償還年数

5.1.2.1.5. 自己資本比率

5.1.2.2. 回転日数

5.1.2.2.1. 売上債権回転日数

5.1.2.2.2. 買入れ債務回転日数

5.1.2.2.3. 棚卸資産回転日数

5.1.2.3. キャッシュフロー計算書・変動計算書

5.1.2.4. 貸借対照表

5.2. 資金調達

5.2.1. 個人:書類の信頼性が低い 法人;個人と法人が明確に分離しているため資料の信頼性が比較的高い

5.3. 責任

5.3.1. 個人:無限責任 法人:有限責任 しかし借入に関しては連帯保証が必要

5.3.2. 税金

5.3.2.1. 所得税

5.3.2.1.1. 個人:最大65万控除 法人:最低65万控除(給与所得控除)

5.3.2.2. 交際費

5.3.2.2.1. 個人:制限なし 法人:600万の90%

5.3.2.3. 生命保険

5.3.2.3.1. 個人:最大10万控除 法人:内容によっては全額

5.3.2.4. 住民税の均等割

5.3.2.4.1. 個人:5000円くらい 法人:7万~8万

5.4. コスト

5.4.1. 費用判断

5.4.1.1. 生産的コスト

5.4.1.1.1. 無くせないコスト

5.4.1.2. 補助的コスト

5.4.1.2.1. 無くせないコスト

5.4.1.3. 監視的コスト

5.4.1.3.1. 必要不必要を判断するべきコスト

5.4.1.4. 浪費的コスト

5.4.1.4.1. 無くすべきコスト

6. モデル

6.1. toiz

6.1.1. 地域プロモーション事業

6.1.2. 伊豆市でゲストハウスを運営

6.1.3. ウェブサービスやアプリケーションの開発の受託

6.1.4. 教育事業

6.2. NPO伊豆

6.2.1. ネットワークの構築

6.2.2. 事業の企画提案と実施

6.2.3. 伊豆ミガキアゲル運動の支援(地域づくり活動に参加協力)

6.2.4. 人材養成と運動普及

6.2.5. 情報の収集と発信

6.3. 和郷園

6.4. Mスクエアラボ

7. 就業スタイル

7.1. 時間

7.1.1. マツダ(9時~17時45分) 上岡家(6時~17時)

7.1.2. フレックスタイム制度導入

8. 情報

8.1. データ

8.1.1. 農業の名人

8.1.2. 農家さんは何月が一番暇か?

8.2. 課題

8.2.1. 高齢化の進行と担い手不足

8.2.1.1. 安全・安心な地場産農作物の安定供給

8.2.1.1.1. 多様な担い手育成・確保

8.2.1.1.2. 高齢化に伴い労働力の低下

8.2.1.2. 収入の水準、安定の問題

8.2.1.2.1. 農業経営の安定化 としての仕組みづくり

8.2.1.2.2. 生産時のコスト削減

8.2.1.3. 耕作放棄地

8.2.1.3.1. 誰でも良いワケでなく、信頼できる担い手の確保

8.2.2. 農業の持つ多面的機能を活かした取り組みの定着不足

8.2.2.1. 農業が持つ多様な価値を人と人が享受し、その機会の創出をする

8.2.2.1.1. 消費者と生産者の交流促進

8.2.2.2. 農地の多様な利用の促進

8.2.3. 農作物・食料の国際化が進展

8.2.3.1. 通地域の特産品をプレミアムブランド化に確立(非日常ブランドにし価格競争を回避)

8.2.4. まち全体の疲弊・衰退

8.2.4.1. まちの経済を含む活性化

8.2.4.1.1. 若者・中年

8.2.4.1.2. お年寄り

8.2.4.1.3. 子供

8.2.4.1.4. 全年齢対象

8.3. 現状

8.3.1. 環境に関する関心の高まり

8.3.2. 少子高齢化

8.3.2.1. この現状により田舎では輪をかけるように転出が増加し、転入が減少

8.3.2.1.1. 子供が増えることなく、小学校の廃校が進む

8.3.2.2. 子供が減り、老人が増える

8.3.2.2.1. 老人ホームが増える

8.3.2.2.2. Uターンが少ないためお年寄りの行動範囲の狭まり、体の衰えるスピードも加速

8.3.3. 食・農業に関する関心

8.3.3.1. 健康・食への関心の高まり

8.3.3.1.1. 食のニーズの多様化

8.3.3.2. 農業を通じて多面的機能に対しての期待の高まり

8.3.3.2.1. 農業収入の低さ

8.3.3.2.2. 耕作技能の低下

8.4. 東広島市が目指している農業の方向

8.4.1. 消費者と生産者を結びつける地産地消の推進

8.4.2. 消費者生産者双方の市民が農業のもつ多様な価値を共有しともに育む農業

8.4.3. 地域の特性を生かした農業

8.4.4. 多様な担い手が支え合う農業

8.4.5. 魅力ある農業

9. 売らなくても売れる仕組みづくり

9.1. マーケティング

9.1.1. 4P

9.1.1.1. product製品

9.1.1.2. promotion販売促進

9.1.1.3. place場所

9.1.1.4. price価格

9.1.2. 戦略

9.1.2.1. ターゲティング

9.1.2.2. ポジショニング

9.1.2.3. プロモーション戦略

9.1.2.4. 流通戦略

9.1.2.5. 価格戦略

9.1.2.6. 製品戦略

9.1.2.7. 市場細分化

9.1.3. マーケティングの目的

9.1.3.1. マーケティングの目標

9.1.3.1.1. ターゲットの設定