海外資産運用教育(協)

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
海外資産運用教育(協) by Mind Map: 海外資産運用教育(協)

1. 組織

1.1. 株式会社

1.1.1. 自分がエンドユーザに教えて稼ぐ

1.2. 社団

1.2.1. 教えられる人を育てる

2. コンテンツ開発

2.1. コンテンツをトコトンブラッシュアップしてスタートする

2.2. 結果が出ることを確認してスタートする

2.2.1. 認定講師が

2.2.1.1. 教えられる

2.2.1.2. 稼げる

2.3. 一言で強みが伝わる

2.3.1. 他と何が違うの?

2.3.1.1. 他は単品

2.3.1.1.1. 株式投資

2.3.1.1.2. 不動産投資

2.3.1.1.3. FX/為替

2.3.1.1.4. 金

2.3.1.1.5. 先物

2.3.1.2. 分類が異なる商品を比較できる力が付く

2.3.2. 強みに共感が得られるか?

2.4. 受講生の出口

2.4.1. 資産運用で稼げる

2.4.2. 講師業で稼げる

2.4.2.1. 集客してあげる

2.4.3. 何人成功したのか確認する

3. 本講座開講スケジュール

3.1. 2ヶ月ごと

3.2. 定員20名

4. 事業の成長プロセス

4.1. 株式会社設立

4.1.1. 社団設立

4.1.1.1. 本講座Release

4.1.1.1.1. 定期開催

4.1.1.2. 4日間28h 21万円(税別)

4.1.1.3. 0期生特典 

4.1.1.3.1. 海外資産運用研究会

4.1.1.3.2. 月会費2万円

4.1.2. 1日セミナーを繰り返し開いて講座ブラッシュアップ

4.1.3. デモ講座は1万円

4.2. 自分がエンドユーザに教えて稼げるようになる

5. 協会ビジネス

5.1. コンテンツ

5.1.1. 出口がちゃんとある

5.1.2. 一言で差別化が伝わる

5.1.3. 書籍 資産設計塾をベースにした

5.1.3.1. 金融商品についてまとめた本

5.1.3.2. それ以外の商品を足した

5.1.3.3. ゴール設計

5.1.3.3.1. 誰でも勉強したら教えられる

5.1.3.3.2. 認定講師が教えられる

5.1.3.4. デモ講座でブラッシュアップ

5.1.3.4.1. 開催日を先に決める

5.1.3.4.2. 1ヶ月半で開発

5.1.3.4.3. 厳しいフィードバックをいただけた

5.2. マーケティング

5.2.1. 集客

5.2.1.1. 出版20冊の実績を活用

5.2.1.2. ブログを毎日書いている

5.2.1.2.1. 毎朝30分1000字

5.2.1.2.2. 月間20万PV

5.2.1.3. メルマガ

5.2.1.3.1. 立ち上げ時期

5.2.1.3.2. 半年後

5.2.1.3.3. 意外と結果が出にくい

5.2.1.4. 受講生が紹介

5.2.1.5. 集客できていないと

5.2.1.5.1. 受講生のモチベーションが下がる

5.2.1.6. 計画を立てる

5.2.1.6.1. コンテンツ開発期

5.3. ブランド

5.3.1. 出版する

5.3.1.1. 持ち歩いて挨拶する時に見せる

5.3.1.2. どうしたら出版できるか?

5.3.1.2.1. コンテンツ

5.3.1.2.2. 書く力

5.3.1.2.3. 出会い

5.3.2. 協会の

5.3.2.1. アドバイザリーボード

5.3.2.1.1. 協会にアドバイスするドリームチーム

5.3.2.1.2. お礼は?

5.3.3. 認定講師の

5.3.3.1. 2級講座を教えていただく

5.3.3.1.1. 2級講座に全部のエッセンスを集約させる

5.3.3.2. ブランド力が弱い対策は?

5.3.3.2.1. 4日間の講座の一部(2h)を代表が教える

5.3.3.3. 認定試験

5.3.3.3.1. 知識の定着

5.3.3.3.2. 教える力

5.4. 1人ではムリ

5.4.1. 講座開発

5.4.2. 集客

5.4.2.1. 値引きしない

5.4.2.2. 最高の価値

5.4.2.2.1. 自信を持って値付けできているか?

5.4.3. 事務局

5.4.3.1. 申込み対応

5.4.3.1.1. 講座申込み

5.4.3.2. 入金

5.4.3.2.1. 入金チェック

5.4.3.2.2. 未入金者へリマインダー

5.4.3.3. 事務局のプロにアウトソースする

5.4.3.3.1. 自分でやっていると

5.4.3.3.2. 自分で構築するよりも

5.4.3.3.3. トラブルは起きる

5.4.4. ブランディング

5.4.4.1. 認定講師の方が目立つように

5.4.4.1.1. 下位講座から手放していく

5.4.5. 計画

5.4.5.1. 1期あたり20~25人

5.4.5.1.1. 4期終わったら100人

5.4.5.1.2. 1期の時に考えておく

5.4.5.1.3. 事務局アウトソース

5.4.5.2. サイゼリアの計画性

5.4.5.2.1. 1店舗の時に200店舗展開を本気で考える

5.4.5.3. 先人の知恵を活かす

5.4.5.3.1. 先を見据えて課題を明確にする

5.4.5.4. 講座の時間単価

5.4.5.4.1. 2級

5.4.5.4.2. 1級

5.4.5.4.3. マスター

5.4.5.5. 3年後に年商1億円を目指す

5.4.5.5.1. 1年目

5.4.5.5.2. 2年目