Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
標準化 by Mind Map: 標準化

1. コンテンツ

1.1. 悩みを解決する画期的方法

1.1.1. ポイントがまとまっている

1.1.2. 対象者が知っている方法よりも効果効率的

1.1.2.1. 悩みが解消される

1.1.2.1.1. より短期間で結果が出る

1.1.2.1.2. より安価に結果が出る

1.1.2.1.3. より大きな結果が出る

1.1.2.1.4. より確実に結果が出る

1.1.2.2. 力が付く

1.1.2.2.1. より楽しく学べる

1.1.2.2.2. より安価に学べる

2. カリキュラム

2.1. 再現性がある

2.1.1. 多人数が教えることができる

2.1.1.1. 長年のキャリアがなくても教えることができる

2.1.2. 学びたい人の目的/目標を達成できることを検証されている

2.2. 講師や集客に関わる人が自信を持って営業できる/講座が開ける

2.3. 教える順番が決まっている

2.4. 教え方が決まっている

2.4.1. 対象者

2.4.2. 受講時間

2.4.3. 受講形式

2.4.3.1. 定員

2.4.3.2. テキスト

2.4.3.2.1. 学びやすい順番にまとめられている

2.4.3.3. ワーク

2.4.3.3.1. ワークの目的/目標

2.4.3.3.2. 講師

2.4.3.3.3. 受講生がやること

3. 教科書

3.1. 誰が見ても何が基本かわかる

3.1.1. 論理的

3.1.1.1. 体系化されている

3.1.1.1.1. 作業分析されている

3.1.1.2. 1つずつに証拠がある

3.1.1.2.1. 原理原則

3.1.1.2.2. 引用/原典の明記

3.1.2. 流行の影響を受けない知識

3.2. 最も優れた専門家チームで開発する

4. 作業分析とは?

4.1. 作業を標準化するために実施する

4.1.1. 誰でも再現できる

4.1.1.1. 学びやすい

4.1.1.2. 教えやすい

4.1.1.2.1. 品質を均一にできる

4.2. やり方

4.2.1. 分析する作業の目標を決める

4.2.2. 必要な作業を洗い出す

4.2.3. ブラッシュアップする

4.2.3.1. 効果的なグループ分けを考える

4.2.3.2. 順番は最適か?

4.2.3.3. 作業が漏れていないか?

4.2.3.4. 分割できる作業があるかも?

4.2.3.5. 不要な作業が含まれていないか?

4.2.4. 検証する

4.2.4.1. このカリキュラムで結果が出るか?

4.3. 実例

4.3.1. 作業目標を決める

4.3.1.1. オンラインでマインドマップを描けるようになる

4.3.2. 必要な作業を洗い出す

4.3.2.1. アカウントを取得する

4.3.2.2. 新しいマップを作る

4.3.2.3. マップのタイトルを決める

4.3.2.4. ノードを足す

4.3.2.5. 分類を足す

4.3.3. ブラッシュアップする

4.3.3.1. 効果的なグループ分けを考える

4.3.3.1.1. 1人でマップを作れるようになる

4.3.3.1.2. マップで情報共有できるようになる

4.3.3.2. 順番は最適か?

4.3.3.2.1. 学ぶメリットを理解する

4.3.3.2.2. アカウント取得

4.3.3.2.3. 基本操作理解

4.3.3.2.4. マップを作る

4.3.3.2.5. マップを整える

4.3.3.2.6. デザイン/装飾する

4.3.3.2.7. マップを共有する

4.3.3.2.8. 複数人で同時に編集する

4.3.3.2.9. マップ議事録の使い方を理解する