コンテンツマーケティング 共有用

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
コンテンツマーケティング 共有用 by Mind Map: コンテンツマーケティング 共有用

1. コンテンツ

1.1. スタイリング

1.1.1. スタイリング診断

1.1.1.1. how to

1.1.1.1.1. マフラー巻き方

1.1.1.1.2. グローブ選び方

1.1.1.2. スタイリング診断

1.1.2. before-after 採点

1.1.3. 店舗との連動

1.1.4. 発信方法

1.2. ストーリー

1.2.1. ブランド

1.2.2. アイテム

1.3. その他

1.3.1. アンケート

1.3.2. uruma レポート

1.4. how to

1.4.1. マフラー巻き方

1.4.2. グローブ選び方

1.5. 用語説明

1.6. 商品ページ

1.6.1. コンテンツ化

1.7. トレンド

1.7.1. 中立的情報

2. SEO

2.1. 効果出るまで

2.1.1. 半年間

2.2. コンテンツより

3. 他社サービス

3.1. アフィリエイトB

3.1.1. コンテンツSEO

3.1.1.1. 1コンテンツ20,000円

3.1.1.2. 1ヶ月10万円

3.1.1.3. 人材派遣

4. 媒体

4.1. オウンドメディア

4.2. spu.jp

5. 見込み客の育成

6. コンテンツマーーケティングMTG

6.1. 岡部

6.1.1. メルマガの見直し

6.1.1.1. ROAS 

6.1.2. お客様とあそぶ

6.2. 井上

6.2.1. 独自ドメインで展開

6.3. クニヤ

6.3.1. アイデア

6.4. 岩下

6.4.1. テーマ、目的、ペルソナ

7. キーワード

7.1. お客様と遊ぶ

8. 具体的なアクション

8.1. ペルソナ

9. SPUコンセプト

9.1. 細身

9.2. 綺麗めスタイル

9.3. 年収が上がる

10. 人間味にファンがつく LINEを立ち上げた森川さん

10.1. C-CHANNEL

10.1.1. ブログよりQ&Aの方が人気

10.1.1.1. 普通の人がアップした動画に消費者は響かない

10.1.2. 動画サービス

10.2. 文字情報を検索する時代ではない

10.2.1. スマホによって変わる

10.2.2. タイムラインからチャットそしてAIの時代へ

10.3. 企業からのアプローチの変化

10.3.1. ネーティブアドが理想

10.3.1.1. そもそも雑誌ってそんなもの

10.3.2. 動画とEコマース

10.3.2.1. 違うもの

10.3.2.1.1. テレビショッピングではない

10.3.2.1.2. 素人の紹介でもない

10.3.2.2. 今あるもの

10.3.2.2.1. テレビCM

10.3.2.2.2. youtuber

10.3.2.3. これから コンテンツそのものの価値を上げる

10.3.2.3.1. ストーリーで押す

10.3.2.3.2. オタク、マニアが良いのでは?

11. コンテンツマーケティングの教本

11.1. 考え方

11.1.1. ポイント

11.1.1.1. 価値あるコンテンツを作ること

11.1.1.2. 顧客を育てる

11.1.1.3. ファン化する

11.1.1.4. サブ情報

11.1.1.4.1. 顧客は購買前に情報を収集している

11.1.2. サイト例

11.1.2.1. https://www.blwisdom.com/

11.1.2.2. http://hokuohkurashi.com/

11.1.2.3. http://deramaga.com/

11.1.2.3.1. 楽天デラデラ

11.1.3. ZMOT

11.1.3.1. FMOTからZMOT

11.1.3.2. zero moment of truth

11.1.3.2.1. ゼロ個目の真実の瞬間

11.1.3.2.2. 刺激、情報収集、棚、体験

11.1.3.3. 広告だけでは買い辛くなった

11.1.4. メリット

11.1.4.1. 広告費の抑制

11.1.4.2. 専門家として信頼される

11.1.4.3. 顧客のロイヤリティを高められる

11.1.4.3.1. 役立つ情報を惜しげもなく出し続ける

11.1.4.4. 情報を自然な形で拡散できる

11.1.4.4.1. 面白いコンテンツは拡散される

11.1.4.5. 幅広い地域を対象にできる

11.1.4.5.1. アジア圏

11.1.4.5.2. 猿の店員 youtube

11.1.5. 顧客の役に立つコンテンツをどのように作るのか

11.1.5.1. mint.com

11.1.5.1.1. お金と節約にまつわるコンテンツ

11.1.5.1.2. ネット上で個人の資産が管理できるサービス

11.1.5.1.3. ビジネスブログという形でコンテンツを自社に蓄積した

11.1.5.2. 顧客が誰で、どのようなコンテンツを求めているのか

11.1.5.3. 読者起点の考え方

11.1.5.3.1. P28

11.1.5.4. 営業マンゼロでも売り上げが増える 越境EC ライブコマースの場合

11.1.5.4.1. スタートはビジネスブログ

11.1.5.4.2. コンテンツをリードジェネレーションに活かす

11.1.6. 必要な考え方

11.1.6.1. コンテンツマーケティングは費用ではなく資産になる

11.1.6.1.1. amazonにできないことをやる

11.1.6.1.2. 10年後につながることをやる

11.1.6.2. 成功させるために

11.1.6.2.1. 社内での運用体制

11.1.6.2.2. 戦略的なコンテンツ

11.1.6.2.3. 場所

11.1.6.2.4. 社内の忍耐と理解

11.1.6.3. 嫌われるマーケティングから愛されるマーケティングへ

11.1.6.3.1. インターラプションマーケティング

11.1.6.3.2. パーミッションマーケティング

11.1.6.3.3. 売り込むかではなくどう興味を持ってもらうか

11.2. 特徴や種類

11.2.1. 目的に応じてコンテンツを作る重要性

11.2.1.1. 感情訴求、ロジック訴求のヨコ軸 購買、認知獲得のヨコ軸

11.2.2. ビジネスブログを活用して見つけてもらう仕組みを作る

11.2.2.1. ストック型コンテンツ

11.2.2.1.1. ビジネスブログ

11.2.2.2. フロー型コンテンツ

11.2.2.2.1. facebook,twitter

11.2.3. ebook/ホワイトペーパーで顧客の信頼を勝ち取る

11.2.3.1. メリット

11.2.3.1.1. 専門性をアピール、信頼の獲得

11.2.3.1.2. 見込み顧客の興味関心、検討段階の把握

11.2.3.1.3. リード獲得

11.2.3.1.4. 商談前の顧客育成

11.2.3.1.5. 効果の持続

11.2.3.2. 制作のポイント

11.2.3.2.1. 社内の専門家に頼る

11.2.3.2.2. ステップ

11.2.3.3. 高額な商品が向いているので、SPU向きではないかも

11.2.4. メール配信で接点を作る継続的に

11.2.4.1. 他のコンテンツにもレバレッジを

11.2.4.1.1. 1 プレスリリース

11.2.4.1.2. 2 ebookなどのダウンロード資料のご案内

11.2.4.1.3. 3 セミナーやイベントの案内

11.2.4.1.4. 4 読者に有益と思われる一般的な情報

11.2.4.2. 読まれるメールとは

11.2.4.2.1. 読み手の興味関心に応えるテーマを選ぶ

11.2.4.2.2. シンプルに

11.2.4.2.3. 読みやすさ

11.2.4.2.4. 礼儀ただしい

11.2.4.2.5. 個人名の記載

11.2.4.3. メルマガは社内でも共有する

11.2.5. 動画コンテンツ

11.2.5.1. 購買ポイントに近い動画から

11.2.5.1.1. バイラル動画

11.2.5.1.2. 事例動画

11.2.5.1.3. 製品説明、機能

11.2.6. 事例コンテンツ 顧客の力で顧客に購買を疑似体験

11.2.6.1. テスティモニアル

11.2.6.1.1. 推薦の声

11.2.6.1.2. 利用者のコメント

11.2.6.2. 共感は売り上げに直結する

11.2.6.3. 信頼性が大事

11.2.6.3.1. 買う前にどんな課題を抱えていて買う時にどんな体験をし、買った後に何かが起こったか

11.2.7. リアルイベントで顧客と強固な関係性を築く

11.2.7.1. リアルイベントも重要なコンテンツ

11.2.7.1.1. 東京ガールズコレクション

11.2.7.1.2. ワイン試飲会

11.2.7.1.3. SPUなら新製品の展示会

11.2.7.2. 顧客との信頼感関係は接触の頻度×接触の深さ

11.2.7.3. リアルとネットの組み合わせが最強

11.2.7.3.1. SPUはまだ利便性だけで選ばれている

11.2.7.3.2. ネットだけの顧客より1.5倍以上ともいわれている

11.2.7.3.3. SPUでやるなら

11.2.7.4. 共催イベント

11.2.7.5. イベントの内容を記録してコンテンツ化

11.2.7.5.1. ビジネスブログ

11.2.7.5.2. メールマガジン

11.2.7.5.3. インフォグラフィックス

11.2.7.5.4. 動画コンテンツ

11.2.8. 事例研究

11.2.8.1. 入り口のハードルを低く、段階的に

11.2.8.1.1. 小さなコミットメントをすると次のコミットメントをしやすくなる

11.2.8.2. テスラ

11.2.8.2.1. 試乗の案内

11.2.8.2.2. ショールーム

11.2.8.2.3. ローンのシュミレーション

11.2.8.2.4. 購入

11.2.9. プレスリリースの活用

11.2.9.1. 自社の近況を伝えることにも有効

11.2.9.2. 読売新聞

11.2.9.2.1. 920万

11.2.9.3. 飛び道具のようなもの

11.2.9.4. あらゆるネタがニュースになる

11.2.9.4.1. ユニークな会社の制度

11.2.9.4.2. サービス導入数

11.2.9.4.3. 売り上げ突破

11.2.9.4.4. それが社会にとってプラスになるのかどうか 人々にとって何が嬉しいのか

11.2.9.5. 読み手を意識する

11.2.9.5.1. A4一枚にまとめる

11.2.9.5.2. インパクトのあるタイトル

11.2.9.5.3. 結論を先に持ってくる

11.2.9.5.4. 業界用語や専門用語を使わない

11.2.9.5.5. 具体的な数値や定量情報を使う

11.2.9.5.6. 事実の裏付けを入れる

11.2.9.5.7. 興味を持った記事がさらなる情報を 得るための問い合わせ先を明記する

11.2.10. 書籍の刊行

11.2.10.1. ハードルの高さがブランディング効果を生む

11.2.10.2. ここを一つのゴールとしてコンテンツ作りを考えてもいいのではないか。

11.2.10.3. 専門家として認められる究極的なアプローチ

11.2.10.4. ビジネスブログを定期的に書いたことが出版につながる可能性

11.2.11. on-lineセミナーで自社の専門性を世界に届ける

11.2.11.1. リアルイベントについで2番目に有効な手段

11.2.11.2. 注意点

11.2.11.2.1. ゴールイメージの提示

11.2.11.2.2. エンターテイメント性

11.2.11.2.3. 具他的な内容

11.2.11.2.4. 欠席者対策

11.2.11.2.5. コミュニケーション

11.2.11.2.6. 事前の準備

11.2.11.2.7. 次のアクションの提示

11.2.12. インフォグラフィックス

11.2.12.1. 特徴

11.2.12.1.1. メリット

11.2.12.1.2. 提供方法

11.2.12.2. いろいろ

11.2.12.2.1. チャート型

11.2.12.2.2. 年表型

11.2.12.2.3. 対比型

11.2.12.2.4. データビジュアル

11.2.12.2.5. リサーチ型

11.3. 顧客視点のマーケティング

11.3.1. 自社のコンテンツマーケティングの目的を明確に

11.3.1.1. 課題

11.3.1.1.1. 既存のアウトバウンド型の手法に限界を感じている

11.3.1.1.2. 価格競争

11.3.1.1.3. 集客

11.3.1.1.4. 潜在顧客

11.3.1.2. メリット

11.3.1.2.1. 顧客のロイヤリティが高まる

11.3.1.2.2. 顧客とのコミュニーケーション

12. やりたいこと

12.1. SPUブランド、サービスの認知

12.2. 顧客との関係 ロイヤリティを高める

12.2.1. 師匠になる

12.2.2. 熱狂的なファンを作る

12.2.3. 顧客とのコミュニケーション

12.3. 集客

12.3.1. リードの獲得

12.3.2. SEO対策

12.4. スタッフのレベルアップ

12.4.1. 専門家としてのブランディング

12.5. コンテンツ

12.5.1. パンツを100本履いてみる

12.5.1.1. リーバイス

12.5.1.2. インコテックス

12.5.1.3. ユニクロ

12.5.2. シャツ対決

12.6. 手法

12.6.1. インフォグラフィックス

12.6.2. メルマガの改善

12.6.3. 実店舗

12.6.3.1. 展示会

12.6.3.2. ファミリーセール

12.6.4. パンツ選びの本