徳光直樹

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
徳光直樹 by Mind Map: 徳光直樹

1. 基本情報

1.1. 生年月日

1.1.1. 平成7年1月17日

1.2. 名前

1.2.1. 徳光直樹

1.3. ニックネーム

1.3.1. ぽいずん?

1.4. 年齢

1.4.1. 21歳

1.5. 大学生

1.6. 月商5万円の経営者

1.7. 山口出身

1.7.1. 長州武士の末裔

1.8. 広島住まい

1.8.1. 剣術(柳生新陰流広島支部門下)

1.9. いい人のいい人によるいい人のための裏コミュニティ「1日1人に嫌われるプロジェクト~1-hate.pro.」代表(会員数0)

2. ビジョン・目標

2.1. 大きな人生理念

2.1.1. 好きな人たちと好きなことをして生きていく

2.1.2. 違和感を形にしていける人になりたい

2.1.3. 自分よりも才能のある若い起業家を生み出す

2.1.4. 自分の家族と平和に静かに暮らす

2.2. 10年以内の夢

2.2.1. 自分の本を出版し、10万部を突破する

2.3. 2年以内の目標

2.3.1. 大学院に進学し学問を1つ以上修める

2.3.2. 月収200万円

3. 趣味・好きなコト

3.1. 瞑想

3.2. なし

3.3. 転売

3.4. 自分の歴史書を編纂すること

3.4.1. 『未来日記』

3.4.2. 『過去日記』

3.4.3. 『一日1分日記』

3.4.4. 『未来脚本』

3.4.5. 『未来年表』

3.5. 40歳と57歳と11歳の自分を呼び出す年代会議

3.6. 剣術・剣道

3.7. 大河ドラマ・スターウォーズ

4. 得意・強み

4.1. 演奏会司会の経験

4.2. 立ち読み

4.3. たいした社会経験がないのに、ビジネスをはじめたこと

4.4. 自分の夢がなくて、適当に偽造していた過去。

4.5. 自分の趣味がなくて適当に当たり障りのないことを言っていた過去

4.6. ネットビジネス家の知り合いが一般人よりも多いこと

4.7. 社会貢献したいという意識はただの偽善だと思っている。

4.8. 生徒数500人の世界史講師の過去

4.9. 公務員の教育を受けてきたので、方便や言い訳がものすごいクリエイティブ

5. 流行っていること、これから流行りそうなことで自分が興味があること・議題

5.1. まちおこし

5.2. 歴史をエンタメや自己啓発に使う風潮

5.3. 他人を通したり、瞑想による疑似体験

5.4. 若者が就活をしなくても自由に生きていける意識

5.5. 宗教的なことが科学で証明されていく

5.6. ガツガツした派手な意識の高いビジネスマンの時代は終わり、内側に静かな狂気を秘めた人が成功する時代が到来する

6. 過去乗り越えた問題やコンプレックス

6.1. 自分の夢を持てるようになった。軸が持てるようになった

6.2. 方言が身につかないほど無口であったが、1年でアドリブの多いアナウンサーになった。アドリブに見せかけたアドリブ、(事前に全てのアドリブを予想し、アドリブ込みの台本をつくっておくスクリプト演技という手法)をちょっとだけ編み出すが、独自につくってみただけなので、世に問えるかわからない。

6.3. 量質転換の体現者

6.3.1. まる3日1教科の勉強をし続けると、世界史を違和感なく頭にインプットできる状態(「世界史脳)」を手にできた。

6.3.2. 1月万冊の読書に挑戦し、1月万頁はクリア

6.3.3. 好転反応(夜明け前が一番暗い)という現象を体験した

6.3.4. 本屋に朝から晩まで入り浸って立ち読み。足に体力がつき、頭もたぶんよくなる

6.3.5. すき間時間や歩いている最中に本を読んで勉強した大学時代

6.4. 文章がまったく書けなかったが、今では日本一自己紹介文が長い21歳を自称するまでに書くようになった。

6.5. 食欲、性欲、睡眠欲にとらわれていた自分を半年以上にわたる禁欲生活でいつのまにか解放していた

6.5.1. ナチュラル系ヤング仙人

6.5.2. 実践思想家

6.6. ネットビジネス(せどり)のモチベーションが下がったとき、時給思考、日給思考、月収思考、年俸思考、3年リターン思考を使い分けて、モチベーションを保った

6.7. 借金にすごいためらいがあった

6.7.1. 現在は、200万円の借金があっても焦っていない

7. 現状の問題やコンプレックス

7.1. めちゃくちゃやりたいことがない

7.2. 自分自身のビジネス世界での価値がない

7.3. 見た目がそれほどできる人ではない

7.4. よくいるタイプの見た目だといわれる

7.5. ネットビジネスの技術(特にせどり)を教えて生きる生き方に疑問を感じる

7.6. 自分が心から打ち込める趣味がひとつに絞れていない

7.7. 社会人経験がなく、社会の人たちの悩みを真に理解できていない

7.8. 基本的に仕事をそこそこに頑張る、人がいい存在。

7.8.1. それ以外の面白みのない人間。

7.8.2. 自分はそれでも幸せだが、ビジネスとして客観的に見られたときにもの足りない印象をもたれそう

7.9. 他のコンテンツパートナーとの差別化をうまくはかることができていない

8. TC/NSとして価値提供していくビジネスモデル案C

8.1. 対象

8.1.1. 大河、歴史、日本刀に興味

8.1.1.1. 子供心をもっている男性

8.1.1.2. 一国一城の主に憧れる

8.1.1.2.1. 小さくても社長をすすめる

8.1.1.3. 歴女

8.1.1.3.1. かっこいい生きざま

8.1.1.3.2. 肉食な生き方・強い生き方

8.2. 基調

8.2.1. 従来の「歴史をビジネスに生かす」は組織論か人生論か戦略論だった

8.2.2. 歴史の知識よりも、使い方の習得をめざす

8.2.3. 歴史を使って現代問題を解決するというような堅い内容ではない

8.3. フロント

8.3.1. 歴史人物の視点を身に付ける方法

8.3.1.1. 歴史上の人物なら、現代のシチュエーションではどう考えるか?

8.3.1.2. 歴史人物の名言を活用する方法

8.3.1.2.1. 苫米地先生のノウハウを応用

8.4. 展開

8.4.1. 読書の重要性

8.4.1.1. 読書の方法論を教える

8.4.2. 小さくネット上で起業する方法を教える

8.4.2.1. 転売のやり方を教えるコンサル

8.4.2.2. とりあえず、月収5万円を自らの手でつかみ取ってみる

8.4.3. 剣術道場

8.4.3.1. エンタメ系剣術

8.4.3.1.1. がちがちの流派を教えるというよりは、人に自慢できるような技と体さばきを中心に短期集中型のプログラムを組む

8.4.3.1.2. 映画の1場面を再現させてみる、というようなもの?

8.4.4. 瞑想・自己洗脳実践会

8.4.4.1. 一人では続かないことをみんなで一緒になんとかやってみる

8.4.5. 全国の古戦場・城めぐり動画とジオラマや駒を用いた解説動画

8.5. 人間の体もひとつの組織であるという観点から「歴史を生かす」という試みをしてみる

8.6. 問題点

8.6.1. 歴史ビジネスはすでにライバルが多く、特に戦国時代や幕末などを選ぶとよほど差別化しない限り激戦になる

8.6.1.1. クルテルワンのテナント間ではあからさまなライバルは不在かもしれない

8.7. 提供する価値

8.7.1. 月収で5万円をまずは獲得する力

8.7.2. ビジネスの基本的な考え方(ネットビジネスに取り組むこと自体をビジネスの教材とする)

8.7.3. 歴史の使い方を知ることで、自分を成長させられる

8.7.4. テレビでは得られない歴史の快感をとどけたい

9. TC/NSとして価値提供していくビジネスモデル案A

9.1. 元アナウンサー(司会業)、予備校講師

9.1.1. もっともわかりやすい実績

9.1.1.1. 話す技術的に一流ではないが、無口・口下手から2か月で司会デビュー

9.2. 対象

9.2.1. 無口が嫌な人、口下手な人、人前で話しをするのが苦手な人

9.2.1.1. フックポイント

9.2.1.1.1. 肩書ペルソナ

9.2.1.1.2. 実績ペルソナ

9.2.1.1.3. コンテンツペルソナ

9.2.2. 読書ができるようになりたい人

9.2.3. 自分の生き方を変えたい人

9.3. フロント

9.3.1. 話す技術

9.3.1.1. 最低限やっておきたい滑舌と発声のコツ

9.3.1.2. 単純でも効果テキメン~シャドーイング練習法

9.3.2. 読む技術

9.3.2.1. 1年万冊をするためのマインド実践(まだ私も達成していないので、一緒にする感じ)

9.3.3. 書く技術

9.3.3.1. 自分の潜在意識を変えるための書く技術

9.3.3.1.1. 未来日記の概念を紹介

9.3.3.2. 頭に言葉のストックを増やし、自分の言葉を豊かにする技術のマインドを紹介

9.3.4. 度胸

9.3.4.1. 自律神経を人類史上もっとも鍛えるトレーニング法

9.3.4.1.1. 3大欲求のコントロール

9.3.5. ワンランク上の話し方をするためのマインドセット

9.4. 展開

9.4.1. それぞれの項目について、マインドだけでなく具体的な実践方法を伝授

9.4.2. ワークショップ形式の実践会

9.4.3. 本気で自分を変えたい人のための有料コミュニティ

9.5. 特典

9.5.1. おすすめの本リスト

9.5.2. 一日中良い声が続くとあるエクササイズを極秘公開

9.5.3. 真似るべきスピーカーリスト

9.6. 共感

9.6.1. 無口・口下手からたった2か月でデビュー

9.6.1.1. 初期のころの失敗、全くしゃべれなかった話

9.6.1.1.1. 2年でアドリブが多すぎる司会に

9.7. 提供する価値

9.7.1. 3か月で自分を変える”超実践”マインド構築法

9.7.2. 話すために圧倒的に必要な「読む」習慣をつけるマインド

9.7.3. 基本的な話す技術

9.8. 理念

9.8.1. 「読み書き話す聞く」を通して、自分の生き方や自分の使っている言葉と向き合ってほしい

9.8.2. 話す技術がつけば自信がもてる。

10. TC/NSとして価値提供していくビジネスモデル案B

10.1. 何も取り柄がない・地味・夢がない・趣味がない

10.1.1. 何もないところから、どのように夢や趣味を見つけていくのか

10.1.2. 人に誇れる趣味、めちゃくちゃ詳しい趣味を持てるようになる方法

10.1.3. 社交術としての趣味や夢をいかに身に付けるか

11. 経歴

11.1. 学歴

11.1.1. 小学校

11.1.1.1. まじめに生きていたはずが、先生の指導で変人になる

11.1.1.2. オリジナリティを追求する

11.1.2. 中学校

11.1.2.1. オリジナリティを追求しすぎて、人から避けられることが増える

11.1.2.2. バレー部

11.1.3. 高校

11.1.3.1. 剣道部

11.1.3.2. 受験時代にドリームキラーと戦う

11.1.3.2.1. 偏差値が絶望的に上にある一橋大学を受験するも失敗する

11.1.4. 大学

11.1.4.1. 広島大学法学部

11.1.4.1.1. 政治家、外交官志望

11.1.4.1.2. 公務員試験、民間就活、大学院進学すべてを並行して進めたが、起業の道へ

11.1.4.2. 学内楽団専属のアナウンサー

11.1.4.2.1. 任期満了に伴い退任

11.1.4.2.2. 大量の人の名前を覚える能力

11.1.4.2.3. 組織対個人という関係のなかでの仕事の仕方

11.1.4.2.4. 多くの人に好かれる経験

11.1.4.2.5. 人前で話すことが当たり前になる

11.1.4.2.6. 広島のラジオに出演

11.1.4.3. ネット予備校の世界史講師

11.1.4.3.1. 生徒数500人

11.1.4.4. 議員事務所でインターンシップ

11.1.4.5. 大学生の中では多い読書量

11.1.4.5.1. 苫米地英人

11.1.4.5.2. 小玉歩

11.1.4.5.3. 小野明

11.1.4.5.4. 倉山満

11.1.4.5.5. 上念司

11.1.4.5.6. 松村つとむ

11.1.4.5.7. 中原圭介

11.2. 職歴

11.2.1. アルバイト

11.2.1.1. セブンイレブン(コンビニ)

11.2.1.2. 居酒屋

11.2.1.3. スーパー

11.2.2. ネットビジネス

11.2.2.1. アフィリエイト

11.2.2.1.1. 成果は90円

11.2.2.2. 不用品販売

11.2.2.2.1. 実績は7万円ほど

11.2.2.3. せどり

11.2.2.3.1. やれば稼げるというところに気付く