NU VILLAGE !!

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
NU VILLAGE !! by Mind Map: NU VILLAGE !!

1. 事務局

1.1. 会計

1.1.1. 支払い

1.2. チケット

1.2.1. 日程

1.2.1.1. 前回も参加したけど、やっぱり2泊3日の方がいい。値段もお得。

1.2.1.2. 今回の8月末開催は日程の調整が大変でした。(お盆休みの後のため) 川でたくさん遊べたのは良かったですが…

1.2.1.3. 2泊というハードルもあったかと思うと、行きたかったあと言う無念の声が残念。でもやっぱり、ゆったり過ごせたので3日間最高! スケジュール確保の為の早めの告知。そして、直前の追い込み。と2つのピンポイントを攻めたいですね〜

1.2.2. 形態

1.2.2.1. 一日券などが有ると、 行きやすいかな

1.2.2.2. 一泊だけしたいひと用のチケットがあったらいいな。

1.2.3. 価格

1.2.3.1. 雨で、フェスらしい事を楽しむ事が出来なかったので、入村料が高かったかなと。

1.2.3.2. もう少し入り口の値段が1000円弱下がると助かります

1.2.4. ペット

1.2.4.1. 犬を連れてこれるようになってほしぃです。

1.2.4.2. ペットも・・。

1.3. 会場

1.3.1. 会場と詰めずに当日を迎える事項が多く、確認が必要

1.4. 備品

1.4.1. プリンタをボードメンバー側でも持ち込むべきだった

1.5. ネットツール

1.6. トランポ

1.7. レンタル備品

1.8. レンタカー

1.9. ボードミーティング

1.9.1. 毎週のボードMTGは回数が多すぎ逆効果だった。進捗なし→MTG内で作業・考えるの繰り返しでムダな時間が多い。 各自が責任もって進められるなら、月1や月2程度、金曜夜などにご飯でも食べながらのロングミーティングがいいかもしれない。

1.9.2. 他スタッフやお客さんへの進捗の見える化が課題。 制作作業と告知作業が一片に進むやり方を模索したい。

1.9.3. 全体で話し合い・意思決定できる時間を、個別でやるべき作業をこなす時間に費やしミーティングの長時間化を招く

1.9.4. 忙しいからできないといった多かった。ビジネス以外でNPOなどと関わっている場合と同じで、やるといったことはやらないと同好会で終わってしまうと思う

1.9.5. 全体のトータルプロデュースがなかった。トータルの世界観

1.9.6. どういうムラが作りたいのかの握りがなかった

1.9.7. 役割分担など決めて、判断に感情や好悪が入らないようにする

1.9.8. プライベートを持ち込むことについて 仲の良くない男女がいい距離感を持つ方法を考えていく

1.9.9. 物事が決まっていくスピードが遅いから時間がかかる。大枠のイメージが決まっていないから、一個一個のトピックでどうしようか相談必要。中心の点から大枠を形作っていくやり方

1.9.10. ミーティングに参加できないのに事前に連絡しない。出欠の返事はふつうすべき

1.9.11. 時間にルーズ。定時にはじまることがほとんどなかった

1.9.12. 意思決定や会議運営のルールを決める必要を感じる

1.10. オープンミーティング

1.10.1. カラビンカミーティングで出会いもあり、モチベーションもぶち上がりました。

1.11. スタッフミーテイング

1.11.1. コンテンツがいろいろあるせいかなかなか進まない感じ。 役割・担当の配分がうまくいってなかった

1.11.2. 自分がどの立ち位置で、どうすればよいのか事前・当日含めあまり分かりませんでした。 やっていたのかもしれませんが、当日から参加のスタッフもいるため、全体MTGで顔合わせというか紹介などをして頂き、スタッフ感でたわいもない話ができる時間(きっかけ)を設けて頂ければと思います。

1.11.3. 途中参加だったこと、入りも金曜昼のイベント中だったので仕方ないことですが、自分とまわりの立ち位置や内容が把握できずだったので、 当日参加やアウェイがちなスタッフへのフォロー(スタッフ間の紹介など)があれば安心できました。

1.11.4. レスが遅いのは改善してほしい

1.11.5. スタッフのコミュニティを事前につくっておいて、アイデア募集しながら一緒に作っていく雰囲気をつくり、運営とお客さんの垣根をなくす

2. 運営

2.1. 本部

2.1.1. シフト表

2.1.1.1. シフトが現地入り以降に組まれ、変更の連続。意思統一や全体の共有がされなかった。

2.1.1.2. 3時間毎の細かすぎるシフトがやりづらかった。6時間毎で1人浮かして順番に小休憩などでよいと思う

2.1.1.3. ぎりぎりになって応募したスタッフほど条件が良いなど、バランスがおかしいので次回は募集方法・時期から改善したい

2.1.2. 運営マニュアル

2.1.2.1. 運営マニュアルは最低現地入り前、できれば2週間前にはアップしたい

2.1.2.2. 運営は一から考えるのではなく、同じ場所でやるのだからノウハウを蓄積・承継すればいい

2.1.3. 危機管理

2.1.3.1. GoogleMapでつくった医療施設MAPは翌年以降も役立つと思う

2.1.4. 看板

2.1.4.1. ベルガの森?への行く道にライトとか、矢印とかあるとわかりやすいと思います。

2.1.5. 雨天対応

2.1.5.1. 大雨の時のスタッフの対応(避難など)が良かった。

2.1.5.2. 最終日の雨で大人の時間がなくなったのは残念だけど安全第一で素晴らしい対応だと思った。

2.1.5.3. 2日目の大人の時間は残念でしたが、素晴らしい英断だったと思います。

2.1.5.4. 大人の時間、判断は間違ってないと思う。が、中止を決める前に、主要スタッフが会場に来て、どんな感じに出来上がっているかをを確認して欲しかった。 (一部スタッフはいたが)結論出ていたとしてもね。本部からいきなり中止って聞かされるとショック受ける。

2.1.5.5. 悪天候に対しての臨機応変な対応はとても良かったと思います。

2.1.5.6. 2日目夜以降に到着した人をフリーにしたのは適当だったのか疑問が残る。3日目のコンテンツを提供する人たちの価値を低く扱われてる感じがします

2.1.6. アナウンス

2.1.6.1. 会場の変更やタイムテーブルの変更などあった場合、メールを飛ばすなり広場に変更点を書き出すなどして情報の集約が出来るといい。

2.1.6.2. 雨などでのプログラムの変更などがスタッフすら知らない 受付とかに伝言板でもあればよいのに…ウェブももっと活用すべきでは?土曜午後から参加したが 当日の天気や様子が知りたかった

2.1.6.3. 全体的に情報の伝達がもっとしっかりされると、色々参加しやすいです。 今だと、選択して参加しないと言うより、知らなくて参加できなかったってことが多いかも?(特に初参加の人)

2.1.6.4. 去年のように、どこで何を何時にやっているかわかる掲示板がわかりやすい場所にあると良かったです。掲示板の場所、皆が必ず使うトイレ前がオススメです。

2.1.6.5. 天候悪い中、何が、中止でなにが決行か、もう少しわかりやすいと嬉しいかったです。

2.1.6.6. ゆっくりした口調のアナウンスはよかった

2.1.7. 本部運営

2.1.7.1. 全員が野外の本部経験があるわけではないので、本部で何をやるかマニュアルに落としこむ必要があった

2.1.7.2. 汚い。本部担当が常に整理すべき

2.1.7.3. 運営の指示は明確で動きやすかったが、本部の指示はあまり明確でなく、「結局どうすればいいか?」だった。 撤収時、手持無沙汰だったので会場内のゴミ拾いに行ったり、幸いなことに、見落としがちなところに目が行き解決できましたが、 誰も気づかず会場を後にしていたら、キャンプ場からクレームが来るのでは?と思ったことがいくつかありました。

2.2. 受付

2.2.1. Passmaeketの受付は意外にスムーズだった

2.2.2. Pasmarketチェックインしていない人多数

2.2.3. 受付用の端末がないのは厳しい。個人アカウントにログインするため、セキュリティ的にも問題

2.3. 駐車場

2.4. 温泉ゲート

2.5. 川ゲート

2.6. 車両誘導

2.7. 電気

2.7.1. 発電機使用は苦渋の選択だった。できれば無くしたい

2.7.2. 電源計画が直前まで行われず。もっと早い段階で策定すべき事項だと思う

2.8. テントサイト

2.8.1. 川沿いのクヌギエリアでキャンプしたため、音があまり聞こえなかったのは少し不満。キャンプサイト自体が小さく感じた。キャンプサイトの位置を事前にウェブ予約できると更に最高。

2.8.2. 個々のテントサイトでの夜間(21時以降)の音楽は遠慮してほしいな。

2.8.3. テントサイトが自由なのもいいが自由過ぎて不便もあった。荷物を運ぶリアカーがあれば良かった。

2.8.4. 人数を限定しているので、テントサイトの場所取り合戦もなく、ノビノビと過ごせました。この流れは変えないで続けていってください。

2.8.5. 夜はちゃんと寝れるように23:00以降は静かにするような注意を促してほしい。今回、出演者のテントからの大声がうるさくて子どもが眠れず可愛そうでした。

2.8.6. 荷物の出し入れの時だけでも車を乗り入れさせてもらえたら助かる。

2.9. ゴミ

2.9.1. ゴミ置場が欲しかったです

2.9.2. ごみ回収込の価格だと子連れキャンプに大変助かります。

2.10. ホスピタリティ

2.10.1. 荷物運搬カートの故障に本部の人が親切に付き合ってくれた。

2.10.2. スタッフが優しい!

2.10.3. ゆるい感じ、顔が見えてる感じがすごく、すき。ピリピリしたり怒号の飛び交う運営現場をたくさん見て来たので。

2.11. 設備

2.11.1. キャンプ場の問題になってしまいますが、子ども用のトイレや、子どもが使いやすい水道があるといいと毎回思います。蛇口を上手くまわしきれず、水を出しっぱなしなのをよく見かけました。

2.12. レイアウト

2.12.1. 受付、駐車場、テン場のアクセスがイマイチなのかな。会場の地理的に難しいところですが・・・

2.12.2. ステージが真ん中にあってすごく良かった!音質も音の感じも最高でした。

2.12.3. 花火をしてよいエリアがあると、子供が喜ぶと思う。

3. コミュニケーション

3.1. パブリシティ

3.1.1. ほぼ何もできていない。

3.1.2. CINRAはポトラッチャ―ではないのでは?

3.1.3. 雑誌、メディアなど、友人繋がりの一歩外の層へアプローチができてない。

3.2. SNS

3.2.1. 具体的な数値目標がなく、場当たり的な投稿に

3.2.2. 投稿タイミングが、集客に影響する夏休み前からずれて直前のため効果的でなかった

3.2.3. Twitterの活用が足りなかったところは否めなかったと思います。

3.3. 顧客対応

3.3.1. 返事がないなどのクレーム発生。満足度低い

3.3.2. メール問い合わせ入れたが返信なかった。

3.3.3. 事前に質問したのに回答がなかった

3.3.4. 通販でも企業でも問い合わせ入れたら1日以内に帰ってくるのがふつうで、3営業日超えたらクレーム扱い。 理想を大きく掲げていても、基本的なことができてないので顧客満足を大きく損ねていると思う。

3.4. 地元対応

3.5. ウェブ

3.5.1. アートディレクターが不在

3.5.2. 漢字・英語に全部ふりがなをふればこども自身にも興味をもってもらえたと思う

3.5.3. 完成が遅かったなと感じてます。 まず最初のオープン時に本来は2週間はかけたい制作の時間が約2日しかなかったのがあとあとずっと響いてました。 設計図を先に作って10階建てビルをつくるのではなく、とりあえず3階建ビル作ってあとから建増しで10階にするような感じで、途中から基礎を作り直したりするので修正に時間がかかりました。 あと、各人の理想があれど、完成物はひとつなのでどうやってみんなの意見を反映させるか、それをまとめるか… 課題があるなあと思いました。

3.5.4. 昨年のほうがHPでワークショップや出店してりとこの内容を伝えていた?ような。。

3.5.5. 初めての参加だったので、楽しみ方がイマイチ分かりにくかった。 特に事前情報が出るのが遅くて、友人を誘うにしても何があるのか費用はどれくらいなのか等説明しづらく参加を見合わせた人もいました。

3.5.6. 車の乗り入れがNGというのが事前の告知にはっかり記載されていないのはわかりにくい。駐車場から自力で搬入の記載がほしかった。

3.5.7. 車からテントまでの距離が長いことをあらかじめ告知してほしかったです。

3.5.8. もう少し早く、分かりやすく告知出来ればよかった

3.5.9. 新しいことをやろうとしている割には、ウェブの構成はふつうだったと思う

3.6. メーリングリスト

3.7. フライヤー

3.7.1. 漢字・英語に全部ふりがなをふればこども自身にも興味をもってもらえたと思う

3.7.2. 一年目?の持ち物リストみたいな笑いがほしい

3.8. オフィシャル物販

3.8.1. 本部に埋没していたため、あまり売れず

3.8.2. 事前にWEBなどで販売したらよいと思う

3.9. 外販

3.9.1. エリアで担当決めしても、やる人とやらない人にはっきり分かれる。やらない人は最後までやらなかった

3.9.2. 事前に頂ければ仕事先の幼稚園や小学生に配れたので 出店者は1ヶ月前くらいに頂けるとありがたいです。

3.9.3. 事前のフェスやイベントでたくさん配りました。他のイベントのフライヤーより注目度高く、幅広いジャンルのママたちも行きたい〜☺︎と言っていました!

3.9.4. 東海、関西方面にももう少しフライヤーがあると助かります

3.9.5. イベント中やイベント後に山梨の方から、参加したかったという声をたくさん頂きました。たしかに山梨では、あまり告知してなかったので、現地山梨の方にもうまく告知できればいいなぁと思います。

3.10. 記録

3.10.1. 音源

3.10.2. 写真

3.10.3. ムービー

3.11. このキャンプイベントの名がおぼえずらい、よびずらくて、人に話せない。

4. いただく

4.1. ケータリング

4.1.1. 食べ物はどこも美味しかった!

4.1.2. 和食が欲しかった

4.1.3. コドモが食べられるメニューが少なかった

4.1.4. フードやドリンクが少ないイメージ

4.1.5. 食事が出来るお店が増えたらいいな

4.1.6. 事前に飲食店のお品書きは出たのですが、値段も分かると良かった。

4.1.7. おにぎりとか気軽な売店あればいいなと思いました。

4.1.8. どれもおいしかったので不満はないのですが、ご飯(米・おにぎり)つゆ(豚汁・味噌汁など)シンプルなものが買えるところがあると嬉しいです。

4.1.9. 食事がほとんど売切れてたのが残念でした。

4.1.10. ごはんがちょっと高いけど、しょうがないなとも思います。でも高い値段設定のせいか、年々現場で買わずに用意してくる人や、温泉施設で食べたり買ったりする人が増えてるような気もします。

4.1.11. フードはどこも美味しくてリーズナブルで、もう自炊は最小限でよい、という結論に至りました。ほとんどの食事をカラビンカでしていました。

4.1.12. 流し素麺が美味しかったし、楽しめました❗

4.1.13. 流し素麺楽しかった!

4.1.14. こどもは流しそうめんをとてもやりたがっていましたが、ちょっと金額が高めだなあと思ってできませんでした。 あと、せっかくなので竹とかの自然なものでそうめん流せたらいいなと感じました。(雨樋っぽかった??)

4.1.15. 流しそうめん 右利きにはすくいずらかったです。左効き用の流しそうめんでちょっと残念でした。

4.1.16. 食事も美味しかったトムヤムヌードルとフォー!

4.1.17. 御飯が美味しかった。洋風デリはいらない。もう少し和食が欲しかった。

4.1.18. タイ料理屋が美味しかった。

4.1.19. ダメな大人(≒自分)がたむろして語り合えるような、その場で着席して飲める居酒屋(表向きカフェでも◎)があると嬉しいです。

4.1.20. 全部美味しかった!身体に染み渡る優しい味♡屋台でのクオリティは高すぎかと。カラビンカメンバーと飲み明かして楽しかったぁ☆

4.1.21. もう少し幅のあるお店があと2店舗ほどあればよかったのかな〜

4.1.22. 地元のモノを使うのがやっぱりグッド。デポジは面倒だけど必要。

4.1.23. 御飯時に並ぶので、あと2店舗程あると分散されて良いかとも思いました。

4.1.24. どれも美味しくてとてもよかった。ジビエも美味しくて面白くてとてもよかったけど、けっこうレアの提供だったのが気になった。 子供用に注文したのも血が滴ってて、怖かったのでよく焼いてもらいました。鹿肉の生焼けは肝炎や寄生虫、食中毒の危険性があります。

4.1.25. とにかく食べ物が美味しかったです。地産地消っていうのも、実際現地で味わうと本当に良さを感じました。

4.1.26. お店によっとまちまち

4.1.27. もう少し飲食出店が多いと楽しいです

4.1.28. 雨がひどかった日も遅くまで開けておいてくれたことはとても助かりました。 日本食があったらなお良かったです。

4.1.29. メニューや営業時間、バリエーション、コドモでも食べられるものなど、客目線が欠けていた

4.1.30. ちょうどいい店舗数・値段・味だったと思います。ほかのフェスではなかなか逢えない出店なこともよかった。

4.1.31. お米が食べたかった。

4.2. Camp Dinner

4.2.1. 割り箸ピアノの音が大きかった

4.2.2. フレンチの食事はとっても美味しかったです!!!子供には複雑過ぎたようで、子供向けのメニューもあるとさらに良かったかな。

4.3. 仕入

4.3.1. もっともっと山梨の現地生産者や地元の商売の人や面白い人たちとがっつり組んだことができると良いな〜

4.4. オトナの時間

4.4.1. 夜のラーメンは冷えた身体を温めてくれてお客さんにニーズに答えていた

4.4.2. 体育館で食べた大雨ラーメン温まるました!

5. 宴と音楽

5.1. 音庭

5.1.1. DJs

5.1.1.1. 時間帯に合わせた選曲ができるDJをチョイスする必要あり。4つ打ちがどこまで必要なのか

5.1.1.2. 音がない時間帯もあってよい

5.1.1.3. ダンスミュージックとゆるい音楽の割合は2:8くらいで良いかも。それができる面子選び

5.1.1.4. 時間限定でコドモを踊らすことを、本気で考えたい。演出やダンサー仕込み、着ぐるみなどスイッチを変える仕組み

5.1.1.5. ダンスセットは場のシチュエーションが用意されていなかった

5.1.1.6. ARTMAN、雨に降られ冷えた身体と心をベース・ミュージックで温めてくれた。キャリアの違いを見せた

5.1.1.7. Dr.Nishimura、アッパーでもなくローでもなくミドルをキープ してくれた時間帯は気持ちよかった

5.1.1.8. 朝の時間にはまったクラシック中心の選曲で気持ちよかった

5.1.1.9. 一部のDJは時間帯・シチュエーションを無視した選曲だった

5.1.1.10. DJの選曲やボリューム、ライブにもう少し気を使ってほしかった。ダンス系に偏りすぎな気もした。

5.1.1.11. もう少しダンサブルな時間帯があるとより楽しいです

5.1.1.12. 朝から心地良い音楽が流れてててとても良かった。

5.1.1.13. 日中の音楽がちょっとボリューム大きすぎる。特に朝はあんなにガンガンじゃなくていいのでは?キャンプなので自然の音だけで十分たのしめます。普段はかかってなくてもいいくらい。

5.1.1.14. DJタイムが無い時間があっても良かったです。

5.1.1.15. 音について。BGMがあるのは心地よいのですが、自然の音も楽しみたいので、DJの鳴ってない時間帯も作ってくれると嬉しいです。小さい子どもが多いので、選曲もビキビキ系より、ナチュラルなサウンドだといいなぁって、思いました。

5.1.1.16. DJによる音楽がとにかく大音量で、延々と続き、選曲も森の中で聴きたいような曲ではなかった。

5.1.1.17. ずっと音楽がかかっていたが、もう少し静かに森の音なども聞きたかった。

5.1.1.18. 金曜日のshhのDJ。土曜日の朝方の女性DJ、よかったです!

5.1.1.19. DJ Shhhhh二日目、三日目よかった

5.1.1.20. クラブ系に偏り過ぎ。。。

5.1.1.21. クラブ系文化は子どもに薦めたくないし。。。偏見ですかね。ドラッグ、ピアス、TATOO、のイメージ、日本の森に退廃ヨーロッパの雰囲気がちと不自然な感じ。。。 大人が遊ぶのは勝手にどうぞだけど、子供がいるからね。。。

5.1.1.22. こどもが楽しいようなDJタイムがあっても良いですね。

5.1.1.23. 音楽プログラムがおしゃれで流石だなあ〜☺︎森の中での音楽最高でした! 大人の時間リベンジたのしみです∞

5.1.1.24. DJさんたちの選曲や音量感は、よくある爆音DJイベントとは違く、とてもよかったです。

5.1.1.25. 各出演者、コドモを躍らせるということにフォーカスしてもいいかもしれない

5.1.1.26. 各演者のそれぞれの立場に対しての役割を心得ている意識の高さがあったと思います。

5.1.2. Live

5.1.2.1. ライブは1日1つをしっかりやるのでいいのかも

5.1.2.2. ライブが最高でした!

5.1.2.3. ワールドミュージックのライブやDJなどがあったらいいなー!ブルーグラスやラテン、アフリカン、スパニッシュ、ジプシー、など。

5.1.2.4. ライヴとDJのバランスが素晴らしい。鉄琴奏者の方が子供たちに楽器をさわらせてくれてよかった。

5.1.2.5. 子供向けの生演奏聞きたかったです!

5.1.2.6. 知らないバンドもとてもセンスの良いチョイスで良かった。

5.1.2.7. フォーク系(?)のアーティストを呼んでほしい。(曽我部恵一、前野健太、柴田聡子等)

5.1.2.8. もう少しメジャー感のある出演者が1アーティストでもいた方が周りの家庭を持つ友達を誘いやすいです。その為にフィーが2千円くらい高くなってもよろしいかと。DJよりライブで。

5.1.2.9. 生のライブは音量もよく、内容もよかったが、

5.1.2.10. ゴロウさんよかった!

5.1.2.11. ケイタ君のホーミー、最高の距離感で鳴り響いてた!

5.1.2.12. ライブもいいけど、ちゃんと森の音も聞かないと。。。 森だからね。電源不要楽器に限るとかね。。。 音楽あると、鳥のさえずりも、風のざわめきも聞こえないよね。みたいな。

5.1.2.13. 音楽プログラムにも子どもメインのものを入れるとより愉しいと思いました。楽器作りWSをしてお披露目会とか、リトミックとか。

5.1.2.14. 音楽コンテンツとタイムムテーブルの再考

5.2. Special Program

5.2.1. 森の音楽隊と光のカーニバル

5.2.1.1. 雨の時別の場所で実施するオプションを用意しておくべきだった

5.2.1.2. 大雨だったけど、ウジャビンビンの演奏が素晴らしかった!

5.2.1.3. 雨の中のライブは早めに終わってくれて密度が濃くてぎゃくによかった。

5.2.1.4. 二日目の豪雨の中のバンド、とても良かったです。また別の機会に聴きたいです。

5.2.1.5. ウジャビンビンはテントの中から、聞えてくる音に、行きたいと思いながら、我慢しました。

5.2.1.6. 二日目豪雨の中ライブしたバンドよかった

5.2.2. 星空ライブ

5.2.2.1. ASA-CHANGとオダトモミさんのライブがよかった!

5.2.2.2. 小田さんたちよかった

5.2.2.3. 音量が少し大きかった。前のサミュエルも大きかったので音疲れした

5.2.2.4. 少し展開が暗かった

5.2.3. ムラのNU音頭

5.2.3.1. 田我流、元気良くて、良かったです!

5.2.3.2. 田我流とてもよかった

5.2.3.3. 政治的なメッセージは引いた

5.2.3.4. 3日目の最後の生バンドのMCが嫌でした。世の中には色々な価値観や考え方があり、それらを持った人々が存在し、NUヴィレッジはそれの縮小版かと思います。 集まった人々がある傾向は持っているかもしれないとしても、あたかも何か一つの価値観を共有しているという前提では対話ができにくいと考えます。 私も傾向としては同じ価値観と方向を持ってはいますが、強制感を感じてしまい不快に感じ、残念に思いました。個人的感想です。

5.2.3.5. 音楽に政治観を入れないでほしい。都会の空気と人間から離れてきたはずが、一方的な主張の押し付けに逃げ場がない(聞くしかない)のはとても残念でした。

5.2.3.6. 田我流のそれぞれで良いという言葉に感動しました

5.2.3.7. 世の中の憂いから離れたくて参加しているので、政治的なメッセージがあるプログラム(沖縄がどうだとか?今の日本がどうだとか?)は避けて欲しいなと思いました。

5.2.3.8. 田我流が意外にハマっててビックリ。

5.2.3.9. 田我流のライブが、とても楽しめました。

5.2.4. ジョン犬・ケンジルビエン

5.2.4.1. ジョン(犬)&ケン汁のライブを朝方、森の中で観れて楽しかった!子どもの目がキラキラしてて興味深々で近づいていく感じがまた良かったです。

5.2.4.2. 突然始まった日曜日のジョン犬さんとケンジルビエンさんのパフォーマンス、子どもと一緒に楽しめました

5.2.4.3. ジョン(犬)ライブがとても良かった。

5.2.4.4. 着ぐるみパフォーマンスよかった!

5.3. オトナの時間

5.3.1. 楽しみにしていた二日目のオトナの時間がなかったこと、大雨で致し方なかったと思うけれど、災害時、特別な状況、空間でこそ見てみたかったという個人的な思いが残ります。

5.3.2. Bonoboは子育てしていると中々行けないので、このイベントで体験できるととても嬉しい。

5.3.3. 今回雨で止むを得ず中止になってしまったが…夜、子どもを寝かしつけた後に大人が音とお酒に浸れる空間があるとより楽しさが倍増するなと思いました。

5.3.4. 夜の部の飲食も各フード出展者有志が一箇所に集まって横丁のようにその場でワイワイ飲める空間があると面白いかなーと思います。

5.3.5. 夜のライブが中止になってしまったのが残念だった。

5.3.6. 夜のオトナの時間と光の〜がちゃんと見れず残念。

5.3.7. 夜の大人の時間を2日やったら楽しそう

5.4. 演出

5.4.1. 絵

5.4.1.1. 材料費を事前に詰めておくべきだった

5.4.2. 演出が足りなかった。フラッグのデコや8月は暗くなるのが早い ので照明や焚き火台があったらよかった

5.4.3. デコもう少しポップな感じの方が子どもも喜ぶと思います。

5.4.4. 大道芸人が点在して、グルグル回ることでコドモを誘発したい

5.4.5. 音だけではなく、ひとが集まりたくなる環境・演出も大事。

5.5. ステージ

5.5.1. PA

5.5.1.1. 音楽周りの機材が重い印象。軽い機材を選ぶ、アコースティックを増やすなど音楽のセレクトも、コストや扱いやすさも踏まえて選ぶのもあり

5.5.1.2. 田口さんにはSPをお借りして、PAスタッフは当初から他で手配がすっきりしていた

5.5.1.3. DJの音がビックリする程良かった

5.5.1.4. サウンドシステムをデカくして欲しい

5.5.1.5. 心地よい場所で 浅田サウンドをBGMに過ごせて最高でした!

5.5.1.6. 田我流の音が、市庭側のスピーカーからも流れていて、接客しながらも聴けてナイスでした!

5.5.1.7. ダンスフロアのスピーカーの位置をもう少し広げてスピーカーの中の面積を広くしても良さそう...

5.5.1.8. 綺麗な木に囲まれた空間でライブを見れたこと、田口音響のスピーカーを使えたことはとても貴重な経験でやれて本当によかったです。 本番二日目からはスケジュールがしんどかったのか、人員不足なのか、もう少し余裕があると良かったです。あと雨対策はしっかり考えたいところでした。

5.5.2. 機材

5.5.2.1. Pioneerの新しいDJMixerはアナログの音が進化していた

5.5.2.2. 返却時のパーツ紛失防止策を具体的に

5.5.2.3. デジタルケーブルが届かず・・・

5.5.2.4. まとめて現地に近いアキラさんに依頼するのがよいかも

5.5.3. あるものでやる、というコンセプトをもう一度見つめなおす

5.5.4. 雨の日のプログラムも想定していたら良かった。

5.5.5. ステージスタッフ4・舞監的スタッフ1が欲しい

6. 全体的な感想

6.1. 皆が、趣旨を分かって集まっている、という雰囲気と信頼感

6.2. 知らない人とシェアする感じも共同生活のようでよかったし、自由に出店できるのも嬉しいです。

6.3. 娘が踊りに目覚め、夜のライブは踊る気満々だったみたいで残念がってたのが面白かったです。 小さい頃から野外イベントへ連れていってますがそういうことは初めてで、このイベントが子供も安心して楽しめた状況だったからだと思います。

6.4. 集まっている人たちの意識がとても高く、何よりもトイレがとてもとても綺麗に使用されていることに驚きました!本当の意味での豊かさが具現化されている場所だと思いました。

6.5. 全体的な視点、センスの良さ、完成度、最高です‼ 我が家にとって、さらに今年は友達家族にとっても、夏になくてはならない行事となって参りました。継続は力なり。ぜひこれからも続けてくださいませ。

6.6. 好き勝手に遊べるのが良かった!

6.7. 親子で初参加でしたが生演奏やDJプレイの音を聴きながら自然の中で楽しめました!ありがとうございます!

6.8. 雨のせいで、音楽などのプログラムにほとんど参加できなかった。(雨だと子どもも野放しって訳には行かないし・・。)。 友達が多かったのでワイワイ楽しめたけど、知り合いが居なかったら寂しかったかも。

6.9. ごはんも美味しく、こどもが安心して過ごせる場所で、本当に全て良かった!

6.10. 基本、イベントに来ている方みなさん親切で、とても楽しく、大好きなイベントです。

6.11. あいにくの雨が続きましたが、キャンプ場や温泉の設備に救われ、風邪ひくことなく過ごすことができました。 雨で中止になったイベントを見れず残念でしたが、それがあればもっともっと楽しめたと思います。

6.12. 今回は、2日目が雨だったので残念でした。 特に夜のどしゃ降りのせいで、3日目は片付けに追われてしまってあまりプログラムやワークショップを楽しめなかったのが残念。 2泊3日のイベントだったので、ゆっくり出来たのは良かったです。 きっと、来る度に楽しめることが増える気がするので、来年はもっと色々参加して楽しみたいと思います❗ 来年も行きたい❗❗

6.13. 雨が大変だったけど、それでも楽しかった!と思える素晴らしいイベントでした。なにより、レイブ時代を思い出せる雰囲気と来てる人の感じが、アゲでした。

6.14. あの空間で逞しく遊びや商売を楽しんでいる子どもたちの姿をみて未来のパーティーに希望を感じることができました。

6.15. 大雨だったけど、大人は割り切って楽しめました。こどもは雨でぐずることもあっあたけど、こればっかりはしょうがないかなと思います。

6.16. 雨の中、本当にありがとうございました。 土曜日は酒を飲みすぎて(ビール10缶、ウイスキー1本、日本酒、焼酎他)、 悪酔いしてご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。楽しかったです。(40代男性 農業)

6.17. ムーチャスグラッシャス‼︎アメビンビンも楽しかった! 何よりも、あの場所にいたみんなが、それぞれに楽しみ、助けあい、ポトラッチということに能動的に参加しているのが素敵でした。ただのキャンプイベントじゃない、村人感覚っていうところが、私は好きです。とても気持ちよく過ごせます。 子供も安心してほったらかしていても、どんどん友達になって大満喫していました!

6.18. 少し残念なのは、トイレに空き缶とか私物のゴミが、若干見受けられました。(女子) 酔っ払っちゃたのかなぁと思うけど… 回収しときました。会場に迷惑かけて今後の心配とか嫌だし。

6.19. 忙しかったし、特にライブがみれたり、ゆっくり飲めたり、出会いがあったりしたわけではないけど、楽しかった〜〜

6.20. フェスだいすきだし、キャンプだいすきでいろいろ行ったけど、NVの雰囲気がいちばんすき。おっきすぎず、ピースで、こどもがたくさんいて、頑張りすぎない、そしてガチャガチャした若者が居ない。ありがとう。

6.21. 天候が悪かったのはどうにもできないのですが、音楽のイベントに何も参加できなかったのが残念です。 子供が、いるファミリーにとっては安心して遊べる楽園のような村に思えました。

6.22. 宿泊は興味はあるが、アコチルやママテントとの差別化がどんな感じか…今年の状況も聞きたい

6.23. 他にないキャンプです。 続けていってください。来年も遊ぼう

6.24. 子供たちの楽しそうな姿やいろんなことを学んでいる姿も印象的でした。これから親になろうとしている自分達にとってとてもいい経験となりました。

6.25. NUvillageというイベントだけでなく、会場となったキャンプ場自体のコンテンツ・設備が充実していて驚いた。自分に子どもがいれば連れてきたいキャンプ場だったので、NU villageがこれにプラスしてお金を出してでも参加したいイベント内容(コンテンツ)だったかというのは、少し考える。今回初参加でしたが、子どもと大人が愉しむ場所がコンセプトであれば、会場となるキャンプ場=子どもメイン、NU village=大人メインという印象を受けたので、それであれば納得です。

6.26. いろんな方に知り合えたり、知ってる方に偶然バッタリ会えたり、出会いもたくさんあってとにかく楽しいフェスなので、次回参加できるならば自分のまわりの友人たちにもぜひ参加してもらいたい、お勧めのイベントです! みなさんはじめましての私達にあたたかく、居心地のよい2泊3日となりました。2日目はお天気残念でしたが、いい思い出です笑

6.27. 子どもと一緒に楽しめるイヴェントは本当に貴重ですので、これからも是非続けて欲しいです。

7. やってみる

7.1. ワークショップ

7.1.1. 雨でも楽しめるワークショップが沢山あって子供達が楽しめて良かった。

7.1.2. 仮面・ネックレス作りは無料なのに内容がとても良かった!

7.1.3. 盛り上がった子供向けの手作りワークショップ。親の方が楽しんだかも

7.1.4. 左官ワークショップは家族で楽しめて良かったです。他で見たことがなかったし、 なかなか体験できないことを体験でき、こどもにこういった仕事があると伝えられるのは貴重でした。

7.1.5. 子供用のアウトドアならではの企画を増やしてほしいです

7.1.6. 子供むけの半日学校みたいなものがあると、楽しめるし、知らない子同士でも早く仲良くなれると思う。

7.1.7. 子供DJワークショップとか、自分で作った小さな船を川で流すレースとか、子供たちだけのお泊りテント(参加者少ないかもですね)とか、 みんなで盆踊りを創作するワークショップとか、他の家族の子供たちと初対面から仲良くなる企画があると、その流れでその親同士が 一緒にお酒を飲んだり温泉に行ったりするような気がします。 そこから親交出来て翌年も一緒に参加出来たりする仲になったら、最高でしょうね。

7.1.8. GOROさんのコドモ向けのWSもやりたかった

7.1.9. Dr.ヒロの講座が良かったので、次回もまた聞きたい。

7.1.10. 救急対応WSは具体的・実践的で感動レベル

7.1.11. 花ちゃんのパンとスープが心に沁みました。

7.1.12. 子どもが自分でこねたパンを食べられてとても喜んでいました。

7.1.13. ロックバランシングは、大人も子どももハマってしまったw

7.1.14. 朝のお散歩なんかも、時間が遅れてるのは良いのですが、アナウンスが無かったので、 もう行ってしまったのか、どこで待てばいいのか、等戸惑いました。 多分、参加しないでテントに戻ってしまった子もいたかも?

7.1.15. 朝座禅は天候により中止になり残念

7.1.16. 村民同士の交流を促進するようなアイディアがあるといい。ワークショップの案内を放送してもらえると、見逃しがなくなるかも。子守で見そびれること多かったので。

7.1.17. 2泊あるのであればこどもを主役にした何かのレッスンワークショップ (楽器、演劇、ダンスなど)をして、タイムテーブルに披露の場を作ってあげると ドキドキわくわく、知り合い以外の新しい友達も出来て楽しそう。

7.1.18. 救急ワークショップ→実際のお医者様の話を聞けてなんだか贅沢!ためになるし直に質問できて良かったです。でも参加人数が少ないのがもったいなかったなあ。 パンこね→発酵の材料のことを聞いたり試食したりできて私は楽しかった。けど娘はベタベタが嫌だったみたい…。 パン焼き→娘が手伝わせてもらって、役立つ喜びと珍しい体験で喜んでた様子でした。 みんなのスープ→元気な野菜をみんなで切って楽しいし美味しかった。 朝の森の探検→正直私はその時間からせっせと動けないのでありがたかったし、子供自身早起きしたお得感があるし、子供だけ!っていうのがまた魅力だし、すごくいいと思いました。

7.1.19. スープづくりとかみんなで楽しめるのも良かったです!

7.1.20. むちゃくちゃ楽しい何か、とかあってもよいかも。こどもの自由さ爆発、みたいな。何かはまだ不明ですが。

7.1.21. 3日間かけて自由に、段々と出来上がっていくみんなでつくる何か?巨大オブジェ?具体的にはまだわからないがキャンプの最後に、 あ、みんながバラバラに好きなタイミングで足していったらこんなん出来たんだー、というアート?なんかあってもよいかもね。

7.1.22. 応急処置ワークショップは山の中でも安心感を与えてくれました

7.1.23. この場所でしかできないもの、みんなで集まって取り組めることが増えるとよいと思う

7.1.24. 花火。川で流しそうめん。

7.1.25. ヒューマンダラをやりたい!

7.1.26. みんなで作る木馬作りの流れとゴールがいまいちわからなかったです。個人的にものつくりが好きなので、 ”キッズ(または参加者みんな)で作り上げるなんとかワークショップ”がもっとあれば愉しそうです。

7.2. ツアー

7.2.1. ぶぅふぅうぅ

7.2.2. 日向山

7.2.2.1. 参加者が少なかった。魅力を伝えきれていない?

8. 市庭

8.1. Market

8.1.1. こどものお店広場があれば、さらに持ち寄りが活性化する気がしました。

8.1.2. ポトラッチとして、ブヨの傷を手当てしてくれた左官のお兄さんにお返し出来なくて、申し訳ないです。 代わりといってはなんですが、雨に濡れて着替えがポシャった方に、セール価格で商品を提供できて、喜んで貰って、最終日も開店してよかったぁと思いました。 子供商店は適当にやってましたが、ワークショップに繋がる手応えもあり、企画を早速話し合っています。

8.2. 森.tv

8.2.1. 大きな木の子供たち

8.2.1.1. 夜やっていた保育園の映像、最後までやらずに途中でおわった。すごくよかったのに運営が雑すぎる。

8.3. 共有で利用できるテーブルをもっと設置してほしいです。

8.4. ハンモックありがとうございました!気持ち良かった!

8.5. 初日の夜にオトナが遊ぶ場、飲んだりおしゃべるしたりする場が確保されておらず、行き場を失い残念だった。

8.6. お金を持ち歩くのが面倒なので、事前に購入する防水のフリーパスリストバンドがあれば便利ですね。「正」で食べた回数が油性マジックで記載するくらいのレベルで良いかとも思います。

9. サポート

9.1. Mothers Tent

9.2. 森の充電処

9.2.1. あって助かった

9.2.2. 充電ステーションも、とても助かった。

9.3. Rental Tent

9.3.1. テントレンタルと張るのを代行してもらえるのは、すごーく助かりました!

9.3.2. 貸テントの位置が音楽の広場に近く、場所が選べなかったため、子供のお昼寝や朝食時など、うるさいと思いながら我慢して過ごすしかなかった。 貸テントの位置をあらかじめ示してほしいです。

9.3.3. 設営、撤去付きの貸しテントは、キャンプ初心者には大変ありがたかった。

9.4. 車以外でくるひと用にある程度まとめて駅から運んでくれるシステムがあれば、なおよし。

9.5. 大雨の時、体育館に誘ってくれてありがとうございました。助かりました。 とてもアットホームな雰囲気で三日間楽しめました。

9.6. 自分の子供と違う年齢層の子供連れの人のことをイメージしきれなかった。例:乳児連れ用に授乳スペース、転がしておける場所、小学校高学年や中学生向けのプログラムなど

10. 未来の姿

10.1. After Party

10.1.1. 前夜祭として、若しくは後夜祭として東京で出演者やDJのパーティーがあったらいいなあ〜!

10.2. Other Events

10.2.1. NVをパッケージにして移動式村として、地方自治体に買ってもらえるようにする。横展開でスケールアップ。こどもの教育と移住、地域の生産物ブランド化。

10.3. 北杜市後援?

10.4. 5年後10年後の未来を言葉でつくって共感してもらう。その中で主体的に参加する当事者になってもらう。ビジョンへの共感、今までとは違うやりたいことを実現できる場、

10.5. 何を目指すのか一番上の価値観・方向性を定めて、判断の基準とする。個人の趣味ではなく全体の指向で判断していく

10.6. レイブでもない、アコースティックでもない世界。お客さんにもそういうものだと事前に理解してもらうように前段階で発信・啓蒙

10.7. フェスでも祭りでもない新しいイベントになりそうで、まだなりきれてない感じがある。 とはいえ、子連れで安心して参加できて、大人も疲れるだけじゃなくてリフレッシュできるのが素晴らしい。 運営側とお客の垣根がなくなると面白くなるような。もっと客の側にイベントを盛り上げるために自分に何ができるか、という気持ちと行動があれば新しいイベントになれそう。

10.8. 規模を大きくせず、今ぐらいのサイズ感で続けて欲しい

10.9. 初対面の入村者(クラバー的でない普通の)が自然に仲良くなれるような仕掛けがあるといい。時間帯が決まっていて、自由参加で、大きなキャンプファイヤーを囲み、 みんなで、自己紹介してからはじまる、大人とこどもも一緒にできるゲームみたいな。そこに歌やギター、食べ物とお酒も絡むみたいな。

10.10. 子供が、わいわいと行進する、おみこしとか、山車とか、パレードとか、合唱とか、そんなのあったら楽しいだろうな!

10.11. 少しづつ異なる価値観を持った人達を少しづつ取り込みながら、それらが『対話』できる雰囲気を持った、広がりつつ成熟する方向の『村』を目指すのはどうかな?という願望的な提案です。 上記と対となる方向としては、同じ価値観を持った人達だけ、が寄り添う固く小さくなってしまう村。→安心感はあるかもしれないけどワクワクはない。

10.12. もっと自由に もっといろいろ 直感的、創造的、かつ現実的に遊べると良いねー。