オンライン型マインドマッピング

またはメールアドレスで登録してください

ナンバーワンのマインドマッピングツール

アイデアを視覚的に捉え、発展させ、シェアしましょう。

MindMeisterは、アイデアを視覚的に捉え、発展させ、シェアできるオンラインのマインドマッピングツールです。すでに1000万人以上が、受賞歴のあるマインドマップエディタを、ブレーンストーミングメモ取りプロジェクトの計画や、その他の創造的なタスクのために使用しています。MindMeisterは完全にWebベースです。つまり、ダウンロードも更新も必要ありません。 Windows、Mac OS、Linuxのいずれかで作業している場合でも、Webブラウザ内から常にマインドマップにアクセスできます。

マインドマッピングについてさらに詳しく もっと詳しく

1000万

クリエイティブユーザー

1.20億人

生み出されたアイデア

4.5 星

App Storeに

どこでも共同作業が可能

チームでも、これまでにないほど簡単にマインドマッピングすることができます。 MindMeisterを利用すれば、リアルタイムに多くの友人や同僚とアイデアをシェアして、コラボレーションすることができます。 直接対面しての会議であっても、遠く離れたところからでも、誰もがすぐにマインドマップに加えられた変更を見ることができます。 共有されたチームメンバーはチャット機能を利用して、すばやくトピックにコメントしたり、アイデアや変更点について議論をすることができます。

もっと詳しく

驚くほど華麗なプレゼンテーション

あなたのアイデアを視覚化することは、他の人に伝える上でも最も強力な方法です。MindMeisterのプレゼンテーションモードを使えば、あなたのマインドマップをほんのわずかな時間で美しく、ダイナミックなスライドショー形式でプレゼンすることができます。 作業が終わり次第、スライドをPNG形式でエクスポートでき、あなたのウェブサイトにプレゼンテーション全てを埋め込むことも可能です。また、オンラインでチームメンバーにリアルタイムで見せることも可能です。

もっと詳しく

プロジェクトマネジメントをシンプルに

MindMeisterには、MeisterTask(チーム向けの直感的なオンラインタスクとプロジェクト管理アプリ)がシームレスに統合されています。 MindMeisterでブレインストーミングやプランを作成後、ドラッグ&ドロップするだけでMeisterTaskのプロジェクト内にあなたのアイデアを簡単に追加し、実行可能なタスクへと変えることができます。

もっと詳しく

マインドマッピングとは

マインドマッピングは、自分の考えを視覚化して他の人に伝達するのに役立つ強力な手法です。さらに、マインドマッピングはアイデアの自由な流れを促し、ブレインストーミングや独創的な問題解決セッションに理想的な形式です。

マインドマップのやり方

中央から開始:マインドマップを作成するには、まず白紙またはデジタルキャンバスの中央にマップの主題を記入します。主題は、1つのキーワード、画像、質問、または解決しようとしている問題のどれでも構いません。

ブランチ(枝)を追加:ブランチとは、中心から外側に伸び、主題に関連する主なカテゴリまたは重要なアイデアを象徴する線です。ほとんどのマップには4〜6本のブランチが伸びていますが、これは必要なだけ追加できます。

各ブランチにキーワードを記入:長い文章ではなくキーワードや短いフレーズを使用してください。一目であなたの最も重要なアイデアを見ることができるようにするため、マップをコンパクトにして見直しやすくします。

アイデアを追加:マッピングしたそれぞれのアイデアに対して、頭の中で関連付けが生まれ、新しいアイデアが生まれます。そして、それをブランチを利用して追加することができます。ブランチまたは階層レベルの作成数に制限はありません。

ビジュアルを追加:色、アイコン、および画像を個々のトピックに追加して、マップを充実させます。MindMeisterのようなマインドマッピングソフトウェアは、動画の埋め込み、メモやコメントの追加、またはPDFやスプレッドシートなどファイル全体の添付を可能にすることで、マインドマップを次のレベルに進めています。

なぜマインドマッピングなのか?

マインドマップは、従来のメモ取りや書き方の手法に比べて、多くの利点がある思考視覚化ツールです。なぜマインドマップを使用する必要があるのか疑問に思う場合は、以下、マインドマップをするメリットの一覧をご覧ください。

マインドマップの構造情報

マインドマップは、個々のアイデアと概念との間の関係性をグラフィカルに伝えます。主題がどれほど複雑でも幅広くても、マインドマップは混乱に秩序をもたらし、「俯瞰的な視点」を持たせてくれます。

マインドマップは記憶を向上させます

マインドマップは、色や画像など多数のメモリトリガーを利用します。つまり、文章だけのメモを見るよりもずっと簡単に記憶し、思い出すことができます。さらに、マインドマップは、新しい情報と既存の知識とを結び付けるのにも役立ちます。

マインドマップは創造性を育みます

マインドマッピングのように創造力を生み出す機能を備えた手法はあまり多くありません。これは、マインドマップが画像とキーワードを使って脳内に新しい関連付けを作成するためです。それらを信じられない速さで転写することもできます。

マインドマップはコラボレーションを促進します

従来の紙に描きだすマインドマップは自分でアイデアを展開するのには最適ですが、オンラインのマインドマップは他の人がいる場所や使っているデバイスにかかわらず、リアルタイムで共にブレインストーミングや計画を立てることができます。

マインドマップが必要な人は?

クリエイティブ

デザイナー、作家、マーケティング担当者は、マインドマップを利用して、アイデアをブレインストーミングし、それらを視覚化することができます。

マネージャー

マネージャーは戦略をまとめ、プロジェクトを計画し、効率的なチームミーティングを持つなどにマインドマップを利用できます。

アドバイザー

コンサルタントやアドバイザーは、効率的にクライアントとやり取りしたり、プレゼンのツールとして、マインドマップを利用できます。

教師

教師は教室でのクリティカルシンキングを向上させ、協力を促進するのに、マインドマップやマップテンプレートを利用することができます。

学生

学生は年齢にかかわらず、効果的にメモを取ったり記憶や理解力の向上にマインドマップを利用することができます。

誰でも

誰でもマインドマップを使って、創造性を発揮し問題を解決し、目標を視覚化し、考えをまとめることができます!

"スライドのテキストを書き留めるのに比べて、マインドマッピングは、学習プロセスにより意味を持たせ、学生の記憶に残るものにします。"

Nancy Morris

University Lecturer & Teacher Trainer

ケーススタディの全編を読んでください

"MindMeisterの主な利点は、非常にプロフェッショナルでプレゼン可能な方法ですべてを1ページにまとめることができる点です。クライアントが理解しやすく、操作方法も簡単です。"

Matt Milligan

Managing Partner

Milligan Partners

ケーススタディの全編を読んでください

"MindMeisterは考え、アイデア、優先事項を視覚化する素晴らしい方法です。"

Martim Schnack

Tech-lead

Rare Carat

ケーススタディの全編を読んでください

トップのマインドマッピングの使用

マインドマップの使い道はほぼ無限大です。ビジネスにおいてはよく戦略的計画、コラボレーションやコンセプトの考案作業にマインドマップが使われ、教育現場においては教師と学生が複雑な問題を視覚化し、一体となって取り組むためにマップを使います。以下に、最も一般的なマインドマップの使用例を6つ挙げています。

ブレーンストーミング

マインドマッピングは自由にアイデアが流れるよう促し、関連性によって新たなアイデアを生み出すのに役立ちます。一人でも、チームでも、創造的なブレーンストーミングをするには最適なツールです。

もっと詳しく

ノートをとる

会議でも講堂でも、マインドマップでメモを取ることはより効率的というだけでなく、後で見返したり、暗記したりするのも簡単です。

もっと詳しく

計画

マップを使用してプロジェクト計画の概要を説明したり、ビジネス戦略を作成したり、イベントを計画したりなど、その他たくさんのことができます。マインドマップで計画するのは視覚的でとてもシンプルであるため、仕事という風にも感じません!

もっと詳しく

会議の管理

このたった一つのマインドマップで、会議の議題を作成して配布し、迅速にプレゼンテーションを作成し、議事録を取り、実行可能なタスクを割り当てるといったすべてのことが可能です。

もっと詳しく

アイデア管理

マインドマップを使用すると、アイデアを簡単に生み出し、把握し、管理することができます。関係者からのフィードバックを集め、トピックに投票してコメントし、やることを優先化します - これらすべてを1つのマップ内で。

もっと詳しく

ナレッジ・マネジメント

マインドマップにより、組織は集合的な知識を集中的かつ安全に格納、共有、および管理できます。直感的なフォーマットのおかげで、情報の検索と更新は簡単です。

もっと詳しく

マインドマップの歴史

これまで何千年もの間、情報を視覚化して表現する手法は使われてきました。しかし、1970年代にイギリスの研究者トニー・ブザンが「マインドマップ」という言葉を作るまで、この手法は使われていませんでした。ブザンは、大学在学中に覚えなければならない大量の情報にどうやって取り組んだらいいのかについて、その方法を模索していました。彼は優れた思想家たちのノートを見つけてそれを研究した後、彼らのアプローチと、自身が研究した心理学、創造的思考、そして暗記のアプローチを組み合わせました。やがて、彼が新しく開発したテクニックで最初の成功を収めた後、この問題についてシリーズで本を出版しました。「The Mind Map Book」の初版は1995年に刊行され、その12年後の2007年、初めて完全にWebベースのマインドマップツールが発売されました。このツールこそがMindMeisterであり、すぐにWeb上でナンバーワンのマインドマッピングソフトウェアになりました。

または 登録

MindMeisterは、あらゆるマインドマップ作成ソフトの中でも数多くのユーザーに高く評価されています。数々の賞を受賞したオンライン版や、無料のモバイルアプリ(iPhone, iPad, Androidに対応)を使えば、ユーザーは学校・自宅・オフィス、さらには外出先でもマインドマッピングをすることができます。MindMeisterを使えば、シンプルかつ直感的にマインドマッピングをすることができ、誰でも生産性を高めて、創造的なアイデアを行動につなげることができます。 MindMeisterには、ユーザーがオンラインでコラボやブレストしたり、プロジェクトの計画、ビジネス戦略の立案、ダイナミックなプレゼンテーションの作成などができる多くの機能があり、教育分野でも幅広く利用されています。このため、MindMeisterは学生・教師に割引サービスをもうけ、さらに合計10個のマインドマップが作成できる無料のアカウントを提供しています。このアカウントで、シンプルでありながらも強力なマインドマッピングを実施するために必要な機能をすべてご利用いただけます。ぜひお試しください。