岩屋公園を考える会

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
岩屋公園を考える会 により Mind Map: 岩屋公園を考える会

1. あいさつ

2. 歴史

2.1. 旧川辺町が開発 およそ16ヘクタール

2.2. 当初は地域の団体がキャンプ場を運営。公園は造園業者が管理

2.3. 平成9年4月1日より川辺町観光協会でキャンプ場を管理運営

2.4. 平成18年9月1日よりキャンプ場の運営管理に株式会社かごしまツーリズムを指定管理者に

2.5. 磨崖仏まつりは今年31回目を迎える

3. 現状

3.1. 岩屋公園の大きな魅力としては、川、緑、花、カジカガエル、ホタル、史跡、祭り、キャンプ

3.2. 川-流水プール、緑-綺麗な芝生、花-桜、ツツジ、菖蒲、紅葉-銀杏やもみじ、カジカガエル-造園組合の方が保護、ホタル-ふるさと川辺会のみなさま、史跡-磨崖仏、桜の屋形、磨崖仏祭りなど

3.3. 平成29年の入園者(概算99000人)

3.3.1. キャンプ場宿泊者9761名(統計のある中では県内1) 地域別 鹿児島県85% 熊本4%福岡4%宮崎3%

3.3.2. 流水プール利用者 約2万人

3.4. 今年の花見時期の入園者が多く、駐車場が満車で渋滞が続いた。 桜の本数1000本(周辺合わせて)

3.5. 桜の屋形1Fでカフェの運営。いちご大福、かき氷、コーヒーが人気

3.6. 南九州市内のBBQ業者及び、許可申請をした個人の持込BBQが可能

4. 問題点

4.1. トイレが少ない-案内板を場内に立てることでやや解消

4.2. 洋式トイレが少ない、授乳室がない

4.3. 流水プールの更衣室が古い

4.4. 個人BBQコンロ持ち込みによる芝生の焼け焦げ

4.5. 桜の木の健康状態について

4.6. 磨崖仏の状態

4.7. 磨崖仏観覧場の整備

4.8. 新たな魅力の創造