登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
制度設計 により Mind Map: 制度設計

1. 楓ドリブン

1.1. 目的

1.1.1. 平等では無く公平に成果と報酬が紐づく

1.1.2. 働き方を選べる

1.1.2.1. 時短

1.1.2.2. テレワーク

1.1.2.3. 時間で働くか、役割と責任で働くか

1.1.3. 解決したい問題

1.1.3.1. 労働時間の長時間化

1.1.3.1.1. 健康の問題

1.1.3.1.2. 家族からの支援の問題

1.1.3.1.3. 効率の問題

1.1.3.2. 育成に負荷がかかる事への個人差

1.1.3.2.1. 関わりの文化

1.1.3.2.2. 個人差

1.1.3.2.3. 育成についても本人の希望を聞く?

1.1.3.3. 有給取得してるスタッフと 指定休日も取れないスタッフとの差

1.1.3.3.1. 不公平感をださないように

1.1.3.3.2. 働き方の希望の違いを明確にしたい。

1.1.3.4. 新卒と中途の温度差

1.1.3.4.1. 中途スタッフが新卒との関わりに比較を感じてる?

1.1.3.5. チャットワークの確認

1.1.3.5.1. 量が多い

1.1.3.6. 効率を上げたい

1.1.3.6.1. 一人当たり生産性を上げたい

1.1.3.7. スタッフへ数字を公開する方法

1.1.3.7.1. 数字で共通の話をしたい

1.1.4. 整備したい事

1.1.4.1. 部門で管理

1.1.4.1.1. 会計

1.1.4.1.2. 労働時間

1.1.4.2. 挑戦したい子は挑戦できる環境を用意したい

1.1.4.2.1. 管理者コース

1.1.4.2.2. バランスコース

1.1.4.3. エンゲージマネジメントを明確にしたい

1.1.5. 取り入れたい事

1.1.5.1. 給与の投資

1.1.5.1.1. いったんもらった給与を 会社に投資

1.1.5.2. 賞与の割り当て

1.1.5.3. 部門別会計

1.1.5.3.1. 貢献割合

1.1.6. 楓ドリブンプロジェクト

1.1.6.1. 個人の消費、投資、浪費のリテラシー

1.1.6.1.1. 各部署一人

1.1.6.1.2. トレーナー

1.1.6.2. 収益構造の棚卸し

1.1.6.2.1. 会議

1.1.6.2.2. 粗利の構成

1.1.6.3. 個人の働き方の願望に合わせて 報酬をあげる方法を明確にするため

1.1.6.3.1. お金と時間の使い方を洗い出す

1.1.6.3.2. 決算書

1.1.6.4. メンバー

1.1.6.4.1. 尚、門林、伊藤、吉松、田中(み)後藤、 中本、江町、渡邊、幸岡、山代、 岩崎、岸本、谷口、定、高橋、大田

1.1.6.4.2. 2月23日

1.1.6.4.3. 価値按分

1.2. リテラシーを高める旅路のコンセプト

1.2.1. 制度設計チーム設立

1.2.1.1. 価値数字の見える化

1.2.1.1.1. バリューチェーン化

1.2.1.1.2. 数字や経営視点の理解

1.3. 楓工務店の収益構造の全体像の把握byせれくと

1.3.1. 数値指標の選定

1.3.1.1. 現状組織での 数字の見える化

1.3.1.1.1. 目標は経営が決め、 その背景を説明し Howはチームが決める

1.4. マイルストーン イメージ

1.4.1. 制度設計チーム編成選挙(全社研修で目的を共有し、メンバーをその場で総選挙) 1/5

1.4.2. 社員の業績と仕事の連動に関する認識調査

1.4.2.1. 訪問し、決算書含めてがっつり理解 1/6

1.4.2.2. コアとなる指標選定(経営陣)

1.4.2.2.1. 大事な数値は何だ?

1.4.3. 価値観経営メソッドの基本の研修 (自主自立組織の作り方)

1.4.3.1. 今後の歩みのイメージ策定(ここがキモ!ただし、必ず途中で変わる)

1.4.3.2. 6,7人

1.4.3.2.1. 人数は多くても

1.4.4. 自ら学習し、進化させていくことを支援するための指標と制度の充実(これが走り始めないと、次に行けない) 2〜3ヶ月継続で進捗を確認しながら

1.4.4.1. 社員のリテラシーを上げるための施策の策定

1.4.4.2. 施策の実施と振り返り、修正

1.4.5. ※組織診断の定期的な実施とその振り返りを行って、協働チームのリテラシーを上げていく

1.4.6. 部署 OR チームで目標指数を策定しテスト

1.4.7. 相互評価の実施(給与と連動せず)

1.4.7.1. 誰と働くか?それはなぜか?選択を自分で行う仕組みづくり

1.4.8. 給与選択、ボーナス配分のパターン作成

1.4.9. ※人生の出口研修やその他、研修を必要なタイミングで追加