BRIENDコミュニティの課題

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
BRIENDコミュニティの課題 により Mind Map: BRIENDコミュニティの課題

1. コミュニティが活性化しない

1.1. 講師と生徒という立場ができてしまっている

1.1.1. ヒエラルキーが生まれる

1.1.1.1. 講師と生徒という関係性をなくす

1.1.1.1.1. 全員参加型にする

1.2. FBグループの人数が多くなり発信がしにくい

1.2.1. 多いと人目が気になる

1.2.1.1. ゼミなど少人数のイベントを開催してサブグループを作る

1.3. 参加している人の一部の人しか志向や考え方、温度差がわからない

1.4. 評価軸が「経済性」部分だけになっている

1.4.1. 「社会性」の部分も評価軸に入れる

1.4.1.1. 第三者から評価できる仕組みにする

1.5. 主体性のあるメンバーが少ない

1.5.1. 自信を持てるようにする

1.5.1.1. 成長要素のある仕組みを入れる

1.5.2. 主体性あるメンバーを増やす

1.6. 男性が多い

1.6.1. 女性を増やす

1.6.1.1. 女性も楽しめるようなシステムを入れる

2. ソーシャルビジネスに繋がらない

2.1. 技能を持っている人が少ない

2.1.1. 技能育成をする

2.2. ソーシャルビジネスのイメージがわかない

2.2.1. 事例を共有する

2.3. 実践する機会がない

2.3.1. 知識を提供するよりも実践する場を中心に作っていく

3. 解決策

3.1. 商品名:ソーシャルクエスト ソシャクエと呼ばれるようになったら一人前

3.1.1. コンセプト:実践型で楽しく社会貢献

3.1.1.1. 目的:リアルとゲームを融合させることで成長することの楽しさを味わいながら、社会貢献を自然と達成することができる

3.1.2. 提供価値

3.1.2.1. 自分の成長を実感できる

3.1.2.1.1. 様々な能力を可視化できるステータスを実装する

3.1.2.2. 楽しみながら社会貢献につながる

3.1.2.2.1. RPGのようなゲーム性を持たせる

3.1.2.2.2. 独自通貨で貢献したくなる要素をいれる

3.1.2.3. 技能以外の自分の価値を見つけることや伸ばすことができる

3.1.2.3.1. 稼ぐ能力以外のその人の長所を価値として認識できるようにする

3.1.2.4. 仲間と一緒に社会貢献ができる

3.1.2.4.1. ドラクエのルイーダの酒場みたく仲間を集められる

3.1.2.4.2. ラスボスの魔王を社会問題として設定する

3.1.2.5. 仲間と一緒に実践を通して技能習得することができる

3.1.2.5.1. 1ヶ月以内の短期集中のゼミを開催する

3.1.2.5.2. 目的は仲間と一緒になることで実践できるようにするため

3.1.2.5.3. 積極的にメンバーがゼミを企画していく

4. BRIENDの理念

4.1. 利他で愛情溢れる実業家を技能と在り方の両面で育成すること

5. BRIENDのビジョン

5.1. WEBを利活用して誰も取り残されない幸福に生きられる社会にする

5.1.1. そのためにBRIENDとして達成すること

5.1.1.1. 個人の経済的な自立(稼ぐ力を身につける)

5.1.1.1.1. 知識だけではなく実践による成長

5.1.1.1.2. いつ会社を辞めても問題ないだけの力を身につける

5.1.1.2. 家族や大切な人との時間にゆとりができる

5.1.1.2.1. 仲間と分業して労働の負担を減らす

5.1.1.3. 誰もがチャレンジできる環境にする

5.1.1.3.1. チャレンジすることが当たり前の文化にする

5.1.1.4. 楽しくビジネス活動できるようになる

5.1.1.4.1. 誰かが無理をして犠牲にならない。みんなで支え合う

5.1.1.5. 多様性のある働き方を選択できる

5.1.1.5.1. 在宅ワークなど会社以外の選択肢もあり

5.1.1.6. 経済的価値以外の価値を生み出している人が評価されること

5.1.1.6.1. 優しい人が評価されるようにする

5.1.1.7. 稼ぐビジネスが社会貢献につながること(誰も悲しまず、みんなが喜ぶ事業)

5.1.1.7.1. 環境に恵まれない人たちを積極的に支援する

5.1.1.8. できないことができるようになる

5.1.1.8.1. ゼミなどを通じて新しいことにチャレンジする(無理だよをなくす)

5.1.1.9. 仲間との繋がりと協力