植物工場について

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
植物工場について により Mind Map: 植物工場について

1. 概要

1.1. 定義

1.1.1. 内部環境をコントロールした閉鎖的な空間で植物を計画的に生産するシステム

1.1.1.1. 水

1.1.1.2. 肥料

1.1.1.2.1. 溶液

1.1.1.3. 光

1.1.1.3.1. 人工

1.1.1.3.2. 日光

1.1.1.4. 温度・湿度

1.1.1.4.1. 空調設備

1.2. 特長

1.2.1. 葉物野菜・ハーブなどが得意

1.2.1.1. リーフレタス

1.2.1.2. ルッコラ

1.2.1.3. ミニトマト

1.2.1.4. ETC

1.2.2. 根菜類は出来ない。最近少しずつ出来るように。

1.3. メリット

1.3.1. 成長スピードが早い

1.3.2. 安定した栽培が可能

1.3.3. 農薬を使う必要がない。

1.3.3.1. 肥沃な土壌がなくても栽培可能

1.3.4. 栽培できる場所が広がる

1.3.4.1. 都市で小規模で栽培可能

1.4. デメリット

1.4.1. 良質の水を多く準備する必要がある

1.4.2. 設備投資が必要

1.4.3. 育てられる作物の幅が狭い

1.5. 歴史

1.5.1. 第一次

1.5.1.1. 1985年に科学万博で日立製作所が「人工光型のモデルプラント」を展示

1.5.1.2. 高圧ナトリウムランプで育てる。一段棚の平面栽培。

1.5.2. 第二次

1.5.2.1. 蛍光灯利用の多段式が登場。

1.5.2.1.1. 床面積効率が向上

1.5.2.2. 事例

1.5.2.2.1. 1990年代にマヨネーズ拡販のため、植物工場のユニット販売を始める。

1.5.2.2.2. 農林水産省も1992年から施設費補助事業をたて施設数が増えた。

1.5.2.2.3. 川鉄ライフ(現JFEライフ)が米国から技術導入をした太陽光併用型をシステムとして販売開始

1.5.2.2.4. 1998年にはキユーピーが4品目に絞り込み人員15名で年商を2億とし採算ベースにのせることに成功

1.5.3. 第三次

1.5.3.1. LED導入によるコスト低減

1.5.3.2. 政府

1.5.3.2.1. 09年に農林水産省と経済産業省が150億円の予算を確保

1.5.3.3. 事例

1.5.3.3.1. 2010年には国の成長戦略に記載される

1.5.3.3.2. 2000年代になり1万株の多段式大型プラントが出現。

1.6. 市場規模

1.6.1. 2016年は260億円

1.6.2. 2025年には633億円想定

1.6.3. 最も大きな市場があるのは、LEDなどの植物育成用ランプ

1.6.4. その次に、空調関連技術

1.6.5. LED照明、灌漑設備、環境制御システム、農業ICT、空調設備などが含まれた「設備プラント市場」

2. ゴール設定

2.1. 植物工場の概要がわかる

2.2. 参入可能性を探る

3. 参入している会社

3.1. 運営事業者

3.1.1. アグリト

3.1.1.1. 高品質野菜の安定供給体制を構築

3.1.2. 伊藤電機

3.1.2.1. 搬送で培った技術を活かし。全自動地下植物工場を事業化

3.1.3. バイテックベジタブルファクトリー

3.1.3.1. 東京オリンピックにむけて、世界標準の安全野菜を安定供給

3.2. プラントメーカー・関連企業

3.2.1. 設備を作る会社

3.2.2. 大気社

3.2.2.1. 不可能とされた結球レタスの量産に成功

3.2.3. 朝日工業社

3.2.3.1. 人工型植物のプラントメーカーとして業界をリード

3.2.4. ウシオ電機

3.2.4.1. グローバル展開がメイン

4. コストがどのような構造になっているか

5. 植物工場について

5.1. 概要

5.1.1. 定義

5.1.1.1. 内部環境をコントロールした閉鎖的な空間で植物を計画的に生産するシステム

5.1.1.1.1. 水

5.1.1.1.2. 肥料

5.1.1.1.3. 光

5.1.1.1.4. 温度・湿度

5.1.2. 特長

5.1.2.1. 葉物野菜・ハーブなどが得意

5.1.2.1.1. リーフレタス

5.1.2.1.2. ルッコラ

5.1.2.1.3. ミニトマト

5.1.2.1.4. ETC

5.1.2.2. 根菜類は出来ない。最近少しずつ出来るように。

5.1.3. メリット

5.1.3.1. 成長スピードが早い

5.1.3.2. 安定した栽培が可能

5.1.3.3. 農薬を使う必要がない。

5.1.3.3.1. 肥沃な土壌がなくても栽培可能

5.1.3.4. 栽培できる場所が広がる

5.1.3.4.1. 都市で小規模で栽培可能

5.1.4. デメリット

5.1.4.1. 良質の水を多く準備する必要がある

5.1.4.2. 設備投資が必要

5.1.4.3. 育てられる作物の幅が狭い

5.1.5. 歴史

5.1.5.1. 第一次

5.1.5.1.1. 1985年に科学万博で日立製作所が「人工光型のモデルプラント」を展示

5.1.5.1.2. 高圧ナトリウムランプで育てる。一段棚の平面栽培。

5.1.5.2. 第二次

5.1.5.2.1. 蛍光灯利用の多段式が登場。

5.1.5.2.2. 事例

5.1.5.3. 第三次

5.1.5.3.1. LED導入によるコスト低減

5.1.5.3.2. 政府

5.1.5.3.3. 事例

5.1.6. 市場規模

5.1.6.1. 2016年は260億円

5.1.6.2. 2025年には633億円想定

5.1.6.3. 最も大きな市場があるのは、LEDなどの植物育成用ランプ

5.1.6.4. その次に、空調関連技術

5.1.6.5. LED照明、灌漑設備、環境制御システム、農業ICT、空調設備などが含まれた「設備プラント市場」

5.2. ゴール設定

5.2.1. 植物工場の概要がわかる

5.2.2. 参入可能性を探る

5.3. 参入している会社

5.3.1. 運営事業者

5.3.1.1. アグリト

5.3.1.1.1. 高品質野菜の安定供給体制を構築

5.3.1.2. 伊藤電機

5.3.1.2.1. 搬送で培った技術を活かし。全自動地下植物工場を事業化

5.3.1.3. バイテックベジタブルファクトリー

5.3.1.3.1. 東京オリンピックにむけて、世界標準の安全野菜を安定供給

5.3.2. プラントメーカー・関連企業

5.3.2.1. 設備を作る会社

5.3.2.2. 大気社

5.3.2.2.1. 不可能とされた結球レタスの量産に成功

5.3.2.3. 朝日工業社

5.3.2.3.1. 人工型植物のプラントメーカーとして業界をリード

5.3.2.4. ウシオ電機

5.3.2.4.1. グローバル展開がメイン

5.4. コストがどのような構造になっているか