経営者の条件

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
経営者の条件 により Mind Map: 経営者の条件

1. 成果をあげる5つの習慣

1.1. 1.時間を体系的に管理する

1.1.1. 1. 最高に貢献できることは何か

1.1.2. 2. 自分の時間は何に使われているか記録する

1.1.3. 3. 浪費時間を見つける

1.1.4. 4. やめてしまってもよい仕事を廃棄する

1.1.5. 5. まとまった時間をもつ

1.2. 2.外の世界に対する貢献に焦点を合わせる

1.2.1. 組織の中に成果は存在しない。すべての成果は外にある

1.2.2. 社会に変化を起こす

1.2.3. 目標設定

1.2.4. 組織の成果

1.2.4.1. 直接の成果

1.2.4.2. 価値への取り組み

1.2.4.3. 人材の育成

1.2.5. 4つの基本的な能力

1.2.5.1. コミュニケーション

1.2.5.2. チームワーク

1.2.5.3. 自己開発

1.2.5.4. 人材育成

1.2.6. 成果を上げることに焦点を合わせること

1.3. 3.人の強みを生かす

1.3.1. 自分の強み

1.3.2. 他社の強み

1.3.3. 人事の4原則

1.3.3.1. できない仕事はつくらない

1.3.3.2. 多くを要求する大きなものに設計

1.3.3.3. 仕事が要求するもの

1.3.3.4. 強みを手にするには弱みを我慢

1.4. 4.重要なことに集中する

1.4.1. 優先順位

1.4.1.1. 第一に、過去ではなく未来を選ぶ。

1.4.1.2. 第二に、問題ではなく機会に焦点を合わせる。

1.4.1.3. 第三に、横並びではなく独自性をもつ。

1.4.1.4. 第四に、無難で容易なものではなく変革をもたらすものを選ぶ。

1.5. 5.効果的な意思決定を行う

1.5.1. 今日の意思決定が、明日の私をつくる

1.5.2. 意思決定には、意見の不一致を必要とする

1.5.3. 5つのステップ

1.5.3.1. 問題の種類を知る。

1.5.3.2. 問題への答えが満たすべき必要条件を明確にする。

1.5.3.3. 妥協を考慮する前に、正しい答えすなわち必要条件を満足させる答えを検討する。

1.5.3.4. 決定に基づく行動を決定そのものの中に組み込む。

1.5.3.5. 決定の適切さを検証するためにフィードバックを行う。

1.5.4. 成果を上げる意思決定

1.5.4.1. 共通の理解

1.5.4.2. 検討

1.5.4.2.1. 対立する意見

1.5.4.2.2. 競合する選択肢

2. 知識労働者

3. エクゼクティブ

4. 経営者の条件概要 - ドラッカー学会大阪支部