新商品(生地商品化)

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
新商品(生地商品化) により Mind Map: 新商品(生地商品化)

1. ブランドの定義

1.1. 『ブランドとは、消費者の役に立ち感情移入するモノ』

1.2. 【理由】売る側の視点でなく、顧客視点に答えがある

1.3. 結論

1.3.1. 市場・競合・自社をリサーチする

1.3.1.1. 顧客の立場になり感情移入する商品を開発する

1.3.1.2. 巻物業界(ペナント)

1.3.1.2.1. 市場

1.3.1.2.2. 競合

1.3.1.2.3. 自社

2. カテゴリー

2.1. 巻物

2.1.1. ターゲット

2.1.1.1. 観光お土産調査

2.1.1.1.1. お土産を渡す相手は?  「家族」(82.2%) 「友人」(54.3%) 「職場の同僚・上司」(48.7%)

2.1.1.1.2. 旅先などで自分にお土産を必ず買う人は3割、予算は3,900円  自分以外へのお土産を必ず買う人は5割、予算は4,800円

2.1.1.1.3. 自分以外のお土産を選ぶときに重視するポイントは?  1位「旅行先の名産や名物である」 2位「味がおいしい(おいしそう)」 3位「旅行先の雰囲気がある」

2.1.1.2. 観光客

2.1.1.2.1. 観光客ってどんな人がいるの?

2.1.1.2.2. 結論

2.1.2. 問題点

2.1.2.1. 著作権

2.1.2.1.1. 「思想又は感情を創作的に表現した建築物」は、建築の著作物として著作権が認められることになります。

2.1.2.1.2. 建築著作物は著作権法においては、著作権者の承諾がなくても、写真や映画、アニメやゲーム、またグッズ等での利用も可能となります。

2.1.2.1.3. 結論

2.2. 卒業記念品

2.3. 神社巡り

2.4. ギフト

2.5. 包装生地

2.5.1. 不織布

2.5.1.1. どんなメリットがあるの?

2.5.1.1.1. 環境に優しい

3. スマイルキャラクター

3.1. なぜキャラクターを作るの?

3.1.1. 企業の親しみ・愛着・好感しやすいブランドにするため

3.1.1.1. そのためにどんなキャラクター作りがあるの?

3.1.2. SNSで発信しやすくする

4. キャッチコピー

4.1. ガイドブック秘伝書

4.2. ①興味

4.3. ②本音と建前

4.4. 悩み

4.5. 損得

4.6. みんな一緒

4.7. 認められたい

4.8. あなただけの!

5. 実店舗販売

5.1. どんなところで販売してもらうの?

5.1.1. 地元のお店や観光施設・道の駅

5.1.2. グループ会社に相談

6. ECサイト

6.1. webマーケティング

6.1.1. EC用語

6.1.1.1. LTV

6.1.1.1.1. LTVとはライフタイムバリュー(lifetimevalu)の略で、「顧客生涯価値」

6.2. ECサイトの選び方

6.2.1. ECモール

6.2.1.1. Amazon・Yahoo・楽天

6.2.2. オープンソース

6.2.2.1. EC-CUBE・Magento

6.2.3. パッケージ

6.2.3.1. Orange EC・ecbeing

6.2.4. フルスクラッチ

6.2.4.1. オリジナル

6.2.5. ASP

6.2.5.1. BESE・カラーミーショップ・Shopify

6.3. 自分のEC試しに作ってみた

7. サブスクリプション

7.1. 巻物では

7.1.1. どんな特典があるの?

7.1.1.1. ガイドブック

7.1.1.1.1. 現地に行って調査

7.1.1.2. 写真をプリント1回500円

7.1.1.3. 会員制にして年間1500円でプリント無料

7.1.1.3.1. リピーターを獲得し巻物グッズを広める効果

8. 最終結論

8.1. 巻物物販で年間売り上げ・利益〇〇円目標

8.2. 実店舗・グール会社で目標%

8.3. ECサイトで目標%

8.4. サブスクリプションで目標%

8.5. スマイルキャラクターで目標%

8.6. 他新商品で目標%

8.7. 新規格商品で年間売り上げ〇〇円利益率%

8.8. コスト費用〇〇円