登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
PDCA により Mind Map: PDCA

1. C:検証

1.1. 達成率を確認する

1.1.1. KGI

1.1.1.1. 30~120日に1度、達成率を確認

1.1.2. KPI

1.1.2.1. 7~30日に1度、達成率を確認

1.1.3. KDI

1.1.3.1. 3~7日に1度、達成率を確認

1.2. できなかった要因を突き止める

1.2.1. KGIが未達

1.2.1.1. KGIと障害の因果関係がずれている

1.2.1.2. 障害とKPIの因果関係がずれている

1.2.2. KPIが未達

1.2.2.1. KDIの未達

1.2.2.2. KDIの不足

1.2.2.2.1. タスクを追加する

1.2.2.3. 想定外の障害があった

1.2.2.3.1. 障害を洗い出す

1.2.2.4. 仮説が間違っていた

1.2.2.4.1. 因果関係がずれている

1.2.3. KDIが未達

1.2.3.1. 時間をかけたが未達

1.2.3.1.1. やり方に問題があった

1.2.3.1.2. 目標に問題があった

1.2.3.1.3. 障害があった

1.2.3.2. 時間をかけられず未達

1.2.3.2.1. なぜ時間をかけられなかったか?

1.3. できた要因を突き止める

1.3.1. 再現性を高める

1.3.1.1. テンプレ化

1.3.1.1.1. チェクリスト

1.3.1.1.2. フローチャート

1.3.1.1.3. シート

1.3.1.2. 仕組み化

2. P:計画

2.1. KGIの設定

2.1.1. 状況

2.1.2. 成果

2.1.2.1. 定性化

2.1.2.1.1. 言語化

2.1.2.1.2. 文章化

2.1.2.2. 定量化(数字)

2.1.2.2.1. 定量化とは

2.1.2.2.2. 定性化の「水準」を数値に変換する

2.1.2.3. 期日の設定

2.1.2.3.1. 理想は1~3ヶ月

2.1.3. 現状

2.1.3.1. 成果と同じ指標で記入

2.2. KPIの設定

2.2.1. 障害の洗い出し

2.2.1.1. .成果の一般化

2.2.1.2. .成果の因数分解

2.2.1.2.1. whatロジックツリー

2.2.1.3. .成果と現状との差が大きい箇所の把握

2.2.1.4. .ギャップを因数分解していく

2.2.1.4.1. whyロジックツリー

2.2.1.5. 抽出した項目を時系列に並び替える

2.2.2. 中間目標のKPI化

2.2.2.1. 障害を中間目標にする

2.2.2.2. .中間目標の絞り込み(3つ)

2.2.2.2.1. インパクト

2.2.2.2.2. 時間

2.2.2.2.3. 手軽さ

2.2.2.3. ,中間目標に優先順位をつける

2.2.2.4. ,中間目標をKPIにする

2.2.2.4.1. 定性化

2.2.2.4.2. 定量化(数字)

2.2.2.4.3. 期日の設定

2.3. KDIの設定

2.3.1. 解決案の洗い出し

2.3.1.1. KPIに対して、Howロジックツリー

2.3.2. 解決案の優先順位づけ

2.3.2.1. インパクト

2.3.2.2. 時間

2.3.2.3. 手軽さ

2.3.3. 解決案の分解

2.3.3.1. 解決案に対して、Howロジックツリー

2.3.4. 分解した解決案に対してKDIを設定

2.3.4.1. 定性化

2.3.4.1.1. 言語化

2.3.4.1.2. 文章化

2.3.4.2. 定量化(数字)

2.3.4.2.1. 定量化とは

2.3.4.2.2. 定性化を数値に変換する

2.3.4.3. 期日の設定

2.4. 因果関係のチェック

2.4.1. メリット

2.4.1.1. 無駄な作業をしなくても良い

2.4.1.2. より短いタスクで成果を達成できる

2.4.2. ポイント

2.4.2.1. 因果関係チェックリスト

2.4.2.1.1. 時間軸が正しいか

2.4.2.1.2. 相関関係があるか

2.4.2.1.3. 第三因子が存在しないか

2.4.2.2. 因果関係チェック箇所

2.4.2.2.1. KDIの達成→解決案の実行

2.4.2.2.2. 解決案の実行→障害の解消

2.4.2.2.3. 障害の解消→KPIの達成

2.4.2.2.4. KPIの達成→KGIの達成

2.5. 因数分解について

2.5.1. メリット

2.5.1.1. 課題の見落としを防ぐ

2.5.1.2. ボトルネックを発見しやすい

2.5.1.3. KPI化しやすい

2.5.1.4. どんなゴールでも実現可能に思える

2.5.1.5. PDCAが速く深く回る

2.5.2. ポイント

2.5.2.1. 抽象度をあげてから分解する

2.5.2.2. 5段目まで深掘りする

2.5.2.3. 1段目だけはMECEを徹底する

2.5.2.3.1. 網羅性の基準

2.5.2.3.2. 網羅性を高める手順

2.5.2.4. 切り口の参考

2.5.2.4.1. What

2.5.2.4.2. Why

2.5.2.4.3. How

2.5.2.5. 簡単な課題は「質×量」で切る

2.5.2.6. 徹底的に言語化する

2.5.2.7. マインドマップを使う

3. D:行動

3.1. タイムマネジメント

3.1.1. 捨てる

3.1.1.1. 無駄なDoを捨てる

3.1.1.1.1. 現状抱えてるDoを洗い出す

3.1.1.1.2. Doの時間配分を把握する

3.1.2. 入れ替える

3.1.2.1. Doを入れ替える

3.1.2.1.1. 第一事象

3.1.2.1.2. 第二事象

3.1.2.1.3. 第三事象

3.1.2.1.4. 第四事象

3.1.3. 圧縮する

3.1.3.1. 毎日行うルーチンを見直す

3.2. タスク管理

3.3. モチベーション管理

4. A:修正

4.1. 調整箇所を見つける

4.1.1. KGIレベルの修正

4.1.1.1. 中止

4.1.1.1.1. 今のPDCAをやめる

4.1.1.2. 変更

4.1.1.2.1. 新しいPDCAを作成

4.1.1.2.2. 今のPDCAをやめる

4.1.1.3. 追加

4.1.1.3.1. 新しいPDCAの追加

4.1.2. 計画レベルの修正

4.1.2.1. KPIの設定

4.1.2.2. 新たな課題に関する情報収集

4.1.3. 解決案/行動レベルの修正

4.1.3.1. 解決案/タスクを外す

4.1.3.1.1. 終了したもの

4.1.3.1.2. 効果の薄かったもの

4.1.3.2. 解決案/タスクを修正する

4.1.3.2.1. 順番の変更

4.1.3.2.2. 圧縮(複数の解決案/タスクを1つにする)

4.1.3.3. 解決案/タスクを追加する

4.1.3.3.1. インパクト

4.1.3.3.2. 手軽さ

4.1.3.3.3. 時間

4.1.4. 調整不要

4.2. 調整案の優先順位を決める

4.2.1. インパクト

4.2.2. 時間

4.2.3. 気軽さ

4.3. 次のサイクルに繋げる