私の考える働きやすい職場(7/9)

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
私の考える働きやすい職場(7/9) により Mind Map: 私の考える働きやすい職場(7/9)

1. 制度

1.1. インターバル制度

1.2. 会社独自の休暇制度

1.2.1. アニバーサリー休暇

1.2.2. バースデー休暇

1.2.3. 夏季休暇

1.2.4. 申告休日(家族の誕生日等、5日/年で自由に設定可)

1.3. フレキシブルな働き方(従業員に裁量が認められた働き方)

1.3.1. コアタイムの時間変更(10:00~15:00等)

1.3.2. テレワーク導入

1.3.3. 時間単位の有給休暇取得

1.3.4. 副業・出戻りOK

1.3.5. 多様な働き方ができる制度

1.3.5.1. 場所限定、時短、業務限定など

1.4. 給与制度

1.4.1. お祝い金の充実

1.4.2. 住宅手当

1.4.3. みなし残業の付与

1.4.3.1. 残業する感覚から定時で帰宅しようとする感覚

1.4.3.2. 気持ちが変わることにより、効率化しようとする働き方へ変化

1.4.4. 時間精算の給与体系から成果物生産の給与体系へ

1.5. 通勤緩和制度

1.5.1. 近距離奨励制度

1.5.2. 東京拠点の設置

1.5.2.1. 集まりやすい場所をつくる

1.6. 育児・介護制度

1.6.1. 育児支援金

1.6.1.1. 育児休職中に月額5万円支給やベビーシッター利用時の費用補助

1.6.2. 育児休暇

1.6.3. 保育園との提携

1.7. 労働時間の削減

1.7.1. 1日10時間以内

1.8. 休業中の給与保障制度

1.9. 長期雇用奨励制度

1.9.1. 定年の延長

1.9.1.1. 70歳以上に設定

1.9.1.2. 65歳時にその先の雇用形態を選択できる制度

1.9.1.2.1. 正規雇用、短時間、フルタイムなど

1.9.1.3. 社会的評価、ノウハウの蓄積、ライフプランのバックアップ

1.10. 学習奨励制度

1.10.1. 教育機関との提携

2. コミュニケーション

2.1. 他拠点との交流

2.1.1. 業務内外関わらず

2.2. 情報共有

2.2.1. チーム内それぞれの活動状況を見える化

2.2.2. お互いに改善しあう協力体制の構築

2.2.3. 有効なツールの導入・統一化

2.2.3.1. office365使い倒そうぜ!

2.2.4. 各現場の温度感・感覚をもっとリアルに感じるツールの導入

2.2.5. 会社制度の明確化と浸透

2.3. 業務外活動の活性化

2.3.1. 帰属意識

2.3.2. メンバー同士の友好

2.3.3. eスポーツ?

2.3.4. 会社補助制度

3. 改善案

3.1. 承認権限の少人数化

3.1.1. 部課長まで承認が多い

3.1.1.1. 承認する時間を別の事に充てていただきたい

3.1.2. 棚卸することで改善できる可能性あり

3.2. 職場懇親会補助

3.2.1. 壮行会、歓迎会などに会社が一部負担

3.2.1.1. 予算・ルールを決める(年?月?)

3.2.2. 役職者がホスト役の飲み会(準備も盛り上げも後片付けも)

3.2.3. Happy Hourの代替案

3.2.3.1. 会費制にする

3.3. 健康保険保障の充実

3.3.1. 健康診断の内容の充実

3.3.1.1. 身体測定で終わるような健康診断ではなく、充実した診断で安心

3.4. ジョブローテーション制度の緩和

3.5. ファシリティ改善

3.5.1. 社用車導入

3.5.1.1. 広告車、企業アイコンにする

3.5.2. リラックス効果

3.5.3. スタンディングデスク

3.5.4. 机の仕切り

3.5.5. 壁に向かって仕事できるデスク

3.5.6. 健康器具の導入

3.5.7. コワーキングスペースの有効活用

3.5.8. シャワールーム設置

3.5.8.1. 民間機関との提携も可

3.6. 新たな業務評価奨励金の設置

3.6.1. MVP制度の代替案

3.6.2. 明確な選定基準

3.7. 決定事項の効果検証

3.7.1. 事項を減らすことも考える

3.7.2. PDCA

3.8. 服装の自由

3.8.1. 服装:オフィスカジュアル

3.8.2. 出向先の会社の規定に合わせた規定

3.8.2.1. 就業中は過ごしやすい環境になる

3.8.3. 制服

3.9. 有給承認の再認識

3.9.1. TLが承認した時点で業務を鑑みて承認している次点で決裁

3.9.2. 時季変更権が認められるケース

3.9.2.1. その労働者にしかできない業務があり、期日が迫っているなどの事情がある

3.9.2.2. 繁忙期や決算期などで今の時期に休暇を取られると業務に多大な支障が出る