基本情報試験

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
基本情報試験 により Mind Map: 基本情報試験

1. 午前試験

1.1. 過去問から50%

1.1.1. 50/100点

1.1.1.1. 暗記

1.1.1.1.1. 暗記=過去問

1.1.1.2. 小テスト

1.1.1.2.1. 進捗確認になる

1.1.2. 10/100点

1.1.2.1. 理解

1.1.2.1.1. 暗記

1.1.2.1.2. 参考書

1.1.2.1.3. 2つ対応すれば10点はいける。

1.2. やるべきことは

1.2.1. 暗記→理解の順

1.2.1.1. 過去5年分はしっかりやる。

2. 午後試験

2.1. 対応は

2.1.1. AM知識がここにも生かされる!

2.1.2. カテゴリー

2.1.2.1. 前半

2.1.2.1.1. 情報セキュリティ

2.1.2.1.2. ソフトウェア設計

2.1.2.1.3. 必須問題含めてetc

2.1.2.1.4. 取れる点数割合は?

2.1.2.2. 後半

2.1.2.2.1. アルゴリズム

2.1.2.2.2. ソフトウェア開発(言語)

2.1.2.2.3. 取れる点数割合は?

3. 対策への準備ってどれくらいやればいい?

3.1. 準備の意味

3.1.1. 物事をする前に、あらかじめ必要なものをそろえたり態勢を整えたりして用意をすること

3.2. 60点取れる勉強でいい?

3.3. ダメ

3.3.1. いつも本番で100%の実力をだせる?

3.3.2. 外部要因

3.3.2.1. 交通機関遅延

3.3.2.2. 試験内容が難しい(合格率が低)

3.3.3. 内部要因

3.3.3.1. 体調不良

3.3.3.2. あがり症

3.3.3.3. etc

3.3.4. じゃあ、どこまでやれば?

3.3.4.1. 過去問題は8割とれるまで。(パレートの法則)

3.3.4.2. 外部・内部要因で2割低下しても、6割超えられるから。

3.3.4.3. そこまでして考えてこそ準備!!

4. 補足

4.1. 人によって、やるべき勉強時間はちがいます。

4.1.1. でも、受験回数は勉強量と点数は比例する。

4.2. 当日の想定外は?

4.2.1. どうなるかは当日(未来)しかわかない。

4.2.1.1. 今気にしても意味がない

4.2.2. まずは、準備がやることのほうが大切。

4.2.3. 起きたら?

4.2.3.1. しかたない。

4.2.3.2. でも準備事態は無駄にならない。

4.2.3.2.1. 次回に役に立つ!!