国家試験に合格するには

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
国家試験に合格するには により Mind Map: 国家試験に合格するには

1. やってはいけないこと

1.1. 非効率的な勉強

1.1.1. アンダーライン

1.1.1.1. キーワードをマーカーで引いたことで安心し覚えなくても良いと脳が勘違いする

1.1.2. 何度も読み返す

1.1.2.1. 時間に見合う効果が得られない

1.1.2.1.1. 他のテクニックを使う方が時間単価が高い

1.1.3. 語呂合わせ

1.1.3.1. 頭が悪い人が考えた暗記方法

1.1.4. 集中学習

1.1.4.1. 人には集中モードと緩和モードの2種類が存在する

1.1.4.1.1. 集中モードだけでは身につかない

1.2. 休憩時間の使い方が悪い

1.2.1. 休憩中にスマホをいじる

1.2.2. 不安なことや心配事をする

2. 地頭力を鍛える

2.1. 唯一自分の才能を操れる2つの要素

2.1.1. ワーキングメモリ

2.1.2. マインドセット

2.2. つまり唯一鍛えられる才能

2.3. どうやって鍛えるの?

2.3.1. ワーキングメモリ

2.3.1.1. 運動

2.3.1.1.1. 軽い運動

2.3.1.1.2. 強い運動

2.3.1.2. DNB(デュアルNバック)

2.3.1.2.1. ワーキングメモリを鍛えられるアプリ

2.3.1.3. テレビゲーム

2.3.1.3.1. 予測性のあるもの

2.3.1.3.2. 注意点

2.3.1.4. 楽器

2.3.1.5. 筆記開示

2.3.2. マインドセット

2.3.2.1. 成長マインドセット

2.3.2.1.1. 自分は成長過程の中にいることを意識すること

2.3.2.2. 硬直マインドセット

2.3.2.2.1. 自分の才能は生まれた瞬間から決まっていて変えようがないという考え方

2.3.2.3. 結論

2.3.2.3.1. マインドセットは変化させることができる

2.3.2.4. 何をすればいいか

2.3.2.4.1. マインドセットのメディアに触れる

2.3.2.4.2. 選択と戦略を褒める

2.3.2.4.3. 失敗を学習のチャンスだと考える

2.3.2.4.4. マインドセットをモニタリングする

3. そもそもなぜ勉強するのか

3.1. 理学療法士になるために必要

3.1.1. なぜ理学療法士になりたいのか

3.1.1.1. 理学療法で患者の幸せにしたい

3.1.1.2. 理学療法士に助けられた過去がある

3.1.1.3. 給料をもらうのに自分が選んだ手段

3.1.1.4. スーツを着なくていいから

3.1.1.5. 奨学金を受けてまで選んだもの

3.1.1.5.1. 親に迷惑かけている

3.1.1.5.2. もし理学療法士になれなかったら負債だけが残る

3.1.2. どんな理学療法士になりたい?

3.1.2.1. 可能な限りその患者にとっての機能改善を目指したい

3.1.2.2. 患者の希望を持たせてそれに向かって訓練を頑張っていける理学療法士になりたい

3.1.2.3. 給料に見合う理学療法を提供したい

3.1.2.4. 脳卒中の理学療法のスペシャリストになりたい

4. やるべきもの

4.1. 勉強

4.1.1. 勉強前

4.1.1.1. 自己超越目標を持つ

4.1.1.2. 知っていることを書き出す

4.1.1.3. 好奇心を刺激する

4.1.1.4. 音楽を正しく使う

4.1.1.5. 戦略的リソース利用法

4.1.1.6. 自然の力で集中力を倍にする

4.1.1.7. ピアプレッシャーでやる気を出す

4.1.2. 勉強中

4.1.2.1. アクティブラーニング

4.1.2.1.1. 想起

4.1.2.1.2. 再言語化

4.2. 休憩

4.2.1. 勉強後

4.2.1.1. 報酬付きの昼寝

4.2.1.2. 睡眠の効果を最大まで引き出す

4.2.1.3. 運動で記憶を定着させる

4.2.1.4. マインドフルネス瞑想

4.2.1.5. クロノタイプの逆らわずに休む

5. さらに勉強の効率を上げる手段

5.1. 独り言学習

5.2. 話しかけるつもり音読

5.3. マルチモーダル学習

5.4. ジェスチャー法

5.5. 勉強中に運動

5.5.1. スタンディング勉強

5.6. 苦手意識を消す

5.7. オーバーラーニング