課題:VALU終了のお知らせを受けてどうするか

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
課題:VALU終了のお知らせを受けてどうするか により Mind Map: 課題:VALU終了のお知らせを受けてどうするか

1. 真の課題とは何か

2. ブレスト

2.1. 法定通貨及び暗号通貨と交換できるものが資産

2.2. 法律への懸念

2.2.1. 売却益が出たら個人の責任で税金対策はしてもらっていいか

2.3. 資産価値のあるものを作成するのか

2.3.1. 売却可能な状態をつくるのか

2.4. IoT混ぜたい

2.4.1. 純粋にメディアアートを作って楽しむ?

2.4.1.1. でも儲かってほしいな

2.5. 会員証的ななにか

2.5.1. それだったらERC721(NFT)のほうが向いてない?

2.6. 個人だからできる何か

2.6.1. ごっこ遊びであれば、現行の法律の枠の外

2.6.1.1. 調査が必要

2.6.1.1.1. リーガルチェック誰かに頼む?

2.7. このまま何もしないでおしまいという選択肢があることを、忘れないでおく

2.7.1. 視野が狭くなるから

2.8. 目的と真の課題を設定しないとな

2.8.1. 通貨としてのトークンはもういらない

2.8.1.1. 増やすなら優秀なエコシステムを持っているか

2.9. 新しいトークン増やしても意味がない

2.10. 宝探し

2.10.1. Legacyをブロックチェーン上に残す

2.10.1.1. ゲームの参加権利

2.11. みどりのほしぼし

2.12. 図書館のカード

2.13. ブロックチェーン

2.13.1. 消したくないものって何だろう

2.14. 今までVAって何だと思ってたんだっけ

2.14.1. ポイント

2.14.2. 株券

2.14.3. 通貨

2.14.4. クラファンの支援額的な

2.15. VALUを再発明するくらいの勢いでとりあえず考える

2.16. 新規サービスを始めるわけでないということが条件としてはたらくようなつくりにしたい