運動時間はどのようにして決まるのか?

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
運動時間はどのようにして決まるのか? により Mind Map: 運動時間はどのようにして決まるのか?

1. 運動が遅くなる理由

1.1. 滑らかさ

1.1.1. 運動時間が長ければ長い方がより滑らか(Cτ=a/D^5)

1.2. 空間的な精度

1.2.1. 「信号依存ノイズ」の存在を仮定

1.2.2. 運動時間が長ければ長い方がより終端精度が良い(W=γ/D)

1.3. パーキンソン病の研究から

1.3.1. 黒質で産生されるドパミン(運動モチベーション、運動のやる気)の減少

1.3.1.1. ドパミン減少→PD、運動気力低下、動作緩慢。 ドパミン過剰→統合失調症?動作が速くなるわけではない。

2. 運動が速くなる理由

2.1. 「コンスタントノイズ」の影響とかも考えたが…

2.1.1. 実験データから、コンスタントノイズが存在したとして、コンスタントノイズの手先終端誤差への影響はそれほど大きくないと考えられる(実験結果)

2.2. 速く運動する必要性が出てくるのは例えば次のようなタスクが課された場合: ・「できるだけ速く運動してください」と指示されるタスク ・速く運動したほうがもらえる報酬が大きい、もしくは速く運動しなければペナルティがある(成功率も報酬の一つ) したがって、速く運動させる指示も報酬も無いタスクではゆっくり運動しても 何ら問題ない。

2.3. もし許容誤差W*が与えられた場合

2.3.1. W*≧Wのときがタスク成功なら

2.4. 逆に、「速く運動したほうがもらえる報酬が大きい」や「速く運動しなければペナルティがある」等のように、運動のモチベーション(やる気)を増加させるタスクが課された場合に運動が速くなると考えられる。

2.5. 運動速度がタスクに関係ない場合(すなわち、報酬やペナルティに関係ない場合)も

3. PDや加齢のように、運動が遅くなってしまう症状というのはあるが、運動が速くなってしまう症状は(調べたところ)ない。