シン・ニホン

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
シン・ニホン により Mind Map: シン・ニホン

1. 1章 データ×AIが人類を再び解き放つ

1.1. 1歴史的な革新期:背景等が記載されている

1.1.1. AIとは計算機*アルゴリズム×データ

1.1.2. 未来はどうなるか?

1.1.3. 指数関数的

1.2. 2知的生産そのもが変わる

1.2.1. すべての産業がデータ*AI化する

1.2.1.1. 最古の3つの産業であっても

1.2.1.1.1. アパレル

1.2.1.1.2. 農業

1.2.1.1.3. 小売

1.2.1.2. 決済システムは、BRAINtree

1.2.2. 意思決定の質とスピードが上がる

1.2.2.1. 状況把握から打ち手まで1つのループ

1.2.2.1.1. サービスの価値が上がる

1.2.2.1.2. ユーザが集まる

1.2.2.1.3. データが増え、状況把握が進む

1.2.2.1.4. アルゴリズムの性能が上がる

1.2.2.1.5. 打ち手の質が上がる

1.2.3. 事業および収益構造が2重

1.2.4. マッシュアップエコノミー

1.2.4.1. 餅は餅屋

1.2.4.2. 例:ウーバー

1.2.4.2.1. 地図はGOOGLEmap

1.3. 4未来の方程式

1.3.1. 変化は遥かに早く起きる

1.3.2. 質的に変わる富を生む方程式

1.3.2.1. 例:テスラの時価

1.3.2.2. 企業価値世界ランキング

1.3.2.2.1. めちゃ変わってる

1.3.3. 方程式

1.3.3.1. これまで⇒

1.3.3.1.1. ①「スケール」をとる、市場でのプレゼンス

1.3.3.1.2. ②既存の枠組みの中での規模と効率

1.3.3.1.3. ③既存のルールでのサバイバル

1.3.3.2. これから⇒

1.3.3.2.1. 非連続な変化

1.3.4. 主要先進国は人口調整局面

1.3.5. 妄想してカタチにする虚数軸

1.3.5.1. データ×AI 虚数

1.3.6. 未来の方程式

1.3.6.1. 未来=課題(夢)×技術×デザイン

1.3.6.2. デザインの新しい定義

2. 2章 「第二の黒船」にどう挑むか -- 日本の現状と勝ち筋 日本の現状と勝ち筋

2.1. 若い人を信じ託し応援する

2.1.1. ミドルマネジメントは、坂本龍馬でなく勝海舟

2.2. モノ・金(実数)

2.3. ダメな日本はこうだ(涙)

2.3.1. 1人負けを続けた15年間

2.3.1.1. GDP日本だけが伸ばせないという状態が25年

2.3.1.2. 生産性が低いだけ

2.3.1.2.1. やるべきことをやれば、他の主要国に並べる

2.3.2. 2埋もれたままの3つの才能と情熱

2.3.2.1. ①若い才能の3割は発掘されるのを待っている

2.3.2.1.1. 貧乏になっている

2.3.2.2. ビッグデータ

2.3.2.2.1. 日本は負けてる

2.3.2.2.2. 様々なところからデータがとれる

2.3.2.3. ②女性のかぎりないのびしろ

2.3.2.4. ③シニア層

2.3.2.4.1. 65を超えても働ける

2.3.3. 3国力を支える化学技術の急激な衰退

2.3.4. 4データ×AI 世界で戦うには?

2.3.4.1. 3つ

2.3.4.1.1. データ処理能力

2.3.4.1.2. データエンジニア

2.3.4.2. 黒船来航時と同じ

2.3.4.2.1. 日本の若者は武器をもたず船上に行っている

2.4. 希望へ!

2.4.1. 5日本に希望はないのか?

2.4.1.1. 産業革命における日本はどうだったか?

2.4.1.2. チャンスなんだ!

2.4.1.2.1. 第2、3フェーズで勝ってきた

2.4.1.2.2. 出口産業を持つ強みとチャンス

2.4.2. 6まず目指すべきは、Alreadyな社会

2.4.2.1. まずは土俵に立とう

2.4.2.2. 10個ある

2.4.2.2.1. 目的・目指す姿

2.4.2.2.2. 扱える人材

2.4.2.2.3. 対象となる分野

2.4.3. 7日本の未来の勝ち筋

2.4.3.1. 4つある

2.4.3.1.1. 全てご破算にして明るくやり直す

2.4.3.1.2. キャッチアップのスピード

2.4.3.1.3. 不揃い

2.4.3.2. 妄想力やばい

2.4.3.2.1. ドラえもんとか

3. 人材

3.1. 3章;求められる人材とスキル

3.1.1. マネジメント

3.1.1.1. 0あるべき姿を見極めて設定する

3.1.1.2. 1いい仕事する

3.1.1.3. 2 いい人を採っていい人を育て、維持する

3.1.1.4. 3以上の実現のためにリソースを適切に配分し運用する

3.1.2. 1ワイルドな局面で求められる人材とは

3.1.3. 2普通でない人の時代

3.1.3.1. 運・根・感・チャーム

3.1.3.2. 3つの型

3.1.3.2.1. N倍化

3.1.3.2.2. 刷新A→B

3.1.3.2.3. 創造0−1

3.1.4. 3多面的な人材のAlready☺️化

3.1.5. 4知性の革新は「知覚」

3.1.5.1. 知性とは何か?

3.1.5.2. AIとの違い

3.1.5.2.1. 根本的に異質

3.1.5.2.2. 本物の問題解決にAIは無力

3.1.5.2.3. スポンジより気付くスキル

3.2. 4章:未来を創る人をどう育てるか

3.2.1. 1:3層での人づくり

3.2.1.1. すでにある2つの巨大アセット

3.2.1.1.1. ミドルマネジメント層

3.2.1.1.2. スキル再生をシステム化

3.2.2. 2国語と数学の力を再構築する

3.2.3. 3;未来を仕掛ける人を育てる6つのポイント

3.2.3.1. ①意思、自分らしさ、憧れ

3.2.3.2. ②皮膚感を持って、価値を生み出すこを理解する

3.2.3.3. ③サイエンスの面白さと意味の理解を深める

3.2.3.4. ④夢✖︎技術✖︎デザイン視点

3.2.3.5. ⑤道具としての世界語

3.2.3.6. ⑥アントレプレナーシップの素養

3.2.4. 3産学連携の正しいエコシステム

3.2.5. 5専門家層・リーダー層の育成

3.3. 5章:未来に賭けられる リソース配分

3.3.1. 1・圧倒的に足りない科学的技術予算

3.3.2. 2日本から有能な人材がいなくなる

3.3.3. 4若い人に投資する国へ変わろう

3.3.3.1. 国にお金がないわけではない

3.3.3.2. Life as Value

3.3.4. 5コスト案

4. 未来

4.1. 6章残すに値する未来

4.1.1. 不確実性な未来