社宅制度現状

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
社宅制度現状 により Mind Map: 社宅制度現状

1. 制度を利用している

1.1. 補助金額

1.1.1. 勤務地・グレードによる

1.1.2. 年額で83万~150万ぐらい

1.1.2.1. 制度を利用してない

1.1.2.2. 従業員との差は

1.1.2.3. 年収83〜150万程の差が生じる

1.1.2.3.1. グレードでいえばワンランク以上の差が生じることになる。

1.2. 年数

1.2.1. 7年まで

1.2.1.1. 社宅が切れたら

1.2.1.1.1. 年収ベースで

1.2.1.1.2. 83万~150万さがるため

1.2.1.1.3. 退職者が出る可能性がある

1.3. 対象者

2. リロクラブでできることの情報収集

2.1. 1/29 1300 リロ打ち合わせ

3. 福利厚生費対社宅補助料の経年変化のグラフ作成

3.1. 1/28 廣瀬作成

4. そもそもの社宅補助に関する考え方をまとめる

4.1. 基本的な考え方(大前提)

4.1.1. 入社・異動により発生する住宅面での不利益を補てんするために社宅を与えるというのが基本的な考え方

4.2. なぜ勤務地・グレードで補助金額を分けている?

4.2.1. 異動命令による不具合を考えて、現物支給として考えている

4.2.2. 偉い奴はええ家に住めるようにしてあげようという意図がある

4.2.3. ※偉い人が住む家はいい家にしときたいという体面がある

4.2.4. 代わりに個人負担金も大きくしている

4.3. なぜ期限が定められている?

4.3.1. 期限がないことが世間一般的に言えば異質であるという考え方がある

4.3.2. そこを世間一般にあわせた

4.3.3. ただし、本当の転勤族(5~7年ごとに転勤)は不利益を被らないようにしようという考えで期限の区切りを設けた

4.4. なぜ中途入社が優遇されている?

4.4.1. 出していない会社は多い

4.4.2. 地方の企業であることが採用で不利にならないようにすべく、新卒・中途は優遇することにした

5. 制度を利用していない

5.1. なぜ制度を利用していない?

5.1.1. 条件を満たしていないため

5.1.1.1. 条件を満たす

5.1.1.2. 条件を変える

5.1.1.3. 不公平を無くすには

5.1.1.3.1. 規則の見直し

5.1.1.3.2. 全従業員を可能にすると

5.2. なぜ入居条件が設定されている?

6. 管理業務に手間が取られる

6.1. 勤務地・グレードで手当てが分かれていて変更の度に手間が発生する

6.1.1. 手当を一括にすると

6.1.2. 手間が少なくなる

6.2. 特例が発生するたびに調整の手間が発生する

7. 年間の補助費用

7.1. 算出予定

7.1.1. 森田さん依頼?

8. 手順

9. 社宅ありなし年収比較表?

9.1. 小林が作る

9.1.1. 簡単なものは作成済

10. 家賃補助

10.1. ポイントで統一

10.1.1. 不公平感がない

10.1.1.1. 業者は?

10.1.1.1.1. これから調べる

10.2. 分類

10.2.1. 持ち家

10.2.1.1. 15000

10.2.2. 賃貸世帯主

10.2.2.1. 30000

10.2.3. 世帯主以外

10.2.3.1. 5000

11. 原資

11.1. 現状4200万

11.1.1. 理想は

11.1.1.1. 1億5000万必要

11.1.1.1.1. しかし

11.1.1.1.2. プラス1億は

11.1.1.1.3. 厳しい

12. 社宅貸与の考え方

12.1. 基本的には単身赴任手当の考え方に近い

12.2. マイナス(異動転居による不利益)を補てんするという意味合いがある ※但し、中途入社の優遇は除く

13. プランの素案

13.1. 松:原資を増やして(1億以上)今の水準で全員が福利厚生としての社宅入居の権利を付与する   ※入居を希望しない人にはその分のカフェテリアプランのポイントを与える

13.2. 竹:現状の社宅原資(4千万)をもとに、全員が社宅入居の権利を得られるようにする(但し、補助金額はその分低下)

13.3. 竹v2:住宅手当を復活させて、社宅補助との公平感をとる

13.4. 梅:ゼロベースで社宅に関する優遇策を考える ※リロクラブ特有の割引など?

13.5. α:賞与を下げて給与をあげて、社宅補助料の低下に備えてもらう

14. 借り上げ社宅の個人負担額

14.1. 法廷家賃の50%未満だと

14.2. 課税される。

14.3. 今の現状を確認する?(森田さん)?