OTASUKE事業計画

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
OTASUKE事業計画 により Mind Map: OTASUKE事業計画

1. 広告が追うべき数字

1.1. 本確率

1.1.1. 目標70%

1.1.1.1. 集計対象はどこのクライアントになりますか?

1.1.1.1.1. 逆にどこのクライアントにするのがいいと思う?

1.1.1.1.2. その理由も考えてみて!

1.1.2. 現状数字

1.1.2.1. 1月17日時点

1.1.2.1.1. ルリオ

1.1.2.1.2. 三共

1.1.2.1.3. SMCK

1.1.2.2. 平均69.5%

1.1.3. ギャップを埋めるための施策

1.1.3.1. 記事作成

1.1.3.1.1. 体験談記事の修正作成

1.1.3.1.2. アンケート+火災保険内容追加記事

1.1.3.1.3. 新規記事作成

1.1.3.2. フォーム改修

1.1.3.2.1. 調査希望日項目追加

1.1.3.2.2. 仮説

1.1.3.3. 媒体追加

1.1.3.3.1. 未確定

1.1.3.4. サンクスページ修正

1.1.3.4.1. 記載内容(まだ構想完成していない)

1.1.3.4.2. 仮説

1.2. 本確→商談

1.2.1. 本格後未商談

1.2.1.1. 現状数字確認

1.2.1.2. 対策

1.2.1.2.1. 記事作成

1.2.1.2.2. フォーム改修

1.2.1.2.3. 媒体追加

1.2.2. 別人

1.2.2.1. 現状数字確認

1.2.2.2. 対策

1.3. 商談→アポ

1.3.1. リリース調査意思なし

1.3.1.1. 来ると思わなかった

1.3.1.1.1. 現状数字確認

1.3.1.1.2. 対策

1.4. 共済率

1.4.1. 共済率が下がると

1.4.1.1. アポ率が上がる

1.4.1.2. 顧客の受領単価が上がる

1.4.1.3. 現状数字確認

1.4.1.3.1. 媒体比率確認

1.4.1.4. 対策

1.4.1.4.1. 記事内に民間保険訴求の追加

1.5. 無効率

1.5.1. 下がるとOTASUKE利益増える

1.5.1.1. クライアントは支払いなし

1.5.1.1.1. 現状数字確認

1.5.1.1.2. 対策

1.6. 件数

2. 問題点

2.1. 要因分析

3. スケジュール

3.1. 2月

3.1.1. 1週目

3.1.1.1. 記事テスト①

3.1.1.1.1. 計測期間

3.1.2. 2週目

3.1.2.1. 記事テスト①

3.1.2.2. 記事テスト②

3.1.2.2.1. 計測期間

3.1.3. 3週目

3.1.3.1. フォームテスト

3.1.3.1.1. 最低1週間は回したい

3.1.4. 4週目

3.1.4.1. サンクステスト

3.1.4.1.1. 計測期間

3.1.5. 分析

3.2. 3月

3.2.1. 2月の施策に対して効果的施策の更なる改善修正がメイン+記事テスト予定

4. 全体

4.1. 一旦出来上がったら竹田→武井に連絡を!

4.2. 基準値・想定値

4.2.1. KPI

4.2.1.1. クライアントで目標数値が違うので集計後入力

4.2.1.1.1. 本確

4.2.1.1.2. 商談

4.2.1.1.3. 有効→商談50%

4.2.1.1.4. アポ

4.2.1.1.5. 受領額

4.2.1.1.6. 広告費比率

4.2.1.1.7. 7月

4.3. スケジュール

4.3.1. 上半期

4.3.1.1. 2~3月

4.3.1.1.1. 広告効果の確認

4.3.1.2. 4月

4.3.1.2.1. 月間件数

4.3.2. 下半期

4.3.2.1. 5月以降

4.4. 目標

4.4.1. 最大値

4.4.1.1. 件数月間2万件

4.4.1.2. CPA6000円

4.4.1.3. 全国配信

4.4.1.4. 24時間配信

4.4.1.5. アンケートOK

4.4.1.6. 単価8000円

4.4.2. ギャップ

4.4.2.1. 本格70%

4.4.2.1.1. 数字分析し施策実行

4.4.2.2. 商談60%

4.4.2.2.1. 意思なし

4.4.2.3. 広告効果としてアポ30%以上

4.4.2.4. 配信時間

4.4.2.5. クライアントが全国にある

5. 広告

5.1. 施策を考える時の手順を統一させる

5.1.1. 鬼速PDCAを参考に

5.1.1.1. 参考資料

5.1.1.1.1. PDCA解剖図

5.1.1.1.2. 講義①課題ファーストと因数分解

5.1.1.1.3. 講義②PLAN設計

5.1.1.1.4. 講義③KDIシートの作成と仕組み化

5.1.1.1.5. 講義④CHECK/ADJUST

5.1.2. Plan

5.1.2.1. ① 現状と目標のギャップ

5.1.2.1.1. 例

5.1.2.2. ② 想定される問題点の洗い出し(因数分解をして仮説を立てる)

5.1.2.2.1. 例

5.1.2.2.2. 出来るだけ細かく・多く

5.1.2.3. ③ ②に対して効果・インパクトの大きさを考えて優先順位をつける

5.1.2.4. ④ 優先度の高い②に対して広告施策(解決案)を考える(3つ以上)

5.1.2.5. ⑤ ④に対して効果・インパクトの大きさを考えて優先順位をつける

5.1.2.6. ⑥ 試す施策の結果を判断するための数量を設定

5.1.2.6.1. 例

5.1.3. Do

5.1.3.1. ① 配信中の注意点

5.1.4. Check

5.1.4.1. ① 配信結果のデータ整理

5.1.4.2. ② Doに対しての考察

5.1.4.3. ③ ②に対しての判断

5.1.5. Adjust

5.1.5.1. ① 成功した要因・失敗した要因を考える

5.1.5.1.1. 成功要因

5.1.5.2. ② 成功要因に対して

5.1.5.2.1. 伸長案を考える

5.1.5.3. ③ 失敗要因に対して

5.1.5.3.1. 改善案を考える

5.1.5.4. ④ 次のサイクルを回す調整案

5.2. 目標値

5.2.1. 想定値

5.3. 現状

5.3.1. 月別

5.3.1.1. 7月

5.3.1.1.1. ルリオ

5.3.1.1.2. 三共

5.3.1.1.3. SMCK

5.3.1.2. 8月

5.3.1.3. 9月

5.3.1.4. 10月

5.3.1.5. 11月

5.3.1.6. 12月

5.3.1.7. 1月

5.4. Plan

5.4.1. ① 現状と目標のギャップ

5.4.1.1. 想定値とのギャップ

5.4.1.2. 効果の良い月を最低目標値とした場合

5.4.2. ② 想定される問題点の洗い出し(因数分解をして仮説を立てる)

5.4.3. ③ ②に対して効果・インパクトの大きさを考えて優先順位をつける

5.4.4. ④ 優先度の高い②に対して広告施策(解決案)を考える(3つ以上)

5.4.5. ⑤ ④に対して効果・インパクトの大きさを考えて優先順位をつける

5.4.6. ⑥ 試す施策の結果を判断するための数量を設定

5.4.7. ⑦ 施策内容まとめ

5.4.8. ⑧ 施策スケジュール

5.4.8.1. 工程表

5.5. Do

5.5.1. ① KDI設定

5.5.2. ② ToDo設定

5.5.3. ③ 配信中の注意点(あれば)

5.6. Check

5.6.1. ① 配信結果のデータ整理

5.6.2. ② Doに対しての考察

5.6.3. ③ ②に対しての判断

5.7. Adjust

5.7.1. ① 成功した要因・失敗した要因を考える

5.7.1.1. 成功要因

5.7.1.1.1. なぜ効果があったのかを考えて、成功の再現性を高める

5.7.2. ② 成功要因に対して

5.7.2.1. 伸長案を考える

5.7.3. ③ 失敗要因に対して

5.7.3.1. 改善案を考える

5.7.4. ④ 次のサイクルを回す調整案

6. 目標値すり合わせ

6.1. 5月までの件数目標値

6.1.1. 要因分析

6.1.1.1. 目的

6.1.1.1.1. 7~9月広告効果に近づける

6.1.1.1.2. 効果そのままで安く獲得する方法

6.1.1.1.3. 更に質の向上

6.1.1.2. 期間

6.1.1.3. 施策内容

6.1.1.4. スケジュール

6.1.1.5. 媒体事の共済率

6.1.1.5.1. GDN共済高い

6.1.2. 対策

6.1.2.1. 媒体別

6.1.2.2. 配信手法

6.1.2.2.1. ターゲティングごとの数値

6.1.2.3. 記事

6.1.2.3.1. アンケート

6.1.2.3.2. 体験談

6.1.2.3.3. 漫画

6.1.2.3.4. テスト記事

6.1.2.4. 地域

6.1.2.4.1. 地域ごとの特性の差

6.2. 広告が追うべき数字

6.2.1. 本確率

6.2.1.1. 目標70%

6.2.1.2. 現状数字

6.2.1.3. ギャップを埋めるための施策

6.2.1.3.1. 記事作成

6.2.1.3.2. 媒体寄せ

6.2.2. 本確→商談

6.2.2.1. 本格後未商談

6.2.2.1.1. 現状数字確認

6.2.2.1.2. 対策

6.2.2.2. 別人

6.2.2.2.1. 現状数字確認

6.2.2.2.2. 対策

6.2.3. 商談→アポ

6.2.3.1. リリース調査意思なし

6.2.3.1.1. 来ると思わなかった

6.2.4. 共済率

6.2.4.1. 共済率が下がると

6.2.4.1.1. アポ率が上がる

6.2.4.1.2. 顧客の受領単価が上がる

6.2.4.1.3. 現状数字確認

6.2.4.1.4. 対策

6.2.5. 無効率

6.2.5.1. 下がるとOTASUKE利益増える

6.2.5.1.1. クライアントは支払いなし

6.2.6. 件数

6.2.7. 広告に求めるもの

6.3. 事業計画作成

6.3.1. 2~3月で質の安定

6.3.1.1. 基準

6.3.1.1.1. 出来る

6.3.1.1.2. 出来ない

6.3.2. 既存クライアント11月~本確→商談率の低下→件数低下→予算払えない→質の見直し

6.3.2.1. 以前の数字に戻している状態

6.3.3. 4月~予算は増やさない

6.3.3.1. 理由

6.3.3.1.1. 支払いリスクがあるから予算伸ばさない

6.3.4. アポ

6.3.4.1. 広告では担保できないが重要KGI

6.3.4.1.1. 本確率

6.4. 4月からの単価変更

6.4.1. その他エリアの単価を上げる

6.4.1.1. 正規販売

6.4.1.1.1. 民間1万円

6.4.1.2. 準正規販売

6.4.1.2.1. 民間6500円

6.4.1.3. その他エリア

6.4.1.3.1. ここの単価を上げる

6.4.1.3.2. 1000円、3000円、6500円

6.4.1.4. OTASUKE現状販売単価6300円

6.4.1.4.1. 7300円になる想定

6.4.1.4.2. 藤翔から前払い予算

6.4.2. エリア

6.4.2.1. 関東、関西、北陸、九州

6.4.2.1.1. 全体件数

6.5. 下半期5月以降の計画

6.5.1. 3月までの結果による

6.5.1.1. 理想

6.5.1.1.1. 関西を増やしていきたい

6.5.2. OTASUKE→Bokuravoへの5月の単価の見直し

6.5.2.1. 体験談パターン

6.5.2.1.1. 6500円

6.5.2.2. アンケートパターン

6.5.2.2.1. 6000円?

6.5.2.3. 基準Bokuravo抜き1500円

6.6. 費用対効果

6.6.1. 狙っている数字

6.6.1.1. クライアントの売り上げの30%以内に広告費を収まるようにする

6.6.1.1.1. 有効→入金10%想定

6.6.1.1.2. 有効100件→入金10件→320万円(売上)

6.6.1.1.3. 有効→アポ率目標値30%

6.6.1.1.4. 有効→商談60%目標

6.6.1.1.5. 有効→本確70%目標