登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
アングラマーケティング により Mind Map: アングラマーケティング

1. 導入ガイダンス

1.1. 情報に価値は、無い

1.1.1. 知識

1.1.2. 理解

1.1.3. 応用

1.1.4. 分析

1.1.5. 統合

1.1.6. 評価

1.2. 結果を出すことにフォーカスする

1.2.1. 実戦でどの様に使うか?

1.3. 過去を振り返らない

1.3.1. 今日の行動を変えていく

1.4. 99%同じ

1.4.1. 小さな差で大きく結果が変わる

1.5. 失敗はない フィードバックがあるだけ

1.5.1. 初めてやる事

1.5.2. 学んでいるだけ

1.5.3. どうしたらうまういくのか

1.6. ネバーギブアップ

1.6.1. 基本的にスキルだから行動に変えていく

1.6.1.1. 諦めない

1.6.1.1.1. 出来る様になれば簡単に取り返す事ができる

1.7. 具体的な行動

1.7.1. 正しい勉強法

1.7.1.1. アルツハイマー

1.7.1.1.1. エビングハウス

1.7.2. 目標設定

1.7.2.1. 方向

1.7.2.1.1. 何の為にしいているのか?

1.7.2.1.2. いつまで、どれくらい

1.7.2.1.3. リソース

1.7.2.1.4. 機会

1.7.2.1.5. モチベーション

1.7.3. モチベーション維持

1.7.3.1. 目標

1.7.3.2. 動機

1.7.3.3. 理由

1.7.3.4. 判るか

1.7.3.5. スキル能力

1.7.3.6. いつどこでどんな形

1.7.3.7. 豊か選択肢が増える

1.7.3.8. 決断を強い気持ちで

1.7.4. 行動

1.7.4.1. 成功曲線のギャップに気をつける J字もある

1.7.4.2. 慣性の法則

1.7.4.3. 助走

1.7.4.4. 実学重視

1.7.4.5. 質は量から

1.7.4.6. 行動と感情は結びついている

1.7.4.6.1. 大胆に

1.7.4.7. 思考・言葉・行動する

1.7.5. フィードバック

1.7.5.1. 仮説

1.7.5.2. 上手く行っても行かなくても計測する

1.7.5.2.1. より大きく成功できる

2. マーケティングの基礎

2.1. この講座で何が得られるのか

2.1.1. 机上の空論ではない

2.1.1.1. 結果にフォーカス

2.1.1.2. 再現性が高い

2.1.2. なぜ99%の人にビジネススクールは無意味なのか?

2.1.2.1. 現状と違う

2.1.3. 何が得られるのか?

2.1.3.1. 集客・販売・

2.1.3.1.1. 0から

2.1.3.2. お金はスキル!!

2.1.3.2.1. 学ぶ

2.1.4. 行動しろ!

2.1.4.1. リアルとネットを融合する!

2.1.4.2. 考えながら行動する

2.1.4.3. 使う為には?アイデアを

2.1.4.4. どの様に実践するのか!

3. マーケティングの基礎知識

3.1. 1

3.1.1. マーケッター脳にチェンジ

3.1.1.1. 考え方・マインドセット

3.1.1.1.1. 行動が変わる

3.1.2. ビジネスを急成長させる7ステップ

3.1.2.1. マーケティング脳にシフトチェンジする

3.1.2.2. 適切な戦略・戦術を学ぶ

3.1.2.3. 自分のビジネスに導入する

3.1.2.4. フィードバックを元に仮説を立てる

3.1.2.5. フィードバックから得た仮説を元に改善し実践する

3.1.2.6. 得たリターンを再投資し拡大する

3.1.2.7. 仕組み化、マニュアル化、テンプレート化する

3.1.3. 社長の仕事はマーケティング

3.1.3.1. 認知させる時間

3.1.3.2. 時給は

3.1.4. どこからどこまでがマーケティング

3.1.4.1. 商品企画

3.1.4.2. 流通

3.1.4.3. 集客

3.1.4.4. サービス提供・アフターサービス

3.1.4.5. 人材教育

3.1.4.6. 顧客を獲得するところから

3.1.5. お金は生み出した価値の対価

3.1.5.1. 価値の総量=価値の質*価値を提供した量

3.1.5.2. 働いた量ではない

3.1.5.3. 質を良くする

3.1.5.4. どうやって多くの人に

3.1.5.4.1. 企画

3.1.5.4.2. 認知

3.1.5.4.3. 提供

3.1.5.4.4. 受領

3.2. 2

3.2.1. 世界を変えるイノベーションは偉い人に任せておけ

3.2.1.1. 売り上げのあげ方を覚える

3.2.2. 小規模で始める方法を知る

3.2.2.1. 売り上げのあげ方を覚える

3.2.2.1.1. できるだけ多くの顧客を獲得する

3.2.3. 社長の時給を上げる

3.2.3.1. 欲しい報酬・

3.2.3.1.1. 1000万>時給5200円

3.2.4. 価値はマーケティングによって変わる

3.2.4.1. 量力・資金

3.2.5. 料理は味を変えなくても美味しくなる

3.2.5.1. 絶対的な価値のある物は無い

3.2.5.2. 先入観・教育・情報

3.2.5.3. 伝えることによって価値が生まれる

3.2.5.4. 流動的

3.3. 3

3.3.1. マーケッターは錬金術師

3.3.1.1. コミュニケーションの責任は自分にある

3.3.1.2. 技術

3.3.2. マーケティングは究極の投資

3.3.2.1. 月利100%もある

3.3.2.2. リスク・リターンをコントロール出来る

3.3.3. 費用対効果

3.3.3.1. 買ったあとリターンがあるか

3.3.4. リスクとリターン

3.3.4.1. リスクが無いのは詐欺

3.3.4.2. 情報・統計・データーによってリスクヘッジ

3.3.4.2.1. ノーリスク・ハイリターン

3.3.5. 実践>仮説>検証

3.3.5.1. 出来レース

3.3.5.1.1. ギャンブルは運

3.3.6. 価値ある失敗をたくさんする

3.3.6.1. フィードバックがある失敗

3.3.6.1.1. 成長が早い

3.3.6.2. 素早く失敗する

3.3.6.2.1. スピードは利益

3.3.6.3. 多く試す

3.3.6.3.1. 改善する!!

4. アングラ戦略1

4.1. 資産

4.1.1. DRMの3ステップ

4.1.1.1. 見込み客を費用対効果を見て効率的に集める

4.1.1.1.1. お金はいっ時の安心資産は永遠

4.1.1.2. 見込み客を教育し顧客にする

4.1.1.2.1. 価値を提供

4.1.1.3. 顧客を教育し繰り返し買ってもらう

4.1.2. お金はいっ時の安心・資産は永遠

4.1.2.1. 無形資産

4.1.2.1.1. 奪われない資産

4.1.2.2. 有形資産

4.1.2.2.1. お金

4.2. 最大の試算は顧客リスト

4.2.1. 顧客こそ資産

4.3. 利益は顧客がもたらす

4.4. お金ではなく資産を手に入れろ2

4.4.1. 本当に顧客リストを理解しているのか?

4.4.1.1. 顧客を理解する

4.4.1.2. コンタクト

4.4.1.3. どの様に整理しているか

4.4.2. 超有料顧客に出会うまでの道のり

4.4.2.1. 見込み客

4.4.2.1.1. 1%

4.4.3. 顧客の金銭的価値をいくらか?

4.4.3.1. 一生涯使うお金

4.4.4. 顧客を恋人と考えよう

4.4.4.1. 新規客を獲得するコストは顧客を維持するコストの5倍かかる

4.4.5. 顧客リストに最低限必要な情報

4.4.5.1. フルネーム・電話番号・メール・住所

4.4.6. 仕分けされたリストほど、反応が出せる

4.4.6.1. 見込み客・顧客・3ヶ月以内・休眠リスト

4.4.7. なぜ整理すればするほど利益が上がるのか?

4.4.7.1. 利益の80%は上位20%の人がもたらす

4.4.7.1.1. 正しくアプローチ

4.4.8. アクションプラン

4.4.8.1. 顧客リストを取得する仕組みを構築する

4.4.8.2. 顧客リストの整理

4.4.8.3. 顧客リストの活用

5. アングラ戦略2

5.1. 顧客ではなく見込み客を集める

5.1.1. 可能性がある

5.1.2. 機会損失

5.2. リスト!リスト!リスト!

5.2.1. 関心がある人

5.3. 2ステップビジネスを導入するメリット

5.3.1. 中長期的

5.3.2. 売り上げの最大化

5.3.3. 爆発的な売り上げ

5.3.4. 高額な商品

5.3.5. 継続性、リピート率が高い商品

5.3.6. 一般的に認知されていない商品やサービス

5.3.7. 顧客向けの商品が複数あるビジネス

5.3.8. ネットだけでは買うのに躊躇するもの

5.4. 2ステップビジネスに向かないもの

5.4.1. 緊急性のビジネス

5.4.2. 低単価

5.5. 見込み客に手をあげてもらう方法を考えろ

5.5.1. プレゼント

5.5.1.1. 特典

5.5.2. 関心を持ってくれている人

6. アングラ戦略3

6.1. 顧客を教育する

6.1.1. 商品ではなく感情を買っている

6.1.1.1. 感情を刺激

6.1.1.2. キーワード

6.1.2. 教育の価値はプライスレス

6.1.2.1. 高い商品に付加価値

6.1.2.1.1. 利益率

6.1.2.1.2. 適切に教える

6.1.2.1.3. 紹介

6.1.2.1.4. 差別化できる

6.1.3. トラストマネー(信用残高)という考え方

6.1.3.1. 与えて信頼関係

6.1.3.2. サービス直後

6.1.3.3. 接触頻度

6.2. 育てるものである

6.2.1. 見込み客>顧客

6.2.2. そのうち客>今すぐ客

6.2.3. 顧客>リピーター

6.2.4. リピーター>ロイヤルカスタマー

6.2.5. ロイヤルカスタマー>信者

6.3. 顧客を教育する2

6.3.1. 価値観は誰によって教育されたのか?

6.3.1.1. 親・学校・友達

6.3.1.2. メリット

6.3.1.2.1. 教えてあげる

6.3.2. すべての価値は教育によるもの

6.3.3. 逆説:リストには大した価値はない

6.3.3.1. 顧客との関係性に価値がある

6.3.4. 顧客との関係性を築く方法

6.3.4.1. 信頼性

6.3.4.1.1. 継続的な教育

6.3.4.2. 特別扱い

6.3.4.3. サンキューメール

6.3.4.3.1. 電話

6.3.4.3.2. ニュースレター

6.3.4.3.3. コンテンツを投入

6.3.4.3.4. コミュニティーに入れる

6.3.4.3.5. イベント

6.3.4.3.6. 割引カード

6.3.4.3.7. 誕生日カード

6.3.4.3.8. メルマガ

6.3.4.3.9. 感謝祭

6.3.5. 関係性は接触頻度と接触濃度

6.3.6. コミュニケーションの生産性を考える

6.3.6.1. 量

6.3.6.2. 資産が多くなる

6.3.6.3. 最大化

7. アングラ戦略5

7.1. ビジネスは数字のゲーム

7.1.1. ネットビジネスの重要な指標

7.1.2. コンバージョン率(成約率)

7.1.3. アクセス数(訪問数)

7.1.4. CPA(コンバージョン獲得単価)

7.1.5. コンバージョン数

7.1.6. 顧客獲得数

7.1.7. CVR(コンヴァージョンレート)

7.1.8. CPO(顧客獲得単価)

7.1.9. CTR(クリック率)

7.2. 見込み客*成約率*購入単価=売り上げ

7.2.1. 売り上げが上がるか予測する

7.3. 全ては計測から始まる

7.3.1. 同じ認識

7.4. 科学的なアプローチ

7.4.1. 計測されない物は改善されない

7.4.1.1. 知れば改善できる

7.5. 一見難しそうに見えるが高校の数学のようがよほど難しい

7.5.1. 稼げない高度な数学ではなく稼げる算数をしよう!

7.6. LTVを計算してみよう

7.6.1. 目先で考えず一年単位で調べる

7.7. 分析オタクにならない

7.7.1. 売り上げに関わるところだけ

7.7.2. 何を改善すれば売り上げが上がるか

8. アングラ戦略4

8.1. 顧客との関係構築を仕組み(自動)化する1

8.1.1. ステップメールシステムの活用

8.1.1.1. 21日間感動プログラム 神田昌典

8.1.1.2. 1日目 購入のお礼 色やサイズはイメージ通りですか?

8.1.1.3. 3日目 購入のお礼 実際に使用してみていかがでしたか?

8.1.1.4. 7日目 購入の御礼 ささやかなギフトの送付

8.1.1.5. 21日目 割引クーポン付きお客様の声のリクエストやアンケート

8.1.2. 感動プログラム

8.1.2.1. どのお客様とも同じ関係性にする

8.1.3. LINEの活用

8.2. 価値をたくさんの人に提供する

8.3. 顧客との関係構築を仕組み化する(自動)

8.3.1. 見込み客の質によってコミュニケーションの質を変える

8.3.1.1. ひいきせよ

8.3.2. サプライズ効果

8.3.2.1. 期待以上の価値

8.3.3. 驚きとは無意識のアプローチ

8.3.4. アイディアで価値をあげる

8.3.4.1. お金以上の価値

8.4. 先に与える

9. アングラ戦略6

9.1. 優れたコピーライティング1

9.1.1. ダイレクトマーケティング5つの成功の鍵

9.1.2. ◎1優れたリード(見込み客)獲得兵器の構築(広告・LP)

9.1.2.1. 優れた営業マン

9.1.3. ◎2優れたマーケティングシステム

9.1.4. ◎3優れたメディア選定

9.1.5. ◎4改善

9.1.6. ◎5集客のポートフォリオ

9.2. 見込み客>広告SEO>HP・雑誌・TV・新聞>申し込みアクション>顧客

9.3. 優れたコピーライティング2

9.3.1. 人を動かすために乗り越えなければならない3つの壁

9.3.1.1. 読まない壁

9.3.1.1.1. ファーストコンタクト3秒

9.3.1.1.2. 魅力的タイトル26倍

9.3.1.1.3. 新・無料・ベネフィト数字・期間・時事ニュース・価格

9.3.1.1.4. 〜〜する方法・どうやって、どの様に、どうして ベネフィトを得たのか

9.3.1.1.5. 発表。警告・求・ご紹介

9.3.1.1.6. 理由から始める

9.3.1.1.7. 〜〜の方へ緊急案内

9.3.1.1.8. 写真

9.3.1.2. 信じない壁

9.3.1.2.1. お客さんは裁判官

9.3.1.3. 行動しない壁

9.3.1.3.1. 自発的に行動する理由

9.3.1.3.2. 期限

9.3.1.3.3. 希少性

9.3.1.3.4. 何をすべきか明記する

9.3.2. 魅力的なタイトルの定義

9.3.3. 初心者でも簡単に魅力的なタイトルが作れてしまうポイント

10. アングラ戦略7

10.1. USPまたは抵抗できない魅力的なオファーを構築する1

10.1.1. USPとは何か

10.1.1.1. 独自の売り

10.1.1.1.1. ドミノ・ピザ

10.1.1.2. バカでも売れる商品を作る

10.1.1.2.1. 魅力的な商品にしてから売る

10.1.2. ライバルが満たすことのできない欲求

10.1.3. 誰にでも好かれるという人は誰にも好かれない

10.1.3.1. インパクト

10.1.3.1.1. 平均的であることは一番ダメ

10.1.3.2. 非常識である事が良い

10.1.3.2.1. 印象を残す

10.1.3.2.2. 驚き・感動

10.2. 人に驚きや感動を与える費用対効果がとても高くなっている

10.2.1. 時間・労力・知恵

10.2.1.1. リターンが大きい

10.3. USPまたは抵抗できない魅力的なオファーを構築する2

10.3.1. シンプルなUSPの作り方、専門家、分割化する

10.3.1.1. 差別化する

10.3.1.2. マーケティングし易い

10.3.1.3. コンテンツ・品揃え

10.3.2. 専門化、分割化するメリット

10.3.2.1. リソースを集中する

10.3.3. USPがないのか?それとも表現できないのか?

10.3.3.1. 批判は反響

10.3.3.1.1. 強み

10.3.4. USPを作る5つの秘訣

10.3.4.1. 一箇所NO.1

10.3.4.1.1. ニーズがあるもの

10.3.4.1.2. 異色の組み合わせ

10.3.4.2. 一点突破

10.3.4.3. ユーザーありき

10.3.4.3.1. 絞る

10.3.4.4. 既存の商品の不満・不便を強烈に解消する

10.3.4.5. 圧倒的を作る

10.3.4.5.1. 話題性

10.3.4.5.2. 質

10.3.4.5.3. 利便性

10.3.4.5.4. 演出・おもてなし

10.3.5. 魅力的なオファーとは?

10.3.5.1. 取引条件の全て

10.3.5.2. 圧倒的

10.3.6. オファーの例

10.3.6.1. 強烈なオファー

10.3.6.1.1. リ スクリバーサルの導入

10.3.6.2. リバーサルの5つのタイプ

10.3.6.2.1. 全額j返金補償(条件あり・なし)

10.3.6.2.2. 額返金補償以上の保証(条件あり・なし)

10.3.6.2.3. 一部返金保証(条件あり・なし)

10.3.6.2.4. 後払い

10.3.6.2.5. 感情的なリスクリバーサル(安心・保証)

10.3.7. 魅力的なオファーを作る為の要素

10.3.8. 価格オファー・特典オファー・無料オファー・時短オファー・利便性オファー

10.3.8.1. USPとも関連

10.3.8.1.1. 圧倒的なオファー特典>付録

10.3.9. さらにUSPtとオファーを組み合わせると事業の強みが更に上がる

10.3.9.1. 時短+無料

10.3.9.2. リスク+無料

10.3.9.3. 価格+利便性

10.3.9.4. 価格+特典>UPsell

10.3.10. 両替+お菓子

10.3.11. 事業の強み・USP+オファー特典

10.3.11.1. 時短・リスク・価格

10.3.11.2. 価格・リスク

10.3.11.3. 時短・価格

10.3.11.4. 価格・利便性

11. アングラ戦略8

11.1. ゼロの力(無料)を駆使する

11.1.1. 無料を駆使する

11.1.2. 無料を駆使する22のヒント

11.1.3. 無料の価値を上げる

11.2. furee

11.2.1. 二つ買うと一つ無料

11.2.2. 無料お試し

11.2.3. 無料サンプル

11.2.4. 価値のあるもの(有料級)

11.2.5. 無料で物を売る

11.2.5.1. 関係性の構築

11.2.5.2. 返報生

11.2.5.3. レスポンスの速い人に無料提供

11.2.5.4. 無料カタログ

11.2.5.4.1. 分厚いものが価値を持つ

11.2.5.5. 無料小冊子・無料プレゼント

11.2.5.6. 一つ買えば一つ無料

11.2.5.7. 初回無料

11.2.5.8. 無料の抽選品

11.2.5.9. 無料コンテスト

11.2.5.10. 無料レッスン

11.2.5.11. 無料招待

11.2.5.12. おかわり自由

11.2.5.13. 本を無料

11.2.5.14. 無料ニュースレター

11.2.5.15. 無料電卓

11.2.5.15.1. 開かせる

11.2.5.16. お子様無料

11.2.5.17. お一人様無料・お友達無料

11.3. 0円

11.3.1. 行列

11.3.1.1. 宣伝効果

11.3.1.2. プレスリリース

11.3.2. 工夫

11.3.3. 無料にするものの価値をおげておく必要がある

11.3.3.1. 情報

11.4. アクションプラン

11.4.1. あなたは無料(0の力)をどの様に活用するのか

11.4.2. それを使ってどの様に顧客や見込み客を獲得するのか

11.5. 最も自信のある物を無料にせよ!

11.5.1. インパクト

11.5.2. 驚き

11.5.3. 波及していく

12. アングラ戦略9

12.1. 優れたマーケティングファネルの構築1 ジョウロ

12.1.1. 儲かるビジネスモデルとは?

12.1.1.1. ビジネスの設計図

12.1.2. 顧客がスムーズに登れる階段を作る

12.1.2.1. 3,000円>30’000円>300’000円>1’000’000円

12.1.3. マーケティングシステムを構築する必要があるのか?

12.1.3.1. 客数

12.1.3.2. 広告を打って利益が出るか?

12.1.3.2.1. コピー

12.2. 無料>フロントエンド商品>アップセル・クロスセル>バックエンド商品>プレミアム

12.3. フロントエンド商品

12.3.1. 商品やサービスというツールで顧客を買う事

12.3.1.1. 教育

12.3.1.2. 絶対数を取る

12.3.1.2.1. 顧客を集める

12.4. バックエンド商品

12.4.1. 教育

12.4.1.1. 関係性

12.4.1.2. 継続

12.4.1.3. 教育

12.4.2. LTVを上げる

12.4.3. 満足して登る

12.4.3.1. ランチから夜の食事

12.4.3.2. 無料・定期・まとめ買い

12.4.3.3. 無料・単品・集中・継続

12.4.3.4. 100円から他のものを販売

12.5. 新規客を獲得するのは、維持の5倍コストがかかる

12.5.1. 早急にキャッシュを作りたいならリストにバックエンドを売れ!!

12.5.1.1. 関係性の構築

12.5.1.2. 高額商品の構築

12.6. アップセル、クロスセルとは

12.6.1. より上位の高価なものに移行してもらう

12.6.1.1. 販売直後

12.6.1.1.1. 継続

12.6.2. 関連するものを組み合わせて購入してもらう

12.6.2.1. 一緒にどうですか

12.6.2.1.1. 購入単価

12.7. アップセル、クロスせるを仕掛けるタイミングとポイント

12.7.1. 機会を伸ばす

12.7.2. 定期・まとめ買い

12.7.3. すぐ回収できる

12.7.3.1. ビジネスの飛躍

12.7.4. お客さんにとって必要な物

12.7.4.1. 喜ぶ

12.7.4.1.1. 上位版

12.7.5. いらない物ではない・補助

12.7.5.1. win win

12.7.5.2. 為になる

12.7.5.2.1. 望んでいる物

12.8. 顧客が一緒にあれば喜ぶ物は何?

12.8.1. 顧客はあなたの分野の商品やサービスを買う直前に何を買っていますか?

12.8.2. 同時に買っているデーターを見る>Amazon

12.8.3. 直後に買う物は?

12.8.4. 購入後に何に困っているのか?

12.8.4.1. 欲求

12.9. バックエンド商品を作る為のヒント

12.9.1. 商品を買う事で生まれるニーズ

12.9.2. より専門性の高い商品やサービス

12.9.3. 商品と一緒に使うもの

12.9.4. 購入者限定の商品

12.9.5. ロイヤルカスタマー向けのハイエンド商品

12.9.6. リピート販売

12.9.6.1. 継続課金

12.9.7. まとめ売り

12.9.8. 継続的な教育プログラミング(サポート・コンサル・トレーニング)

12.9.9. 資格・インストラクター制度

12.9.10. フランチャイズ化

12.9.11. 補助商品

12.9.12. 間接的商品

12.9.12.1. ゴルフと金融

12.9.12.1.1. リサーチ

12.9.13. 予防商品

12.9.14. 消耗品

12.9.15. 2つ目、3つ目を売る

12.9.15.1. プレゼントにどうですか

12.9.16. コンプリート版

12.9.17. バージョンアップ

12.9.18. 増量パッケージ

12.9.19. ライセンス料

12.9.19.1. アイディア

12.10. ダウンセル商品とは

12.10.1. 95%に売り上げ

12.10.1.1. 違う角度のものを売る

12.11. システム

12.11.1. マニュアル化

12.12. アクションプラン

12.12.1. 自社のマーケティングシステムを点検してプロセスマップにしてみよう

12.12.1.1. 把握

12.12.2. あなたのビジネスの設計図に足りない商品アイディアを考えよう

12.12.2.1. お客さんに聞く

12.12.3. お客さんがスムーズに階段を登る為にはどの様な順番で並び替えれば良いか?

12.12.3.1. 点検

12.12.3.2. 考える

13. アングラ戦略10

13.1. インフォメーションビジネスの導入

13.1.1. インフォメーションビジネスって具体的にどんなもの?

13.1.1.1. 情報・コンテンツ・教育

13.1.1.2. 小予算

13.1.1.2.1. 利益率が高い

13.1.1.3. 継続性

13.1.1.3.1. コピー出来る

13.1.1.4. 最強

13.1.1.4.1. オンラインビジネス

13.1.2. ビジネスを知らない学生も稼ぐ

13.1.2.1. 本、電子書籍、DVD,

13.1.2.1.1. 動画、CD,スクール、ゲーム、音楽、

13.1.2.2. 副業

13.1.2.2.1. 副業

13.1.3. なぜ インフォメーションビジネスは圧倒的に儲かるのか?

13.1.3.1. j情報次第

13.1.3.2. 本業との相乗効果

13.1.3.2.1. 商圏以外も利益になる

13.1.3.3. 認知・価値

13.1.3.3.1. 教育を入れていく

13.1.3.3.2. リクルーティング

13.1.3.3.3. 将来のスタッフ

13.1.4. インフォメーションビジネスで上場も可能

13.1.4.1. オンリーワンビジネス

13.1.4.2. 比較が容易に出来る

13.1.4.3. 価格競争に巻き込まれない

13.1.4.3.1. 唯一無二

13.1.5. なぜ インフォメーションビジネスは成長ビジネスだと言えるのか?

13.1.6. インターネット革命により既得損益が崩壊し『個の時代にシフト』

13.1.7. すべての商品やサービスが電子化の方向へ向かう

13.1.7.1. 3D,仮想、量子コンピューター、診断も情報、

13.1.8. 既にこれらの技術で行われている事

13.1.9. インフォメーションビジネスを導入するメリット

13.1.9.1. USP

13.1.9.2. 付加価値

13.1.10. アクションプラン

13.1.10.1. あなたのビジネスと相乗効果を起こせる様なインフォメーションビジネスはどんなものがあるでしょうか?

14. アングラ戦略12

14.1. 紹介システムの導入

14.1.1. 口コミは最も低コストでお客を開拓する方法

14.1.1.1. 期待を裏切る

14.1.1.2. 価値を伝える

14.1.1.3. インフルエンサー

14.1.2. 紹介、口コミによくある誤解

14.1.2.1. コントロールできる

14.1.3. 紹介、口コミを起こす重要なポイント

14.1.3.1. お願いするとしてくれる

14.1.3.1.1. もしよろしければ、良いね押してくれませんか?

14.1.3.1.2. シェアしてくれませんか?

14.1.3.1.3. 郵送でカタログと一緒にお願いの手紙を入れる

14.1.3.2. 同じ様な人はいないか聞く

14.1.3.2.1. イメージしやすくする

14.1.3.3. 紹介をシステム作り

14.1.3.3.1. ステップメール

14.1.3.3.2. 紹介しやすい仕組み・ツール・物

14.1.4. 抵抗できないオファーを作る

14.1.4.1. 紹介しないと苦痛を感じる

14.1.4.1.1. 紹介を無料で手に入れる

14.1.4.1.2. 商品代金の100%すると

14.1.5. 紹介は起きる物ではなく起こす物である

14.1.6. アクションプラン

14.1.6.1. 紹介を起こす為のあなたはどんなことができるか?」

15. アングラ戦略14

15.1. クリエイティブな模倣

15.1.1. クリエイティブな模倣をするには、盗む為の知識武装が必要

15.1.2. クリエイティブな模倣をする方法

15.1.3. クリエイティブな模倣のヒント

15.1.3.1. 最先端の成功しているサービスを遅れているところへ持っていく

15.1.3.2. 成功しているビジネスを模倣する

15.1.3.3. さらに強化する

15.1.3.4. 他業種のビジネスモデルを模倣する

15.1.3.5. コピーライティングの心理トリガーの使い方など広告を模倣する

15.1.3.6. 他業種のオファーやUSPを模倣する

15.1.3.7. 成功している商品の機能や成功したサービスを模倣する

15.1.3.7.1. ゲーム+話題性

15.1.3.8. 成功している強豪の良いところ取りをする

15.1.3.9. ライバルが参入し成功したニッチ市場にUSPを使って参入する

15.1.3.10. 集客の媒体、集客のポートフォリオを模倣する

15.1.3.11. 紹介システムを模倣する

15.1.3.12. 顧客の育成のシステムを模倣する

15.1.3.13. 営業マンのセールスの教育のプログラムを模倣する

15.1.3.14. 契約内容を模倣する

15.1.3.15. クロージングの流れを模倣する

15.1.3.16. セミナーセールスの売り方を模倣する

15.1.3.17. デザインを模倣する

15.1.4. 何がポイントなのか知る!!

15.2. 成功決定要因を模倣する

15.2.1. ビジネスモデルを参考にする

15.2.2. コミュニケーションで関係性を作る

15.2.3. 紹介システム

15.3. 全く新しい物は、無い

15.4. アレンジ

15.5. 業界を変える

16. アングラ戦略15

16.1. 戦略的提携を駆使する1

16.1.1. 戦略的提携9つのメリット

16.1.1.1. スピードが圧倒的に早い

16.1.1.2. 市場浸透率を素早く高めることができる

16.1.1.3. 競争力も素早く高めることができる

16.1.1.4. アイディア1つで有形資産、無形資産 どちらも自由に手に入れることができる

16.1.1.5. 新しいビジネスを自由自在に創造できる

16.1.1.6. 大幅にコストを削減できる

16.1.1.7. 大幅に利益をアップさせることができる

16.1.1.8. 商品愛発に困らない

16.1.1.9. 世界が広がる

16.1.2. 戦略的提携を駆使する

16.1.2.1. お金がなければ稼げない という人は

16.1.2.1.1. お金があっても稼げない

16.1.2.2. 知識・アイディア

16.1.2.2.1. 知っているか

16.1.3. 戦略的提携の基本理念

16.1.3.1. 常に対局のニーズを持っている人がいる

16.1.3.1.1. どうやって探すのか考える

16.1.3.1.2. マッチングする

16.1.3.2. 商品、メディア、リスト、資金、労働力などあらゆるものがアイディア次第で手に入る

16.1.3.3. WinーWinの提案以外はしない

16.1.3.3.1. 抵抗できないオファーを心掛ける

16.1.3.4. 常に見逃された機会、生かされていない資源、あまり評価されていない関係性を探すこと

16.1.3.4.1. 民泊・ウーバー

16.1.3.4.2. プラットフォーム

16.1.3.5. 定期的に棚からぼた餅を得る方法を考える

16.1.3.5.1. できる方法を考えてお金にする

16.1.3.6. 時間も資金も使わずに利益が得られるなら即実行

16.2. JV

16.2.1. 必要なものが全て手に入る

16.2.1.1. アイディア次第

16.3. 2

16.3.1. JVを成功させるための10の注意点・ヒント

16.3.1.1. あなたの商品やサービスがJVと競合しないこと

16.3.1.2. JV相手が通常得る利益を搾取為るものであったりコストがかからないこと

16.3.1.3. お互いの利益の増加に繋がること

16.3.1.4. JV相手は基本的に行動も投資もしなくて良いこと

16.3.1.5. マーケティングに必要な広告文は相手の承諾を得たものを使うこと

16.3.1.6. 如何なる損失もあなたが被り相手会社には請求しない

16.3.1.7. 注文はJV相手がわかる様にすること

16.3.1.8. JV相手には利益しか産まないことを繰り返し伝える

16.3.1.9. お互いに確信が持てなければテストマーケティングから行うことを提案する

16.3.1.10. 入金が行われる不安があるならば相手方に入金を管理させる

16.3.2. 相手にとって利益になる人のところに持っていく

16.3.3. JVでリストを手に入れる方法

16.3.3.1. ニュースレターを発行している人に自分の商品の告知を入れる

16.3.3.2. お互いの顧客リストにお互いの商品を告知する

16.3.3.2.1. カーポート・造園

16.3.3.3. 100%の報酬を渡す代わりに顧客リストは使わせてもらう

16.3.3.4. JV相手の休眠リストに対してアプローチして利益をシェアする

16.3.3.5. JV相手の購入しなかった見込み客リストを使わせてもらい利益をシェアする

16.3.3.6. 代理店、アフィリエイター、流通ルートを使わせてもらい収益をシェアする

16.3.3.7. JV相手の顧客にバックエンド商品を提案して収益をシェア

16.3.3.8. お互いの商品を購入しなかった見込み客リストで紹介し合う

16.3.3.9. 請求書や商品の中に告知を入れてもらい収益をシェアする

16.3.3.10. リピート販売がないビジネスモデルを持つJV相手のリストで収益をシェアする

16.3.3.11. お互いのブログやメディアで紹介し合う

16.3.4. JVで商品を手に入れる方法

16.3.4.1. 売れ残った在庫を販売してあげ収益をシェアする

16.3.4.2. 過去に販売したいまは使っていない商品をOEMして自分の顧客に売る様にカスタマイズして販売

16.3.4.3. 売れ残った在庫や使っていない商品と自社の商品を組み合わせて違うコンセプトで販売する

16.3.4.4. 自社のリストに合う他社の商品を販売して収益をシェアする

16.3.4.5. 他社の商品で見込み客を集めリストをシェアして自社の商品を売る

16.3.4.6. 地理的条件や販売表見を変えて同じ商品を売らせてもらう

16.3.4.7. 良い商品だが広告活動が積極的に行われていない人へアプローチして売ってあげる報酬をもらう

16.3.4.8. 在庫と在庫や不用品と不用品を交換する

16.3.4.9. 相手の商品やサービスをライセンス化したり情報パッケージにして販売してあげる

16.3.5. JVで場所を手に入れる方法

16.3.5.1. お互いに補完関係にある他社の使われていない場所を使わせてもらう

16.3.5.2. 他社の使われていない日時を使わせてもらう

16.3.5.3. 売れ残った広告スペースを使わせてもらう

16.3.5.4. 空いているスペースを間貸ししてもらう

16.3.5.5. JV相手のとことにパンフレットなどを置かせてもらい収益をシェアする

16.3.5.6. 販売する書籍やDVDに告知を入れさせてもらう

16.3.5.7. JV相手のビジネスのサポートをしてより収益が出る様にする

16.3.6. JVで見逃されている機会を収益に変える方法

16.3.6.1. アップセル、クロスセルにJV相手の商品を入れてあげる

16.3.6.2. 顧客リストを収集する仕組みを作ってあげてそこからの収益をシェアしてもらう

16.3.6.3. 他社が売れなかったと思っている人に販売して収益を得る

16.3.6.4. バックエンド、プレミアム商品を用意をしてあげ販売して収益をる

16.3.6.5. プロモーションをしてあげて利益が出た分をもらう

16.3.6.6. タダでコンサルをしてあげて報酬が伸びた分の収益をシェアする

16.3.6.7. マーケティングシステムを構築してあげそのシステムのライセンス料をもらう

16.3.6.8. 相手の業務をより安く上手くいっている人を探す報酬をもらう

16.3.6.9. セミナーやイベントで何も販売しない人に交渉して販売させてもらう

16.3.6.10. 推薦する費用をもらう

16.3.6.11. 紹介する人脈からの売上の報酬をもらう

16.3.7. JVで労働力を手に入れる方法

16.3.7.1. コピーライティングが上手い人に成果報酬で依頼する

16.3.7.2. 成果報酬で集客をしてもらう

16.3.7.3. 商品、サービスを無料提供する代わりに労働しれもらう

16.3.7.4. 支払いできない人に労働してもらう

16.3.7.5. スキルを教えるという名目でタダで労働してもらう

16.3.7.6. スキルを教えるという名目でお金をもらって労働してもらう

16.3.7.7. ミッションやビジョンに共感してもらい無償で働いてもらう

16.3.7.8. 販売代理店になってもらう

16.3.7.9. 資格やライセンスを提供する代わりに働いてもらう

16.3.8. JVでブランドを手に入れる方法

16.3.8.1. ブランドを持っている人と一緒にイベントを行う

16.3.8.2. 著名人ととにかく一緒に写真を撮る

16.3.8.3. 推薦文を成果報酬で書いてもらう

16.3.8.4. 安いけど知名度の高い人を使ってJVを行う

16.3.8.5. 大学の教授など偉い人と提携し科学的根拠を作る

16.3.9. 戦略的提携まとめ

16.3.9.1. アイディア+勇気+行動

16.3.9.1.1. WinWin

16.3.10. 無限の可能性