経営合宿叩き台(千葉)

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
経営合宿叩き台(千葉) により Mind Map: 経営合宿叩き台(千葉)

1. 僕はここから大学に戻って、理系ラボから起業or就活で完全勝利して戻ってくるよ。30歳でいい酒飲もう

2. 火星で死にたい

2.1. 火星の地に降り立って、パッと宇宙服を脱ぎたい

2.2. 地面がある

2.3. 火星から見る景色はどんな何だろう

2.4. 火星の地面は硬いのかな

2.5. 空は何色をしているんだろう

2.6. どうやったら火星で死ねるか

2.6.1. スペースXで偉い立場で働く

2.6.2. 40年後に100億持ってる

2.6.2.1. 30年後に死ぬ覚悟あるかつ金持ちが火星にいける

2.6.2.1.1. SpaceXの火星旅行のお値段は2,000万円! 命がけの旅は安いか高いか?

3. 自分のビジョンを描きそれを7つに因数分解し続ける作業を大学生からずっとやってきた

3.1. 俺も同じようなレポートを毎週書き続けている

3.1.1. 2/8~2/14

3.1.1.1. 2/8~2/14 施策達成報告

3.1.2. 2/1~2/7

3.1.2.1. 2/1~2/7 施策達成報告

3.1.3. 1/25~1/31

3.1.3.1. 1/25-1/31 施策達成報告

3.1.3.2. 12/28-1/10 施策達成報告

3.1.4. 1/18~1/24

3.1.5. 1/11~1/17

3.1.5.1. 1/11-1/17 施策達成報告

3.1.6. 12/28~1/10

3.1.7. 12/21~12/27

3.1.7.1. 1/18-1/24 施策達成報告

3.1.7.2. 12/21-12/27 施策達成

3.1.8. 12/14-12/20 施策達成

3.1.9. 12/7~12/13 施策報告 千葉

3.1.10. 11/30~12/6 施策報告 千葉 のコピー

3.1.11. 11/23-11/29 施策報告 千葉

3.1.12. 11/16-11/22 施策報告

3.1.13. 10月前半からあるが、ちょっと省略

4. 自分の将来の選択肢の軸

4.1. 新卒就職

4.1.1. メリット

4.1.1.1. 最も美味しい切符

4.1.1.2. 東大理系卒というカードが直接最も役に立つ

4.1.1.3. 金融は新卒でしかほぼ入れない

4.1.1.4. エリート感

4.1.1.4.1. ここら辺はゴミだとは思いつつも、自分の性質上捨てられない

4.1.1.5. 人からのその時点での評価は高い

4.1.2. ベンチャーor 大手

4.1.2.1. 絶対大手。

4.1.2.1.1. これはベンチャーで働いたことないから

4.1.2.1.2. 親族が大手が多い

4.1.2.1.3. 安定した生活

4.1.2.1.4. 社会的地位

4.1.3. 行く可能性がある業界

4.1.3.1. コンサル

4.1.3.1.1. 自分でも事業作れるコンサルになりたい。

4.1.3.2. 金融

4.1.3.3. 理系就職(研究者

4.1.3.4. エンジニア

4.1.3.4.1. 事業作れる

4.1.3.4.2. マーケをわかっているエンジニア

4.1.3.5. 商社

4.2. アカデミアor ビジネス

4.2.1. アカデミアの世界で、専門家になってみたい

4.2.2. 後天的に狂うには、専門性を極めるしかない

4.2.2.1. 絶対に理系の研究室で修行する体験が必要

4.2.2.1.1. goodエナジーな教授のもとで働く

4.2.3. アカデミアに降るなら、大学院は海外に行きたい

4.2.3.1. 英語

4.2.3.1.1. ライザップでやってる

4.2.3.1.2. コンプレックス

4.2.3.1.3. 成長していることがわかる

4.2.3.2. 海外に行ったことない

4.2.3.3. あるいはTMI

4.2.4. 進振り

4.2.4.1. システム創生C

4.2.4.1.1. 第一候補

4.2.4.2. 航空宇宙

4.2.4.2.1. 旧第一候補

5. 生まれてから今まで

5.1. 生まれてから、幼稚園

5.1.1. 横浜に生まれる

5.1.2. 2個したの弟と一緒にいた

5.1.3. 周りにいろんな大人がいた

5.1.3.1. 上のおじさん

5.1.3.1.1. お坊さん

5.1.3.1.2. 野球

5.1.3.1.3. 学校経営

5.1.3.2. 下のおじさん

5.1.3.2.1. 商社(シンガポール

5.1.3.2.2. よく遊んでもらった

5.1.3.3. 爺ちゃん

5.1.3.3.1. お坊さん

5.1.4. 習い事

5.1.4.1. 2歳から公文を始める

5.1.4.1.1. 算数が好きだった

5.1.4.2. 4歳から体操を二年間

6. 参考になる人

6.1. みっつさん

6.1.1. 人を信者にする天才

6.1.1.1. 全力で人にコミットできる

6.1.1.2. 人の成長に真摯に向き合える

6.1.2. 社会的評価を気にしない

6.1.2.1. 何で東大を二浪してまで目指した?

6.1.2.2. 自分と価値観が違うポイント

6.1.3. 起業家気質

6.1.3.1. 本人も組織も常に変化、成長を求める

6.1.3.2. めちゃくちゃ思考する

6.1.3.3. 適切な場所でめっちゃリスクを取れる

6.1.3.3.1. 意思決定が潔い

6.1.3.3.2. あれてこにふるベット

6.1.4. 組織を何度も率いたことある

6.1.4.1. 組織を人の集合体として真に捉えている

6.1.4.1.1. これを実行できているリーダーは少ない

6.1.5. よく思考、よく実行

6.1.5.1. KINGやめたあとちょっとロスってた?

6.2. たいせいさん

6.2.1. キャリア的にめちゃくちゃ成功している

6.2.2. 人当たりがとてもよい

6.2.2.1. 人からの評価をとても気にする

6.2.2.1.1. タイプ的には自分はこっちに似ている

6.2.2.2. 自分で全てやってしまう

6.2.2.2.1. よいリーダーシップではない可能性

6.2.3. 自分のファンドを作るというビジョンを鮮明に語れる

6.2.3.1. マッキンゼーをやめた人のファンド

6.2.4. 就活をめちゃ対策してガチった

6.2.5. よく生きてる

6.2.6. 彼女love

6.2.6.1. 彼女に全力でコミットしている

6.2.6.1.1. マジかっこいい

6.3. 伊藤さん

6.3.1. 人を惹きつける天才

6.3.1.1. めっちゃ人脈がある

6.3.1.1.1. お金で釣っているわけではなさそう

6.3.1.2. why

6.3.1.2.1. 一人ひとりにめっちゃコミットしようとする

6.3.2. 抽象論

6.3.2.1. めっちゃ抽象論のストックを持ってるので、どんな人にも当てはまるアドバイスをできる

6.3.3. 何よりも人

6.3.3.1. 特にその人の生い立ちをめっちゃ見ている

6.3.3.1.1. ここに異常性を良いいみで探している

6.3.4. 金融

6.3.4.1. お金の周りにはすごい奴らが集まる

6.4. 吉村さん

6.4.1. めっちゃgiver

6.4.1.1. バトナを切るのがうまい

6.4.1.1.1. お金の使い方がうまい

6.4.2. 分解できるほど語れない

6.4.3. お金で人を惹きつけているかんがある

6.5. 理系のキャリアで成功している人あまり知らないな

6.6. イーロンマスク

6.6.1. 遠すぎる

6.6.2. 別の分野で二回起業(paypal)

6.6.2.1. spaceX テスラ起業

6.6.3. めちゃくちゃビジョンを語るのがうまい

6.6.3.1. 火星に人を送る

6.6.3.2. 電気自動車を2030年までに一億台

6.6.4. 宇宙開発の専門家ではない

6.6.5. 南アで育つ

6.7. 大野翔平

6.7.1. 大野 将平 | 全日本柔道連盟

6.7.2. 柔道

6.7.3. オリンピック金メダリスト

6.7.4. 兄の代わりに日本一になるという思い。人の思いを背負う強さ

6.7.5. 小さな目標を立て続けた

6.7.6. 運が良くて勝ったと思われたらシャク。圧倒的に勝ちたい

6.7.7. やらない不安よりもやる不安をとる

6.7.8. 自分の中に異常性を常に持ち続ける

6.7.8.1. 今自分に異常性があるかどうか

6.7.8.1.1. 異常性は基本的に育った環境によってつく

6.7.8.1.2. 異常性は専門性と圧倒的なコミットによる体験によってのみ後天的につく

6.7.8.2. 正論、正解をそのままやっても普通

6.7.8.3. ぶっ飛んだ人材

6.7.9. 我慢のスタミナをつける経験ができるのは今のうち

6.7.9.1. 精魂尽きてからやるのが努力

6.7.9.1.1. これが金メダルと銀メダルの違い

6.8. SREホールディングス西山社長

6.8.1. AIかける不動産テック

6.8.1.1. ソニーの社内起業から上場させた。

6.8.2. 組織運営におけるボトムアップとトップダウン

6.8.2.1. みんなの意見はこうなのはわかったからこうするぞ

6.8.3. 起業家と事業家

6.8.3.1. 起業家は起業が目的、あえて事業家という言葉を使っている。

6.8.4. 辺境の地で戦士は育つ

6.8.5. https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwinnYq03_PuAhUu-2EKHdlAARkQFjAAegQIAhAD&url=https%3A%2F%2Fsre-group.co.jp%2Frecruit%2Fgraduate%2Fcompany%2Fsession.html&usg=AOvVaw04EuEWBULtR69RYuk97ixI

6.9. ホープ時津社長

6.9.1. 一部上場企業を作った社長

6.9.1.1. インプットがない人はアウトプットがない

6.9.1.1.1. 年間で八十冊読む

6.9.1.2. 企業理念なんてものは後付けマネジメントのツールとして使う。

6.9.1.2.1. 経営者がなんといっても実績によって評価される。

6.9.1.2.2. 何をやりたいかはどうでも良くて、とにかく社長になりたかった。

6.9.1.3. 同じレバレッチポイントを使って違うものを売ることで、事業を拡大

6.9.1.4. 常に自己否定をし続けろ

6.9.1.4.1. 自分よりも優秀な人が周りにいる環境に自分を起き続けろ

6.9.1.5. 自分の人生は自分でしか考えられない。

6.9.1.6. 2年で人生はガラリと変わる

6.9.1.7. 起業家は一発屋

6.9.1.8. リーダーシップ

6.9.1.8.1. 平時のリーダーシップ

6.9.1.8.2. 有事のリーダーシップ

6.10. 競輪長迫選手

6.10.1. オリンピック内定の競輪選手

6.10.2. 何のリスクを取るかよりもどうやってリスクを取るか

6.10.2.1. 今回の合宿は何のリスクを取るかを決めるだけではなく、最高の形で取れるようにする

6.11. ラグビー選手会会長川村

6.11.1. https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwisl4rC4_PuAhWDP3AKHYC5AcUQFjAAegQIBRAD&url=https%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E5%25B7%259D%25E6%259D%2591%25E6%2585%258E&usg=AOvVaw0wyPmOBmTxD79HbTPumPFR

6.11.2. 大胆な事業を生み出せないのは改革ではんくて改善

6.11.3. 大組織を変えるには、キーマンを正確に見極め

6.11.4. キャリアはつながっている

6.11.5. 失敗するのが怖い、リスクを取れないのであれば自分を課題評価して意思決定する。

6.12. 自分のベンチマーク

7. プランA(10月にみっつと会社を作る。

7.1. 8ヶ月後(10月の理想)

7.1.1. 1年間の時間の使い方

7.1.1.1. 寝ている間も会社のことを考えている

7.1.2. 周囲との関係

7.1.2.1. 親、祖母祖父を納得

7.1.2.1.1. 母からはいいねをもらってる

7.1.2.2. 彼女を納得

7.1.2.2.1. 既にいいねをもらってる

7.1.2.2.2. 多分こことの時間が作れないのであれば続かない

7.1.2.3. 伊藤さんからいいねをもらう

7.1.2.3.1. どこかのタイミングで出資してもらうことを考える

7.1.2.4. 本当に納得し、理解したメンバーと起業

7.1.2.4.1. グッドエナジー

7.1.2.4.2. 本気で結果を求められる基準値の高いメンバー

7.1.3. 自分の状態

7.1.3.1. 2Aから一年間休学

7.1.3.1.1. システム創生Cで内定をもらっている

7.1.3.2. どんな精神状態

7.1.3.2.1. 極限まで思考が研ぎ澄まされる体験

7.1.3.3. 自分の一年を全て会社に投下する覚悟が固まっている

7.1.4. スキル

7.1.4.1. エンジニアで何ができるか知っている

7.1.4.1.1. コードを早く書けるまでは難しいかも

7.1.4.1.2. whyエンジニア

7.1.4.1.3. エンジニアのインターンをする2S

7.1.4.2. ナンバー2として組織をまとめられる力

7.1.4.2.1. KING22を育てる

7.1.4.3. マーケ

7.1.4.3.1. ここはキングで思考してアウトプットをし続ける

7.2. 1.5年後の9月

7.2.1. 大きな選択

7.2.1.1. みっつの会社を出る

7.2.1.1.1. 下のプランBに進む

7.2.1.1.2. おそらく9割5分こっちを取ります。

7.2.1.1.3. どうなってたら理想か

7.2.1.2. みっつの会社に残る

7.2.1.2.1. 大学には復学する

7.2.1.3. この時の判断基準

7.2.1.3.1. 会社の規模

7.2.1.3.2. 自分の起業家精神がどれくらい育ってくるか

7.2.2. 会社をやる上で自分が提供できる価値

7.2.2.1. 俺という人間の1%(一年)

7.2.2.1.1. フルフルコミット

7.2.2.2. 起業資金最低100万頑張って稼いで200万

7.2.2.2.1. 時給6000円のカテキョでめっちゃ稼ぎますw

7.2.3. 会社をやる上で自分がもらいたい価値

7.2.3.1. 圧倒的成長

7.2.3.1.1. 自分で次は一人で事業を起こせるという自信と実力

7.2.3.1.2. ゼロから一円を稼ぐ体験

7.2.3.1.3. マーケティング力

7.2.3.1.4. エンジニアとしての実務能力

7.2.3.1.5. どんなことでも、我慢し、コミットし続ける胆力、精神力

7.2.3.2. 5年後自分が会社を研究室から立ち上げる時に十分な金額になっている可能性がある量の株

7.2.3.2.1. 一年間は生活費以外給料は一切いらない

7.2.3.2.2. 金銭面では5年後にレバレッチがかかっていればいい

7.2.3.2.3. この辺はtakerになるとはいえ、全員が本音で話して納得してから会社を始めるべき

8. プランB(これが今のコンフォートゾーン、多分変わらなかったらこのキャリア)

8.1. みっつと起業はせずに、アカデミアへ進みつつ、理系系で起業or外コンを目指す。

8.1.1. 一年後

8.1.1.1. 理系系

8.1.1.1.1. 研究室方面で繋がりを持つ

8.1.1.1.2. 学業方面でフルベットできる分野が見つかっている

8.1.1.1.3. 理系のレベチな人10人と仲良くなる

8.1.1.1.4. システム創生Cに進学

8.1.1.2. 仕事、インターン就活

8.1.1.2.1. AI、エンジニア系でインターンをする

8.1.1.2.2. 伊藤さんから進められたインターンで経営の近くに行く。

8.1.1.3. 生活水準

8.1.1.3.1. 特に、こだわりはない

8.1.1.4. スキル

8.1.1.4.1. エンジニア

8.1.1.4.2. 英語

8.1.1.4.3. 理系分野の卓越

8.1.1.5. KING

8.1.1.5.1. めっちゃキングにコミットしてる22に囲まれる

8.1.1.5.2. 本コンを成功させている

8.1.1.5.3. スケールしそうな施策

8.1.2. 3年後

8.1.2.1. 理系、研究室

8.1.2.1.1. TMIに進学

8.1.2.1.2. 松尾研でなんか一個でもいい、120%の卒業論文を出す。

8.1.2.2. 仕事、インターン、就活

8.1.2.2.1. MBBの夏インターンに参加

8.1.2.3. 大学4年生の終わり。

8.1.2.4. スキル

8.1.2.4.1. 英語

8.1.3. 5年後

8.1.3.1. 修士をとって、社会人一年目

8.1.3.1.1. 仕事

8.1.3.1.2. 理系研究室

8.1.4. 10年後

8.1.4.1. 就職

8.1.4.1.1. ベインで最年少◯◯になる

8.1.4.2. 起業

8.1.4.2.1. マザーズ上場

8.1.4.2.2. 30億持ってEXit

8.1.4.2.3. 宇宙開発ベンチャーを立ち上げる

9. 僕の価値観(2021)

9.1. よく思考し

9.1.1. 論理、発想、言語化が高いレベル

9.1.1.1. 論理とは何か

9.1.1.2. 発想とは何か

9.1.1.2.1. アナロジー

9.1.1.2.2. 組み合わせ

9.1.1.3. 言語化とは何か

9.1.1.3.1. 内の思考に外部への力を持たせるもの

9.1.1.3.2. 思考の媒体

9.1.1.3.3. パワポとかも広義の言語化

9.1.1.4. 思考

9.1.1.4.1. 目の前に見えている情報の境界を広げる行為

9.1.2. シーン

9.1.2.1. KINGのビジコン

9.1.2.2. 紙に向かってメモを書いているとき

9.1.2.3. ぶつぶつ言いながら歩いているとき

9.1.2.3.1. 言語によって思考

9.1.3. よい思考人とは

9.1.3.1. 論理が通っている

9.1.3.2. 知識の範囲が広い

9.1.3.2.1. 思考できる守備範囲が広い

9.1.3.2.2. 数学者はここが狭い

9.1.3.3. よい思考人を学生時代のうちに目指す

9.1.3.3.1. why

9.1.4. よく思考できてないシーン

9.1.4.1. 論理

9.1.4.1.1. 感情の介在に気付いていない

9.1.4.1.2. 適切に要素分解できていない

9.1.4.1.3. factと主張を混ぜる

9.1.4.1.4. 今、自分のビジョンは何で、これはビジョンのここにつながっていると説明できない

9.1.4.2. 発想

9.1.4.2.1. ビジコンで案が出ない

9.1.4.3. 思考できてないと気分が沈む

9.1.4.4. 1週間が早く進む

9.2. よく実行し

9.2.1. 定義

9.2.1.1. ビジョンに向かって立てた計画をその通りに行う

9.2.1.1.1. 当たり前のことを当たり前のように行う

9.2.2. goodシーン

9.2.2.1. 受験期

9.2.2.2. 定期テスト1S

9.2.2.3. 10月KING

9.2.2.4. これらに共通するポイント

9.2.2.4.1. 明確な目標があった

9.2.2.4.2. 自分が本当にそこに向かいたいと思っていた

9.2.3. butシーン

9.2.3.1. ライザップ

9.2.3.1.1. 自分が本当にそれをしたいのかを吟味していなかった

9.2.3.2. 伊藤さんとのタスク

9.2.3.2.1. タスクの外部化

9.2.3.3. 今のKING

9.2.3.3.1. 明確な目標がない

9.2.4. 何が必要か

9.2.4.1. 明確な目的意識

9.2.4.1.1. 常に自分の行動って今、もっと高次元のビジョンのどこにいるかを意識する

9.2.4.2. 自分が主体的に目標を作る

9.2.4.2.1. 自分たちで目標を作る

9.2.4.3. プラスの感情が得られる仕組み

9.2.4.3.1. 思考によって作る

9.2.4.3.2. 成果が目に見える取り組み

9.2.5. 自分の傾向

9.2.5.1. よく実行できてないとき

9.2.5.1.1. めっちゃ睡眠時間が増えてる

9.3. よく生きる

9.3.1. KPI

9.3.1.1. 笑いの量

9.3.1.1.1. 1日に一度も笑わない日が二日続いたらやばい

9.3.1.1.2. why

9.3.1.2. コミュニケーション量

9.3.1.2.1. 1週間にn人以上と話す

9.3.1.3. これらの二つは幸せ量の最大化

9.3.1.3.1. 笑うことで行為からプラスの感情を得ることができ、よく実行できる

9.3.1.3.2. 幸せ量を人生で積分した時の値を最大化する

9.3.2. goodシーン

9.3.2.1. kingerとめっちゃ議論してる

9.3.2.1.1. 新しい世界を見ている

9.3.2.1.2. 自分が結果を残せている

9.3.2.1.3. 人がgoodエナジー

9.3.2.2. えみりといる

9.3.2.2.1. 人がgoodエナジー

9.3.2.2.2. 見たことない世界に進んでいる

9.3.2.3. 目標に向かってめっちゃ頑張れてる

9.3.2.3.1. 受験

9.3.2.3.2. 定期テスト

9.3.2.3.3. 結果が出る

9.3.3. butシーン

9.3.3.1. 高校の時のバンド

9.3.3.1.1. 結果を出せていない

9.3.3.1.2. 自分が受け身になってた

9.3.3.1.3. 上手くなっている感じがしなかった

9.3.3.1.4. 中途半端な思考と実行

9.3.3.2. バド部

9.3.3.2.1. 結果を出せていなかった

9.3.3.2.2. 中途半端な思考と実行

9.3.3.2.3. 人がバッドエナジーだった

9.3.4. よく生きるのに必要な要素

9.3.4.1. goodエナジーな人が周りにいる

9.3.4.1.1. 自分が結果を残せて貢献できている

9.3.4.2. 新しい世界を見ている

9.3.4.2.1. 常に自分の価値観がアップデートされていく

9.3.4.2.2. 体験からインプットを得られている

9.3.4.3. ルーティンを守れている時

9.3.4.3.1. 地味に重要

10. 8月くらいまではこっちがプランAでしたが、なんか違うなとなってプランCになってます。(NASAに行って最短距離で火星を目指す)

10.1. 一年後

10.1.1. 学業

10.1.1.1. 東大航空宇宙工学科に進学

10.1.2. 英語

10.1.2.1. TOFLE100点で有名海外大学院に進学できる

10.2. 3年後

10.2.1. MITに進学

10.3. 8年後

10.3.1. MITでPh.Dをとる

10.3.2. NASAに就職

10.3.2.1. アメリカ人と結婚するか頑張ってグリーンカードを取らなきゃいけないね!

10.4. 10年後

10.4.1. NASAでめっちゃ活躍

10.5. 30年後2050年

10.5.1. どこかのタイミングで起業

10.5.1.1. 日本一の宇宙開発会社を作る

10.5.1.2. イーロンマスクと仕事する

10.5.1.3. 火星に自分の会社の船で行く

10.6. 何で違うなと思ったか

10.6.1. why

10.6.1.1. 流石に期待値が低いかなと

10.6.1.2. そもそもいーロンマスクが全然違うキャリア

10.6.1.3. このキャリアで実際に東大からMIT、NASAに行った人の本を読んでなかなか厳しいなと思った。

10.6.1.3.1. 宇宙を目指して海を渡る

11. 今回の合宿で何をきめれば成功?

11.1. 自分の将来のプラン

11.1.1. A、 B,C