株(投資信託・ETF)

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
株(投資信託・ETF) により Mind Map: 株(投資信託・ETF)

1. 積立NISA・IDECO

1.1. 説明

1.1.1. 一般口座

1.1.2. 一般口座との違い

1.1.2.1. 年間投資額 一般口座:無制限、積立NISA:40万円、NISA:120万円

1.1.2.2. 運用期間 一般口座:無期間、積立NISA:20年、NISA:5年

1.1.2.3. 運用できる商品 一般口座:無制限、積立NISA、NISA:限定される。

1.1.2.4. 資産の途中引き出し 全ていつでもできる

1.1.2.5. 口座開設手数料 全て無料

1.1.2.6. 投資商品を買う時(口座入金時) 全て課税(所得控除の対象とならない)

1.1.2.7. 運用利益 一般口座:課税(20%) 積立NISA、NISA:非課税

1.1.2.8. お金を受け取る時 全て無料

1.1.3. 制限もあるがメリットもある

1.1.3.1. 運用期間と年間投資額、運用できる商品の制限

1.1.3.2. 運用利益が非課税

1.1.3.3. 損益通算が一般口座や特別口座とできない

1.1.3.4. ぼったくり投資信託が積立NISAだとない

1.1.4. よくあるミス

1.1.4.1. NISAと積立NISAの併用はできない

1.1.4.2. NISAと一般口座、積立NISAと一般口座は併用できる

1.1.4.3. 40万分買った後20万売っても20万円分枠ができない

1.2. 疑問

1.2.1. S&P500を積立NISAで20年間投資した際、運用上限を超えた20年以上先を考えると課税分引かれるとはいえ複利によって増え続ける一般口座と比較した時どちらが得か?

1.2.2. 初期投資上限の40万をS&P500に投資し、年利が5%だった場合42万円となりますが、42万円は上限終超えてしまうので結局初期投資40万円の単利としての2万円を毎年貰うことしかできず20年で最大でも40万円しか稼ぐことしかできないのでしょうか?