登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
保険 により Mind Map: 保険

1. 共済について

1.1. 掛け金が安い

1.2. 商品がわかりやすい

1.2.1. 男女関係ない

1.3. 割戻金がある

1.4. 高齢者にやさしい

1.5. 低コストで低保障

2. 共済デメリット

2.1. 保証額がすくない(800万くらい)

2.2. 医療と生保別々にできない(パッケージ商品だから)

2.3. 高齢になると保証金も減る

2.4. 倒産のリスクある

2.4.1. 民間は倒産しても・・

3. 結論

3.1. 火災・自動車・共済のみ

3.1.1. 自動車は対人・対物無制限で車両保険はいらない

3.1.2. 火災は賃貸のところで入らなくても良い場合が多い

3.1.2.1. 1万くらいかわるかもしれない

3.1.3. 毎月2000円でいつ辞めても痛くないシンプルな共済

3.1.3.1. 年間戻ってくる

3.1.3.1.1. 掛け捨てで多分一番安い

3.2. 共済はバス・民間はタクシーで覚えるとわかりやすい

3.3. 民間入るなら

3.3.1. 若くて妻子持ちの場合掛け捨ての保険が必要

3.4. 共済は若い人が損なイメージだけど安い

3.5. 共済は掛け捨ての保険だと思い妻子ができるまでは遊ぶお金にする。その後保険会社を変えるなら変えていく

3.5.1. 加入時が年齢など高くなっていってもその分人生も楽しんでるので

3.6. 年々入院日数も減り総医療費も下がってきているし基本は健康体

3.6.1. 例えば糖尿病

3.6.1.1. 40-44歳

3.6.1.1.1. 入院日数は15日

3.6.1.2. 75歳以上

3.6.1.2.1. 入院日数66日

3.7. 公的保険を使うと

3.7.1. 高額療養費制度

3.7.1.1. ~370万

3.7.1.1.1. 月当たりの自己負担限度は57600円

3.7.1.2. 1160円以上

3.7.1.2.1. 252600+(医療費ー842000)×1%

3.7.1.3. 80万かかったとしても80100+(800000ー267000)×1%

3.7.1.3.1. で85430円しかかからない。(年収370万770万の人

3.7.1.4. かかっても毎月10万くらいでやばい入院でも二ヶ月くらいなので20万

3.7.2. MAX値の60代男性が向こう10年以内にがんになる確率=15%

3.7.2.1. 期待値100万×15%=15万

3.7.2.1.1. 10年間の支払いは3975円×10年=48万

3.7.2.1.2. 48万あれば4か月は入院できる。(高額医療制度)

3.8. 公的保険(社会保険)で賄いMax10万を払う。二ヶ月以上の入院は相当なケガや病気だから安楽死を望む(考えても半年で60万)

3.9. 保険での貯金(年金)

3.9.1. IRRをみれば損

3.9.2. 表面では利回りいいが

3.9.2.1. 引き出したいとき引き出せない(イデコと同じ?)

3.9.2.1.1. 本当にその利回りがもらえる?手数料などよく見てみよう

4. 保険を検討する条件

4.1. 緊急性(いきなり来る)

4.2. 経済的合意性(安い保険で大きい保障)

4.3. 不可実性(時代の変化に対応できるか)

4.4. 重大性(自分で用意できない額)

4.5. これらを考えて

4.5.1. 現役時代の死

4.5.2. 現役時代の就業不能

4.5.3. ただし傷病手当金があるので必ずしも必須ではない

4.5.3.1. 障害年金もある

4.5.4. のときなら考えるかも

5. どの保険にはいるのがいいのか

5.1. そもそもの種類

5.1.1. 民間

5.1.1.1. 民間は営利

5.1.1.1.1. 保険料=利益+経費+受給

5.1.2. 民間以外

5.1.2.1. 共済は非営利

5.1.2.1.1. 掛け金は一律

5.1.2.1.2. パッケージ商品

5.1.2.1.3. 保障が少ない

5.1.2.1.4. 「基本」は掛け捨てのみ

5.1.2.1.5. 高齢時は保証が薄くなる

5.2. 監督官庁が違う