bitcastleマーケティング戦略

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
bitcastleマーケティング戦略 により Mind Map: bitcastleマーケティング戦略

1. 既存顧客

1.1. メールマーケティング

1.1.1. セグメント分けの徹底

1.1.1.1. メールアドレスのみ入力

1.1.1.2. 個人情報入力済み

1.1.1.3. KYC申請済み

1.1.1.4. 二段階認証設定済み

1.1.1.5. 取引高VIP

1.2. キャンペーン

1.2.1. 取引高キャンペーン

1.2.1.1. 月1、7日間程度開催

1.2.2. 拡散キャンペーン

1.2.2.1. Twitterで@付をして拡散

1.2.2.2. Twitterで

1.3. コミュニティ

1.3.1. Telegram

1.3.1.1. ニュース配信

1.4. Q&A

1.4.1. 問い合わせを極限まで少なくすること。

1.4.1.1. Q&Aの充実

1.4.1.2. 問い合わせフォームを階層深く

1.5. 定期的なCryptoの上場

1.5.1. 最低月1上場

1.5.2. オリジナルIEO

1.5.3. 最新仮想通貨TOP100のCryptoをなるべく多く上場させる

2. 新規顧客開拓

2.1. アジア

2.1.1. 日本

2.1.1.1. オーガニックリサーチ(SEO)

2.1.1.1.1. bitlife というメディアをbitcastle.io配下に設置し毎日仮想通貨情報配信

2.1.1.1.2. bitcaslteでのニュースリリース

2.1.1.2. youtube広告

2.1.1.2.1. CryptoPieWEマ事業と連携して仮想通貨プレゼントキャンペーン実施

2.1.1.2.2. アプリインストール誘導

2.1.1.3. Facebook/Instagram

2.1.1.3.1. 広告規制が厳しいため優先順位低め

2.1.1.3.2. アプリインストール誘導

2.1.1.4. LINE

2.1.1.4.1. 国内仮想通貨取引所規制のためおそらく出稿不可。損切り。

2.1.1.4.2. アプリインストール誘導

2.1.1.5. アドネット広告

2.1.1.5.1. アプリインストール誘導

2.1.2. ベトナム

2.1.2.1. 国内規制は厳しめだがユーザーは多い

2.1.2.2. CPA正確に算出する必要有り

2.1.3. インドネシア

2.1.3.1. CPAを正確に算出する必要有り

2.1.4. フィリピン

2.1.5. 中国

2.1.5.1. 国内規制は厳しめ

2.1.5.2. オフィスは作らないが

2.1.6. シンガポール

2.1.6.1. 国内規制は厳しめ

2.1.6.2. ライセンス申請手続き

2.1.6.2.1. DBSプライベートバンク経由で法人口座開設

2.1.6.2.2. ライセンス取得完了後 SGを扱う

2.1.6.2.3. 場合によってはbitcastle Global と bitcastle SGを分ける必要有り

2.2. ヨーロッパ

2.2.1. エストニア

2.2.1.1. ライセンス申請

2.2.1.1.1. EURが取り扱いでき次第ヨーロッパ圏拡大

2.3. 中東

2.3.1. ドバイ

2.3.1.1. 富裕層&法人向けにOTC業務中心に展開

2.4. 北アメリカ

2.4.1. アメリカ

2.4.1.1. SECに指摘されるリスク有り

2.4.1.1.1. 指摘されたら対応というスタンス

2.4.2. カナダ

2.4.2.1. 要調査

2.5. 南アメリカ

2.5.1. ブラジル

2.5.1.1. ライバル企業IQ Optionのメインターゲット

2.5.1.2. BO機能中心に宣伝

2.6. アフリカ

2.6.1. 情報不足

2.7. グローバル