ツールについての質問

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
ツールについての質問 により Mind Map: ツールについての質問

1. ツールの理解度の問題

1.1. ATSとAISの違いは?

1.1.1. 全自動ツールか半自動ツールの違い。ASINを入れるだけなのが、ATS。 その都度、更新をしてファイルを作成していくのがAIS。

1.2. ツールでは何が出来る?

1.2.1. ATSで出来ること

1.2.1.1. ASINを投入するだけで出品作業までをツールが行ってくれる

1.2.2. AISで出来ること

1.2.2.1. ASINを投入すると出品ファイルを作成してくれる。そのファイルを自分でアマゾンにアップロードする。

1.3. MWSを使用する理由

1.3.1. Amazon上の出品、注文などの情報を取得するため

2. ツールの各項目の設定の理解不足

2.1. ATS

2.1.1. 出品フィルター設定

2.1.1.1. 評価のパーセンテージ ⇒ 仕入するセラーの評価。粗悪なセラーから仕入する可能性を低くする。

2.1.2. ダウンロード

2.1.2.1. 全情報ファイル場所がわからない。 ⇒ 「すべて(新品)」ファイル

2.1.3. 価格設定

2.1.3.1. 国ごと、商品の状態ごと(中古、新品、独占新品、独占中古)に設定する

2.1.3.2. 閾値の理解 ⇒ 低ければ低いほど最安値を取りに行く。100%はすべて出品。

2.2. AIS

2.2.1. 一般設定

2.2.1.1. 州税 ⇒ 商品を送る場所でかかる

2.2.1.2. 出品数とは? ⇒ 在庫数を1ではなく固定で出品したりできる。(売れやすくなるため)アメリカの在庫数に合わせての出品もできる

2.2.1.3. 商品情報キャッシュ

2.2.1.3.1. 過去にいれたASINのデータの価格のみを取ってくるということ。

2.2.2. 利益設定

2.2.2.1. 仕入価格に対してどれぐらいの利益を出すのか、ポイントは付けるのかを設定できる式。

2.2.3. ダウンロード

2.2.3.1. 全情報ファイルの場所がわからない ⇒ ツールのASIN登録ログの右端の「全情報ファイル」をクリックする

3. ダウンロードできるファイルの内容

3.1. 各項目が何を示しているかわかっていない

3.1.1. AIS

3.1.1.1. 自分のAISで投入されているブラックリストをダウンロードできる

3.1.2. ATS

3.1.2.1. ブラックリスト

3.1.2.2. 全情報ファイル