なぜか好かれる人がやっている 100の習慣

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
なぜか好かれる人がやっている 100の習慣 により Mind Map: なぜか好かれる人がやっている 100の習慣

1. 参考図書 なぜか好かれる人がやっている 100の習慣 藤本梨恵子 著 明日香出版社

2. 解説

2.1. 見た目・仕草

2.1.1. 相手の心をつかむ

2.1.1.1. 視線の使い方

2.1.1.1.1. 視線は多くのメッセージを伝える

2.1.1.1.2. NLP(Neuro Linguistic Programing:神経言語プログラム)

2.1.1.1.3. 気配り

2.1.1.1.4. 相手の視線をつかむこと

2.1.1.1.5. 好かれる人

2.1.1.1.6. 視線の配り方

2.1.1.1.7. 相手を不快にさせない

2.1.2. 相手の心を開かせる

2.1.2.1. ポジショニングや仕草

2.1.2.1.1. どのようなポジショニングで人と話すかによって

2.1.2.1.2. 初対面の相手や仕事の相手

2.1.2.1.3. 威厳をアピールしたいとき

2.1.2.1.4. 安心感や信頼感を築く作業

2.1.2.1.5. 細かい仕草にも注意

2.1.2.1.6. 相手の心を開きたいなら

2.1.3. 「あなたと似ている」ことを示す

2.1.3.1. 「類似性の法則」

2.1.3.1.1. 人は無意識に自分に似た人に安心感や信頼感を抱く

2.1.3.1.2. 服装や表情、行動、価値観などが自分と似ている人

2.1.3.2. 相手と信頼関係を築きたい

2.1.3.2.1. 自分は相手と似ていることを示すことが不可欠

2.1.3.2.2. ペーシング(同調効果)

2.1.3.2.3. 好かれる人

2.1.3.2.4. 嫌われる人

2.2. 話し方・人づき合い

2.2.1. 「相手の気分がよくなる質問」

2.2.1.1. 会話において大切なのは

2.2.1.1.1. 相手が言いたいことをつかむ

2.2.1.1.2. 相手の気分がよくなる質問をする

2.2.1.1.3. 詰問されると、人は傷つくことを恐れて心を閉ざしてしまう

2.2.1.2. 人は自分を理解してほしい生き物

2.2.1.2.1. 共感的に話を聞く

2.2.1.2.2. 信頼関係構築の基本

2.2.2. 相手の成功を喜ぶ

2.2.2.1. 潜在意識の法則

2.2.2.1.1. 他者の成功を喜べないのは百害あって一利なし

2.2.2.1.2. 人の成功を喜べない

2.2.2.1.3. 人の幸せを素直に喜べば

2.2.2.2. 他の人が幸せになったからといって

2.2.2.2.1. 自分の幸せが増減するわけではない

2.2.2.3. 幸せはポイントのように自分と相手の間をいったりきたりしているものではない

2.2.2.3.1. 相手の幸せポイントが増えても、あなたが不幸になるわけではない

2.2.2.4. 人生には必ずアップダウンがある

2.2.2.4.1. 人と長く付き合う

2.2.2.5. 好かれる人

2.2.2.5.1. 他人の幸不幸が自分に影響しないことを知っている

2.2.2.5.2. 相手の嬉しい気持ちにもつらい気持ちにも寄り添える共感力を持っている

2.3. 仕事・営業

2.3.1. 怒りを真正面から受けない

2.3.1.1. 謝罪が必要なとき

2.3.1.1.1. 相手の怒りを真正面のポジションから受け止めてはいけない

2.3.1.1.2. 正面から対峙する姿勢

2.3.1.1.3. 真正面ではなく少しずらした位置から謝る

2.3.1.1.4. 怒りが収まらない相手

2.3.2. 我慢しないでうまく自己主張

2.3.2.1. 常に自分の主張を我慢しているとストレスがたまってしまう

2.3.2.1.1. 気持ちを押し殺さず

2.3.2.1.2. 適切に自己主張するようにしたい

2.3.2.2. 自己主張には3つのタイプ

2.3.2.2.1. 攻撃的に自己主張をする「アグレッシブ」

2.3.2.2.2. 内心嫌だと思っていても自己主張をしない「ノンアサーティブ」

2.3.2.2.3. 相手を傷つけずに自分の主張もする「アサーティブ」

2.4. ストレスフリー

2.4.1. 感情を押し殺さない

2.4.1.1. 多くの人

2.4.1.1.1. 喜びなどのポジティブな感情は表現してもいい

2.4.1.1.2. 怒りや悲しみなどのネガティブな感情は見せてはいけない

2.4.1.2. 人間の感情は生理現象と同じ

2.4.1.2.1. 自然に湧き上がってくる

2.4.1.2.2. 怒りや悲しみの感情も、無理に抑え込んではいけない

2.4.1.3. 感情を抑えると、相手から好かれにくくなる

2.4.1.3.1. 感情を隠すと人は不自然になる

2.4.1.3.2. 本心が見えないため、相手から敬遠されてしまう

2.4.1.4. 自分らしく感情を出す

2.4.1.4.1. 自分勝手にふるまうこととは違う

2.4.1.5. 相手に怒りなどの感情をうまく見せられない

2.4.1.5.1. 少なくとも「こんなことを思ってはいけない」と押し殺さず

2.4.1.5.2. 自分の感情を認めるようにしよう

2.4.2. 高いステートコントロール能力

2.4.2.1. 「仕事ができる人」と「人に優しくできる人」の共通点

2.4.2.1.1. 心の状態がいい

2.4.2.2. どんなに優秀でも、心の状態が悪ければ高いパフォーマンスは出せない

2.4.2.3. 自分の心身をいい状態に保つ

2.4.2.3.1. 心のステートコントロール(状態管理)

2.4.2.4. 一流は自分で自分の機嫌を取る

2.4.2.5. 二流は人に機嫌を取ってもらう

2.4.2.6. 三流はいつも機嫌が悪い

3. 結論

3.1. 視線や仕草、座る位置

3.1.1. 知らず知らずのうちに相手に強く影響

3.1.2. そうした行動に意識的になる

3.1.2.1. 信頼関係が築ける

3.2. 人の能力は心の状態に左右される

3.2.1. 相手の可能性ややる気を引き出す

3.2.1.1. 原因追及型ではなく解決型の質問を心がけ

3.2.1.2. 相手の気分を良い状態に保ったほうがいい

3.3. 自分の感情を押し殺さず、ありのままに認めよう

3.3.1. 感情を抑えようとする

3.3.1.1. モヤモヤしたり

3.3.1.2. 相手から好かれにくくなったりする

4. プロフィール

4.1. 名前

4.1.1. 吉田 健

4.2. 大阪生まれ大阪育ち

4.3. 2016年4月まで会社員 20年間

4.3.1. 2016年5月から社会保険労務士事務所開設

4.3.1.1. 社会保険労務士

4.3.1.1.1. 人事労務

4.3.1.1.2. プロフェッショナル

4.3.1.2. 経営心理士

4.3.1.2.1. 指導

4.4. 現在

4.4.1. 人事労務

4.4.1.1. コンサルティング

4.4.1.2. アウトソーシング

4.4.2. 経営心理

4.4.2.1. 心の性質に基づいて

4.4.2.2. 人を育て

4.4.2.3. 組織を充実させる

4.4.3. やりがいのある仕事

4.4.3.1. ヒト

4.4.3.1.1. 無限の可能性

4.4.3.1.2. 未知数

4.4.3.1.3. モノ カネ 情報を司る すべての起点

4.5. なぜ動画を公開するのか?

4.5.1. 「中小企業のしなやかな成長を支援」という想いのもと

4.5.2. 《組織の成長・変化》に必要な《スキル・考え方》を配信

4.5.3. 中小企業の発展・成長へ貢献

4.5.3.1. 社会に貢献