エギング

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
エギング により Mind Map: エギング

1. 使いやすい‼️エギングPEラインの特徴とおすすめ〇〇選

1.1. エギングでPEラインを選ぶ理由

1.2. 上手なPEラインの選び方

1.2.1. PEラインの太さは0.6号〜0.8号が使いやすい

1.2.2. リールに巻く長さは150mから200m程度が良い

1.2.3. PEラインの色はアングラーから見えやすい色の選択をする

1.2.4. 編み込みの数 4本編みと8本編み

1.2.5. 比重の違いで選ぶ

1.3. おすすめのエギングPEラインまる〇〇選

1.3.1. ダイワ(Daiwa)エメラルダスセンサーホワイト+si

1.3.2. ダイワ(Daiwa)エメラルダスセンサーSSIII+Si

1.3.3. シマノ(SHIMANO)セフィアG5

1.3.4. シマノ(SHIMANO)セフィア8

1.3.5. ユニチカ(UNITIKA)キャスライン エギングスーパーPEⅢ

1.3.6. VARIVAS(バリバス)ライン アバニ エギングMAXパワーPEX8

1.3.7. サンライン ソルティメイトPEエギスタ4

1.3.8. メジャークラフト 弾丸ブレイドクロス X8

1.3.9. Rapala(ラパラ) ラピノヴァX

1.3.10. DUEL(デュエル) HARDCORE X8

1.4. まとめ

2. 初心者 イカメタル

2.1. 風による影響

2.1.1. エギが沈まない

2.1.2. アタリが取りずらい

2.1.3. 竿先にラインが絡みやすい

2.2. 風がある日の対策とテクニック

2.2.1. 2 ラインメンディングを徹底しよう

2.2.1.1. 1 竿先を下げる

2.2.1.2. 2 ラインを出しすぎないようにする

2.2.1.3. 3 キャスト後は風下へ移動する

2.2.2. 1 風裏となるフィールドを探そう

2.2.3. 3 風向きを意識した立ち位置を選ぼう

2.2.3.1. 追い風、向かい風になる立ち位置を選ぶ

2.2.3.2. 足場の低い立ち位置を選ぶ

2.2.4. 5 エギのウェイトを重くしよう

2.2.5. 4 ラインを細くしよう

2.3. 風がある日でもイカの釣果は伸びる

3. エギング入門 1万円以下でもポテンシャルが高い格安スピニングリール〇〇選

3.1. エギング入門者で格安リールで良い理由

3.2. おすすめなポテンシャルが高いリール〇〇選

3.3. 格安リールを実際に使用してきて学んだこと

3.4. まとめ

4. 初心者

4.1. カラーローテーション

4.2. ポイントの選び方

4.3. エギング用語

4.3.1. フィールド関連

4.3.1.1. 藻場

4.3.1.2. ストラクチャー

4.3.1.3. 地磯

4.3.1.4. 沈み瀬

4.3.1.5. シャロー

4.3.1.6. ディープ

4.3.1.7. ボトム

4.3.1.8. サーフ

4.3.1.9. カケアガリ

4.3.1.10. ゴロタ

4.3.1.11. レンジ

4.3.2. 潮関連

4.3.2.1. 当て潮

4.3.2.2. 払い潮

4.3.2.3. 潮目

4.3.3. アクション関連

4.3.3.1. ワンピッチジャーク

4.3.3.2. 2段シャクリ

4.3.3.3. スラックジャーク

4.3.3.4. ステイ

4.3.3.5. フリーフォール

4.3.3.6. テンションフォール

4.3.3.7. カーブフォール

4.3.3.8. ドリフト

4.3.4. 道具関連

4.3.4.1. タモ

4.3.4.2. ローテーション

4.3.4.3. タックル

4.3.5. 時間

4.3.5.1. 朝マズメ

4.3.5.2. 夕マズメ

4.3.5.3. 時合い

4.3.6. エギへの反応関連

4.3.6.1. スレる

4.3.6.2. バイト

4.3.6.3. バラシ

4.3.7. ギャフ

4.3.8. まとめ

4.4. 釣れる時間帯

4.4.1. 朝マズメ

4.4.2. 夕マズメ

4.4.3. 夜間

4.5. 釣れる潮

4.5.1. 潮の種類

4.5.1.1. 各潮の説明

4.5.1.2. 上潮で入り、下潮で出て行くイメージ

4.5.2. タイドグラフ

4.5.2.1. 釣れるタイミング

4.5.2.2. 潮の実際の流れのグラフ化

4.5.3. 潮と朝、夕マズメのタイミングを狙う

4.5.4. まとめ

4.5.5. タイミング

4.6. ロッドのしゃくり方とその後のエギのフォール

4.7. ボトムステイの取り方

4.8. 風が強い時のエギング

5. 昼間のエギング やはりのエギ エギ王K ネオンブライトを使ってみたらすごかった

6. 夏イカ

6.1. 夏イカについて

6.2. 釣れるポイント

6.3. 狙う時間帯

6.4. 使うエギ

6.5. アクション

6.6. まとめ

7. エギングロッドの選び方

8. 秋エギング

8.1. 爆釣り

8.1.1. エギの号数

8.1.2. 狙うポイント

8.1.3. 誘い方

8.1.4. 時期

8.1.5. まとめ

8.2. 秋のアオリイカ サイトフィッシングの〇〇のポイント

8.2.1. イカから人を見せない

8.2.2. シャロータイプのエギを使用する

8.2.3. 群れに対するキャスト位置

8.2.4. 焦らしで活性を上げる

8.2.5. シャクる以外でも釣れる

8.2.6. 基本の誘い方

8.2.7. 偏光グラスは必須

8.2.8. 釣れない時は号数を下げる

8.2.9. まとめ

8.3. エギング ランガンタックル

9. エギング 底の取り方

10. 初心者 エギングにおける底の取り方

10.1. 底取りの手順

10.1.1. ラインを少しずつ出す

10.1.2. フリーフォールでカウント

10.2. 風がある日の底取り

10.3. 底取りの必要性

10.3.1. アオリイカが底にいる

10.3.2. 深さが把握できる

10.3.3. エギの位置がわかりやすい

10.4. 闇雲にボトムを取らなくて良い

11. 【初心者】実は激アツ‼️冬エギングを攻略しよう

11.1. 冬はポイント選びが重要

11.1.1. カケアガリが急な堤防、地磯

11.1.2. 潮通しの良い海峡

11.1.3. 日中のシャローエリア

11.2. 冬エギングの効果的なシャクリ方

11.2.1. スローなアクション

11.2.2. ロングステイ

11.3. エギは動きより安定したフォールが重要

11.3.1. エギ王K

11.4. 狙う時間帯は夕まずめから夜間がオススメ

11.5. オススメエギカラー

11.5.1. 冬エギングオススメのエギ〇〇選

11.5.1.1. 冬エギングの特徴

11.5.1.2. 冬エギングに求められるエギの性能

11.5.1.2.1. 深場までの遠投性

11.5.1.2.2. 風に負けないフォール時の安定性

11.5.1.2.3. ダーク系、ナチュラル系のカラー

11.5.1.2.4. 深いボトムまでの水深性

11.5.1.3. おすすめエギ

11.5.1.3.1. 安定したフォールならこれ

11.5.1.3.2. 遠投性に優れている

11.5.1.3.3. 素早くボトム攻略が可能

11.5.1.3.4. 夜間のエギングはこれ

11.5.1.3.5. 冬の澄んだ潮のはナチュラルカラーがおすすめ

11.5.1.4. まとめ

11.6. 釣りの際は寒さ対策は必須

11.6.1. 【必須】真冬で快適な釣りを援助する防寒グッズ〇〇選

12. 魚の反応関連

12.1. ベイト

12.2. ナブラ

12.3. フィッシュイーター

13. 【初心者】春エギング攻略法 釣れている人がおさえている7つのポイント

13.1. 春エギング攻略の〇〇のポイント

13.1.1. 藻場があるかが最重要

13.1.2. 春イカが釣れやすい場所

13.1.3. 常にボトムを意識したエギング

13.1.4. ベイトの有無

13.1.5. 春エギングに最適なシャクリ方がある

13.1.6. シャロー帯でもキロアップが出る

13.1.7. 釣れた時は、追尾していないかの確認

13.2. 春のエギングタックル

13.3. まとめ

14. 春エギング 藻場攻略法

14.1. 藻がつきやすい場所

14.1.1. テトラ

14.1.2. 藻上

14.1.3. 地磯

14.1.4. 海底に沈むロープ、枝木

14.2. アオリイカが好むもの種類

14.2.1. ホンダワラ

14.2.2. アマモ

14.3. 藻場の攻略法

14.3.1. エギの選択

14.3.1.1. シャロータイプのエギ

14.3.1.2. 視認性の良いカラー

14.3.2. 動かし方

14.3.2.1. 藻の上をダートさせるイメージ

14.4. 偏光グラスは必須級

15. 流行りのイカメタル 専用ロッド以外でも釣りは成立する

15.1. イカメタルロッドの選び方

15.2. 代用できるロッド 2本を使用してみた

15.3. 初心者におススメのイカメタルロッド〇〇選

15.4. まとめ

16. 快適なエギングをするための偏光グラス!選び方とおススメ〇〇選

16.1. 偏光グラスのメリット

16.1.1. 海中の沈みせ、ストラクチャーが確認できる

16.1.2. ベイトが見える

16.1.3. 自分のエギやエギを追ってくるアオリイカが見える

16.1.4. ラインが見える

16.1.5. 目の疲労を軽減できる

16.2. エギングでの偏光グラスを選ぶポイント

16.2.1. 可視光線透過率で選ぶ

16.2.2. レンズカラーで選ぶ

16.2.3. フレームの形で選ぶ

16.3. この3色があればエギングが快適にできる

16.4. 初めの1本 初心者向けの1万円以下 おススメ偏光グラス

16.4.1. AXE(アックス)ASP-5568 GM ガンメタリック

16.4.2. ダイワ ポリカーボネイト 変色調光偏光グラス DN-4216H

16.4.3. シマノ(SHIMANO) 撥水ハーフフィッシンググラスPC HG-066N マットブラック

16.4.4. D.フライマン

16.4.5. コールマン

16.5. 中級者から上級者向け 1万円から3万円以下 おススメ偏光グラス

16.5.1. ダイワ TLO028 トゥルービュー

16.5.2. サイトマスター オプティモ ブラック イーズグリーン

16.5.3. がまかつ 偏光サングラスGM-1771

16.6. メガネの上からかけられる 偏光グラス おススメ

16.6.1. L.S.D. Designs オーバーグラス タイプ2

16.6.2. シマノ(SHIMANO) HG-019P クリップオングラスTAC