登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
お金の力 により Mind Map: お金の力

1. 貯める力

2. 稼ぐ力

3. 増やす力(投資)

3.1. 資産とは

3.1.1. 現金

3.1.2. 貯金、預金

3.1.2.1. 日本円

3.1.2.2. 外国為替

3.1.3. 債券

3.1.4. 株式

3.1.5. ETF

3.1.6. REIT

3.1.7. FX

3.1.8. 仮想通貨

3.1.9. 不動産

3.1.10. 金

3.2. 国

3.2.1. 新興国12 先進国88

3.2.2. アメリカ 56

3.2.3. 日本 7.5

3.2.4. イギリス、フランス、スイス 10

3.2.5. 中国 5 韓国 2

3.3. 日本の状況

3.3.1. 高度経済成長期 預金、貯金の時代

3.3.2. バブル崩壊後 経済は低迷

3.3.3. リーマンショック後 2009

3.3.3.1. ネット証券の時代 SBI証券、楽天証券

3.3.3.1.1. 良質な商品が買えるようになったため個人で資産運用が可能(それまでは銀行窓口で騙される商品しか買えなかった)

3.4. 保有期間

3.4.1. 短期

3.4.1.1. 一日の中で売り買い

3.4.1.2. 半年、一年で売却

3.4.1.3. ギャンブルの要素が強い

3.4.1.4. 知識がある上級者向け

3.4.2. 長期

3.4.2.1. 初心者、多くの一般人向け

3.4.2.2. 15年持ち続ければ上がり下がりの中で必ずプラスになる(資本主義の世界は経済成長は右肩上がりという前提)

3.4.2.2.1. 特にアメリカは経済成長が著しい

3.5. 目的

3.5.1. 子供の教育資金を蓄える

3.5.1.1. ジュニアnisa口座で長期保有

3.5.1.1.1. 5年運用で非課税 18歳まで引き出せない

3.5.2. 老後年金を蓄える

3.5.2.1. idecoとnisaで老後2000万問題はクリア

3.5.2.1.1. キャピタルゲイン狙い(複利をきかせて株式そのものの成長させる)、現代の投資の最適解

3.5.3. 日々の暮らしを良くする

3.5.3.1. 高配当株で配当金運用

3.5.3.1.1. インカムゲイン狙い(株価は上がろうが下がろうが配当金をもらい日々の生活に充てる)

3.5.4. 働かない自由の獲得

3.5.4.1. 6000万 年間配当金180万で生活

3.6. 国の制度

3.6.1. ideco 非課税投資年金 厚生労働省

3.6.2. nisa 非課税投資 財務省

3.6.2.1. 積み立てnisa

3.6.2.1.1. 20年

3.6.2.2. nisa

3.6.2.2.1. 5年

3.7. 初心者はどうしらいいか

3.7.1. 窓口に行かずネット証券の開設

3.7.2. 開設した証券口座で非課税口座を開設

3.7.2.1. 積み立てnisa

3.7.2.2. ideco

3.7.2.3. ジュニアnisa

3.7.3. 積み立てnisaで年間40万円をドルコスト平均法(月に33333円)でアメリカのSP500指数に連動するインデックスファンド(投資信託)を買い続ける

3.7.4. 余力があれば

3.7.4.1. ジュニアnisa口座で18歳以降の教育資金を運用

3.7.4.1.1. 15年はおろさないためこれもアメリカのsp500指数に連動する投資信託でOK

3.7.4.2. 配当金が欲しければアメリカの高配当ETFを課税口座で運用

3.7.4.3. 経済の勉強をしたければSBIネオモバイル証券で日本株を1株から投資

3.7.4.4. 老後資金のために職場を通してideco運用 (運用益より控除益の方が大きい)

4. 使う力

5. 守る力