地域で生きる

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
地域で生きる により Mind Map: 地域で生きる

1. 官・民・地域・教育機関 一体化

1.1. 将来的な魅力を作る

2. どこで

2.1. 生業が可能な町

2.1.1. 若者が暮らせる

2.1.2. 町の税収が十分

2.1.2.1. 医療体制充実化

2.1.2.2. 町と一体になり新たなチャレンジ可能

2.1.2.3. 移住支度金のUP

2.1.2.3.1. 移住者が良きも悪きも発信

2.1.3. 働く場所がある

3. どのように

3.1. ここにしかない魅力をビジネスに変える

3.1.1. 付加価値重要視 安売りはしない

3.1.1.1. 保存可能食の販路の確約

3.1.1.1.1. 成城石井のような単価高い企業へ

3.1.1.1.2. 製品安定供給

3.1.1.2. ジビエ製品化

3.1.1.2.1. 食材として客単価の高い地域へ製品供給

3.1.1.2.2. プレミアムドックフード

3.1.1.2.3. 筋肉フード

3.1.1.3. サーモン余り骨の製品化

3.1.1.3.1. プレミアムドックフード

3.1.1.3.2. 料理出汁専用フード

3.1.2. 地域、事業主、従業員にお金が落ちる仕組み化

3.1.2.1. 意識改革

3.1.2.1.1. 骨折り損のくたびれ儲けをやめる

3.1.2.2. よい製品を継続生産

3.1.2.2.1. 成功

3.1.2.2.2. 失敗

3.1.3. 外部との連携(同業者)

3.1.3.1. 協業または企業誘致

3.1.3.1.1. 雇用創出

3.1.4. 個人事業の発展

3.2. ここに居ても可能なビジネスを行う

3.2.1. 個人事業の集合体

3.2.2. フリーランス支援

3.2.3. 大学とのコラボ

3.2.3.1. 県立大学システム関連など

4. 魅力発信

4.1. 体験型ワークショップ

4.1.1. 口コミ

4.1.2. SNS

4.1.3. コラボ型モール開催(他地域の同業)

4.2. 陸・海 コラボワークショップ

4.2.1. 口コミ

4.2.2. SNS

4.2.3. コラボ型モール開催(他地域の同業)

4.3. 年間パスポート型 ワークショップ

4.3.1. 四季に適合した体験型ワークを提供

4.3.1.1. 口コミ

4.3.1.2. SNS

4.3.1.3. コラボ型モール開催(他地域の同業)

4.4. 出前授業

4.4.1. 官公庁

4.4.2. 教育機関(小・中・高・大

4.4.3. 幼児施設