登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
により Mind Map: う

1. 新着勝負になって来るので、登録時などに、しっかりその商品を絵で覚えておく必要がある

2. エクセルやスプレッドに残しておく

2.1. パソコンと携帯のアプリとで連動して使える

2.1.1. 例えば、通勤時間、外出先などでも仕入れがしやすい

2.1.1.1. つまり時間の有効化

2.1.1.2. 時間短縮

2.1.2. フリマウォッチのツールが、閉鎖してしまった時のことを考えて

2.1.3. 仕入れ時の確認事項を減らすことができる

2.2. リストだめしてから使うべし

3. 例えば、「美顔器」というワードで登録すると、通知が大量にくる

4. ビッグワードでは登録しない

5. この価格の範囲なら仕入れたいという価格で設定することで

6. メルカリ、ラクマ、ヤフオクなどに出品されると、

7. このデータを分析することで、どの時間帯にその商品が出品されやすいかなどがわかる可能性あり

8. 1商品ごとに手作業で登録する必要がある(ツールでなんとかできるかも)

9. その瞬間に通知がくるツール。

10. どんなもの?

11. メリット

11.1. 商品ごとに、金額の上限設定、下限設定ができる

11.2. 検索しなくても、登録さえしておけば、新着の通知が来る

11.3. 除外ワードの設定ができる

11.3.1. ジャンク

11.3.2. 〇〇のみ

11.3.2.1. フリマウォッチに登録した商品が、

11.3.2.2. 例えば、電話の子機のみなど

11.4. 通知がきた商品の履歴が残る

11.4.1. 実際に出品された商品を確認することで、絵で見る機会が増える

12. デメリット、注意事項

12.1. 型番や、メーカー名プラス型番、その商品を示す特定のワードで登録する

12.2. あわてて、違う商品や、コンディションの良くない商品を、誤って仕入れないように