旅の荷物は

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
旅の荷物は により Mind Map: 旅の荷物は

1. norifreed自己紹介

1.1. アラフォー地方在住

1.1.1. 最寄りのハブ空港は関空

1.1.2. 旅のスタイルは、ひとり旅が好き

1.1.2.1. 最近は友人と一緒にも行く

1.2. 年収300万円程度

1.2.1. 旅行の軍資金は、給与とボーナス

1.2.1.1. 車にはこだわらない

1.2.1.1.1. 車の維持コストは毎年購入金額の20%

1.2.1.1.2. 300万円の車を購入すると減価償却30万円、維持管理費用30万円と考えよう

1.2.1.1.3. 新車じゃない選択も考えよう

1.2.1.2. 生命保険等は最低限

1.2.2. ある程度、安いのを選びますが、あまり安い選択はしない

1.2.3. 1回の旅行に1,2回は贅沢を許す

1.2.4. 安心安全が優先

1.2.4.1. 旅のスタイル

1.2.4.1.1. できるだけ荷物を持たない

1.2.4.1.2. 飛行機とホテルは自己手配

1.2.4.1.3. マイレージを活用

1.3. 旅行好きな方といろんな情報をシェアしたい

1.3.1. 旅は自分を解放してくれる

1.3.2. 人々の中で生きているけど、たまには離れることがいい

1.3.3. 旅はアイデア次第。たくさんの旅行のアイデアをシェアしたい

1.4. 旅行が好き!

1.4.1. 今はコロナで残念ですが

1.4.2. 何が楽しいのか

1.4.3. 新しい経験

1.5. 訪問した国と地方は40程度

1.5.1. 一番良かった旅行先は?

1.5.1.1. それぞれの国にそれぞれの素晴らしさがあります

1.5.1.1.1. 行きたいと思った国が一番

1.5.2. 初めての場所は、20歳のときロサンゼルス、ラスベガス

1.5.3. 好きな都市は、ニューヨーク、パリ、香港

1.5.4. 台湾、香港は、ハブ空港として利用して、短時間の食べ歩き、街歩きを楽しむ

1.5.5. 珍しいところは、モロッコ、ギリシャ、プエルトリコかな

1.5.6. ソウルは安くて近い年に1度のリフレッシュ

2. 何を持っていくか

2.1. 旅先で何をするのか?→スケジュールを作成する

2.1.1. 時間ごとにスケジュールを作る

2.1.2. 物(洋服)、お金、情報を書き出す

2.1.3. 癒しグッズも忘れずに!

2.1.4. 私が使っているスケジュールはこんな感じ

2.1.5. 実際に書き込んでみたスケジュール

2.1.6. 必ず持っていくものは普段からセットにしておく

2.1.6.1. 歯ブラシ、シャンプー、リンスなどのセット

2.1.6.2. 簡単なメイク道具

2.1.6.3. ハンカチ、ティッシュ

2.1.6.4. イヤホン、充電器、コードなどのセット

2.1.6.5. 超軽量の折り畳み傘

2.1.6.5.1. 行く先々で傘を買うのが嫌いなので、、

2.1.6.5.2. 海外は不要。ウィンドブレーカー的なのがいい

2.1.6.5.3. 日本の夏を考えて、女性は日傘兼用のものを

2.1.6.5.4. 直前に荷物から取り出す

2.1.7. 最強の忘れ防止は、、

2.1.7.1. 持ち物リストを作成すること

3. やっぱり軽いが一番

3.1. とはいえですね。状況によれば、極限まで軽くしたい!

3.1.1. 荷物から最悪減すことができるのは、、

3.1.1.1. ビジネスホテルに泊まるなら、、歯ブラシ、シャンプーリンスセットをリストラ

3.1.1.2. 下着類→最悪、寝る前に洗えば、翌朝乾いている

3.1.1.3. 超軽量の折り畳み傘→ビジネスホテルで借りる(笑)

4. 荷造り(パッキング)の方法

4.1. スケジュールに書き込んだグッズを次々詰めだけ

4.1.1. セットにしておけばさらに早い!

4.2. 洋服類は、無印等の旅行ポーチに収納が便利

4.2.1. 同じサイズを複数持っておく

4.2.2. バックの中の整理がしやすくなる

4.2.3. 個人的にはA5サイズ程度のが好き

4.2.4. 個人的には、これは使っていません(ごめんなさい)

4.3. 旅行出発の1週間ぐらい前から、持っていくバックを出しておく

4.3.1. そこに気が付いたものをポンポン放り込んでおく

4.3.2. お土産などの忘れ物を防げる

4.3.3. バックが小さすぎる、大きすぎるを事前にわかり変更できる

4.4. 最後に、エコバックも一つ放り込んでおこう

5. 最終手段は

5.1. 宅配便でホテルまで届けておく

5.2. 帰りも宅配便で送る

5.2.1. 特に帰りは疲れているので、1500円程度の費用なら、選択肢としてはアリでは

6. さあ、旅に出ましょう