人生を充実させる レバレッジメモ

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
人生を充実させる レバレッジメモ により Mind Map: 人生を充実させる レバレッジメモ

1. 仕事

1.1. 生産性向上

1.1.1. 選択術

1.1.1.1. 選択と集中

1.1.1.1.1. エッセンシャル思考マインド

1.1.1.1.2. 具体的行動

1.1.1.2. エフォートレス

1.1.1.2.1. エフォートレスな精神

1.1.1.2.2. エフォートレスな指針

1.1.1.2.3. エフォートレスな行動

1.1.1.2.4. エフォートレスな仕組み化

1.1.1.2.5. コストを削減する

1.1.1.3. 知的生産性

1.1.1.3.1. 概念:犬の道を避ける

1.1.1.3.2. 知的生産をする

1.1.1.3.3. プロフェッショナルとして

1.1.2. 集中力

1.1.2.1. 集中力を上げる

1.1.2.1.1. 集中力への向き合い方

1.1.2.1.2. 集中するために

1.1.3. 時間術

1.1.3.1. タイムマネジメント

1.1.3.1.1. 時間濃度を上げる

1.1.3.1.2. 集中できる環境・状況をつくる

1.1.3.1.3. ストレスを作らない

1.1.4. 行動力

1.1.4.1. 走り続けよう

1.1.4.1.1. 消えたものはもうそこにない

1.1.4.1.2. 動くとは安全に向かうということ

1.1.4.1.3. かじりつくのは走る準備をしてから

1.1.5. マインドセット

1.1.5.1. 能力は伸ばせると信じる

1.1.5.1.1. マインドセットとは

1.1.5.1.2. マインドセットの違い

1.1.5.1.3. 能力と実績

1.1.5.1.4. 教育

1.1.5.1.5. マインドをしなやかに

1.2. アウトプット

1.2.1. SNS運用

1.2.1.1. 基本的考え方

1.2.1.1.1. やりたいことや方向性を語り、思い入れを持ってもらうことが一番大事

1.2.1.1.2. 見ている人をワクワクさせるという意味で「ストーリー設定」は重要

1.2.1.1.3. 発信する相手の顔・気持ちを考えながら投稿することで、発信の軸がぶれない

1.2.1.2. ファンの増やし方

1.2.1.2.1. "共感を生む情報"を発信できているか ”メリット”を提供できているか

1.2.1.2.2. フォロワーが増えることが一番の難関

1.2.1.3. 案件化・ブランド化

1.2.1.3.1. 憧れの人に会うタイミングでは記憶に残るような印象を一発で伝えたい

1.2.1.3.2. 制作する側にファンがいることは強烈な強み

1.2.1.3.3. ライブコマースは生配信をしながら商品を売る新しいEコマースの形

1.2.2. 文章の書き方

1.2.2.1. 書く前の準備

1.2.2.1.1. よい文章とは、完読される文章

1.2.2.1.2. 「テーマ(主眼)」をセットし、それに対し「何を」「どれから」「どれくらい」話すか決める

1.2.2.1.3. 結論 - 問題提起 - 状況説明 - 付帯情報の型

1.2.2.2. 読み返し

1.2.2.2.1. 文末表現のカードをいかに持つかが大切 特に、体言止めの連続使用は控える

1.2.2.2.2. 基本スタイルは一文一義、混乱も負荷も減らせる

1.2.2.3. そぎ落とし

1.2.2.3.1. 主眼を忘れず話題と論旨をしっかりと組み立てる

1.2.2.3.2. “接続詞”(そして、しかも)、”言い訳”(あくまで…かもしれないが、)、”翻訳文体”(ことができる)は不要

1.2.2.3.3. 言い換えのひと手間を使う

1.2.2.4. 表現的なテクニック

1.2.2.4.1. 事実の積み重ね

1.2.2.4.2. 文章やタイトルの書き出し

1.2.2.4.3. 閉じた言葉の利用

1.2.3. WEBライティング

1.2.3.1. 有益なコンテンツとは

1.2.3.1.1. 「記事を読み終わった時にどうなってほしいか」 「読み始める前の悩み」 を記載する

1.2.3.1.2. モバイルユーザに配慮して、一分ごとに改行

1.2.3.1.3. 読まれないことを前提に、画像の周囲に関連するテキストを置く

1.2.3.1.4. 箇条書きを上手に活用して、見せ方にメリハリをつける、読み手の集中力を保つ

1.2.3.1.5. とにかく結論ファースト、重要情報は上に持ってくる

1.2.3.2. 必要なマインド

1.2.3.2.1. 絶えず新しいものを生み出し続けなければならない。長く生きていくには変化に対応し続け、考え続けること

1.2.3.3. 導入文テクニック

1.2.3.3.1. 常識をくつがえしてインパクトを与える

1.2.3.3.2. 読者の共感・同意を得る

1.2.3.3.3. ストーリー(物語)からはじめる

1.2.3.3.4. 続きが気になる心理を利用する

1.2.3.3.5. 具体的な数字からはじめる

1.2.3.3.6. メリットをわかりやすく伝える

1.3. マーケティング

1.3.1. 顧客視点

1.3.1.1. マーケティングの役割

1.3.1.1.1. マーケターは消費者理解の専門家

1.3.1.1.2. 「ゲストが本当に喜ぶもの」と「ゲストが喜ぶだろうと作る側が思っているもの」は必ずしも一致しない

1.3.1.1.3. 日本はマーケティング途上国、マーケターの需要がこれからどんどん高まる

1.3.1.2. マーケティングの本質

1.3.1.2.1. 売るのではなく、売れる仕組みをつくること

1.3.1.2.2. 制するべき接点①消費者の頭の中②買う場所③使用体験

1.3.1.2.3. どこの川幅が問題なのか、適切な治水工事で不必要に狭い川幅を広げていく

1.3.1.3. 戦略とは

1.3.1.3.1. 戦略的に頭を使うことに慣れていくことは、マーケターになるための第1歩

1.3.1.3.2. 目的を定める

1.3.1.3.3. 選択する

1.3.1.4. キャリア形成

1.3.1.4.1. 市場構造が一定ならば、その市場にいる人の収入も「ある一定の幅」で決まる

1.3.1.5. 行動

1.3.1.5.1. 「価値観」➡「意志・心構え」➡「技術」➡「行動」

1.3.1.5.2. 行動を変えるなら「行動」が「価値観」から生まれるという仕組みを理解すればいい

1.3.1.5.3. 行動に移せないときは一つづつ下り降りていく

1.3.1.5.4. 「意識変化」と「行動変化」はタイムラグがあるもの

1.4. 働き方

1.4.1. 真の安定を手に入れる生き方

1.4.1.1. これからの時代には3つの武器が必要

1.4.1.1.1. ①リーマン力(筋力)デキる仕事術や転職術

1.4.1.1.2. ②副業力(刀)個人の力で稼ぐ力

1.4.1.1.3. ③マネー力(盾)致命的なミスを防ぐマネーリテラシー

1.4.1.2. 100年時代は資産バランスが重要

1.4.1.2.1. 「お金」「ビジネススキル」「人間関係」「健康」の4資産をバランスよく築く必要がある

1.4.1.2.2. 仕事を楽しみ続けることは100年時代を生きるために良い影響をもたらし続ける

1.4.1.2.3. 3つの武器を順番に備えていくべし

1.4.1.3. リーマン力

1.4.1.3.1. タスクの仕訳①断る②即打ち返す③ToDoリスト

1.4.1.4. 副業に必要な前提

1.4.1.4.1. 明確な目標を定める「いつまでに、いくら稼ぎたいのか。それはなぜか?」

1.4.1.4.2. 本業を超える収入を目指すなら副業にあてる時間を最低15時間

1.4.1.4.3. 失敗前提で小さく試すことを何度も繰り返す

1.4.1.4.4. 副業モデル①影響力で稼ぐ「インフルエンサー型」

1.4.1.4.5. 副業モデル②専門スキルを軸にした「ディレクター型」

1.5. 成果向上

1.5.1. 自信をつける

1.5.1.1. 自信の捉え方

1.5.1.1.1. 自信の定義: ①確実感、確かである感情 ②信用・信頼の行動

1.5.1.1.2. 闘争・逃走反応のスイッチを切るのは不可能

1.5.1.1.3. ネガティブ思考とは戦わず、脱フュージョンする

1.5.1.2. 自信に溢れた行動をする (自信はあとからついてくる)

1.5.1.2.1. 価値を定める

1.5.1.2.2. 行動をする

1.5.1.2.3. 不快感を受け入れる

1.5.2. 人と違うことをする

1.5.2.1. 創造的破壊

1.5.2.1.1. 今あるものをそのまま使わず、みずから行動を起こして、より良い選択肢がないかを探し続ける

1.5.2.1.2. アイデアは創造よりも選定がカギ

1.5.2.1.3. つねに現状を異議を唱えるような人は、「結果の論理」ではなく「妥当性の論理」を使う。 つまり「私はこういう状況でどうするべきか」と考える。

1.5.2.2. イノベーション

1.5.2.2.1. 先延ばしは「生産性の敵」かもしれないが、「創造性の源」にはなる

1.5.2.2.2. 先発者になることは、利点よりも不利な面が大きい

1.5.2.2.3. イノベーションには「概念的イノベーション」「創造的イノベーション」の2つのスタイル

1.5.2.3. アクション

1.5.2.3.1. 強烈な感情を制圧しようとするよりも、違う感情にすり替えるほうが簡単

1.5.2.3.2. 世界を変えてきたのは少人数グループだけ

1.5.2.3.3. 利益を視点にすると、リスクを回避したいという思いが出てくるもの

1.5.2.4. 他者とのかかわり

1.5.2.4.1. 最高の味方になるのは、はじめは反対していたが、しだいに味方になってくれた人たち

1.5.2.4.2. 「他者に対して」怒りを感じていると復讐心が生じるが、「他者のために」怒りを感じていると、正義やより良いシステムをつくる動機になる

1.5.2.4.3. 悲観的なことをいう人は、頭がよく見識があるように見られる

1.5.3. 先延ばしをなくす

1.5.3.1. 先延ばしと失敗

1.5.3.1.1. なんらかの否定的な自己イメージをいただくと、その通りの結果を招きやすくなる

1.5.3.1.2. 教育、キャリア、所得など、いずれの領域を見ても、先延ばし人間はおおむねそうでない人よりも成功できない

1.5.3.2. 先延ばし克服の行動プラン

1.5.3.2.1. 1.成功の螺旋階段

1.5.3.2.2. 2.鼓舞される物語・仲間

1.5.3.2.3. 3.脳内コントラスティング法

1.5.3.2.4. 4.失敗を計算に入れる

1.5.3.2.5. 5.先延ばし癖を自覚する

1.5.3.2.6. 6.ゲーム感覚、目的意識

1.5.3.2.7. 7.エネルギー戦略

1.5.3.2.8. 8.生産的な先延ばし

1.5.3.2.9. 9.ご褒美効果

1.5.3.2.10. 10.情熱を燃やせる仕事

1.5.3.2.11. 11.プレコミットメント効果

1.5.3.2.12. 12.注意コントロール戦略

1.5.3.2.13. 13.ゴールを設定する

1.5.4. ストレスフリーになる

1.5.4.1. ストレスフリーの基本

1.5.4.1.1. 不安を取り除くには「行動する」

1.5.4.1.2. ①悩みを書き出し②対処法を調べ③やってみるというToDoに置き換える

1.5.4.1.3. 生活を整える「睡眠・運動・食事」

1.5.4.2. 人間関係

1.5.4.2.1. 過去の「マイナスの状態」と比べると、現在は「ポジティブな状態」にいることが明確になる

1.5.4.2.2. 他人は比較ではなく、観察する

1.5.4.2.3. 人の意見に流されるよう、自分の意見を持つ

1.5.4.3. 整える

1.5.4.3.1. 身体を整える

1.5.4.3.2. 心を整える

1.5.4.4. 人生を楽しむ人になるには

1.5.4.4.1. 「素直さ」先入観を持たず、ニュートラルな状態になること

1.5.4.4.2. 決断グセをつける

1.5.4.4.3. 幸せの3つの種類を把握する

1.5.5. 後回しにしない

1.5.5.1. 実行力とは

1.5.5.1.1. 平凡と成功の違いは、知識ではなく実践にあり。実行力こそが真の競争力。

1.5.5.1.2. 成功を手にするには、「ゴールの視覚化」よりも「プロセスの視覚化」の方がずっと重要

1.5.5.1.3. 変化を起こすには、必ずふたつの理由が必要だ。 今の状況から抜け出さなければならない切迫した理由。 何が何でも目標を達成すべき切実な理由。

1.5.5.2. <逆算スケジューリング3ステップ>

1.5.5.2.1. ①まず、達成したい目標と最終的な期限をはっきりと定める

1.5.5.2.2. ②目標を達成するプロセスにおける小目標と期限を定める

1.5.5.2.3. ③目標に関係する最初の仕事を選んで、ただちに実践に移す

1.5.5.3. <プランBの3つの機能>

1.5.5.3.1. 予測可能性:突発事態を予想する習慣を持てば、不確実性への不安感が安らぐ

1.5.5.3.2. 制御可能性:予想される突発事態への対策を立てる過程で、状況と自分自身をコントロールする力が増強される

1.5.5.3.3. 生産性:状況と自分自身に対するコントロール力の増強により、どんな状況でも後悔と損失を味わう機会が減り、成果と満足感を味わう機会が増える

1.5.5.4. 目標達成

1.5.5.4.1. 目標の達成を基準にして逆方向から現在の状況を見れば、選択の幅はずっと狭まる

1.5.5.4.2. 決心を確実に実践したければ、公開方法をもっとたくさん探してみよう。恥ずかしがらずに公開してたくさんの注目も集めよう。

1.5.5.4.3. 助けを求めるのは、世の中に「実行したい」というシグナルを送るのと同じだ。尋ねないのは学びたくないということであり、助けを求めないのは切実に望んでいないのと同じだ

1.5.5.4.4. カメが勝った本当の理由は、ウサギがライバルのカメにだけ注意を向けていた反面、カメはただゴールである山の頂上に登って旗を立てることだけを考えていたから

1.5.5.5. 実践する方法

1.5.5.5.1. はじめる

1.5.5.5.2. 締め切る

1.5.5.5.3. イメージする

1.5.5.5.4. 昨日と変わる

2. 人生

2.1. 自己投資

2.1.1. 読書の価値を上げる

2.1.1.1. マインド

2.1.1.1.1. 読書の価値

2.1.1.1.2. 目的意識

2.1.1.2. 行動

2.1.1.2.1. アウトプット

2.1.2. 忘れない読書術

2.1.2.1. 読書効果

2.1.2.1.1. 記憶に残るとは「自己成長につながる読書術」であり「人生を変える読書術」

2.1.2.1.2. 他人の経験を活かすことで、時間の無駄を減らして、最短距離で成功への道を歩むことができる

2.1.2.1.3. 知識は最高の貯蓄である。

2.1.2.2. 読書術

2.1.2.2.1. 最初のインプットから7日以内に3回アプトプットする

2.1.2.2.2. 深読が必要、「内容を説明できること」、そして「内容について議論できること」。 感想や自分の意見を述べられなければ、本を読んでいる意味がない。

2.1.2.2.3. 目的地を把握する「パラパラ読書術」

2.1.2.3. アウトプット

2.1.2.3.1. 「ダーティー読書術」

2.1.2.3.2. 「テレビショッピング読書術」

2.1.2.3.3. 15分という時間は、脳科学的に見ても「極めて集中した仕事ができる時間のブロック」

2.1.2.4. 選択術

2.1.2.4.1. 「どの本を読むのか」にフォーカスし、1冊1冊を真剣に選ぶ。そうすることで、真の自己成長につながるホームラン本に出会う。

2.1.2.4.2. まずは「入門書」で基礎知識と全体像を把握する。基礎体力を養って、次のステージに進む。

2.1.2.4.3. 「広げる読書」と「深める読書」。今の自分に必要なのはどちらなのか。

2.2. お金

2.2.1. お金持ちの教え

2.2.1.1. マインド

2.2.1.1.1. 向き合い方

2.2.1.1.2. 鍛え方

2.2.1.2. 行動

2.2.1.2.1. 優先順位

2.2.1.2.2. 幅を広げる

2.2.2. 自由を手にする

2.2.2.1. 間違いを乗り越え、自分の道を見つける

2.2.2.1.1. 頭脳的に高い教育を受けた優等生が失敗するのは恐怖心に支配されるから

2.2.2.1.2. 人生という名のゲームに勝つためには一番多くの間違いを犯して学んでいく

2.2.2.1.3. リスクを自ら進んで背負う人が世界を変える、リスクをなくすために政府に頼る人が多すぎる

2.2.2.2. クワドラントの理解

2.2.2.2.1. 右側のクワドラントの仕事は考えること、最も大事で過酷なこと

2.2.2.2.2. Bタイプの成功に必要なもの

2.2.2.2.3. 経済的に安定した状態とは、キャッシュフロークワドラントの両方の側にしっかりとした足場を持っている

2.2.2.3. ビジネスシステム

2.2.2.3.1. 失敗をした時によく自分について学ぶ。だから失敗を恐れるな。

2.2.2.3.2. 真のビジネスは単にシステムだけではない。システムを動かす優れた人間が必要。

2.2.2.3.3. Sなら商品が大切なのもわかる。だが、Bなら商品よりもシステム、教育、人間といったものの方が重要だ。

2.2.2.3.4. デュー・デリジェンス(意見と事実を見極め、やるべきことをやること)を忘れない、とらわれすぎない

2.2.2.4. お金の世界のシステム

2.2.2.4.1. Eはシステムのために働く

2.2.2.4.2. Sは本人がシステムとなって働く

2.2.2.4.3. Bはシステムを作り出し、所有し、管理する

2.2.2.4.4. Iはシステムにお金を投資する

2.2.2.5. お金持ちになるには

2.2.2.5.1. 貧乏は安定を求め、金持ちは自由を求める

2.2.2.5.2. クワドラントの左側から右側に移るために大切なのは「する」ことではなくて「なる」こと

2.2.2.5.3. 右側に移りたいなら長期にわたって手を貸してくれる「サポートグループ」とすでに右側にいる人で自分を導いてくれる「よき師」、この二つを確保する

2.2.2.6. 右側で成功するために

2.2.2.6.1. 金持ちになった人たちの3つの特質

2.2.2.6.2. 人生のCEOになる

2.2.2.6.3. 失望をバネにする

2.2.3. 金持ちになれる資産作り

2.2.3.1. 基礎知識

2.2.3.1.1. 資産形成=(収入ー支出)+(資産*運用利回り)

2.2.3.1.2. 自営で税金を払わないこと

2.2.3.2. 法人調整

2.2.3.2.1. 最適年収にする

2.2.3.2.2. 裏金は税金を払わないですみ、使途に制限ない資金

2.2.3.2.3. 零細法人の場合、決算の目的は赤字にすること

2.2.3.3. 働き方

2.2.3.3.1. 「★クリエイター」クリエイティブクラス(拡張可能) 「スペシャリスト」クリエイティブクラス(拡張不可能) 「マックジョブ」(拡張不可能)

2.2.4. 大富豪の考え方

2.2.4.1. 実業家が成功する3ポイント

2.2.4.1.1. ①目標に向かう戦略立て

2.2.4.1.2. ②その実行

2.2.4.1.3. ③やりとげる情熱

2.2.4.2. 目標設定

2.2.4.2.1. 1.ワクワクするような目標を立てる

2.2.4.2.2. 2.目標は細分化し、具体的な行動ステップを考える

2.2.4.2.3. 3.目標を達成したときのご褒美と、失敗したときの罰を用意する

2.2.4.2.4. 4.目標が達成したところをイメージして楽しむ

2.2.4.2.5. 5.行動を起こす

2.2.4.3. 成功者の仕事

2.2.4.3.1. 経営者の在り方

2.2.4.3.2. 避けるべき働き方

2.2.4.3.3. ビジネス感

2.2.4.3.4. お金の使い方

2.2.4.4. 成功者の人生

2.2.4.4.1. 世界観

2.2.4.4.2. 豊かになる

2.2.4.4.3. 多くの人に助けてもらう

2.2.4.4.4. 失敗とうまく付き合う

2.2.5. 新しい経済のルール

2.2.5.1. 価値主義

2.2.5.1.1. 評価経済

2.2.5.1.2. 価値のある取り組みは利益を出しやすくなる一方で、利潤のみを追求する事業は収益を出しにくい構造

2.2.5.1.3. 複数の経済圏に生きる

2.2.5.2. お金からの解放

2.2.5.2.1. 「価値」を上げる

2.2.6. 繁栄と富と幸福の築き方

2.2.6.1. 不滅の法則

2.2.6.1.1. 稼いだものは、すべて"その一部"を自分のものとして取っておく。 十分の一より減らしてはならない。

2.2.6.2. 七つの知恵

2.2.6.2.1. 財布を太らせることから始めよう

2.2.6.2.2. 自分の欲求と必要経費とを混同すべからず

2.2.6.2.3. 貯めた貯金は寝かさずに増やすべし

2.2.6.2.4. 損失という災難から貴重な財産を死守すべし

2.2.6.2.5. 自分の住まいを持つことは、有益な投資と心得よ

2.2.6.2.6. 将来の保証を確実にすべく、今から資金準備にとりかかるべし

2.2.6.2.7. 明確な目的に向かって、自己の能力と技量を高め、よく学び、自尊心を持って行動すべし

2.2.6.3. 将来の繁栄のために

2.2.6.3.1. 何事かをなそうと望む人間は、財布の中に多くの金を持っていなくてはならず、同時に家族への愛と王への忠誠心をもっていなくてはならない (財布の中に何も入っていない人間は、家族には苦情になり、王には不忠となる)

2.2.6.4. 人間としての誇りを忘れない

2.2.6.5. 労働の喜びを知る

2.2.6.5.1. 仕事を友達として扱い、自分から好きになったほうがいい

2.2.6.5.2. 自分の家を建てるのに、井戸が遠いと文句を言うやつはいない

2.2.6.5.3. 懸命に仕事すれば、いつか必ずいい見返りが来る

2.3. 人生観

2.3.1. 自分を生きる

2.3.1.1. 世界がどうであるかではなく、あなたがどうであるか

2.3.1.1.1. いまのあなたが不幸なのは自らの手で「不幸であること」を選んだから

2.3.1.1.2. 不満はあったとしても、「このままのわたし」でいることのほうが楽であり安心

2.3.1.1.3. 劣等感は「客観的な事実」ではなく、「主観的な解釈」

2.3.1.1.4. 健全な劣等感は他者との比較のなかで生まれるのではなく、「理想の自分」との比較で生まれる

2.3.1.2. 他者の課題には踏み込まず、自分の課題には誰ひとり介入させない

2.3.1.2.1. 人間関係のトラブルは、他者の課題に土足で踏み込むことによって引き起こされる

2.3.1.2.2. 自分を変えることができるのは自分しかいない

2.3.1.2.3. 自由とは、他者から嫌われることである

2.3.1.2.4. 他者を評価しない

2.3.1.3. 仕事の本質は他者への貢献

2.3.1.3.1. 信頼することを怖れていたら、結局は誰とも深い関係を築けない

2.3.1.3.2. 「いま、ここ」にしか生きることができない

2.3.1.3.3. 「他者に貢献する」という導きの星さえ見失わければ、迷うことはないし、なにをしてもいい

2.3.2. 幸せに生きる

2.3.2.1. 尊敬

2.3.2.1.1. 尊敬とは、人間の姿をありのままに見て、その人が唯一無二の存在であることを知る能力

2.3.2.1.2. 「教える側」に立っている人間が、「教えられる側」に立つ人間のことを敬う

2.3.2.1.3. 共感とは、他者に寄り添うときの技術であり、態度

2.3.2.2. 教育のなかでの貢献感

2.3.2.2.1. 生徒からの感謝を期待するのではなく、「自立」という大きな目標に自分は貢献できた、という貢献感を持つ。 貢献感のなかに幸せを見出す。

2.3.2.2.2. カウンセリングをするときに、相談者を「依存」と「無責任」の地位におかない

2.3.2.2.3. 子どもたちの決断を尊重し、その決断を援助する。 いつでも援助する用意があることを伝え、近すぎない、援助ができる距離で、見守る

2.3.2.3. 承認欲求

2.3.2.3.1. 「わたし」の価値を、自らが決定すること。これを「自立」と呼ぶ

2.3.2.3.2. 「人と違うこと」に価値を置くのではなく、「わたしであること」に価値を置く

2.3.2.4. 対人関係

2.3.2.4.1. すべての悩み同様、「すべての喜びもまた、対人関係の喜びである」という幸福の定義がある

2.3.2.4.2. 人間の価値は「どんな仕事に従事するか」によって決まるのではない。その仕事に「どのような態度で取り組むのか」によって決まる

2.3.2.4.3. 「わたしは誰かの役に立っている」という主観的な感覚があれば、すなわち貢献感があれば、それでいい

2.3.3. 100年時代を生きる

2.3.3.1. マルチステージ化する社会

2.3.3.1.1. 長寿化は社会に大きく一大革命をもたらすが、もっとも大きく変わることが求められるのは個人

2.3.3.1.2. マルチステージ化する人生では、上手に移行を重ねることを避けて通れない

2.3.3.1.3. 長寿化する社会において3ステージ型は金銭面で非現実的

2.3.3.1.4. 平均寿命が延び無形資産への投資が多く求められると、余暇時間の使い方も変わる

2.3.3.2. 雇用

2.3.3.2.1. 「近さ」の価値が上がり優秀な人材が集まり同類婚が増える

2.3.3.2.2. テクノロジーの進化と雇用の変化は読み切れない

2.3.3.2.3. 100年時代には柔軟性・方向転換力・再投資の覚悟が必要

2.3.3.3. 無形資産

2.3.3.3.1. 無形資産への投資は形がないだけに慎重に行う必要がある

2.3.3.3.2. ①生産性資産…所得を増やすのに役立つ要素、スキルと知識が主たる構成要素

2.3.3.3.3. ②活力資産…肉体的・精神的な健康と幸福のこと

2.3.3.3.4. ③変身資産…多くの変化を経験し、変身を遂げるのに必要な資産

2.3.3.4. ステージ

2.3.3.4.1. エクスプローラー

2.3.3.4.2. インディペンデント・プロデューサー

2.3.3.4.3. ポートフォリオ・ワーカー

2.3.3.5. シナリオ

2.3.3.5.1. ステージプランと有形・無形資産の上下を想定すればシナリオは見える

2.3.3.5.2. 現状にしっかり目を開き、待ち受けている未来をじっくり検討しなければならない

2.3.3.5.3. 具体的にどのような未来が可能かを創造的に考えなくてはならない

2.3.3.6. 移行期間

2.3.3.6.1. ①エネルギーの再充填…活力資産への投資

2.3.3.6.2. ②自己の再創造…生産性資産への投資を積極的に行う

2.3.3.6.3. 重要な無形の資産への投資が行われるが金銭的資産が減ることは避けられないから、準備しておく必要がある。

2.3.3.7. 変革の意識

2.3.3.7.1. 自分の選択と価値観が人生の出来事・ステージ・移行の順序を決める。それが自己意識・アイデンティティを築く

2.3.3.7.2. 長い人生でが学習教育が一層重要になり、それに多くの時間を費やす人が増える

2.3.4. 経験を買え

2.3.4.1. 今への投資

2.3.4.1.1. 自分が何をすれば幸せになるかを知り、その経験に惜しまず金を使うこと

2.3.4.1.2. 経験の価値を信じること

2.3.4.1.3. 老後の備えは必要、でも老後で何より価値が高まるのは経験

2.3.4.2. ゼロで死ぬ

2.3.4.2.1. 人生を存分に楽しむには、無意識な自動運転をやめ、自らの意思で思う方向に操縦していかなければならない

2.3.4.2.2. 限られた時間とエネルギーをどう使うべきか、もっと真剣に考えるべきだ

2.3.4.2.3. 子供には死ぬ前に与える

2.3.4.3. 年齢にあわせた最適化

2.3.4.3.1. 金だけでなく健康と時間を重視すること、それが人生の満足度を上げるコツ。

2.3.4.3.2. 時間は金よりはるかに希少で有限

2.3.4.3.3. どんな経験であってもいつか自分にとって人生最後のタイミングは来る

2.3.4.4. 経験の賞味期限を意識する

2.3.4.4.1. 人は終わりを意識すると、その時間を最大限に活用しようと意識が高まる

2.3.4.4.2. タイムバケットと使えば、それを行うふさわしい時期が見えてくる

2.3.4.5. 大胆にリスクをとる

2.3.4.5.1. 年を取ると失うものを増え、成功して得られるものも少なくなる

2.3.4.5.2. リスクを取れる時期を生かしきれてない人が多い

2.3.4.5.3. 挑戦しよう。人生で一番大切なのは、思い出を作ること。

2.3.4.6. 大胆に行動するための3つのポイント

2.3.4.6.1. 人生の早い段階が良い

2.3.4.6.2. 行動を取らないことへのリスクを過小評価すべきでない

2.3.4.6.3. 「リスク」と「不安」は区別するべき

2.3.5. 幸福と資本の関係

2.3.5.1. 8つの人生パターン

2.3.5.1.1. 金融資産(不動産を含めた財産)、人的資本(働いてお金を稼ぐ能力)、社会資本(家族や友達のネットワーク)を運用することで”富”を得る

2.3.5.1.2. 【貧困】すべてなし

2.3.5.1.3. 【プア充】社会資本のみ…友だちのネットワークから排除されると貧困に陥る

2.3.5.1.4. 【リア充】社会資本、人的資本あり…高収入で友達や恋人もいる

2.3.5.1.5. 【お金持ち】人的資本、金融資産あり…面倒な人間関係を切り捨てても困らない、投資家やトレーダー

2.3.5.1.6. 【旦那】社会資本、金融資産あり…気前よく財産をばらまいてみんなの人気者になってる人

2.3.5.1.7. 【退職者】金融資産のみ…典型的な独身退職者

2.3.5.1.8. 【ソロ充】人的資産のみ…結婚や子どもをつくることに興味を持たず、自分の趣味に使う

2.3.5.1.9. ひとは幸福になるために生きているけど、幸福になるようにデザインされているわけではない

2.3.5.2. もっとも重要な「富の源泉」は人的資本

2.3.5.2.1. 自己実現

2.3.5.2.2. 弱者の戦略

2.3.5.2.3. フリーエージェントへの道

2.3.5.2.4. 老後とは

2.3.5.3. 幸福のための社会資本

2.3.5.3.1. 「幸福」は社会資本からしか生まれない

2.3.5.3.2. 「幸福の伝染」効果はきわめて大きい

2.3.5.3.3. 貨幣空間(弱いつながり)に重きをおいて、人間関係に悩まない

2.3.5.4. 自分とは

2.3.5.4.1. 「ほんとうの自分」とは、幼い頃に友だちグループのなかで選び取った「役割=キャラ」の別の名前

2.3.5.4.2. 幸福の統一理論

2.4. 健康

2.4.1. 良い睡眠を取る

2.4.1.1. 基礎知識

2.4.1.1.1. 睡眠という基礎があってこそ、食事やエクササイズの効果が上がる

2.4.1.1.2. 質の悪い睡眠は借金、つまり睡眠負債になる

2.4.1.1.3. 睡眠は脳とかかわりが深い

2.4.1.2. 最高の睡眠のための行動

2.4.1.2.1. 睡眠前:「体温」と「脳」が眠りのスイッチとなる

2.4.1.2.2. 起床後:覚醒には、すぐ行動&朝の光

2.4.1.2.3. 昼寝:20分程度の仮眠はリアクションタイムを復活させる

2.4.2. 最高の体調にする

2.4.2.1. 炎症と不安

2.4.2.1.1. 「文明病」が心と体を蝕んでいる

2.4.2.1.2. 狩猟時代と今では「多すぎる」「少なすぎる」「新しすぎる」といった違いがある

2.4.2.1.3. 不安は「アラーム」だが、ぼんやりとした不安のせいでアラームが誤作動を起こしベルが鳴りっぱなしになっている

2.4.2.2. 環境

2.4.2.2.1. 遺伝子と環境のミスマッチが起きた現代において、「自然」と「友人」への投資こそが、最も費用対効果の高い行為

2.4.2.2.2. 私たちが他者に与えれる最強のプレゼントが「信頼」

2.4.2.3. ストレス

2.4.2.3.1. 一歩引いて考え直してみる「リアプレイザブル」は感情の筋トレになる

2.4.2.3.2. デジタル断食の初歩として、SNSやメールチェックの時間を決めておくこと

2.4.2.3.3. 問題なのはストレスが慢性化してしまうこと。睡眠負債や超正常刺激のようなストレスは気づかぬうちに命を削っている