VXシリーズで 接話型マイクを使用する方法

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
VXシリーズで 接話型マイクを使用する方法 により Mind Map: VXシリーズで 接話型マイクを使用する方法

1. 問い合わせ内容

1.1. 接話型マイクを用いるシステムにはどういったパターンがあるのか?

1.2. Rシリーズの業務ラックからの更新で参考にしたい

1.3. 回答期限

1.3.1. 遅くても9/1 (水)まで

2. 追加確認

2.1. PM-120とSS-015を使用した場合

2.1.1. 考えうるリスク

2.1.1.1. SS-015ではちゃんと放送できているかの放送状態表示ができない

2.1.1.2. モニターパネルを追加すれば放送状態は分かる

2.1.1.3. しかし、スマートではないかと。。

2.1.2. リスクを踏まえた上で使用するならOK

3. 考えられるパターン

3.1. 業務放送の起動方法

3.1.1. 業務放送をするには、業務放送パターンを設定し、次の方法で起動させる

3.1.1.1. 業務放送パターンとは

3.1.1.1.1. 入力チャンネル

3.1.1.1.2. 優先度

3.1.1.1.3. 放送ゾーン

3.1.1.1.4. から成る

3.1.1.2. 起動方法

3.1.1.2.1. VX-3000FまたはVX-3000PMの制御入力

3.1.1.2.2. 次の機能キーを使用

3.1.1.2.3. ソフト取説 p.3-7に記載

3.2. RM-200SFを使用する以外に接話型マイクを使用できるパターンはある?

3.2.1. 次の例があるがおすすめはしない

3.2.1.1. 例

3.2.1.1.1. 次の機器をVXシステムに繋ぐ