登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
グローヴアーツ により Mind Map: グローヴアーツ

1. 当初見積もり金額との相違

2. 10-1-2-2.弊社の強みをお伝えする

3. 最終確認(設計責任者) https://drive.google.com/file/d/1-NIorAz5A2IPJ_v0H0nx2m7zPnI5uIkM/view?usp=sharing

4. 販促

4.1. ホームページ

4.1.1. お客様の声

4.1.2. 会社紹介

4.1.2.1. 動画

4.1.3. 会社案内

4.1.3.1. 会社の強み

4.1.4. 更新方法

4.1.5. 投稿

4.2. Instagram

4.2.1. 業務フロー

4.2.1.1. ルール

4.2.1.1.1. 写真撮影担当者

4.2.1.1.2. 掲載担当者

4.2.1.1.3. メッセージの確認

4.2.1.1.4. コメントの確認

4.2.1.1.5. 広告の掲載

4.3. 看板

4.3.1. 制作

4.3.2. ロードサイン

4.4. 新聞広告

5. 営業設計

5.1. 営業

5.1.1. 1.新規問合せ

5.1.1.1. 1-1.電話

5.1.1.1.1. 1-1-1-1.【引き合い表 https://bit.ly/3i5w3gY 】に必要事項を入力

5.1.1.1.2. 1-4-1.予約済みの他のお客様のご来店時間と使用予定ブースを確認して、開いているブースへご案内する

5.1.1.1.3. 1-1-1.最初に電話を取った人【電話対応マニュアル https://bit.ly/3ER3v4j 】

5.1.1.2. 1-2.LINE

5.1.1.2.1. 1-2-1.【引き合い表 https://bit.ly/3i5w3gY 】に必要事項を入力

5.1.1.2.2. 1-2-2.Chatworkの「業務 問合せ報告、対応」グループに必要事項を入力

5.1.1.3. 1-3.HP

5.1.1.3.1. 1-3-1.【引き合い表 https://bit.ly/3i5w3gY 】に必要事項を入力

5.1.1.3.2. 1-3-2.Chatworkの「業務 問合せ報告、対応」グループに必要事項を入力

5.1.1.4. 1-4.予約なしの来店

5.1.1.4.1. 1-4-2.お飲み物とお菓子を出して、受付シートの記入をお願いしお待ちいただく

5.1.1.4.2. 1-4-4.新志 予約なしでご来店いただいた時に対応できる人がいない場合や会議中の対応

5.1.1.4.3. 1-4-3.予約なしでご来店があった旨を上長に報告し、担当する営業決定の指示を受ける

5.1.1.5. 1-5.紹介

5.1.1.5.1. 1-5-1.【引き合い表 https://bit.ly/3i5w3gY 】に必要事項を入力

5.1.1.5.2. 1-5-2.Chatworkの「業務 問合せ報告、対応」グループに必要事項を入力

5.1.2. 業務フロー

5.1.2.1. 2.担当者決定(上長)

5.1.2.1.1. 2-1.Chatworkの「業務 問合せ報告、対応」グループで営業担当者を決定する

5.1.2.2. 3.新規問合せ後の初回対応

5.1.2.2.1. 3-1.基本は電話連絡

5.1.2.2.2. 3-2.繋がらない場合

5.1.2.2.3. 3-3.メール対応希望の場合

5.1.2.3. 4-1-1.アポイント時から5日以上経過している場合は2日~前日にリマインドする

5.1.2.3.1. 4-1-1-1.電話連絡時に不在の場合はメール連絡する。その場合は、翌日に電話確認する事(当日より事前に何時から何時までと打合せ予定時間をつたえる)※終了の時間をつたえる

5.1.2.4. 4.初回打合せ

5.1.2.4.1. 4-1.来店

5.1.2.4.2. 4-2.現地

5.1.2.4.3. 4-3.リモート

5.1.2.5. 5.上長に報告

5.1.2.5.1. 5-1.今後の進め方について打合せをする

5.1.2.6. 6.現地調査【チェックシート https://bit.ly/3CZvNrZ 】※無しの場合もあり

5.1.2.6.1. 6-1.設計主体で採寸と写真を撮る

5.1.2.6.2. 6-2 協力会社さん必要な場合は一緒にアポイントを取る

5.1.2.7. 7.設計との打合せ

5.1.2.7.1. 7-1.図面作成あり

5.1.2.7.2. 7-2.図面作成無し

5.1.2.7.3. 7-3.概算見積り

5.1.2.8. (8).新志 お客様へのアポイント

5.1.2.9. 8.提案前の打合せ

5.1.2.9.1. 8-1.お客様からのヒアリング内容と提案図面を確認しながら、提案ポイントと当日の流れについて打合せをする

5.1.2.9.2. 8-2.営業が見積りを作成した場合は上長が確認する

5.1.2.10. 9.提案資料準備

5.1.2.10.1. 9-1.パース

5.1.2.10.2. 9-2.施工事例

5.1.2.10.3. 9-3.御見積書

5.1.2.10.4. 9-4.カタログ

5.1.2.10.5. 9-5.ローンシミュレーション

5.1.2.11. 10.提案(初回)

5.1.2.11.1. 10-1.設計同席あり

5.1.2.11.2. 10-2.設計同席なし

5.1.2.12. 11.図面修正(打ち合わせ)

5.1.2.12.1. 11-1.金額、内容などご要望の変更点について設計と打合せ

5.1.2.13. 12.提案(2~3回)

5.1.2.13.1. 12-1.初回提案時と同じ流れ

5.1.2.14. 13.契約

5.1.2.14.1. 11-2.設計にChatworkのタスクでプラン、見積りの修正依頼をする

5.1.2.14.2. 13-1.契約書を用意する

5.1.2.14.3. 13-2.ローン申込

5.1.2.14.4. 13-3.仕様決め~完工までの流れを説明する

5.1.2.14.5. 13-4.施工管理の存在を説明する

5.1.2.14.6. 13-5.お客様へ着工前説明事項(施工管理と打合せ??)

5.1.2.15. (14)チェックリスト作成(仮)ビットりーを張り付ける

5.1.2.16. 14.仕様決め(1~3回)

5.1.2.16.1. 14-1.準備

5.1.2.16.2. 14-2.お客様との打合せ

5.1.2.16.3. 14-3.次回の予定

5.1.2.16.4. 14-4.

5.1.2.17. (14-5.)小川 材料チェックリスト作成

5.1.2.17.1. (16-1.)小川 設計顧客管理表を確認して注釈とチェックリストの清書をタスクで依頼

5.1.2.18. 15.変更契約

5.1.2.18.1. 15-1.変更契約書を準備する

5.1.2.18.2. 15-2.変更契約書に署名・捺印頂く

5.1.2.19. (16)変更契約後などの仕様変更について

5.1.2.19.1. (上長に報告し判断いただく

5.1.2.20. 17.設計と打合せ

5.1.2.21. 18.現地打合せ

5.1.2.22. 19.社内打合せ

5.1.2.22.1. 施工管理部長を決定する

5.1.2.22.2. 施工管理に引き継ぎする

5.1.2.23. 20.現地打合せ

5.1.2.23.1. 必要に応じて同行

5.1.2.24. 21.着工~

5.1.2.24.1. 21-1.工事部のLINEグループに参加して施工中も静観する

5.1.2.24.2. 21-2是正工事があった場合

5.1.2.25. 着工・施工中などお客様と顔合わせが必要であれば現場へいく

5.1.2.26. 22.~完工

5.1.2.26.1. 22-1.LINEグループを削除する旨を伝える

5.1.2.26.2. 追加工事

5.1.2.27. 引き渡し書類の準備

5.1.2.27.1. アンケート

5.1.2.27.2. 返信用封筒

5.1.2.27.3. 請求書

5.1.2.27.4. 保証書

5.1.2.27.5. 完了確認書

5.1.2.28. 23.引渡し

5.1.2.28.1. フィードバック(2週間に1回程度)

5.1.2.28.2. 各ローン会社へ連絡し完工をお伝えする

5.1.2.29. 担当物件の原価請求書の確認

5.1.2.29.1. 現場名の確認

5.1.2.29.2. 注文の商品名チェック(未注文商品が請求されていないか)

5.1.2.29.3. 確認した欄に赤ペンでサインする

5.1.3. お客様サイト

5.1.3.1. スタッフ紹介

5.1.4. ルール

5.1.4.1. 施工仕様について問い合わせがあった場合は設計に報告する

5.1.4.2. お客様特記事項は全てchatworkに入れる

5.1.4.3. 詳細な金額までを口頭で伝えない

5.1.4.4. 自社の職人さんは自社ですか?

5.1.4.4.1. 協力会社の職人さん(外注)です

5.1.5. 役割

5.1.5.1. 営業A

5.1.5.2. 営業B

5.2. 設計

5.2.1. 1.業務フロー

5.2.1.1. 1.営業と打ち合わせ(ヒアリング内容)

5.2.1.1.1. 1-1.必要資料 チェック (平面図.配置図.立面図.求積図.配管図...)

5.2.1.1.2. 1-2.各図面 相違がないかチェック

5.2.1.1.3. 1-3.設計フロー確認書 https://bit.ly/3oYLxHZ ※川角修正する

5.2.1.1.4. 1-4.設計顧客管理表に記入 https://bit.ly/3m8tgVo

5.2.1.2. 2.現地調査 【チェックシート https://bit.ly/3Bp86ZB 】※無しの場合もあり ※川角修正する

5.2.1.2.1. 2-1図面あり

5.2.1.2.2. 2-2図面無し

5.2.1.3. 3.作図

5.2.1.3.1. 3-1.下絵

5.2.1.3.2. 3-2.見積もり

5.2.1.4. 4.営業と打ち合わせ(提案前)

5.2.1.5. 5.提案(初回)準備

5.2.1.6. 6.提案(初回)

5.2.1.6.1. 6-1.同席有り

5.2.1.6.2. 6-2.同席無し

5.2.1.7. 7.プラン修正

5.2.1.8. 8.提案(2~3回)

5.2.1.9. 9.図面修正

5.2.1.10. 10.契約

5.2.1.10.1. 10-1.契約図面(パース)

5.2.1.11. 11.仕様決め

5.2.1.12. 12.仕様決定

5.2.1.12.1. 12-1.施工図面

5.2.1.12.2. 12-2.社内打ち合わせ

5.2.1.12.3. 12-3.最終見積もり

5.2.1.12.4. 12-4.チェックリスト

5.2.1.13. 13.注釈

5.2.1.13.1. 13-1.コンセント

5.2.1.13.2. 鮫島 13-2.注釈入力後、図面仕上げ

5.2.1.14. 14.現地調査

5.2.1.14.1. 14-1.同行有り

5.2.1.14.2. 14-2.同行無し

5.2.2. 2.施工中

5.2.2.1. 2-1.進行状況確認

5.2.2.2. 2-2.植栽

5.2.2.2.1. 2-2-1.植栽決定

5.2.3. 3.完工

5.2.3.1. 3-1.フィードバック打ち合わせ

5.2.4. 4.仕様

5.2.4.1. 4-1フェンス

5.2.4.1.1. 4-2隙間確認

5.2.4.2. 4-2 ベンチ

5.2.4.3. 4-3人工芝

5.2.5. 5.ルール

5.2.5.1. 5-1.見積り

5.2.6. 6.役割

5.2.6.1. 6-1.設計A

5.2.6.2. 6-2.設計B

5.2.6.2.1. 6-2-1.台帳の整備

5.2.6.3. 6-3.リモート

5.2.6.3.1. 鮫島 6-3-1.注意事項についてはリンクを確認

6. 施工管理

6.1. 1.施工基準

6.1.1. 1-1.ブロック積み

6.1.1.1. 1-1-1.基礎

6.1.1.1.1. 1-1-1-1ブロック基礎 仕様書を渡す(設計が指示する)

6.1.1.1.2. 1-1-1-2ブロック積みの最中に雨が降るとブロックの中に水が回り白華の原因になるので雨養生をする https://drive.google.com/file/d/1Q1LD1ZmkUJImRN0C91cKQjFhg6YH0MVi/view?usp=sharing

6.1.1.1.3. 1-1-1-3門柱基礎仕様書を渡す(設計が指示する)

6.1.1.1.4. 1-1-1-4アルミ角柱基礎

6.1.1.1.5. 1-1-1-5CPとCBなど寸法が違うものがあるのでカタログ、現地にて確認、チェックする

6.1.2. 1-2.壁仕上げ

6.1.2.1. 1-2-1.美ブロ仕上げ

6.1.2.1.1. 1-2-1-1コテムラはなし。ガリガリで仕上げる

6.1.2.2. 1-2-2珪藻ファーム

6.1.2.3. 1-2-3モルタル仕上げ

6.1.2.3.1. 1-2-3-1仕様書を作成しここに張り付ける写真もつけて

6.1.2.4. 1-2-4塗装吹付仕上げ

6.1.2.5. 1-2-5塗装ローラー仕上げ

6.1.2.5.1. 1-2-5-1モルタル下地刷毛引き仕上げ

6.1.2.6. 1-2-6-カチオン

6.1.2.6.1. 1-2-6-1カチオン材料名 https://bit.ly/3FKNCvG

6.1.3. 1-3.土間コンクリート

6.1.3.1. 1-3-1洗い出しコンクリート

6.1.3.1.1. 1-3-1-1仕様書を創る

6.1.3.2. 1-3-2-施工後車を乗り入れてもいい日を必ず伝える

6.1.3.2.1. 1-3-2-1夏は4日、冬は7日が基本の養生期間

6.1.4. 1-4.タイル仕上げ

6.1.4.1. 1-4-1割り付けの決定(必要なら割付図作成する)

6.1.5. 1-5.人工芝

6.1.6. 1-6.化粧枡仕上げ

6.1.6.1. 1-6-1中のセメント仕上げをきれいにしあげる

6.1.6.2. 1-6-2据え付けじにねじれのないように注意する

6.1.6.3. 1-6-3 5センチ未満のカットにならないように注意する

6.1.7. 1-7.草目地

6.1.7.1. 1-7-1仕上げ高さは土間天端高さが目安です(写真をつける)

6.1.7.2. 1-7-2砂利しあげ

6.1.7.2.1. 1-7-2-1仕上げ砂利は約3㎝程度の厚さにし、下地砂利で調整しておく

6.1.7.2.2. 1-7-2-2砂利仕上げ(化粧砂利)

6.1.7.2.3. 1-7-2-3最終仕上げは、水で泥を洗い流す

6.1.7.2.4. 1-7-2-4 0.5㎥の重さは630kg

6.1.7.3. 1-7-3人工芝仕上げ

6.1.7.3.1. 1-7-3-1下地はバサモルタルでならす。ノロモルタルを50㎝間隔にたらし、張り付ける

6.1.7.3.2. 1-7-3-2毛先の高さは、コンクリート面から5mm程度高く仕上げる(図をつける)

6.1.7.3.3. 1-7-3-3端については、5寸くぎ、 Uピンを打ち込み、毛先をなじませて、見えなく配慮する。

6.1.8. 1-8.各所清掃

6.1.8.1. 1-8-1側溝

6.1.8.2. 1-8-2会所、水道メータ類

6.1.8.3. 1-8-3アルミ柱

6.1.8.4. 1-8-4建物

6.1.8.5. 1-8-5道路清掃

6.1.8.6. 1-8-6グレーチング、道路側溝、道路縁石

6.1.9. 1-9.カーポート

6.1.9.1. 1-9-1カーポート基礎

6.1.9.1.1. 1-9-1-1土間コンがある場合

6.1.9.1.2. 1-9-1-2土の場合

6.1.9.1.3. 1-9-1-3境界ブロック際に柱を立てる場合(カタログを添付する

6.1.9.1.4. 1-9-1-4石垣のそばに基礎をする場合(写真を添付する

6.1.9.2. 1-9-2トユ排水

6.1.9.2.1. 1-9-2-1雨水会所に50mmのパイプにより排水する。GL~30mm程度でカットする。受け側のパイプを垂直に立てる(ジョイント部分で調整する)(写真をつける)

6.1.10. 1-10.タイルベンチ

6.1.10.1. 施工図面 https://drive.google.com/file/d/1ixCT5WUDoeQXvz54TaFCBIN2oun97RJh/view?usp=sharing

6.1.11. 1-11.蹴込み検討して決める

6.2. 2.お客様説明資料

6.2.1. 2-1トランス電源ユニット

6.2.1.1. 2-1-1取扱説明書 https://bit.ly/3aimbMn

6.2.2. 2-2EEスイッチ

6.2.2.1. 2-2-1取扱説明書 https://bit.ly/3Boh3lX

6.2.2.2. 2-2-2施工図面 https://drive.google.com/file/d/1FvpeMFrprcks5heh9guHa52_PlvBbkei/view?usp=sharing

6.3. 3.現場管理

6.3.1. 3-1常備品

6.3.1.1. 3-1-1ほうき

6.3.1.2. 3-1-2ちりとり

6.3.1.3. 3-1-3スケール

6.3.1.4. 3-1-4水糸

6.3.1.5. 3-1-5スプレー

6.3.1.6. 3-1-6マスキングテープ

6.3.1.7. 3-1-7雑巾

6.3.1.8. 3-1-8ブラシ

6.3.1.9. 3-1-9バケツ

6.3.1.10. 3-1-10 -ドライバー

6.3.1.11. 3-1-11 +ドライバー

6.3.1.12. 3-1-12養生テープ

6.3.1.13. 3-1-13マスカテープ

6.4. 4.施工管理フロー

6.4.1. 4-1施工管理フロー管理表

6.4.2. 4-2現地調査

6.4.2.1. 4-2-1既存現状の写真を撮影しておく。傷など確認する。その旨をお客さんに伝える。施工前写真を全景を撮影する。完成後をイメージし撮影しておく

6.4.3. 4-3社内打合せ

6.4.3.1. 4-3-1現地打合せ

6.4.3.1.1. 4-3-1-1変更があった場合chatworkで報告に加えて、設計と営業と社内打ち合わせをする

6.4.3.1.2. 4-3-1-2打合せ事項を記録する。

6.4.3.2. 4-3-2施工管理部長を決定する

6.4.3.3. 4-3-3お客様への連絡担当者をこの時点から施工管理に引き継ぐ

6.4.4. 4-4材料発注業務

6.4.4.1. 4-4-1設計から発行された材料チェック表の色、品番を確認して、発注する

6.4.4.1.1. 4-4-1-1納品された材料の中身を施工会社さんに確認してもらう(傷・色など)注意段ボールを汚さない・濡らさない)

6.4.4.2. 4-4-2材料納品

6.4.4.2.1. 4-4-2-1協力会社納品

6.4.4.3. 4-4-3材料発注前に施工管理、設計にて寸法、色、仕様をダブルチェックする。

6.4.5. 4-5実行予算作成

6.4.6. 4-6施工会社決定

6.4.6.1. 4-6-1施工時期決定の時点でお客様(営業)に時期の確認をする。

6.4.6.1.1. 4-6-1-1工程表作成

6.4.7. 4-7近隣挨拶

6.4.7.1. 近隣挨拶マニュアル https://bit.ly/3iBFfJX

6.4.8. 4-8完了チェック 工事完了確認書https://drive.google.com/drive/u/0/folders/16jYPVNdkEXGlanbvvMtVL7YMUHUcZbmRク

6.4.8.1. 4-8-1完了チェックシートの住所はお客様で書いていただく

6.4.9. 4-9請求書の確認

6.4.9.1. 4-9-1施工管理のチェック内容の概要

6.4.9.1.1. 4-9-1-1返品商品、実注文商品などが請求されていないか

6.4.9.1.2. 4-9-1-2現場名の確認

6.4.9.1.3. 4-9-1-3特に施工会社さん事務所に納入した商品の数量の確認

6.4.9.1.4. 4-9-1-4余った材料の対応を記載

6.4.9.1.5. 4-9-1-5追加金額はマーカーでチェックする

6.4.9.2. 4-9-2上記概要を確認後、赤ペンで施工管理のサインを記載

6.4.9.2.1. 4-9-3施工管理と営業など、必ずダブル以上のチェックになるようにする

6.4.10. 4-10約2か月後 売上管理表の最終金額を確認と修正

6.5. 5.クレーム・トラブル

6.5.1. 5-1ブレーカが落ちる

6.5.1.1. 5-1-1直ちに作業を中止し、状況の確認をする

6.5.1.1.1. 5-1-1-1留守の場合

6.5.1.1.2. 5-1-1-2在宅の場合

6.5.2. 5-2ガスメータ(写真をつける)

6.5.2.1. 5-2-1振動により遮断される時がある

6.5.2.1.1. 5-2-1-1メーターの丸い小窓が点滅すると遮断されている写真をつける)

6.5.2.2. 5-2-2左側の黒いつまみを緩めて中のボタンを押すと復旧する

6.5.2.2.1. 5-2-2-1小窓の点滅がしていないか確認する

6.5.3. 5-3建物への傷

6.5.4. 5-4商品の傷

6.5.5. 5-5地中埋設物

6.5.6. 5-6事故けが

6.6. 6.ルール

6.6.1. 6-1チャットワーク

6.6.2. 6-2打合せ必要なこと

6.7. 7.配った旨をお客様に報告する(必要であれば配布場所をお伝えする)

6.7.1. 7-1職人さんの人数はその日の作業内容に応じた最適な人数で伺います

7. 事務

7.1. 業務内容

7.1.1. 1.掃除

7.1.1.1. 鮫島 1-1.1階

7.1.1.1.1. 1-1-1.トイレ

7.1.1.1.2. 山下2‐9.振込処理

7.1.1.1.3. 1-1-2.手洗い場

7.1.1.2. 鮫島 1-2.2階

7.1.1.2.1. 1-2-1.トイレ

7.1.1.2.2. 1-2-2.炊事場

7.1.1.2.3. 1-2-3.事務机周り

7.1.1.2.4. 1-2-4.お客様お席周り

7.1.1.2.5. 1-2-5.植物

7.1.1.2.6. 1-2-6.デッキ

7.1.1.2.7. 1-2-7.3階への階段

7.1.1.3. 鮫島 1-3.3階

7.1.1.3.1. 1-3-1.炊事場

7.1.2. 2.経理

7.1.2.1. 鮫島 2-1.お客様用請求書

7.1.2.1.1. 2-1-1.台帳・出納帳へ入力

7.1.2.1.2. 2-1-2.コピーを取る

7.1.2.2. 鮫島 2-2.協力会社請求書

7.1.2.2.1. 2-2-1.工事関連

7.1.2.2.2. 2-2-2.工事未関連

7.1.2.3. 鮫島 2-3.ご入金

7.1.2.3.1. 2-3-1.入金をネットで確認

7.1.2.4. 鮫島 2-4.完工確認書

7.1.2.4.1. 2-4-1.引き渡し日を台帳へ入力

7.1.2.4.2. 山下 2‐4‐2.住所確認後訂正があれば台帳へ入力

7.1.2.5. 山下 2‐5 契約書確認

7.1.2.5.1. 2-5-1. 工事台帳(基礎情報)入力

7.1.2.5.2. 2-5-2. 個人ファイル作成

7.1.2.6. 山下2‐6. 完工処理

7.1.2.6.1. 2‐6‐1.完工翌月10日に工事台帳と集計表印刷

7.1.2.6.2. 2‐6‐2.完工現場に番号振り分け

7.1.2.7. 山下2‐7.月次損益作成(確認用)

7.1.2.7.1. 2‐7‐1.毎週月曜日に作成

7.1.2.8. 山下2‐8.給与計算

7.1.3. 鮫島 3.備品管理

7.1.3.1. 3-1.1階

7.1.3.1.1. 3-1-1.トイレ

7.1.3.1.2. 3-1-2.備品

7.1.3.2. 3-2.2階

7.1.3.2.1. 3-2-1.お客様用

7.1.3.2.2. 3-2-2.事務用品

7.1.3.3. 3-3.3階

7.1.3.3.1. 3-3-1.事務用品

7.1.3.4. 3-4.ゴミ袋

7.1.3.4.1. 3-4-1.事業用

7.1.3.4.2. 3-4-2.各階用

7.1.4. 鮫島 4.来客準備

7.1.4.1. 4-1.サイネージ

7.1.4.1.1. 4-1-1.ご来店一覧を作成

7.1.4.1.2. 4-1-2.サイネージ後ろよりSDカードを抜く

7.1.4.2. 4-2.駐車場

7.1.4.2.1. 4-2-1.お名前入力

7.1.4.3. 4-3.空調確認

7.1.4.3.1. 4-3-1.エアコン1

7.1.4.3.2. 4-3-2.エアコン2

7.1.4.3.3. 4-3-3.扇風機

7.1.4.3.4. 4-3-4.ヒーター

7.1.4.4. 4-4.ご来店時

7.1.4.4.1. 4-4-1.お客様をお席へご案内

7.1.5. 鮫島 5.経費

7.1.5.1. 5-1.毎月15日、末日に提出

7.1.5.1.1. 5-1-1.小口現金より渡す

7.1.6. 6.入札

7.1.7. 7.書類整理

7.1.8. 8.月末

7.1.9. 9.年に一回

7.1.9.1. 経審

7.1.9.2. 労働保険

7.1.9.3. 社会保険

7.1.9.4. 年末調整

7.1.9.5. 健康診断

7.1.9.6. 看板更新

7.1.10. 10.贈答品管理

7.1.11. 11.電話対応

7.1.12. 鮫島 12.退勤時

7.1.12.1. 12-1.ゴミをまとめる

7.1.12.1.1. 12-1-1.駐車場横のごみ箱に捨てる

7.1.12.2. 12-2.外部プロジェクターをつける

7.1.12.2.1. 12-2-1.タイマーは5~6時間で設定

7.1.12.3. 12-3.郵便ポストを確認

7.1.12.3.1. 12-3-1.鍵は事務机横に戻す

7.1.12.3.2. 12-3-2.郵便物は社長の机へ

7.1.12.4. 12-4.定休日前

7.1.12.4.1. 12-4-1.ポスト近くに「定休日」の張り紙掲示

7.1.13. 鮫島 13.ご契約時

7.1.13.1. 13-1.お客様個人ファイルの作成

7.1.13.1.1. 13-1-1.テプラで作成

7.1.13.1.2. 13-1-2.お客様ファイル内側に張り付け

7.1.13.1.3. 13-1-3.ファイリング

8. 全部署共通

8.1. マインドマイスターのルール

8.2. スケジュール管理

8.2.1. Googleカレンダー入力ルール

8.3. 社外連絡

8.3.1. LINEビジネス

8.3.2. Gmail

8.4. GWS

8.4.1. お客様サイト

8.4.1.1. 会社の考え方紹介(社長)

8.4.1.1.1. 他社との差別化

8.4.1.1.2. 会社の歩み

8.4.1.1.3. 部署紹介

8.4.1.1.4. 受賞歴

8.4.1.1.5. スタッフ紹介

8.4.1.1.6. 職人さん紹介

8.4.1.2. 流れ(店長)

8.4.1.2.1. 打合せ~アフターフォローまで

8.4.1.2.2. お客様にお願いする事

8.4.1.2.3. 進めるかどうか一旦確認

8.4.1.3. 施工事例(池田)

8.4.1.3.1. 各外構スタイル

8.4.1.3.2. デッキ空間

8.4.1.3.3. ビフォーアフター

8.4.1.3.4. 金額例

8.4.1.3.5. セットプラン

8.4.1.3.6. ゾーニングの入り口

8.4.1.4. キャンペーン情報・助成金など(竹地)

8.4.1.5. 商品紹介(永山)

8.4.1.5.1. 部門別

8.4.1.5.2. カタログ

8.4.1.6. 工事期間(新志)

8.4.1.6.1. 施工の仕方

8.4.1.6.2. 日数の目安

8.4.1.7. ローン説明(小川)

8.4.1.7.1. オリコのリンク

8.4.1.7.2. セディナのリンク

8.4.1.8. イベント紹介(山下)

8.4.1.8.1. 過去

8.4.1.8.2. 現在

8.4.1.9. マップ

8.5. GAサーバー

8.5.1. CAD図面

8.5.2. 写真

8.5.2.1. 施工前

8.5.2.2. 施工中

8.5.2.3. 施工後

8.6. 社内連絡

8.6.1. Chatwork

8.7. ZOOM

8.8. 1.共通のルール

8.8.1. 1-1車両管理

8.8.1.1. 1-1-1給油所は必ず和泉礦油とする

8.8.1.1.1. 1-1-1-1.伝票にサインと距離を記載する

8.8.1.1.2. 1-1-1-2.スタンド控えに伝票に走行距離を記載

8.8.2. 1-2クレジットカードの使用

8.8.2.1. 1-2-1必ず使用明細を保管・提出

8.8.3. 1-3全社員共通のルール

8.8.4. 社内清掃のルール

8.8.4.1. 清掃・養生

8.8.4.1.1. 1階

8.8.4.1.2. 2階

8.8.4.1.3. 3階

8.8.5. チャットワークのルール

8.8.6. メールのルール

8.8.7. ラインのルール

8.8.8. お客様名を記入する書面、e-bordの物件箱はフルネーム

8.9. 姿勢のルール

8.9.1. 現地アポ

8.9.1.1. 待ち合わせの10分前には到着しておく

8.9.1.2. 事前にアポの時間を確認の電話連絡をする

8.9.1.3. 持ち物を確認

9. 必要な図面 ・1階2階平面図 立面図 配置図 求積図 配管図←あれば 池田

10. 人材教育

10.1. 新人教育

10.1.1. 応用の前に基礎をしっかりとする

10.1.2. 会社のルールや役割、会社の機能、各部署の責任をつたえる

10.1.3. 小さなこと、挨拶清掃など仕事と関係のないような事を身に着ける

10.1.4. 内定の時代から日報報告、タイピング速度などの指導をし、一定のレベルで入社できるようにする

10.1.5. 新人の時から価値観を育む、正しい判断は価値観から生まれる

10.1.6. 会社の理念、ビジョンを毎週メッセージし続ける

10.1.7. 読書を進める。3年間は価値観の醸成に重点を置く

10.1.8. どうしたら社員を物心両面で豊かに出来るかを判断基準におく

10.1.9. 先輩、上司が同行し現場で新人を育てる

10.1.10. 教育者はプロフェッショナルに育てるということにこだわる

10.1.11. こだわり切れないやり切らせることが出来ない、厳しく言えない打破プロは育たない

10.1.12. 圧倒的な量を経験させる

10.1.13. 新人時代は放任指導はしてはいけない「あなたなりにしてごらん」「考えてやってみなさい」

10.1.14. 具体的な指導をする。「10分前に行きなさい」「これとこれを持っていきなさい」「こう言いなさい」など具体的に教える

10.1.15. 小さな成功体験を積み重ねる

10.1.16. 目標を立て目標達成で終える習慣いこだわる

10.1.17. 万が一やり切れなかったら何が改善できるかをしっかりと話し、挽回して、やり切れるように関わる

10.1.18. 動画を見る(トレーニングサイト)