すぐに使えるコーチングの5大スキル

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
すぐに使えるコーチングの5大スキル により Mind Map: すぐに使えるコーチングの5大スキル

1. コーチング5大スキル

1.1. 1.傾聴のスキル

1.1.1. 相手の状況確認

1.1.2. 問題の解決策が異なる

1.2. 2.承認のスキル

1.2.1. 相手を承認してあげることで勇気を出させる

1.3. 3.質問のスキル

1.3.1. 状態把握によって根本にある真の問題を見つける

1.4. 4.フィードバックのスキル

1.4.1. 現状を把握させてあげる

1.4.1.1. 今まで聞いたもので問題点をまとめる

1.5. 5.問題解決のスキル

1.5.1. これらを解決させる為にどうしたらいいのかを教える

1.6. 正直コーチングスキル0の状態でも

1.7. お客さんをコーチングする事が出来る

1.8. この5つのスキルに1つ2つと足して行って20%まで取り入れていければ

1.9. 残り80%の問題も解決する事が出来る

2. コーチングスキル

2.1. 全部で100個以上❗️

2.1.1. 全て覚える必要はありません

2.1.2. 忘れるから😃

2.1.3. 20%のスキルがあれば立派なコーチングができると言われている

2.1.4. 20%程解決してあげれば全て解決することが多い

2.1.4.1. 悩みというのは繋がっていて

2.1.4.2. 全部横並びではない

2.1.4.3. だから2割程解決してあげれば全て解決することが多い

2.1.5. すべてのスキルが3つの目的を意識して適用されている

2.1.5.1. 1.相手の自立性を促す

2.1.5.2. 2.相手の力を発揮させる

2.1.5.3. 3.相手の成長を促進させる

3. コーチングとはどういうもの?

3.1. 運動・勉強・技術などの指導の中で

3.1.1. 主にティーチング、業種によって違うが

3.1.1.1. ティーチングをする対象が違うということ

3.1.1.2. 病院なら患者さん

3.1.1.3. 学校の先生なら生徒

3.1.1.4. 私たちなら

3.1.1.4.1. 店の従業員

3.1.2. ティーチングには動機付けが大切

3.1.2.1. それをやらなければならない理由

3.1.2.2. なぜそれをやらなければならないのかを説明して

3.1.2.3. 理解した上でやってもらうこと

3.1.2.4. 例えば

3.1.2.4.1. 病院のリハビリ

3.1.2.4.2. リハビリ頑張らないと早く歩けるようになりませんよー

3.1.2.4.3. 僕らなら

3.1.2.4.4. サバの切身を盛る時はウレタンを使ってねー

3.1.2.4.5. なぜかと言うとサバはドリップが多くて

3.1.2.4.6. 給水紙じゃ間に合わないからですよー

3.2. 促進的アプローチ・指導的アプローチでクライアントの学習や成長を促し

3.3. 相手の潜在能力を解放させ最大限に力を発揮させる

4. 『まとめ』簡単に言うと

4.1. コミュニケーションによって相手の抱えている

4.2. 真の問題点を引き出して解決していくことで

4.3. 目標を達成する為の支援をし

4.4. クライアントを目的地まで運ぶということ

4.4.1. ここでいう目的地は目標

4.4.2. 教える側と教わる側でゴール地点の共有と設定が必要

4.4.3. もともとコーチという言葉は1500年代に『馬車で大切な人を目的地まで運ぶ』

4.4.4. という意味で使われていました、それが

4.4.5. ハンガリーのコチという街までモノを運ぶという意味で使われるようになり

4.4.6. いつしか人がモノを運ぶという意味で使われ出したと言われています。

4.4.7. ブランドの『COACH』のロゴは馬車と人でデザインされている