県大カヌー部 相談会議 第一回 (20211010)

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
県大カヌー部 相談会議 第一回 (20211010) により Mind Map: 県大カヌー部 相談会議 第一回 (20211010)

1. 練習の活動方針について

1.1. 現役生の希望する活動について

1.1.1. ダウンリバーに参加したい

1.1.1.1. ダウンリバーをより楽しむには

1.1.1.2. 流水で漕ぐことに慣れる必要がある

1.1.1.3. 流水に慣れる方法

1.1.1.3.1. 難易度の低い川でダウンリバーに行く

1.1.1.3.2. 瀬田川で部外の先輩らと一緒に漕いでみる

1.1.1.3.3. セルフレスキューについてしっかり学ぶ・練習する

1.2. カヌーとカヌー以外の活動割合について

1.2.1. カヌーのみの活動に限定したときの問題点

1.2.1.1. 素人にとって難易度が高い。。

1.2.1.1.1. ロールできないといけない

1.2.1.1.2. 船をある程度コントロールする技術を身に着けないとイベント参加すらも難しい

1.2.1.2. ストイックな場面の割合が多くを占めることになる

1.2.1.2.1. 大会よりの活動が多くなる

1.2.1.3. お楽しみ要素が少ない

1.2.2. アウトドアサークルのような活動も大いにあり

1.2.2.1. カヌー以外のおすすめイベント

1.2.2.1.1. 登山

1.2.2.1.2. キャンプ

1.2.2.1.3. 旅行・観光

1.2.2.1.4. スノボ

1.2.2.1.5. ↑新歓で誘い文句にも使える!

1.2.2.2. カヌー部メンバーの交流を強めるイベントになりえる

2. マニュアル作りについて

2.1. 最も重要な要素だと思う

2.2. マニュアルの主な内容

2.2.1. 役割分担の内容

2.2.2. スケジュール

2.2.3. 準備物

2.2.4. 要注意点

2.2.5. などを書く

2.3. 各イベントごとに作成

2.3.1. 作成者

2.3.1.1. まっぱ

2.3.1.2. OBもサポート

2.4. マニュアル作成のメリット

2.4.1. 後輩たちが今後、運用について悩んだり路頭に迷うことが格段に少なくなる

2.4.2. スマホでいつでもマニュアル確認ができる

2.4.3. イベントでのミスや苦労が大幅に減る

2.5. マニュアル資料の保管場所として推奨案

2.5.1. カヌー部のGoogleアカウントを作成する

2.5.1.1. IDやパスワードは幹部部員のみ把握

2.5.2. Google Driveで資料を代々共有しながら蓄積していく

2.5.2.1. 資料作成は先輩のサポートが必須

2.5.2.2. 資料編集権限設定

2.5.2.2.1. 幹部部員のみ付与

2.5.2.2.2. 幹部部員以外は資料閲覧権限のみ付与するといい

2.5.3. メリット

2.5.3.1. アカウントのIDとパスワードさえ後輩の代に引き継いでいけば、資料をなくすことがない

3. 現役生からの相談項目

3.1. 部長の決め方は?

3.1.1. 先輩がどのように決めてきたか

3.1.1.1. そーたろーの代

3.1.1.1.1. 一番漕げる人ではない

3.1.1.1.2. しかし、対外的にコミュニケーション能力のある人

3.1.1.2. タイトの代

3.1.1.2.1. 一番漕げる人

3.1.1.3. みずきちゃんの代

3.1.1.3.1. 唯一漕いでた人

3.1.1.4. みっちーの代

3.1.1.4.1. 漕いでる人

3.1.1.4.2. 一番漕げる人

3.1.1.5. チャーリーの代

3.1.1.5.1. よく顔出している人

3.1.1.5.2. 一番漕げる人

3.1.1.6. その他の代

3.1.1.6.1. 一番漕げる人

3.1.2. OBからの意見

3.1.2.1. 部長としてあった方がいい能力

3.1.2.1.1. ある程度 カヌーを漕げる

3.1.2.1.2. 各メンバーの役割分担を決めれる

3.1.2.1.3. 先輩やOBにガンガン質問して頼ることができる

3.1.2.2. 部長の仕事分担について

3.1.2.2.1. 実際、部長の役割は幹部メンバーみんなで分担すること

3.1.2.2.2. 過去の実例は。。

3.2. 過去、部活を運営していく中で大変だったことは?

3.2.1. 大会運営

3.2.1.1. 資金管理

3.2.1.2. 対外的な連絡

3.2.1.3. 計画の周知

3.2.1.4. など

3.2.1.5. メンバーで協力が大事

3.2.1.6. 経験しておくことのメリット

3.2.1.6.1. 就活で話せる!!!!!

3.2.2. その他、色々あるので希望があればまた時間作ってOBが話します

3.3. 人脈がなく情報もないため、イベントとしてできることが限られてくる。。

3.3.1. イベントとは

3.3.1.1. ダウンリバーとか

3.3.1.1.1. いろんな川の情報が分からない

3.3.2. みっちー

3.3.2.1. そもそも、川で漕ぎたいか

3.3.2.2. 現役生の希望に沿うといい

3.3.3. 人脈を作る方法

3.3.3.1. ぼのぼ

3.3.3.1.1. 瀬田川でカヌー練習している人たちの練習に参加させてもらう

3.4. 競技大会に出場する希望はないが、後輩の道を閉ざしたくはない。。

3.4.1. まっぱ

3.4.1.1. 出場したい人だけいけばいいのでは

3.4.2. みっちー

3.4.2.1. 後輩の道を閉ざすことには直結しないのでは

3.4.2.2. ただし、カヌースキルを教える技術はマスト

3.4.3. ぼのぼ

3.4.3.1. 大会参加は、競技に興味を持つことがあったときにだけでいい

3.4.3.1.1. 他大学がそんな感じ

3.4.3.1.2. 北大や帯畜の部員構成例

3.4.3.2. ダウンリバーを楽しめるぐらいの実力はある程度身に着けていけるとベター

3.4.3.2.1. 後輩に教えられるため

3.4.3.2.2. 後輩の中でも競技に興味ある者が出てきた場合

3.4.4. タイト

3.4.4.1. 大会は気が向いたら仲間たちとか先輩と参加したりでOK