登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
コンテンツ により Mind Map: コンテンツ

1. コンテンツビジネスで重要なこと

1.1. 無関心層を「ほしい」と思わせる

1.1.1. 潜在需要→顕在需要

1.1.2. そのためになにをしたらいいかな?

1.1.2.1. その気にさせまくることが超重要

1.1.2.2. 可能性を感じさせてあげないと人って動かない

1.1.2.2.1. 欲求を生み出せば稼ぐことなんて余裕

1.2. 間接否定(一部褒めて現状を否定する)

1.2.1. 共通の敵を批判する

1.2.2. 共通の敵の一部を褒めることで誠実性があると思われる

1.2.3. 逆にライバルのマイナスばかり取り上げるのは良くない

1.3. ビジネスは“人を動かして経験させたら勝ち”

1.3.1. だから行動のハードルをとにかく下げて

1.3.1.1. 人は本質的すぎることは求めていない

1.3.1.2. もっと楽したいんじゃ!! それができたら苦労しねえよ!! って感じ

1.3.1.2.1. 簡易性(再現性)

1.3.2. 行動した先の希望を見せる

1.3.2.1. 行動をゴールに置かない

1.3.2.2. 他人の実績を狩りても良い

1.4. たった1人を決めてその人を本気で救うためのコンテンツを出し続ける

1.4.1. ターゲットにフォーカスしたドラマや雑誌やアニメとかを見てみる

1.4.1.1. YouTubeにめっちゃ落ちてる

1.4.1.2. 映像コンテンツから全部ゲットできる

1.4.2. 実際にインタビューしてみる

1.4.3. なかなか表には言えないけれど実は思っていることってのが存在する

1.4.3.1. 表では「大丈夫」実は、、、みたいな

1.4.4. 書ける悩みを解決して、ストレスを解消して、痛みを和らげ、生活を豊かにするために役立つコンテンツを届ける必要がある

1.5. 主張

1.5.1. 主張明確化ステップ

1.5.1.1. ターゲットが経験する痛みを癒やす

1.5.1.2. ライバルとの違いを明確化した主張

1.5.2. 何度も繰り返して伝える

1.5.3. わたしたちは主張1,主張2、主張3を提供する最高の企業です

1.5.4. 商品のデメリットや不十分な点を自分から伝える

1.5.5. 自分の商品が解決できるターゲットの不満や驚異を主張する

1.5.6. 痛みや不満を解決できないとどうなるのか明確に指摘

1.5.7. 痛みをすぐに解決する必要があることを強調する

1.6. リサーチ

1.6.1. 顧客理解

1.6.1.1. まずはターゲットを決める

1.6.1.1.1. 悩みを調べる

1.6.1.1.2. 悩み=「〜〜ない」っていう状態

1.6.1.1.3. =言語化された悩みは必ず「解決した先を求めているから悩みが出てくる」

1.6.1.2. だれに?なにを?どうやって?

1.6.1.2.1. 誰に=大本の悩みや需要の把握

1.6.1.2.2. 何を=ターゲットにとって「これは本当に俺の役に立つのか?」という疑問を超える

1.6.1.3. 見込み客の理想を叶えられていない原因や 悩みの原因を突き止めて自覚させてあげる

1.6.1.3.1. その解決手段が自分であることを明確に伝える

1.6.1.3.2. 物語

1.6.1.4. 顧客が思いつく質問はなんだろうか??

1.6.1.4.1. 言語化できる悩みじゃないとフックにならない

1.6.1.4.2. 顕在的な悩み・欲求

1.6.1.4.3. 潜在的な悩み・欲求

1.7. なぜ今自分がその活動をしているのか?個人的なストーリーを語ろう

1.7.1. 自分がどんなことを信じていて、

1.7.2. どんな思いでやっているのか

1.7.3. この信念に共感してついてきてくれる人が本当のフォロワー

1.7.4. 自分が利益を追い求めているのではなく、その先を見ていることを伝える

2. 扇動術

2.1. 選択肢を狭める

2.1.1. その選択肢を選んだときの恐怖

2.1.2. すすめている選択肢を選ばなかったときの恐怖

2.2. お客さんに考えさせてはいけない

2.2.1. 人は損失したくない

2.2.2. 買ってもかわなくてもいいやってなったら儲かってもらえない

2.2.2.1. 即断即決させるために あえて「一度落ち着いて考えてみてください」

2.2.3. 考えなくても俺についてきたら大丈夫よ~って

2.3. あいまい、断定、わかりやすい

2.3.1. 理解できない、曖昧とかはクソ

2.3.2. おもしろいことを話す

2.3.3. 自分の信念、思考、主張も明確に出していく

2.3.3.1. ファン化要素

2.3.3.2. 今の価値観や信念が生まれた背景知識を語るとマジで強い

2.3.3.3. なんでそういった事を言うの??

2.3.3.4. なんで今の活動をしているの?

2.3.3.5. とにかく具体的に細かく変化を伝えていく

2.3.3.5.1. 昔から今への変化の仮定あ物語になる

2.4. 部分褒めで相手を肯定する。そのうえで部分否定して現状やそれを作っている要因を否定する

2.4.1. お客さんの信念や今の行動力を肯定してあげよう

2.4.2. 共感できるポイントは全部肯定していこう

2.4.2.1. その気にさせる

2.4.2.2. けどそのままじゃヤバいから一緒に頑張ろうや!

3. 目の前のたった1人の人間に価値を提供するだけでいい

3.1. 全員を救おうなんてそもそも傲慢すぎる

3.2. 目の前の人がどんなことを知りたいと思っているのか聞けばい

4. 有益っぽいんだけど信用されていない

4.1. 知識だけってマジでつまらない

4.2. どうやったら信用されるのかな?

4.2.1. ここの根本的な乗り越え方を学ぶ

4.2.2. ストーリー

4.2.2.1. 間接的に欲求・需要を発生させることができる

4.2.2.1.1. 命令ではなく、未来像を間接的に示すことで“憧れ”にもっていく

4.2.2.2. 実際にあったときの会話

4.2.2.2.1. 妄想で会話を展開してみる

4.2.2.3. 他の手段を試してみた話

5. 6つの刺激

5.1. ターゲット中心で考える

5.1.1. 人は自分に関することだと認識しないと価値を感じない

5.1.2. 解決策を提案する前に相手が現在経験している痛みや今後避けたい痛みを思い起こさせる必要がある

5.2. 対比

5.2.1. 人は対照そのものからは喜びを得ることが難しく、対比によって強い喜びを得るように合っている

5.3. 具体的に

5.3.1. 最も伝えたいことを相手が理解しやすいように

5.3.2. 相手に馴染みのある言葉、状況を使う

5.3.2.1. 既知情報と結びつける

5.4. 記憶を刺激

5.4.1. 冒頭と締めくくりに力を入れる

5.4.1.1. ここで企業理念や価値観を伝えてファンにする

5.4.1.2. 感情に訴える力強い冒頭

5.4.1.2.1. 相手の痛みを再現するような内容

5.4.1.2.2. 聞かないと損するよ!こうなるよ!って感じで恐怖刺激

5.5. 視覚的な刺激

5.6. 感情的な刺激

5.6.1. 怒り

5.6.2. 嫌悪

5.6.3. 悲しみ

5.6.4. 驚き

5.6.5. 恐れ

5.6.6. 信頼

5.6.7. 喜び

5.6.8. 期待

5.6.9. →

5.6.9.1. 痛みに気づかせて →ベネフィットがあることを知らせる

5.6.9.1.1. その気にさせることがマジで大事

5.7. 6つの刺激の使う順番

5.7.1. 視覚的・個人に関する刺激で興味付け

5.7.2. 具体的な刺激でイメージさせて、記憶に残る刺激で期待値操作して納得させる

5.7.3. 対比と感情的な刺激で納得成立

6. 物語の作り方

6.1. 日常世界

6.1.1. 今の見込み客の状態

6.2. 主人公が問題に出くわす

6.2.1. 主人公=読者は〇〇が原因で〜〜という不満が起きています

6.2.2. 〇〇が自分の解決する内容

6.3. 新世界への勧誘

6.4. 勧誘の拒絶

6.5. 主人公のもとに導き手が現れる

6.5.1. 導き手=主人公が抱えている悩みを過去に経験して克服したことがある人

6.5.1.1. つまり、自分が導き手

6.5.1.2. 憧れ、強い、尊敬できる存在

6.5.2. 〇〇という原因を解決する手段を提案することによって〜〜を解消できます

6.5.3. ポイント

6.5.3.1. 共感

6.5.3.1.1. 過去の自分が経験した問題だから主人公を理解できる

6.5.3.2. 導き手としての視覚

6.5.3.2.1. 過去に問題を乗り越えてきたという視覚

6.5.3.3. 主人公の悩みを自覚させる

6.5.3.4. その悩みや問題を放置することによる危険を伝える

6.5.3.4.1. あなたの商品を購入ないと見込み客はどのような危機にさらされるのか

6.5.3.4.2. 他の商品を選んだ場合何を得た、何を失う可能性があるのか

6.5.3.5. 新しい視点や独自の支店を見せる

6.6. 主人公が行動に移して試練を突破する

6.7. さらなる問題

7. まずやることはいま顧客が悩んでいることの解決

7.1. その先に本当に売りたいこと

7.2. 1に興味付け 読まないの壁を超える

7.2.1. 冒頭

7.2.2. ブランディング

7.2.2.1. こいつほかと違くね??

7.2.3. 顧客が痛みを感じているポイント

7.2.3.1. 怒りや損失

7.2.3.2. 単語

7.2.3.2.1. 問題

7.2.3.2.2. 間違い

7.2.3.2.3. 〜という嘘(幻想)

7.2.3.2.4. 悪い習慣

7.2.3.2.5. 成功していない人

7.2.3.2.6. NG

7.2.3.2.7. ~が終わる

7.2.3.2.8. 知らないと損する

7.2.3.2.9. 〜の点滴

7.2.3.2.10. 失敗しない

7.2.3.2.11. 失敗する理由

7.2.3.2.12. ~する前にやっておくべきこと

7.2.3.2.13. やってはいけない

7.2.4. 強め単語

7.2.4.1. ギャップ

7.2.4.1.1. 〜でもできた

7.2.4.2. 圧倒的

7.2.4.3. 眠れなくなるほど

7.2.4.3.1. 朝のアラームが鳴って時間の経過に気づいた

7.2.5. 質問

7.2.5.1. 〜とは?

7.2.5.2. なぜ〜は〜なのか?

7.2.5.3. どうやって

7.2.5.4. なぜ一部の人は〜できるのか?

7.2.5.4.1. なぜ一部の人は〜できないのか?

7.2.5.5. もし〜だったらどうしますか?

7.2.6. サムネにこだわる

7.2.6.1. 常識の真逆

7.2.6.2. わかりやすく痛みを刺激する

7.3. 2に伝えたいこと 信用の壁を超える

7.3.1. これが本当に大事なんだよ!!だから聞けよ!!

7.3.1.1. 聞く姿勢を作るために最初に興味付けをする

7.3.2. 親しい友達に書く感じ

7.3.3. 読者の今までの失敗を読者ではなく他に原因があると行って肯定する

7.3.3.1. 共通の敵

7.3.4. 自分の弱みや恥ずかしい体験を暴露する

7.3.4.1. 挫折、諦めたこと、できなかったこと、挑戦して失敗したこと

7.3.5. 経験や物語

7.3.5.1. 希望や未来を見せる

7.3.5.1.1. 遅くない

7.3.5.1.2. 君にもできる

7.3.5.2. 読者と同じ問題を抱えていたけれど、 なんとか苦難にもまれながらも乗り越えていま最高だよ!!っていう物語を語る

7.4. まずは興味を持ってもらえないと主張は聞いてもらえない