【1005㈫用】年末年始の備蓄量の算出方法

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
【1005㈫用】年末年始の備蓄量の算出方法 により Mind Map: 【1005㈫用】年末年始の備蓄量の算出方法

1. 手順

1.1. 2021年の算出において意識した点

1.1.1. 10分で終わります。

1.1.2. 今日のこのプレゼンの結論

1.1.2.1. ①今年の備蓄量は販売価格で約4300万円分、これで大丈夫ということ

1.1.2.2. ②ストッカーは増やすほうが良い

1.1.2.2.1. 天満宮店2台 箕面1台

1.1.3. 今年の12月の売上目標

1.1.3.1. いくらですか?

1.1.3.1.1. なぜ知らないのでしょう?

1.1.3.1.2. 我々はこの売上がないと、生活ができないのに

1.1.3.1.3. 2022年1月の売上目標はいくらでしょうか。

1.1.4. 12月と目標と1月の目標

1.1.4.1. 12月:

1.1.4.2. 1月:

1.1.4.3. 合計:4600万

1.1.4.3.1. 多めに見積もって、5000万

1.1.5. ★絶対に足らないということはないように

1.1.5.1. 足らないよりも余る方がいい。

1.1.5.2. だって12月に来るお肉は賞味期限が6月まで

1.1.5.3. 創業祭、GW、父の日まである。

1.1.5.3.1. 出るでしょう。

1.1.6. 算出方法

1.1.6.1. 12月の目標金額:3000万円

1.1.6.2. 1月の目標金額:1600万円

1.1.6.3. 多めに併せて、5000万円分のお肉があればOK

1.1.7. 12月15日までの各店舗の在庫

1.1.7.1. どういう在庫数で商戦をスタートさせるか

1.1.7.1.1. 要は年末商戦が始まる前の段階で

1.1.7.1.2. 各店舗のストッカーはパンパンにしておく。

1.1.7.1.3. 天満宮、箕面 350万円分

1.1.7.1.4. その他店舗を200万円分と仮定して

1.1.7.1.5. 合計で約1900万円分を保有してる状態でスタートさせる。

1.1.7.2. 要は、1900万円+4200万円=6100万円分のお肉を確保した状態で営業をする。

1.1.7.3. 12月の売上目標:3000万円

1.1.7.4. 2022年1月の目標:1600万円

1.1.7.4.1. 実質2000万円分要る

1.1.7.5. 併せて、4600万円分のお肉が必要

1.1.7.5.1. 1月の初売りで福袋をするとして、

1.1.7.5.2. 多めに見積もって5000万円分のお肉が必要と仮定して1100万円分が残る。

1.1.7.5.3. 2月の目標が1150万円

1.1.8. POINT:12月15日までの在庫量を注視する。

1.1.8.1. ストッカーをほぼ満タンにした状態で15日を迎える。

1.1.9. この備蓄計画に対する、各店舗のストッカー数

1.1.9.1. ストッカー1台で約70万円分のお肉が入る

1.1.9.2. 天満宮店と箕面店は現在5ストッカー

1.1.9.2.1. 天満宮店:2台

1.1.9.2.2. 箕面店:1台

1.1.9.2.3. 増やす。

1.1.9.3. 天満宮店7台490万円 箕面店6台420万円分のお肉の備蓄が可能になる。

1.1.10. 各店の備蓄可能量

1.1.10.1. ↓↓↓↓現状↓↓↓↓

1.1.10.1.1. ↓↓↓↓売上目標↓↓↓↓

1.1.10.2. 天満(5台):350万円

1.1.10.2.1. 680万円

1.1.10.3. 野里(3台):210万円

1.1.10.3.1. 410万円

1.1.10.4. 豊中(4台):280万円

1.1.10.4.1. 370万円

1.1.10.5. 千里(3台):210万円

1.1.10.5.1. 315万円

1.1.10.6. 狭山(3台):210万円

1.1.10.6.1. 315万円

1.1.10.7. 武庫(4台):280万円

1.1.10.7.1. 400万円

1.1.10.8. 堺東(3台):180万円

1.1.10.8.1. 315万円

1.1.10.9. 箕面(5台):350万円

1.1.10.9.1. 410万円

1.1.10.10. 計 :2,010万円

1.1.10.10.1. 計:3,215万円

1.1.11. ●1人が1時間ラベル貼りをした際の速度から必要人員をすでに算出しておきたい。

1.1.12. ●迎春馬刺しセットの内容と福袋の内容を考慮にした各部位の備蓄数に更新する